高校生といえば、興味関心も増え服装・髪型・体型などを意識する時期に入ります。特に現代の高校生は男女問わず美意識が高い子が多いのが事実です。また、高校生活を送る上で将来の就職のことや大学受験、お金についてなど将来への不安を感じ悩むことも多くなる時期です。その中でも「抜け毛」「薄毛」など「ハゲ」「毛量」に対する悩みを抱える高校生が近年増加傾向にあり、抜け毛対策に目を向けています。
男子はもちろんのこと、女子の中にも薄毛に悩んでいる子がいます。しかし、多感な時期なので「髪の毛のこと、ましてや自分の抜け毛のことなんて…。」と誰にも相談出来ない状況に悩み続けることも多いです。

高校生の抜け毛の原因

脱毛といえば年を重ねて悩みを抱えることですが、現在は違います。美意識の高い現代の高校生は抜け毛に悩み恐れていることも多いです。その原因は男女問わずの悩みであるストレスによるものやモルモンの関係などがあります。

ストレス

冒頭で述べましたが、将来への不安と目の前の現実の間で高校生は将来に対する不安を抱えています。当然その中ではストレスも感じています。大人が仕事でストレスを感じるのと同様に、親や担任から将来についてのことを聞かれたり、志望校と自身の学力のギャップについて等が脳裏に浮かぶだけでストレスを感じます。

脱毛はストレスで進行する場合があります。ストレスを感じると血管が細くなり頭皮の血流が悪くなります。そうすると毛根に栄養分が行き届かなくなり脱毛します。高校生は脱毛することに日々の生活にストレスを感じ、脱毛をし、その脱毛にまたストレスを感じ、また脱毛するといういわば、負のサイクルに入ってしまいます。

男性ホルモン

高校生の成長期には男性ホルモンが増加する時期です。男性ホルモンの一種であるテストトテロンがあります。そのテストトテロンは5αリダクターゼと結合し体内酵素と結合することでヒドロテストステロン生成されます。このヒドロテストステロンが脱毛を促進させる物質です。5αリダクターゼが、良質な男性ホルモンのテストテロンを脱毛の原因となる悪性のジヒドロテストステロンを生成させる原因です。この5αリダクターゼは女子にもある還元酵素で、少量ですが男性ホルモンのテストテロンの分泌も行われています。男性型脱毛症と思われがちですが、男性だけでなく女性も注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れ

こちらは女性特有の原因となりますが、女性ホルモンに起因するものです。女性ホルモンにはエストロゲン(卵巣ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)があります。健康的な人ならばこの2つの分泌のバランスが取れており正常に活動が出来ます。しかし、ホルモンバランスが乱れエストロゲンの量が減少すると抜け毛が多くなります。

原因としては朝食を抜く、お菓子や揚げ物が好きなどの食生活の乱れ、就寝時間が遅い、寝付きが悪くなどの睡眠不足、ストレスなどがあります。特に寝付きが悪くなる原因として、スマホを就寝前にいじっていると目がさえ眠れなくなってしまいます。現代には欠かせないスマホですが、これが抜け毛の原因にもなります。

整髪料

美意識の高い現代の高校生ですが、髪型もファッションの一部です。様々なヘアアレンジを施し個性を演出します。男性向け、女性向け問わず市販のスプレー、フォームタイプ、ワックスなどのが該当します。それらの使用量が多いと抜け毛の原因となります。整髪料が生え際である頭皮につくと毛穴を塞ぎ、毛穴が炎症し、ダメージを受けることが抜け毛の原因となります。また、洗髪時に多量の整髪料を落とそうと爪を立てたり、強く洗う行為も頭皮を傷つける原因となります。毛先など頭頂部に少量つける程度だと問題ありませんが多量に使用するなど使用方法には注意が必要です。

高校生が育毛剤を使用する効果

育毛剤は本来、抜け毛、薄毛の悩みに対して育毛を促す作用が期待出来るものです。上記のように高校生の抜け毛に対する悩みは意外にも多いのです。そこで高校生はその悩みを解決するために育毛剤を使用しようとします。育毛剤は大人同様に高校生が使用しても発毛効果があります。ただし高校生の身体は成熟に向けて発展している途中です。使用する育毛剤でも使用して良いものと使用してはいけないものがあるので注意が必要です。

高校生が使用してはいけない育毛剤

ミノキシジル配合のもの

男性用、女性用に限らず、育毛剤の中でも高校生が使用してはいけない育毛剤があります。それがミノキシジル配合の育毛剤です。ミノキシジルは医薬品に指定されている成分です。

ミノキシジル濃度の高い製品は血圧を下げる働きがあり血管を拡張させる作用もあります。栄養を含んだ血液を毛根に送ることで薄毛改善になり発毛効果に繋がります。ミノキシジルが配合されている育毛剤として有名なのが、ポラリスの育毛剤です。ポラリスにはポラリスNRシリーズという薄毛に合わせたラインナップを揃えており効果が高いと評判です。しかし、副作用もあり、20歳未満の使用が禁止されています。副作用には、倦怠感、目まい、立ちくらみ、頭皮の痒み、体毛が濃くなるといったことが挙げられます。

高校生の父親が育毛剤を使用している場合、父親のものを借りて使用するという行為を簡単に行ってはいけません。その育毛剤の内容量がミノキシジルが成分表記れているかどうかを確認する必要があります。

