薄毛を改善するために最初に手を伸ばすのが育毛剤という人も多いでしょう。
しかし、薄毛やハゲに関する基礎知識がなければどんな育毛剤が良いのかわかりませんし、正しい育毛剤の知識がなければ、自分に合った育毛剤を選ぶこともできません。薄毛対策や抜け毛などのハゲ対策は早ければ早い方が良いので、正しい基礎知識を身につけ、自分に合った育毛剤を選ぶことが大切です。では、ガチで薄毛や抜け毛を改善したい人のために薄毛や抜け毛の基礎知識と正しい育毛剤の選び方をご説明しましょう。

薄毛や抜け毛の正しい基礎知識

薄毛や抜け毛になる原因

薄毛や抜け毛になる原因は様々な原因があります。薄毛や抜け毛は男性に多く、女性は関係ないと思われているかもしれませんが、原因によっては女性にも起こり得ることです。

男性ホルモンの過剰分泌

男性ホルモンが過剰分泌することで起こる薄毛や抜け毛はAGAとよばれています。男性ホルモンが過剰分泌されると5αリダクターゼが男性ホルモン成分のテストステロンと結びつきDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、このDHTが薄毛や抜け毛の原因となる脱毛分子になります。

頭皮環境が悪い男性は要注意

DHTが生成されると毛根にある毛乳頭が休眠状態になり、ヘアサイクルが乱れてしまいます。通常の発毛サイクルは2~6年という長い期間髪の毛が育つ期間がありますが、DHTが生成されると育毛期間が短くなり、1年や半年しか育毛する期間がないまま、髪の毛が抜け落ちてしまいます。AGAは遺伝もあると言われていますが、頭皮環境が悪い男性も起こりやすいので注意が必要です。

栄養バランス悪い食生活

「M-1」
頭皮環境と食生活は切っても切り離せない関係にあります。肉類や脂っこい食べ物ばかりを摂取していると、頭皮の皮脂が過剰分泌されるため、常に頭皮がべたついている状態になります。必要以上の皮脂は、毛穴がつまり頭皮環境を悪化させ抜け毛や脱毛の原因となります。

ストレス

ストレスによる抜け毛や薄毛で典型的なハゲが「円形脱毛症」です。ストレスにより筋肉が収縮し、代謝が悪くなることで血流が悪くなります。血行不良は抜け毛や薄毛の大敵です。血行不良が起こると髪や毛根、毛乳頭に必要な栄養を運ぶこどができないため、薄毛や抜け毛の原因になると言われています。

行き届いていないヘアケア

「今日はしんどいから頭を洗わずに寝よう」ということはないでしょうか。頭皮環境が不潔な状態ですと、当然、過剰な皮脂や汚れなどが溜まり抜け毛や薄毛の原因になります。また、神経質になりすぎて、朝と晩の1日2回シャンプーをすると、過剰な洗髪により頭皮を痛める原因になります。さらに、使用しているシャンプーによっては、皮脂を洗い流しすぎるため、刺激が強すぎて、頭皮を痛め、抜け毛や薄毛の原因となります。

冷え性や紫外線曝露

女性が抜け毛になる原因として多いのが冷え性です。先程も少しお話をしましたが、冷え性は血行不良が原因ですから抜け毛や薄毛の原因になります。また、紫外線も髪の毛のキューティクルを痛める原因と言われており、抜け毛や薄毛の原因になります。

喫煙や飲酒

喫煙や飲酒も抜け毛や薄毛の原因になると言われています。タバコのニコチンは、血管を収縮させますので血行不良となります。アルコールは過度の飲酒になると、肝臓に負担がかかり、頭皮や毛髪への栄養を運ぶ妨げになると言われています。アルコールは、少量であれば血行促進効果になり、毛母細胞を活性化させる働きがあります。しかし、過度の飲酒は体にも頭皮・毛髪にも悪影響となります。

不規則な睡眠

仕事柄不規則な生活になる方もいらっしゃいますが、睡眠不足も薄毛や抜け毛の原因になると言われています。昼間、紫外線などで受けた頭皮や毛髪のダメージを修復するのは就寝中です。寝ている間に免疫細胞が修復を行っていますので、睡眠時間が短い方は修復時間が短くなります。

更年期障害

更年期障害は女性のものと思われているかもしれませんが、男性も若干ですが更年期障害が起こります。その理由は、女性ホルモンのエストロゲンが原因なのですが、男性も少量のエストロゲンを保有しています。更年期障害は、エストロゲンが減少することで起こります。エストロゲンは毛髪の成長を促す働きがあります。減少することで、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

