男性ホルモンとは、男性にとって筋肉を作ったり性欲の増強、精子の生成など男性の身体にとって必要なものです。しかし、男性ホルモンが多いとハゲるという噂を耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか?

「自宅で頭皮チェックをしてみると、頭頂部が薄くなっている。」「進行していく薄毛に悩んでいて、症状改善の対策方法を試みたが効果を得られない。」「いろいろな薄毛対策・脱毛予防を試しすぎて、頭皮が育毛剤で荒れてしまった。」など育毛剤の使用感や薄毛の改善方法に関するお悩みはあると思います。脱毛・薄毛の原因の男性ホルモンと育毛剤を買う前に知って役立つ基礎知識についてまとめました。

男性の抜け毛の原因

男性の主な抜け毛の原因はAGAと言われています。
AGAは「Androgenetic Alopecia」の略です。意味は、男性型脱毛症です。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、遺伝の影響、ストレスや食生活の乱れにより、男性ホルモンの分泌が過剰になることがあげられます。男性ホルモンと5αリダクターゼ酵素(還元酵素)が結合することにより、脱毛を促す男性ホルモン、ジヒドロテストステロン (DHT)に物質が変化します。DHTが増えることでおこる症状としては、頭頂部・生え際の抜け毛が増えるなどがあげられます。

AGA治療はお早めに

AGAは通常ゆっくり進行していく薄毛症状になるため、放っておくとハゲが広がっていく特長があります。そのため病院や皮膚科の専門医による早期治療や育毛剤で薄毛予防をおすすめします。

もっともよくあるAGAの薄毛のパターンは、前頭部(額のあたり)の生え際がM字型に薄毛が進んでいくタイプと、頭頂部(てっぺん)のつむじ周辺よりO字型に薄毛が進行していくパターンです。美容師さんに髪の毛をカットしてもらう際に、指摘されて気にするようになった方も多いようです。

脱毛・薄毛症状は男性ホルモンだけが原因ではない

近年、脱毛・薄毛症状の原因が男性ホルモンの影響であることが解明されました。
人体で行われたハミルトンの実験では、元々ハゲていない男性は、去勢後に男性ホルモンであるテストステロン成分を注射してみたところ、ハゲなかったという結果が出ています。男性ホルモンの分泌量がAGAの要因で薄毛になるのではなく、別の要因と結合して初めて脱毛する特長があることが判明ました。

男性ホルモンのほとんどはテストステロン

男性ホルモンの95%はテストステロンという成分で占めています。
テストステロンは、男性の場合は睾丸で95%、副腎で5%作られ、女性の場合は、卵巣や副腎で作られます。

男女別テストステロンの基準値

男性の場合
女性の場合
高い人
7.60ng/ml以上
0.08ng/ml以上
正常な人
2.00~4.60ng/ml以上
0.06~0.08ng/ml以上
低い人
1.99ng/ml以下
0.05ng/ml以下

こう比べてみると、正常値の高低にかかわらず、男性と女性に大きな差があることがわかります。

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らすには…

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす方法は、5αリダクターゼ酵素(還元酵素)とテストステロンを合成しなければよいのです。

ここで更に5αリダクターゼについて調べました。

5αリダクターゼの抑制方法

抑制方法は、食事で摂取することが困難なノコギリヤシと亜鉛を育毛サプリメントで取り入れる方法があり、薄毛治療薬の抑制方法では、医薬品である米メルク社開発のフィナステリド配合薬プロペシアの服用があげられます。育毛剤で5αリダクターゼの抑制効果が期待できる有効成分では、キャピキシル、植物成分のオウゴンエキスヒオウギエキス、クララエキス、ホップエキスなどがあげられます。

育毛剤を使うメリット

育毛剤の良い点は、専門クリニックに頻回に通院する事無く、ドラックストアや通販サイト、公式サイトで購入が可能です。近年、育毛剤の成分研究は進み、製品開発技術も進歩しています。そして、サポートサービスも向上しており、インターネットで簡単に育毛剤を購入できる点やまとめて購入することで価格が割安になる定期コースもあります。公式サイトから注文すると、一定期間対象で全額返金保証制度付いている商品もあります。実際に使用してみて頭皮に合わなかった場合に全額返金してもらうことができます。

AGAに効果的な育毛剤

ジヒドロテストステロン抑制が必要なAGAに効果的な育毛剤をご紹介します。これらの育毛剤は、口コミ人気ランキングサイトの関連記事で特に人気を得ています。

FINJIA(フィンジア)

フィンジア

株式会社フィンジアが販売しているFINJIA(フィンジア)の特徴としては、5αリダクターゼ抑制成分キャピキシル5%配合・カプサイシン・10種類の成長成分・フケ、かゆみを防ぐ、抗炎症・抗酸化作用、保湿、血行促進する働きがあります。頭皮への刺激や副作用の可能性もないとされている育毛剤成分として、キャピキシル成分があります。キャピキシルは、発毛剤に使われるミノキシジルの3倍の発毛効果と副作用の心配のないことで、近年注目されている育毛成分です。

CHAP UP(チャップアップ)

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

株式会社ソーシャルテックが販売しているCHAP UP(チャップアップ)の特徴としては、配合成分のオウゴンエキスで5αリダクターゼ抑制し、M-034でミノキシジルの発毛作用を促しつつ、かゆみ・炎症・めまい・吐き気・動悸・息切れ・むくみ・体重増加といった副作用はない点です。その他にも、無添加、無香料で頭皮に対する刺激がないこと、血行促進効果、皮脂の過剰分泌抑制・頭皮環境の改善などがあげられます。チャップアップシリーズで、頭皮環境改善に効果的なCUシャンプー(育毛オーガニックシャンプー)も販売されています。

IQOS(イクオス)

無添加育毛剤イクオス

株式会社キーリー が販売しているIQOS(イクオス)の特徴としては、イクオス独自の研究で、美容業界も注目している、育毛促進成分キャピキシルより育毛効果の高い成分アルガス(Algas-2)を含む61種類の育毛成分を配合している点です。

アルガス(Algas-2)はミノキシジルと同様の育毛促進効果がありながらも副作用がほとんどなく、毛包細胞を育てる効果が認められているM-034と、再生能力が高いとされているペルベチアカナリクラタを、イクオスオリジナルで配合した成分です。また、オウゴンエキス、ダイズエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液といった5aリダクターゼ抑制成分量が多い特長もあります。天然由来成分のセンブリエキス成分で、育毛・血行促進し、毛乳頭・毛母細胞の活性化が期待できます。

新BUBKA (ブブカ)

BUBKA

株式会社T.Sコーポレーションが販売している新BUBKA(ブブカ)の特長は、ミノキシジルと同様の発毛力があるM-034を配合しています。脱毛抑制効果目的でオウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスといった5aリダクターゼ抑える成分を多く配合しています。
脱毛症の原因物質男性ホルモンを抑制効果があり、抜け毛、薄毛の悩みに対して有効的に作用する育毛剤に仕上がっています。

まとめ

AGAの原因である男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化することにより、薄毛が進行する症状におすすめの育毛剤です。
男性と女性とでは薄毛や脱毛の原因が異なり、そのため、育毛剤の成分内容もそれぞれ異なります。育毛剤の種類には男女兼用で使用可能なタイプもありますが、男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いと、髪の毛とホルモンの関係性を理解したうえで使用したほうが良いといえます。