「髪の毛が生えてくる育毛剤」「抜け毛を防ぐ育毛剤」といった、抜け毛対策や薄毛対策に、発毛効果、脱毛抑制効果が得られる育毛剤を求める人は多くいらっしゃると思います。


しかし、育毛剤の使用中に身体に支障をきたす、つまり副作用などの症状が起こる場合があります。この記事では、育毛剤による副作用や副作用の少ない育毛剤についてまとめました。

育毛剤による副作用の例

かゆみ・炎症

アレルギー反応や血行促進効果により、育毛剤の配合成分によっては、頭皮にかゆみや湿疹、赤く腫れるなどの炎症ををおこす場合があります。

めまい・吐き気・動悸・息切れ

AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられるミノキシジル(後述)という血管を拡張させて発毛を促す医薬成分は、もともと高血圧改善の薬として使われていました。ですので、血管が拡張されたり血圧を下げる働きが作用すると、低血圧となりめまいや吐き気、動悸、息切れなどに繋がります。

むくみ・体重増加

タブレットタイプのミノキシジルを服用した場合、体内から起こる副作用として、むくみや体重増加などの例があります。

ミノキシジルの効果により血管が拡張されると、自然に血液循環が早まります。すると、一定だった血液濃度は薄まり、細胞に血液や栄養などを届ける循環器が、血液の不足を補おうと、血液に多くの水分を含ませ細胞に送り込みます。

そして、細胞に送り込まれた多量の水分が、むくみや体重増加につながります。

胃の不快感

飲む育毛剤「プロペシア」に配合されている成分によって、胃の粘膜を刺激し、炎症がおき、胃痛を感じる場合があります。

性欲減退

フィナステリド(後述)等、強い男性ホルモンを調整する成分が配合されている場合は、勃起不全や性欲減退、精子減少などの副作用がおきる場合があります。

体毛増加

育毛サプリメントや発毛力の高いミノキシジルのタブレットなどを服用することにより、育毛効果が体内で作用し、指や腕の毛など、頭皮以外にも育毛の影響が出る場合があります。

副作用が報告されることが多い科学成分

発毛医薬品成分ミノキシジル成分

ミノキシジルはもともと、高血圧の改善のために使用される成分です。服用していた高血圧患者に発毛効果が認められ、発毛医薬品成分として薄毛治療に使用されるようになりました。日本では厚生労働省から「発毛成分」と認められており、副作用の可能性が高いため、ミノキシジルが配合の発毛剤は「医薬品」に指定されています。国内産の発毛剤は、大正製薬から発売されている「リアップ」シリーズのみになります。

女性も使える育毛剤!ミノキシジルの効果と女性が使うときの注意点

ミノキシジル配合の発毛剤の使用を避けてほしい方

ミノキシジルは血圧に作用する薬なので、低血圧で治療中の方は、ミノキシジルの作用により、更に血圧が低下してしまう場合がありますので、服用を避けましょう。また、心臓に障害を持つ方や、体が未発達である20歳未満の方、体の組織が弱まっている65歳以上の方には、かゆみや発疹などの副作用が強くでる危険性があるため,
ミノキシジルの服用には年齢制限が設けられています。

フィナステリド成分

元は前立腺肥大の治療に使用されていました。この成分は、5αリダクターゼというホルモンと、男性ホルモンのテストステロンが結び付き、脱毛ホルモンが発生しないよう、抑制する効果があります。また、皮脂の過剰分泌を抑制する効果もあります。

フィナステリド成分を含むフィナステリド錠

フィナステリドは、錠剤で販売されているタイプが主流で、日本で唯一認可されているフィナステリド錠は、MSD株式会社が開発したジェネリック医薬品「プロペシア」のみです。

育毛剤プロペシアの評判と副作用について

フィナステリド成分の使用を避けてほしい方

フィナステリドは男性用の育毛成分で、女性(特に、妊娠中、授乳中、妊娠を希望する女性)の服用は固く禁止されています。なぜなら、フィナステリドは男性ホルモンを抑制する作用があり、妊娠中の胎児の生殖器に異常がおきる危険性があるからです。
フィナステリドを服用した場合、完全に体からフィナステリドが抜けるまで、およそ3か月かかります。ですので、妊娠はしていなくても、3か月間の間は子づくりを行ってはいけません。

また、経皮吸収といって、プロペシアに触れるだけで、フィナステリド成分が体内に吸収されてしまう為、女性はプロペシアに触れることすら禁止されています。

個人輸入の危険性

余談ではありますが、海外で販売されている、ミノキシジルやフィナステリドを多く含む医薬品や、ミノキシジルタブレットは、個人輸入という方法で入手することができます。しかし、アメリカの製薬メーカー・ファイザー製薬は、「ネット上で流通するAGA治療薬の6割が偽薬だ」と言う情報を発表しています。また、正規品でも、ミノキシジルの成分配合量がかなり高い場合があり、副作用が起きる確率が高まり、安全とは言えません。ですので、詐欺にあう可能性や副作用の可能性が高まる点から、個人輸入はあまりおすすめはできません。