育毛剤の種類

脱毛や薄毛の原因は色々ありますが、薄毛や抜け毛になるとまず試してみようと思う商品が育毛剤です。しかし、育毛剤にも種類がありますので育毛剤の基礎知識を身に着けておきましょう。

育毛剤

育毛剤は医薬部外品に分類されています。医薬部外品ということで医薬品より効果は劣りますが、副作用などの心配がほとんどないということで、育毛剤から試す人が多いようです。主に脱毛を予防する成分が配合されていることが多く、脱毛予防と言われています。育毛剤は医薬部外品の商品がほとんどですから、インターネットから購入することができ便利です。「バイオテック」というサイトは、発毛や育毛の専門サロンで使われている商品が揃うサイトです。専門家が使う育毛剤の情報を一度見てみてはいかがでしょうか。

養毛剤

養毛剤は頭皮や髪の毛に栄養補給をすることを目的としています。薄毛や抜け毛の予防程度であれば養毛剤で十分でしょう。化粧品に分類されますので、医薬部外品となる育毛剤より効果は劣ります。

発毛剤

発毛剤は医師の処方がないと使用することができません。そのため分類は、医薬品となり、育毛剤より効果は高くなります。主に発毛させる有効成分が配合されており、発毛を目的として作られています。抜け毛や薄毛対策としては、一番効果が高くなりますが、医薬品のため副作用も考えられます。医師の適切な処方の元で使用しなければなりません。

育毛剤の分類とそれぞれに合った育毛剤の紹介

では、抜け毛や薄毛になる原因や育毛剤の種類をご説明させていただきました。そこで自分の抜け毛のタイプに合った育毛剤を選べるようにならなくてはなりません。
育毛剤には大きく分けると5つのタイプに分類されます。それぞれにある効果に特化していますので、自分のハゲタイプに合った育毛剤を選べるようになりましょう。

男性ホルモンを抑制する育毛剤

このタイプの育毛剤は、脱毛や薄毛の原因が男性ホルモンによる場合に使うと良いとされる育毛剤です。女性の場合もホルモンバランスが崩れたことが原因で薄毛や抜け毛になっている場合はこのタイプの育毛剤が良いでしょう。「薬用プランテル」は男性型脱毛症(AGA)に特化している育毛剤です。レビューを見てもAGAに効果が期待できるという内容がよく書かれています。5αリダクターゼを抑制するためのヒオウギ抽出液が配合されています。また、女性であれば「ベルタ」という育毛剤があります。女性ホルモンの減少をサポートし、頭皮ケアやエイジングケアもできる成分が56種類も含まれています。妊娠中や授乳中、産前産後の型でも使用できる育毛剤です。

血行促進に重点を置いた育毛剤

頭皮環境を良くするには、血行促進は絶対に必要なことです。血行促進に重点をおいた育毛剤は、血流の改善や血行促進を促す成分が豊富に配合されています。抜け毛や薄毛になる原因から血行不良だと判断できる場合は、このタイプの育毛剤を選びましょう。血行促進が期待できる育毛剤は「チャップアップ」が有名です。チャップアップは他の商品と比較しても口コミ評価の高い記事が目立ちます。ランキングでも常に上位にある人気の育毛剤です。配合成分はセンブリエキスやニンジンエキス、M-034などの天然由来成分が含まれています。また、最新育毛成分と言われているキャピキシルやピディオキシジカル、カプサイシン、などの成分を配合した「フィンジア」も血行促進効果が高い育毛剤です。ただし、キャピキシルはミノキシジルより強い成分ということで合わない人もいるようですから、肌や体に合わないという方は使用を中止しましょう。さらに、世界が認めた育毛ミスト「M-1」もカプサイシンエキスを配合していますし、独自の発毛促進シグナルの解明をしたことで発毛効果や育毛効果が高いと言われています。また最新の技術を取り入れており、血行促進効果も高いと言われている育毛剤です。これらの成分の他にもニンニクエキスやシナノキエキス、ゴボウエキス、イチョウ葉エキス、ボタンエキス、オランダカラシエキスも血行促進に効果が高いと言われています。

