薄毛が気になってはいるが、「頭皮が荒れないか副作用が心配。」「自分の薄毛は育毛剤効くの?」といった理由で、育毛剤を使うべきかに悩んでいる方の口コミがよく見受けられます。

育毛剤が薄毛治療法として効果的ですが、育毛剤を使うべき人と、違う治療法が効果的である人に分けられます。それでは、育毛剤を使うべきかというテーマのもとに調べました。

育毛剤・発毛治療・を控えたほうがよい人とは?

抜け毛・薄毛が気になるから、いますぐにでも発毛剤や育毛剤を使い、薄毛治療、ハゲ治療をしたいとお考えの方はたくさんいるとか思います。しかし、育毛剤を控えたほうが良いタイプの方もいます。

妊娠中の人は控えたほうが良い

妊娠をすると女性ホルモンが通常の分泌量より増えることで、ホルモンバランスが乱れ抜け毛が増えます。妊娠中は胎児にへその緒を通し、母体の栄養分と酸素を血液で送っているため、 妊婦さん自身は栄養不足の状態です。そのため、体の末端である毛髪まで栄養素が行き渡っていない状況といえます。出産後は徐々にホルモンバランスが正常に戻るため、 妊娠中の抜け毛は気にする必要はありません。

育毛剤の種類によっては、副作用を起こすものがあるため、妊娠中でも使用可能な育毛剤かを公式サイトやパッケージで確認する必要があります。

どうしても、妊娠中、授乳中でも育毛剤を使いたい場合は、育毛剤は長期に渡り継続して使う必要があるため、胎児への影響がないとは言い切れない鉱物油、合成保存料、香料、着色料、石油系界面活性剤が配合されていない無添加成分で作られている育毛剤を使用すると良いでしょう。無添加の育毛剤には、天然成分で育毛効果が期待でき、頭皮によくない成分を含まないため、安心感をもって使用することが出来ます。

肌が極端に弱いタイプの人は育毛剤は控えたほうが良い

育毛剤には、防腐剤の目的でアルコール成分が含まれているものが多いです。育毛剤のアルコール成分で頭皮を刺激し、アレルギー症状の一つである頭皮の炎症を起こしやすくなります。それにより抜け毛の範囲が拡大する可能性もあります。

円形脱毛症の人は病院での治療がおすすめ

円形脱毛症は、アトピー素因、精神的ストレスによる影響、遺伝的要素、出産後の女性ホルモン値の変化が素因ではないかと言われています。

円形脱毛症は、自己免疫疾患により毛根を異物と判断して攻撃してしまうことで、健康な太い髪の毛すらも抜け落ちてしまう症状です。円形脱毛症は免疫機能の異常よる脱毛になるため育毛剤の効果は期待できません。

育毛剤の使用が効果的な薄毛症

育毛剤を使うことで、薄毛の改善が期待できる症状についてまとめました。

AGAの特徴

AGAは、男性に一番多いとされる薄毛症状です。自分の薄毛タイプを知るためにAGAの特徴ついてご説明します。

AGAとは男性型脱毛症のことをいいます。AGAに関する情報サイトによると、AGAでお悩みの方は全国で1,260万人と言われています。AGAの特徴として、額の両脇の生え際が薄くなるM字ハゲ、頭頂部のつむじ付近から薄毛が進行するO字ハゲ、生え際から頭頂部に向かって進行していくU字ハゲなど薄毛のタイプはさまざまです。

進行形の脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの一つであるTS(テストステロン)と5αリダクターゼという酵素が結合されることで、強力な脱毛作用を持つ成分DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。このDHTが毛根を攻撃することで、ヘアサイクルが乱れます。このDHTの脱毛促進作用を阻止しない限り、抜毛は減らず薄毛は進行します。AGA治療薬としては医薬品のプロペシアが有名です。

AGAとヘアサイクルの関係

ヘアサイクルとは、うぶ毛から黒く太い毛へ成長が進む成長期、髪の毛根が退縮する退行期、毛根が完全に退化、次の毛髪が生える準備期間となる休止期の順に繰り返しています。通常なヘアサイクルを保つことが薄毛の改善策となり、毛量の増やすポイントとなります。

