育毛剤のタイプの分け方ってご存知ですか?そもそも育毛剤といってもみんな同じでは無く、含まれている成分やタイプによって、薬局で分類分けされて陳列されています。

「医薬品」と「医薬部外品」

医療用医薬品

医療用医薬品とは、病院や医療機関で出される処方薬です。そのため、病院で処方させるか、処方箋をもって最寄りの薬局やドラッグストアで薬剤師さん提出しカウンセリングを受けて受け取る用になります。プロペシアは、AGA(男性脱毛症)の医療用医薬品として処方されている飲むタイプの育毛剤です。処方箋が必要なお薬にはなりますが、専門医の診察を受けて出してもらえるので使用者も安心できます。

第一類医薬品

第一類医薬品とは、薬を使用することにより、副作用が出る可能性が極めて高いと危惧されているものや、新規開発医薬品のことです。ドラッグストア、薬局で、薬剤師のカウンセリングや問診をした上で購入できる医薬品のことです。ランク分けをすると一番成分が強いものが含まれているため、薬歴等も確認する必要があります。なぜ、このくらいシビアなのかというと、育毛剤で副作用が発生する可能性があることが大手メーカーの寄せたれた声で証明され、厚生労働省はそれ以後、ミノキシジル外用薬(発毛促進成分)の認可を出さないという方針を打ち出しました。そして利用者の注意と認識改善をし、リアップ以降のミノキシジル薬品認可がおりていない状態なので、現在の市場は発毛効果が認められるリアップが首位独走状態です。リアップは発毛促進効果、発毛促進指令をして発毛環境を整えます。

第二類・第三類医薬品

ドラッグストア、薬局で、薬剤師がいるお店で購入ができます。薬剤師による対面販売と書面での情報提供が義務付けられており、たとえば、風邪薬や解熱鎮痛剤もそうです。二類・第三類医薬品は登録販売者も販売は可能となっております。

医薬部外品

医薬部外品は、上記にの分類分けには入らいないが、人体に何らかの影響、改善効果があるもので、育毛剤の主な成分効果が医療用医薬品、第一類医薬品、二類・第三類医薬品より控えめです。そのため、通院して処方箋をもらう必要もありませんし、薬剤師さんに対面式で購入する必要もありません。通販サイトやドラッグストアで購入できる手軽さも、メリットです。市販人気ランキングやテレビCMの口コミ評価、アットコスメなどの市販品情報を参考に育毛剤をみますと、薬用毛髪力ZZ、スカルプD、アデノゲン、チャップアップ、薬用アデノゲンサクセスなどいろんな育毛剤が出てきます。しかし、自分の頭皮の状態や症状、効果や副作用、価格などを考慮して、本当に自分に合うものを選ばないと効果が得られないかもしれません。薬剤師の方がいれば、相談してみるのもいいですね。薄毛、抜け毛対策は早期対策が一番重要です。さっそく薬局で育毛剤をゲットして薄毛対策を始めてみましょう。

チャップアップ

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

世でいうM字ハゲ若ハゲ予防、ハゲ対策に効果的な商品で、学生さんでも薄毛に悩んでいる方はたくさんいます。副作用がないため肌が敏感な方、育毛剤初心者の方、未成年者の方には不安感なく育毛剤を使い始められます。

薬用毛髪力ZZ

薬用毛髪力ZZは、ライオン株式会社が発売している育毛剤になります。脱毛促進作用の原因になるNT-4というタンパク質の作りだす働きを抑え、薄毛対策、抜け毛を減らす作用があります。また、発毛促進効果のあるペンタデカンや、血行を促進し、髪の毛の根元まで栄養を届けるビタミンE誘導体など様々な有効成分が配合されているので、効果に期待できません。