細胞を活性化させる育毛剤

ヘアサイクルのお話をしましたが、「最近髪の毛の伸びが遅い気がする」という方には細胞を活性化させる育毛剤がおすすめです。毛髪は毛根にある毛乳頭という細胞がきちんと働くことで成長しています。細分分裂を繰り返すことで成長する毛髪は、毛乳頭がきちんと働いてくれなければ毛髪が成長しません。毛髪を成長させるには働いていない毛乳頭細胞を活性化させる必要があります。毛乳頭を活性化させる成分が豊富に含まれている育毛剤が、このタイプになります。細胞を活性化させる育毛剤は「育毛サプリ」に多く、イクオスサプリEXには、ノコギリヤシやミレット、フィーバーフューが含まれていますし、BOSTONサプリにも同じくノコギリヤシとそのほか亜鉛、イソフラボンが含まれています。チャップアップサプリにはノコギリヤシ、フィーバーフュー、亜鉛が含まれ、フェルサスカルプサプリにはノコギリヤシ、ミレット、ケラチンが含まれています。

イクオスサプリEX

育毛剤愛用者の人気No1サプリ ボストン

チャップアップサプリ(内側から)

毛乳頭を活性化させる成分スカルプエッセンス

また、毛乳頭を活性化させる成分としてキャピキシルが配合されているスカルプエッセンスも人気です。キャピキシルの配合量は違いますが、フィンジアやバイタルウェーブ、BOSTONスカルプエッセンスなどに含まれています。また、育毛剤でもリアップx5はキャピキシルを配合しています。そして、他にもビワ葉エキスがヘアサイクルを正常にする働きがあるとされています。ビワ葉エキスを含むチャップアップやブブカ、薬用プランテルなどの育毛剤があります。

フィンジア

バイタルウェーブ

BOSTONスカルプエッセンスキャンペーン実施中!

頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制する育毛剤

頭皮の皮脂の過剰分泌が起こると毛穴がつまり、頭皮環境が悪くなります。毛穴のつまりは薄毛や抜け毛の原因になります。そのためには、皮脂の過剰分泌を抑えなくてはなりません。過剰な皮脂分泌を抑える成分はイソフラボンやドクダミエキス、ビタミンC誘導体、ダイズエキスなどがあります。これらの成分が配合されている育毛剤は、チャップアップや先ほどのスカルプエッセンス系に含まれているキャピキシルにもイソフラボンが含まれています。他にもヒオウギエキスにもイソフラボンが含まれています。

保湿、消炎効果の高い育毛剤

頭皮がべたべたしている原因は乾燥している場合があります。皮膚や乾燥していると皮膚を守るために皮脂を過剰分泌する働きがあります。また、皮脂が過剰分泌する前の乾燥している頭皮も肌荒れや刺激に弱くなりますから抜け毛や薄毛の原因になります。頭皮がかゆい、掻くとフケのような粉が出るという方は乾燥の可能性がありますから、保湿効果や消炎効果の高い育毛剤を選びましょう。ただし、保湿効果を上げる場合は育毛剤だけではなく、ヘアケア成分の配合されているアミノ酸系のスカルプシャンプーを併用するとより効果的でしょう。市販のシャンプーは洗浄力が強すぎるため頭皮に刺激を与えてしまいます。

アミノ酸系のスカルプシャンプー

アミノ酸系のスカルプシャンプーは使用感も良いものが多く、必要は皮脂は残し、余分な脂や汚れを洗い流してくれます。また、頭皮に刺激を与えるようは洗浄成分は配合されていません。頭皮や毛髪に良い成分も配合されていますので保湿効果を高めると共に薄毛や抜け毛対策となるでしょう。保湿力が高い育毛合は、M-034という海藻エキスの含まれちエルチャップアップやブブカ、イクオスなどが有名です。また、ウーマフリードという育毛剤には馬油やフコイダン、ローヤルゼリーエキス、グリチルリチン酸2Kなど特に高い成分が配合されています。このほか、オドリコソウエキスやローズマリーエキス、サクラ葉抽出液、オランダカラシエキス、マツエキス、クロレラエキス、アスパラギン酸、ヒアルロン酸も保湿効果が高いと有名な成分です。カンゾウ葉エキスは消炎効果が高い成分として有名です。

モンドセレクション金賞受賞 CUシャンプー

イクオスブラックシャンプーイクオスブラックトリートメント

育毛剤を選ぶ時は返金保証がついているものを選ぶ

最後に、自分に合った育毛剤を見つけたら、その育毛剤に返金保証がついているかどうかを確認しましょう。返金保証がついていない場合、頭皮に異常があったり効果が期待できない場合に返金することができません。返金保証がついていなければ自分に合う育毛剤が見つかるまでお金の無駄使いになってしまいます。これを避けるために全額返金保証のついている育毛剤を選びましょう。また、単品購入より定期コースや定期便、サプリ付きの育毛剤にする方がお安く購入することができます。公式サイトから定期コースや定期購入、サプリセットを購入するようにしましょう。また、毎月購入するものになりますから使い続けることができる価格の商品を選ぶことも大切です。