AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症を指します。
AGAは、思春期以降に発症する進行性の脱毛症で、数ある脱毛タイプの1つです。


日本醫事新報によると、AGA患者は全国に1,260万人いるとされており、20歳~69歳の成人男性4,200万人の約3人に1人がAGAの悩みを抱えていることになります。一般的に「若ハゲ」と呼ばれる症状も、AGAに含まれます。

AGAの症状

下記の項目が多く当てはまる方は、AGAである可能性が高いと考えられます。

  • 額の生え際から薄毛が進行している
  • 頭頂部の髪が薄くなってきた
  • 生え際・頭頂部の両方が薄くなってきた
  • シャンプーやブラッシングを行う際に、抜け毛が増えた
  • 抜け毛や新しく生えてきた毛に、細い毛やうぶ毛が目立つようになった
  • 細く、コシのない弱い髪になってきた
  • 薄毛家系である

少しでも当てはまった方は、AGAの可能性があります。AGA検査キットやAGAクリニックの無料カウンセリングの受診をおすすめします(詳しくは後述します。)

AGAの進行パターン

AGAは、生え際や頭頂部から薄毛が進行していくことが多く、側頭部や後頭部に症状が表れることは少ないと考えられています。

  • M字型脱毛(M字ハゲ):生え際(額)の両サイドが後退するタイプ
  • O字型脱毛(O型ハゲ):頭頂部を中心に薄くなるタイプ
  • U字型脱毛(U型ハゲ):生え際(額)の中心が後退するタイプ

AGAの脱毛パターンは、主にこの3つに分類されます。中には複合型といって、それぞれのハゲ方が同時に進行するパターンもあります。最終的には抜け毛が全体に広がり、「ハゲ頭」となってしまいます。

AGAの原因

主な原因として、遺伝や男性ホルモンの影響が考えられます。他にも、加齢・ストレス・乱れた生活習慣なども関係すると言われています。AGAは自然治癒することがない進行性の脱毛症です。抜け毛量が増加し、薄毛が目立つようになる前に、早期治療が望ましいです。

DHT(脱毛男性ホルモン)の分泌

個人差や体質、遺伝によって男性ホルモンが原因で薄毛となる要因は2つあります。

5αリダクターゼの活性度の違い

男性ホルモンを脱毛男性ホルモンに変化させる「5α-リダクターゼ」という酵素の活性度には個人差があります。活性度が高い人ほど、強力な脱毛男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)が多く代謝され、薄毛が進行します。

アンドロゲンレセプターの感受性

毛母細胞内の毛乳頭細胞に、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に、脱毛原因物質DHTが反応することで、脱毛を促すシグナルが発生し、AGAが起こります。したがって、アンドロゲンレセプターの感受性が高いほど、AGAになりやすいといえます。

ヘアサイクルの乱れ

脱毛男性ホルモンDHTの作用により脱毛を促すシグナルが発生すると、脱毛が起きる他、ヘアサイクルという、髪の毛が成長する毛周期にも影響を及ぼします。

  • 成長期…髪の毛が発毛して成長していく期間(2年~6年間)
  • 退行期…髪の毛の成長が衰退していく期間(2週間~3週間)
  • 休止期…髪の毛の成長が終わって自然脱毛がおきる期間(2か月から3か月間)

AGAではない健康な髪の人は、成長期に2年から6年の間、抜けない強い髪の毛が育ちます。しかし、AGAになり脱毛シグナルが発生されていると、成長期間が最長で約1年間と、極端に髪の毛の寿命が短くなります。

「AGAは遺伝する」についての真偽

AGAの原因となる【5αリダクターゼの活性度】と【アンドロゲンレセプターの感受性】の体質は、遺伝する可能性があります。

5αリダクターゼの活性度は母方・父方の区別はなく両親から優性遺伝すると言われています。また、遺伝子関係上ではアンドロゲンレセプターの感受性は、母親のX染色体から受け継ぐと言われています。AGAが遺伝するというよりは、薄毛体質が遺伝するという方が正しいです。

したがって、父親・母親どちらかの家系に薄毛の人がいれば、遺伝する可能性があります。しかし、両親が薄毛だから必ずしも遺伝するとは限りません、逆に両親が薄毛でなくても、後天的な要因で薄毛になる場合があります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れがAGAに影響をあたえることもあります。