その他の副作用が多く報告される成分

香料

香り付けをするために添加される場合があります。原料にっよっては肌荒れやかぶれなどのアレルギーなどの副作用が起きるケースがあります。

アルコール系添加物

肌に与える刺激が強く、肌荒れやかぶれの原因になる場合があります。また、皮脂の洗浄力が強く、頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流し、頭皮が足りない皮脂を補おうと、皮脂が過剰に分泌される場合があります。

着色料

アレルギー反応を引き起こしやすい成分です。香料同様、肌荒れやかぶれなどの恐れがあります。

副作用が少ないとみられる育毛成分

ピディオキシジル

「ミノキシジルの副作用を抑えられないか」と開発された発毛医薬品成分が「ピディオキシジル」です。「ミノキシジル誘導体」と呼ばれ、配合している成分によって副作用のリスクを減らす、という科学的根拠に基づいた、安全性の高い発毛有効成分です。2015年に世界で初、エスロッソという会社が、ピディオキシジルの頭髪発毛製品化に成功しました。

ミノキシジルは副作用の可能性が高く第一類医薬品に指定されていますが、ピディオキシジルは副作用が認められないため化粧品として認定されています。

最近では、ピディオキシジルが発毛成分として配合されたまつ毛美容液が発売され、「まつ毛が増える、生える」ということで人気が出ています。目というデリケートな部分に近いまつ毛に使用されるほど、安全性が高いことがわかります。

キャピキシル

ミノキシジルの約3倍という圧倒的発毛効果が得られると注目を浴びている天然成分です。
キャピキシル成分は、2つの成分「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」からできています。アカツメクサ花エキスに含まれている成分が、脱毛を促進させる5αリダクターゼという酵素を阻害してくれます。アセチルテトラペプチド3は、4つのアミノ酸でできています。このアミノ酸が細胞を修復して頭皮環境を改善する作用があります。細胞修復作用は、医療においても活用されています。

アルガス-2(Algas-2)

アルガス-2(Algas-2)は2016年7月に発表された新成分です。株式会社キーリーが発毛研究の中で開発した、有効成分M-034とペルベチアカナリクラタエキスという2つの海藻エキスを凝縮配合した成分でで、それぞれのもつ育毛作用が相乗効果をうみ、育毛が促進されることが期待できます。

М-034

ミツイシコンブ(北海道産)から抽出したエキスです。血行促進効果によって毛根へ栄養や酸素を届けることで、育毛を促す効果を持ちます。また、保湿にも優れており、頭皮の乾燥を防止します。口コミやランキングなどで評価が高い天然成分入りの育毛剤「チャップアップ」や「ブブカ」などの商品はM-034単体が育毛剤の主要成分となっています。

ペルベチアカナリクラタエキス

フランスブレア諸島の海岸に生息する多年海藻です。その海藻から抽出したエキスが、豊富な成長因子により代謝を高め、肌や毛髪の再生能力を促す改善率が高いという研究データが得られ、髪の損傷を修復することによる育毛効果が期待されています。

副作用の少ない育毛剤

副作用は、化学成分がアレルギーを誘発するなどで起こる場合が多いです。そこで今、医薬部外品の育毛剤で、有効性が高く、化学成分を一切配合しない完全無添加の育毛剤が育毛業界で高く評価されています。
今回は、口コミランキングサイトやレビューサイトでも人気が高い、完全無添加の育毛・発毛促進アイテムをご紹介します。

チャップアップ

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

完全無添加に加え、育毛効果の高いアミノ酸を独自配合した男女兼用の育毛剤です。安全面が徹底追及されており、アレルギーテスト、放射性物質の検査、皮膚科専門家による複数のかゆみ検査などを通過しており、副作用の危険性がほとんどありません。

マイナチュレ

女性用の、完全無添加の育毛剤です。主成分は前述したM-034です。他にも保湿効果などがある成分がたっぷり配合されています。また、ミノキシジルなどは妊娠中や授乳中の女性は特に使用を禁止していますが、マイナチュレはすべて天然成分配合により作られてますので、妊娠中や授乳中に関わらずご利用いただけます。

ベルタ

ベルタ育毛剤

女性用の、完全無添加ナノの育毛剤です。特徴は、32種類の育毛有効成分がナノサイズにまで分解されており、塗布するとしっかり毛根にまで有効成分が浸透してくれます。配合されている天然由来成分により、ホルモンバランスの乱れもしっかりサポートしてくれます。

まとめ

天然由来成分配合による、完全無添加の育毛剤は副作用の心配はほとんどありませんが、まれに植物アレルギーなどをお持ちの方に反応する場合がある為、「副作用がない」とは言い切れません。
自分の体質に合った育毛剤を探すことが、自分にとって副作用のない育毛剤と出会えることに繋がります。選び方のポイントとして、まずは乾燥肌や敏感肌、アレルギーなど自分の体質を把握し、育毛剤を選ぶ際はしっかり成分表を見て購入するようこころがけましょう。