AGAを発症すると、DHTが毛乳頭・毛包を攻撃することで毛母細胞が萎縮してしまいます。そうすると、ヘアサイクルのうち、個人差はありますが通常2年から5年の期間がある成長期が数ヶ月から1年くらいに短くなってしまいます。髪の毛が生えない期間が長くなれば、その分、毛細血管や毛穴が退化してしまい髪の毛が生えにくい毛穴から、髪の毛が生えない毛穴になってしまいます。DHTが毛乳頭・毛包を攻撃し萎縮させる作用を阻止するためには、DHTの抑制効果・脱毛予防効果のある発毛剤や育毛剤を使うと良いといえます。育毛剤は即効性があるわけではないため、継続して使用する必要があります。

びまん性脱毛症の特徴

びまん性脱毛症は、実は男性でも起こりうる薄毛症です。

びまん性脱毛症の特徴としては、髪の毛全体が薄くなることで分け目やつむじの頭皮が目立つようになります。このような薄毛の原因は、加齢による老化、ストレス、食生活の乱れによる栄養不足・ホルモンバランスの乱れなどが要因で毛母細胞の働きが弱まることがびまん性脱毛症の原因です。要因となる行動を改善しつつ、毛母細胞の活性化を促す育毛剤を使うことで、育毛効果が期待できます。

使うべき育毛剤の特徴

髪の知識がある美容師さんがおすすめするメーカーの育毛剤やヘアトニックはどれも良いように思えますが、自分の薄毛症状に適していなければ育毛効果は期待できません。使うべき育毛剤の特徴とはどのようなものでしょうか。

無添加の育毛剤

頭皮が炎症をおこすことで、血液によって頭皮まで送られてきた栄養素や酸素が、炎症を起こしている箇所を治すために使われます。そのため、髪の成長を促す毛母細胞には栄養が行き渡らず、結果、毛髪が栄養不足となり抜ける時期が早まってしまいます。肌が極端に弱いタイプの人や、妊娠中の人は無添加成分で作られた育毛剤をおすすめします。

育毛効果の期待できる成分配合の育毛剤

育毛促進効果高めるためには、頭皮の血行を良くすることで髪の成長を司る毛母細胞が活発化し、細胞分裂する必要があり、有効成分としてセンブリエキス・酸化カルプロニウムがあげられます。ミノキシジルのように、頭皮の血行促進効果があり、育毛効果が医学的に立証されてはあるが、頭皮の炎症といった副作用があり得る成分の場合、頭皮の炎症だけではなく毛母細胞も傷つけてしまう可能性があります。 公式サイトやパッケージに記載されている成分の特化している効果効能を確認することをおすすめします。

厚生労働省認可の育毛剤

発毛剤・育毛剤・養毛剤は、厚生労働省の薬機法の定めによりに分類され、配合成分・副作用などによって、医薬品>医薬部外品>化粧品のように、効果の高い順で分けられています。

育毛剤の使用と並行して行うべき生活習慣の改善

「使用回数を守って正しい使い方で育毛剤を使っているから、もう自分は薄毛の心配は無い」というわけではなく、他にも注意点がいくつかあります。
あなたの薄毛の原因は生活習慣にある可能性があります。薄毛の改善率を高めるためにも育毛剤の使用と並行して改善しましょう。

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血流促進効果が期待できます。お金がかからず、毎日行うことができる頭皮ケアといえます。頭皮マッサージは血行が良くなることで、頭皮環境の改善と硬化を和らげます。頭皮は顔と同じ皮膚になるので、爪で傷をつけないように注意しましょう。

食生活の乱れ

頭皮環境とヘアサイクルの乱れを正常化させるためにも、食生活の乱れを改善する必要はあります。

アルコールの摂取量やジャンクフードなどの脂質の多い食事ばかりを繰り返していると頭髪にも悪い影響が出ます。一日3食、きちんと栄養バランスの良い食事を取り続けるのは実際困難ですが、慌ただしい生活をしている中でも肉や魚、緑黄色野菜など、バランス良く食事をとることで、髪の成長に必要な栄養素が行き渡ります。薄毛対策のためにもバランス良い食事を心がけましょう。

1年間使用しても、効果を実感出来ない場合は専門クリニックへ相談

1年間用法用量を守った状態で育毛剤を継続使用しても発毛効果を実感出来ない場合、AGAクリニックや皮膚科で専門医の診断を受けることをおすすめします。