不規則な生活は、体だけでなく毛髪を弱らせる原因になります。また、食生活の乱れや睡眠不足、過度なストレスは頭皮の血行を悪くさせたり、代謝が下がる原因となり、毛根に栄養が行き届きにくくなります。これらが、ホルモンバランスを乱したりAGAが原因の薄毛・脱毛の進行を早める要因となります。

女性のAGA

加齢などにより体内の女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの比率が高くなると、女性もAGAを発症する場合があります。女性のAGAは男性のAGAと区別するために「FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

FAGAは、男性のAGAの脱毛パターンと異なり、局部的に脱毛することは殆ど無く、頭髪が細く弱まり、髪の毛が全体的に薄くなります。

また、AGAは進行性の脱毛症であり、放っておくと髪の毛は徐々に減っていきます。しかしFAGAの場合、女性ホルモンは減少しているものの、一定の量は分泌されているため、男性型脱毛症の様に、脱毛部に完全毛が生えてこない状態になることは少ないです。

AGA治療法・対策方法

まず、AGA対策として、自分の脱毛症が本当にAGAによるものなのか確認する必要があります。脱毛症によって抜け毛の原因や治療方法が異なるからです。

薄毛の原因がAGAであるかを確認するには、MAD(万有製薬)の簡単セルフチェックや、AGA遺伝子検査キットを購入し自分で行うセルフチェックと、AGA専門クリニックなどの医療機関や発毛サロンなどで、専門医師や専門スタッフによって無料ヘアチェックや無料カウンセリングを行うかの2つの方法があります。

育毛剤を使用する

育毛剤に配合された成分によって、脱毛物質DHTを抑制しヘアサイクルを整えてAGAを改善する方法があります。また、頭皮に強い刺激を与えない「無添加・無香料」の育毛剤を使えば、かゆみやかぶれなどの副作用がおきる可能性も低くなります。下記の育毛剤は、AGA対策に有効とされています。

  • チャップアップ(CHAP UP)
  • イクオス
  • BUBKA(ブブカ)
  • 育毛ミストM-1

いずれも、男女兼用の無添加育毛剤です。配合された育毛成分によって、5α-リダクターゼや脱毛男性ホルモンを抑制する効果などがある為、AGA改善効果が期待される製品です。

育毛サプリや育毛シャンプーを併用

育毛剤メーカーによっては、育毛サプリメントや育毛シャンプーを開発・販売している会社も多々あります。育毛サプリメントは髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取することができ、育毛シャンプーは頭皮ケア成分の配合や、洗髪時に余分な皮脂や頭皮・髪の毛の汚れを洗い流し、頭皮環境の改善効果があります。育毛剤と併用することでより育毛効果が高まります。

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージを行うことにより、頭皮の血行が促進されます。頭皮マッサージなど頭皮ケア単体でAGA改善はできませんが、育毛剤、発毛剤、AGA治療などと並行して行うと、よりAGA予防・AGA改善が期待できます。

発毛剤を使用する

大正製薬から発売されている「リアップシリーズ」は30~50代男性のAGA、「リアップリジェンヌ」は30代~50代の女性のFAGAに効果があるとされている、発毛医薬品です。

発毛有効成分・ミノキシジルが血行を促進し、毛包に酸素や栄養をしっかり届け、発毛を促します。AGAクリニックは保険が適用されないため治療費が高額になります。そのため、比較的安価で発毛治療を行える点が、リアップの人気の理由のひとつといえます。

AGAクリニックでの治療方法

AGAクリニック(AGA病院、薄毛治療院とも呼ばれます)で専門スタッフのもと治療を行うことが、AGA改善に対して最も効果的とされています。AGAクリニックでは、様々な治療内容や市販されていないAGA治療薬を使用して発毛治療を行うことが可能です。

発毛成分を配合した内服薬の処方

市販が許可されていないタブレットタイプになった内服薬により、体の内側から発毛を促す治療方法です。代表的な内服薬として、プロペシア、ミノキシジルタブレットなどがあります。

高濃度のミノキシジルによる外用治療

発毛医薬成分・ミノキシジルを頭皮に塗布し、発毛を促す治療方法です。
AGAクリニックでは、市販のミノキシジル配合の発毛剤よりも高濃度のミノキシジルを頭皮に処方することが可能です。

自毛植毛

後頭部に生えた髪はAGA耐性があることから、後頭部の髪をAGAによって薄毛が進行した部分に移植するAGA治療方法です。後頭部の髪のAGA耐性は移植後も受け継がれます。
一度植毛した髪が毛根に定着すると、永久的に移植した髪は生え続けます。