頭皮や顔に欠かせない保湿ですが、なぜ薄毛対策の育毛剤にも保湿成分が含まれているの?と気にする人がいるかと思います。
そこで、今回は育毛剤に配合されている保湿成分の重要性と、効果と役割について調べました。

保湿の重要性と肌のバリア機能

肌にはバリア機能といったものがあります。バリア機能とは、皮脂膜細胞・天然保湿因子(NMF)・角質細胞間脂質(セラミド)の3大保湿因子ことをいい、肌の潤いを保ちます。肌にバリア機能があることで、紫外線、乾燥、雑菌、ほこりといった外部刺激から体を保護する事ができます。
肌バリア機能は潤いによってもたらされ、様々な潤い成分があり、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった水分を含んだ成分で肌をコーティングしています。さらに、皮脂に関しても皮膚を守り、保湿の役割を果しています。
肌の乾燥・水分不足が原因のターンオーバーの乱れが原因で、肌の保湿力が低下し、肌のバリア機能も低下します。

頭皮が乾燥することで起こる症状

乾燥すると頭皮のバリア機能が低下し、様々な頭皮トラブルが発症しやすくなります。乾燥によるトラブル症状をまとめました。

フケ

乾燥が原因の場合は白く細かなフケが出ます。フケの原因が乾燥の場合、しっかりシャンプーを行っていてもフケの症状は治まりません。洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥が進行してしまう可能性があります。洗浄力が弱く低刺激のアミノ酸系シャンプーに変更してみましょう。

かゆみ

かゆみの主な原因は頭皮の乾燥です。乾燥によってバリア機能が低下し、頭皮が外部刺激に弱くなり傷つきやすく炎症が起こりやすい状態となるため、一段と痒みが生じやすくなります。

抜け毛

頭皮が乾燥すると、菌を防ぐ役割の皮脂が不足するため頭皮の毛穴に雑菌が進入し炎症を起こす可能性が高くなります。そうすると、血液によって髪の成長を司る毛母細胞に送られるはずの栄養素は頭皮炎症の修繕に使われてしまい、髪が栄養不足となり抜け毛に繋がります。

湿疹

外部刺激に対して体が防御するための免疫反応で頭皮に赤みや湿疹がでます。もちろん免疫反応は体に必要な機能ですが、頭皮が乾燥しバリア機能が弱まることで敏感になり、通常では免疫反応が出ないような外部刺激にも反応し頭皮に赤みや湿疹が出ます。

頭皮の乾燥が与える髪の毛の影響

通常毛髪は、血液よって栄養や酸素が毛髪の成長を司る毛母細胞に送られることで毛髪は生成されます。そして、髪の毛一本一本異なるヘアサイクルの流れに準じて成長し抜け落ちます。しかし、乾燥が進むことで頭皮が炎症箇所が増えると、血液によって頭皮に送られてきた栄養と酸素は、髪の成長を司る毛母細胞には送られず、優先的に頭皮の炎症箇所の修復に使われてしまいます。そのため、毛髪は酸素も栄養不足となり、髪の成長が遅れる可能性がでてきます。

頭皮環境を良い状態をキープするためには

いくら頭皮の保湿効果の高い、育毛剤・オイル・頭皮用のローションで乾燥対策をしても、頭皮の乾燥状態の根本的な解決とはなりません。健康的な頭皮環境にするうえで必要な生活習慣と乾燥対策をまとめました。

日常的にできる頭皮乾燥を防ぐ方法

頭皮のうるおいをキープするために必要な保湿は、具体的にどうしたら良いのでしょうか。帽子や日傘で紫外線が当たらないように防ぐ、加湿器を利用して室内の乾燥を防ぐなどがあります。その他、直接頭皮に触れるシャンプーはなるべく保湿成分が含まれているものを選ぶように心がけましょう。育毛剤・ヘアケア剤を使用した保湿方法を再度見直しましょう。

シャンプーの選び方

頭皮ケアをするのであれば、洗浄成分である合成界面活性剤入りのシャンプーはタンパク変性が生じ、頭皮の角質層をもろくする働きがあるとされています。頭皮環境の保湿を第一に考えるのであれば、アミノ酸シャンプーを選ぶことをおすすめします。アミノ酸系界面活性剤配合のシャンプーは、他種と比べると洗浄力はやや劣りますが、非常に低刺激で、頭皮のバリア機能の保持に必要な皮脂を取り過ぎる心配は少ないといえます。皮脂を取り過ぎると、頭皮乾燥の原因となったり、皮脂分泌が過剰になり、炎症箇所をさらに悪化させる可能性があります。だからこそ、毎日使うシャンプーには、頭皮や髪の毛に低刺激であるアミノ酸系シャンプーです。さらに、保湿成分の含まれたシャンプーであれば、より頭皮環境や育毛に効果的です。

