薄毛や抜け毛は男性だけの悩みではありません。髪の毛について悩んでいる女性はたくさんいます。
しかし、ヘアケアしようとしても、世の中にはあまりにもたくさんの種類の育毛剤と養毛剤の情報があふれていますよね。その中で自分に合って効果がある育毛剤を選ぶのは大変です。


医薬品にすればいいのか、医薬部外品でもいいのか、あるいは美容院ですすめられるものを使用するべきなのか迷うことも多いと思います。
そこで今回は、発毛効果が確認されている医薬品の育毛剤に注目して、その効能と注意点をまとめました。

女性用の育毛剤の種類は3種類

薄毛や抜け毛に悩む女性は多いと思いますが、女性のための育毛剤には、医薬品タイプ、医薬部外品タイプ、化粧品タイプの3つの種類があることをご存知でしょうか?
ご存知ない方のために、それぞれについて簡単にご説明しましょう。

医薬品(薬用)タイプ

医薬品(薬用)タイプの育毛剤は、発毛効果が医学的に証明されている薬です。
医薬品の育毛剤には、抜け毛や薄毛に一定の効果効能があると厚生労働省が認めた医薬育毛成分が一定の割合以上に含まれ、育毛効果が育毛剤の3種類のタイプの中では抜群なのですが、ほとんどの製品の使用には医師による処方が必要です。
主にクリニックや病院で医師の指導の下で薄毛や抜け毛の治療に使われます。
主な医薬品タイプの育毛剤には、リアップリジェンヌなどがあります。

医薬部外品タイプ

医薬部外品タイプの育毛剤は、抜け毛や薄毛の予防に一定の効果があると厚生労働省が認めた育毛成分が一定以上の割合で含まれ、使用には医師による処方が必要ないため、手軽に薬局などで購入することができます。
医薬部外品の育毛剤は、治癒よりも予防に効果が高いとされ、薄毛専用の発毛サロンなどでは、長春毛精、花蘭咲などたくさんの種類の中から、自分が気に入るものを選ぶことができるのが特徴です。

化粧品タイプ

化粧品タイプの育毛剤は、厚生労働省が認めた育毛成分が全く含まれていないので、正確には育毛剤ではなく養毛剤で、天然成分配合、天然由来成分配合、自然由来成分配合などをうたい、美容院で美容師さんなどがすすめくれたりする頭皮美容液が相当します。
育毛成分が含まれていないので、目に見える効果は期待できませんが、ホルモンバランスを崩すなどの副作用が出る可能性も少ないのが特徴です。

医薬品に分類される有効成分の効果効能

医薬品に分類される育毛剤の成分には、ミノキシジル、プロペシア(フィナリステリド)、塩化カルプロニウムなどがあります。
それぞれの成分は、本来発毛のための成分ではなく、ほかの病気の治療薬として使用したところ副次作用として発毛効果が認められたものが多いため、使用すると成分の本来の目的でもある作用、副作用が出る場合がありますので、医師の処方が必要になっています。

ミノキシジルの効果効能

ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分で、のちに発毛効果があると認められたため、発毛剤に転用されました。
ミノキシジルには、血管を拡張して血行を促進し、毛母細胞に髪の毛が生えるのに必要な栄養を届け、頭皮環境を改善し、発毛させる効果がありますが、経口タイプの場合には全身が多毛になりムダ毛が増えるリスクがあり、発毛剤としては主に頭皮に塗布して、毛乳頭の周りの血行をよくして発毛促進するタイプが一般化している状況です。
日本では薬剤師の指導は必要ですが、処方箋が必要ない一般医薬品として、大正製薬から男性用と女性用のリアップシリーズが発売されています。

プロペシア(フィナステリド)の効能効果

プロペシア(フィナステリド)は、経口タイプの医薬品で、抜け毛を治療し発毛を促進させる薬ではなく、抜け毛を抑制する薬です。
主に男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられますが、頭痛、腹痛、下痢、眠気、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用もありますので、医師による監修の元で使用します。
また、プロペシアは男性のAGAの治療用の育毛剤で、女性には効果がないばかりか、胎児への影響も懸念される深刻な副作用があります。また、プロペシアは経皮吸収もしてしまうので、薬の保管方法も気をつけなくてはいけません。そして、プロペシアを服用中は子作りを控えた方がよいでしょう。

塩化カルプロニウムの効能効果

塩化カルプロニウムは、もともとは育毛剤として作られた成分ではなく、内服することで胃腸の血行を促進し、胃液の分泌を促す胃腸薬でした。
しかし、副次作用として発毛効果が認められ、頭皮に塗布して血行を促進し、毛乳頭細胞に血液を送って活性化させ発毛環境を整えることにより、発毛促進効果がある育毛剤として用いられるようになりました。
医師の処方箋なしで購入することができる塩化カルプロニウム入りの育毛剤としては、第一三共ヘルスケアから発売されているカロヤンシリーズがあります。

医薬品に分類される女性用育毛剤

医師の処方箋が必要ない一般医薬部外品の女性用育毛剤は、2つしか種類がありませんが、日本で入手可能な商品をご紹介します。

大正製薬のリアップリジェンヌ

大正製薬のリアップリジェンヌは、日本で唯一発毛効果が専門家に認められた薄毛の治療効果がある女性用ヘアケア製品です。雑誌の記事やテレビでも紹介されている人気の薄毛治療薬で、発毛成分のミノキシジルが配合されています。
価格は60ミリリットル入りで5,239円と決してお安くはありませんが、人気発毛ランキングなどのサイトでも、上位を占めるおすすめの発毛薬です。
ただし、発毛効果を感じるまでには個人差があり、1カ月で発毛効果を感じる人も、3カ月で発毛効果を感じる人もいます。

フェザー社のロゲイン

フェザー社のロゲインは、ミノキシジルを配合した育毛剤ですが、日本では販売されていないので個人輸入する必要があり、あまりおすすめではありません。
リアップリジェンヌがミノキシジルを1パーセント配合なのに対し、ロゲインは2パーセント配合ですので発毛効果も期待できますが、その分安全性には問題もあり副作用が出る可能性も高まりますので注意が必要です。

医薬品に分類される女性用育毛剤のメリット

医薬品に分類される女性用育毛剤のメリットは、発毛効果が認められた医薬成分が配合されていることです。
臨床試験を実施し発毛効果が確認されているので、絶対に発毛効果が欲しい方や、速やかに発毛してほしい方におすすめです。

医薬品に分類される女性用育毛剤のデメリット

医薬品に分類される女性用育毛剤のデメリットは、副作用の心配があることです。
発毛作用がある育毛成分として有名なミノキシジルには、血管を広げて血液の循環を促進する働きがありますが、言い換えると心臓にそれだけ負担がかかってしまいます。
医薬品の育毛剤を使用する場合は、医師や薬剤師の指導の下で、注意と用法を守って使用しましょう。

女性のための育毛剤の種類のまとめ

育毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品の3つのタイプがあります。
発毛効果が厚生労働省に認められている育毛成分は医薬品に分類され、副作用の心配もあるため、通常は医師の処方箋がなくては購入することができませんが、悩みが深刻でどうしても発毛してほしい場合には、医薬品がおすすめです。
また、医師の処方が必要ない一般医薬品ではリアップリジェンヌがあり、発毛ランキングや人気ランキングで上位をしめています。