ロゲイン配合のもの

ロゲインは頭皮に直接塗布するタイプの育毛剤です。ロゲインには男性用ロゲイン、女性用ロゲインがありいずれも発毛促進効果がありますが、高校生は使用してはいけません。ロゲインを使用してはいけない理由としては脱毛効果成分としてミノキシジルが含まれていることです。効果はミノキシジル配合のものと同様に薄毛改善効果が期待出来ます。

ミノキシジル配合量によって男性用、女性用と分かれてますが、いずれにしても使用することは禁止されています。

天然成分を含む育毛剤を選ぶ

前述のミノキシジルという発毛有効成分を含んでいない育毛剤ということが条件です。また育毛剤の配合成分として天然成分を含んでいるもの選ぶようにしましょう。大人はもちろん高校生の肌は敏感です。特に肌荒れがひどい人にはやさしい天然成分を含んだものが良いです。ミノキシジルを含む育毛剤と比較するとその発毛効果は劣りますが、副作用がないので安心して使用することが出来ます。

高校生にオススメの育毛剤商品

ブブカ

高校生の脱毛にはAGA対策も必要です。高校生が使用しても良い育毛剤のひとつとしてブブカという商品があります。ブブカはAGA抑制成分が配合されたAGA治療育毛剤の元祖です。ブブカはチャップアップなどの製品と共にランキングサイトや口コミサイトの常連の製品でミリオナ化粧品という会社の商品で価格も育毛剤の中では安値で購入できコスパが良く人気の商品です。

20歳以上が使用出来る育毛剤に含まれている発毛効果が期待出来るミノキシジルという成分は含まれていませんが、それに匹敵する同等の成分「M-034」という成分が含まれています。

M-034は海藻エキスから抽出した天然成分です。医薬品成分のミノキシジルに匹敵する発毛効果が期待できます。更にブブカは医薬品分類されておらず、添加物も一切含まれていないのでミノキシジルのような副作用がありません。また、頭皮の血行促進、育毛に関わる細胞を活性化させて髪の成長を促します。また保湿力に優れ頭皮に潤いをあたえます。その他育毛に関わる天然成分が多く含まれている商品です。

また初回購入者限定で30日間全額返金保証もついているので、実際に体験してみてその使用感が合わない場合も安心です。

チャップアップ

年代問わずに育毛剤人気売れ筋ランキングや口コミ、体験レビューでも上位に位置しているのがチャップアップです。こちらも副作用のない安全性があります。安心して高校生が使用することが出来るほか、敏感肌の人の人たちにもおすすめです。

M字ハゲ、円形脱毛症、薄毛予防、育毛・発毛促進効果が期待できます。有効成分はセンブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCで頭皮の血流改善、毛髪への栄養補給成分が配合されています。

また、育毛剤と共に育毛サプリメントも販売されています。サプリメントの摂取によって、身体の内側からケア出来ます。こちらの商品も登録日から30日以内なら全額返金保証がついており、サプリメントとセットでお得なようです。さらに今ならチャップアップの公式サイトから定期便を申し込むとヘッドスパブラシがプレゼントされるようです。購入方法は公式サイトからチェックしてみてください。

育毛剤の効果を高める行動

育毛剤を使用する際、以下のことを意識して行えばその効果を最大限に引き出すことが出来ます。

シャンプーをした後に使用する

頭皮の汚れがある際に育毛剤を使用することはその効果を十二分に発揮することは出来ません。頭皮の汚れを落としてから育毛剤の使用を行いましょう。また、シャンプーやリンス、トリートメントの洗い残しがないようによく洗い流すこともポイントです。

髪を洗ってよく乾かす

頭皮がワックス・スプレーなどの整髪料や汗などでで汚れていると育毛剤の効果が落ちます。その汚れを落とすためにシャンプーをしますが、髪が濡れていると育毛剤の浸透率が低下します。育毛剤の浸透率が下がれば使用の効果が落ちます。育毛剤の頭皮への浸透率を上げるためにも濡れた髪はよく乾かしてから行いましょう。またほてっている頭皮だと雑菌が繁殖しやすくなったり、育毛剤の成分が蒸発したりします。頭皮を乾かすと共に頭皮のほてりを冷ましてから育毛剤を使用しましょう。

頭皮のマッサージをする

頭皮のマッサージを行うと血行が良くなります。頭皮の血行が良くなった状態で育毛剤を使用すると相乗効果で育毛効果があります。またマッサージをすることで育毛剤の浸透率を上げる効果もあります。つまり育毛剤の使用と頭皮マッサージは単独でもその効果があるものの、両者を共に行うことで互いの良いところを引き出す行動になります。

早く寝る

育毛剤の使用後は早めに就寝することを心がけましょう。身体を休めることで育毛剤の浸透率が上がり相乗効果が期待出来ます。また髪は寝ている間に修復作業を行っています。特に22時から午前2時の4時間は成長ホルモンが最も分泌される時間帯です。この時間に睡眠をとることで頭皮の健康状態も良好になります。

継続が大切

最後になりますが、育毛剤は個人によってその効果が現れるまでには差があります。中にはあまり効果が出ないこともあります。ただし、少なくとも3ヶ月~6ヶ月は継続しましょう。商品に定期コースがある場合は定期購入することをオススメします。せっかく育毛剤を使用しはじめてもすぐに辞めてしまっては意味がありません。また、睡眠不足・食生活の乱れ、運動不足など生活習慣が乱れは抜け毛の原因となります。抜け毛の対策には生活習慣の改善も必要です。育毛剤の使用と共に健康的な生活習慣のどちらもまずは継続することが大切です。