シャンプーの方法

シャンプー方法ですが、髪の毛を洗うというよりは、頭皮を洗うことを意識するようにしましょう。頭皮の汚れをより効果的に落とす方法として、毛穴にこびり付いた皮脂汚れを浮かせるために、シャンプー前にブラッシングをすることをおすすめします。そして、ぬるま湯でしっかり予洗いすることで、シャンプーが髪や頭皮に馴染みやすくなります。シャンプーはしっかり泡立ることで頭皮への刺激を減らします。頭全体を泡で包み込み、指の腹を利用して、優しく頭皮マッサージをしながら、洗髪していきます。育毛シャンプーを使用するのであれば、数分間泡パックをすることで頭皮に有効成分が行きわたりやすくなります。すすぎの際はシャンプーが頭皮に残らないように注意してください。

ドライヤー方法

ドライヤーは熱が毛髪や頭皮に刺激となり、頭皮に良くないと思われている方も多いようですが、自然乾燥すると、頭皮や髪に雑菌が繁殖し、炎症やにおいの原因になります。シャンプー後は、タオルで水分を拭き取り、髪の毛からドライヤーを10~20cmほど離して丁寧に乾かして下さい。ドライヤーを髪全体にまんべんなく当てるように、位置を動かしながら乾かしましょう。

保湿成分の効果と特長

日常的にできる頭皮乾燥を防ぐ方法を確認できたので、次は、育毛剤に配合されている保湿効果の強い成分と効果をまとめました。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、人間の真皮にもともと存在し、肌の弾力を保持する働きがある成分です。育毛剤、女性用化粧品、化粧水成分、頭皮用美容液の保湿成分としても配合されており、非常に高い保湿性と水分保持力があります。 ヒアルロン酸は肌の表面にある、角質層に留まり、皮膚のさらに内部にある真皮までは浸透しにくい特長はありますが、角質層の水分を蒸発をさせない効果があります。

アロエエキス

天然成分のアロエは医者知らずと言われて世界各国で民間薬として使用されています。 やけどの治療や炎症を抑えたり、抗菌作用があるとして使われてきました。天然成分アロエエキス(アロエ抽出液)は、アロエベラの葉や葉の汁を乾燥させたものから抽出したものです。保湿効果や抗炎症作用があり、頭皮に潤いを与えやわらかくする効果があります。頭皮の新陳代謝を高め血行促進ことで、酸素や栄養素が髪の成長を司る毛母細胞までいき渡り、育毛効果も期待できます。また、肌への刺激が少ないため、乾燥肌タイプや敏感肌タイプの方も使用可能とされておます。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスは、イチョウの葉を乾燥させた後にアルコール等を使用し、ギンコライドやフラボノイドなどの成分を抽出したものになります。 育毛剤に成分配合されているイチョウ葉エキスは、頭皮の乾燥を改善し潤いを与え、血管の老化を防ぎ、毛細血管を拡張することで血流促進効果が期待できます。 また保湿以外の効果として、フラボノイドは活性酵素除去効果があり、ギンコライドは頭皮の血管を拡張して、血行促進する働きがあります。

ピロリドンカルボン酸ナトリウム

ピロリドンカルボン酸ナトリウムとは、サトウキビや海藻等の天然由来のものから作られるピロリドンカルボン酸のナトリウム塩です。ピロリドンカルボン酸ナトリウムが配合されている育毛剤は、吸湿性に優れているうえに、頭皮、髪の毛に湿潤効果と、柔軟性や弾力性を高める効果が期待できます。その他、角質層に浸透し、頭皮の乾燥を防ぐ特長もあります。

保湿効果の高い育毛剤はどれ?

育毛剤ランキングサイトでも、保湿効果が高いことで評価されている商品をご紹介します。

チャップアップ

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

株式会社ソーシャルテックのチャップアップは、特に男性の生え際であるM字ハゲ、O字ハゲ、U字ハゲといったAGA(男性型脱毛症)に効果的とされており、ミノキシジルやフィナステリドといった発毛効果は期待できるが、副作用(動悸・息切れ・眩暈・嘔吐)の危険性もある成分が配合されていないことが特長です。有効成分として、ミノキシジルと同様の育毛効果がある、M-034を配合しています。M-034はミネラルが多く含まれるミツイシコンブから抽出し、成長維持因子であるグロスファクターを配合しています。M-034の効果としては、抜け毛の抑制が期待でき、外毛根鞘の増殖を促し、ヘアサイクル(毛周期)の成長期を延ばすことで、退行期を遅らせる作用が期待できます。チャップアップに配合された頭皮を保湿する成分として、センブリエキス、ヒオウギエキス、サンザシエキス、アルテア抽出液、アロエ抽出液、イチョウ葉エキス、オトギリソウエキス、海藻エキス、と多くの成分を配合しており育毛効果と保湿効果が期待できます。