スカルプD

スカルプDのシャンプーはCMでお馴染みですよね。炭酸ガスで頭皮の血行を促進し、有効成分6-ベノジルアミノプリンが髪の成長するヘアサイクルを正常に整える効果があります。アデノゲンは生薬を中心とした成分配合で発毛効果はありませんが、FGF-7という発毛促進成分の働きをおさえる成分アデノシンが含まれています。使用感は爽快感がありベタつきや頭皮のかゆさを感じることは減少されます。

薬用アデノゲン

アデノゲンは、化粧品メーカーとしても有名な資生堂から発売された育毛剤です。AGA治療で認知度が高い、徳島大学医学部皮膚科の教授と共に研究を進め、商品化となりました。成分の特徴としては、生薬を主な成分として配合し、薄毛部分の毛乳頭細胞に発毛促進因子のFGF-7が半減していることが発見されているため。サクセスはとてもリーズナブルなので、未成年の方や育毛剤初心者の方の生活習慣に取り得れるためキッカケに良いと思います。

女性育毛剤に向いている育毛剤についてまとめました

最近薬局やドラックストアに女性用育毛剤、女性専用ヘアケア商品が増えてきている気がしませんか?それには、理由があります。昔から産後の薄毛に悩んだり、更年期の症状のひとつで女性の薄毛症状はありました。しかし近年、認知度が高まったことでサイトや薬局、ドラックストアで女性用、女性専用とパッケージ記載されて販売される商品も増えました。

成分と効果について

女性の育毛を妨げる主な原因としてあげられているものが、ホルモンバランスの乱れ、頭皮環境の悪化、頭皮が固くなることでおこる血行不良です。その女性特有の症状に、見合った成分を配合しているものが多いです。天然成分配合のものや、血行促進効果があり、血行改善することで、毛包細胞から髪の毛まで酸素や栄養を送り届ける効果があるものが多いです。

男性専用育毛剤についてまとめました

男性の育毛を妨げる主な原因としてあげられているものが、生え際が薄くなってきたり、頭部部が薄く目立つ状態になる男性特有の薄毛症状は、未然に防ぐことも可能です。男性ホルモンの影響で薄毛が進むAGA(男性型脱毛症)は、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。進行スピードは抜け毛・うす毛がゆっくりと進みます。また、額の生え際や、頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなり、筒状に表皮の内側に入り込んだ部分を毛包といい、毛母細胞、毛乳頭細胞が十分に育たないため、髪の毛がしっかり育ちきらないまま抜け落ちてしまいます。このAGAの男性ホルモン作用を抑制する、効果がある成分をしっかり配合をしている育毛剤が、男性用育毛剤、男性専用お育毛剤とパッケージ表記されていたり、薬局やドラックストアでまとめて陳列されているようです。

薬局ドラックストアで販売されている育毛剤の特徴

ドラックストアはとても立ち寄りやすいこともあり、価格帯も2,000円程度のお求めやすい価格の商品もあります。通販ですと、2,000円台の商品はあまり販売されていません。ドラッグストアや薬局で購入するには短期の使用や、頭皮環境改善、ハゲ予防、育毛剤初心者の方にはぴったりです。そして、気になる時にすぐに購入でき、使用する事ができるのもありがたいです。通販サイトですと、お得な定期コースや全額返金保証などのメリットはありますが、サイトで購入してから、手元に届くまでに時間がかかります。育毛剤は毎日使い続けて効果で出るものなので、すぐ使い始める事ができるのはありがたいです。

まとめ

頭皮環境ケアに関しての口コミ人気ランキングの感想も参考にするのもよいですが、薬局で育毛剤を購入する場合には、育毛剤薬用成分が自分に見合っているか確認するためにも、薬剤さんのアドバイスを参考に育毛剤選びをおすすめします。そこで、今店頭で販売している発毛剤、育毛剤より、専門クリニックで治療進めたほうが、発毛作用がある薬用成分配合のお薬が処方され、効き目があるとわかるかもしれません。育毛剤にを使用するにメリット、デメリットの把握のいためにも、店頭で販売されているいろんな種類の育毛剤をみて、薬剤師さんに相談してみましょう。