AGAの仕組みと育毛剤や発毛剤などでの治療方法

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、「男性型脱毛症」とも呼ばれます。
男性ホルモンの過剰分泌が原因となり、頭頂部や生え際が薄くなっていく、いわゆる「ハゲ」や「薄毛」と呼ばれる症状を指します。


どんな問題でも原因が分からなければ対策が出来ない事と同じで、AGAについても、仕組みや症状をよく理解した上でAGA治療を行った方が、薄毛対策や抜け毛対策の効果は上がります。

AGAの原因とは

AGAは遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因と考えられています。
具体的には、体内の「テストステロン」という男性ホルモンが、頭皮の毛乳頭細胞にある「5αリダクターゼ」という酵素と結合し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化します。そして、DHTによって脱毛を促す信号が出され、ヘアサイクルが乱れることによって薄毛や抜け毛につながります。

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは髪の毛が成長してから抜けていくまでの毛周期のことであり、成長期から、退行期、休止期の三つの周期を繰り返すことで形成されています。

  • 成長期…髪が発毛して成長していく期間のことで、2年から6年間
  • 退行期…髪の成長が衰退していく期間のことで、2週間から3週間
  • 休止期…髪の成長が終わって抜け落ちる期間のことで、2か月から3か月間

薄毛ではない健康な髪の人は成長期に2年から6年もの間、抜けない強い髪の毛が育ちます。

AGAがヘアサイクルに与える影響

AGAを発症している人の場合、成長期が「最長で約1年間」と毛髪の寿命が極端に短くなります。AGAで髪の毛の成長期が短くなると、髪は1年以内に抜けていく細く短い軟毛になる為、頭皮が目立ち、抜け毛も増えてしまいます。

AGA対策として、十分に髪が育たないヘアサイクルを、髪が十分に成長する正常なヘアサイクルに戻し、太くてコシがある髪の毛が育つ頭皮環境を作る事が重要になります。

AGA治療に有効的な医薬成分

AGA治療に有効とされる医薬成分をご紹介します。

フィナステリド

フィナステリドは、脱毛酵素の発生を防ぐことでAGAを改善する医薬成分です。
フィナステリドはもともと、前立腺肥大の治療薬でした。その為、男性ホルモンを調整する働きがあり、副作用として性欲減退、勃起不全、肝機能障害などが報告されています。
また、女性は使用禁止で、特に妊婦は胎児の健康に影響がある為、触れることすら禁止されています。

フィナステリド配合の発毛剤、「プロペシア」は、アメリカの特許が切れたため、日本で「ジェネリック医薬品」として販売が開始しました。しかし、日本では市販の許可が降りておらず、入手するにはAGA治療クリニックで医師に処方してもらう、または個人輸入を行う必要があります。(詳しくは後述します)

ミノキシジル

ミノキシジルは強い発毛力をもつ医薬成分です。血管を拡張し、頭皮の血行を促進することで、血流にのせて栄養や酸素を毛根にある毛母細胞に届け、発毛を促しAGAを改善します。ミノキシジルはもともと、高血圧の治療薬でした。その為、血圧を下げる働きがあり、副作用として、低血圧、動悸、頭皮のかゆみやかぶれ、湿疹などの副作用が報告されています。

ミノキシジル配合の発毛剤、「リアップ」は通販や薬局などで購入することができます。しかし、ミノキシジル配合の内服薬「ミノキシジルタブレット」はAGA治療クリニックなどで医師に処方してもらう、または個人輸入を行う必要があります(詳しくは後述します)

AGAに有効である対策

現在AGAに有効な対策方法は、どのような方法があるのでしょうか。

生活習慣の改善

喫煙、アルコールの過剰摂取、睡眠不足、乱れた食生活における栄養の偏り・不足などは、いずれもAGAや薄毛と深く関わりがあります。ひとつひとつ見直すことでAGAの進行をやわらげ、併せて育毛剤や発毛剤の使用、またはAGAクリニックで治療を受けて、AGAを改善しましょう。

育毛剤や発毛剤で男性ホルモンを抑制する

育毛剤や発毛剤の配合成分によって男性ホルモンを抑制し、ヘアサイクルを整えることがAGA対策として効果的です。AGAに有効とされる、おすすめの育毛剤と発毛剤を紹介します。

チャップアップ

AGAの初期症状に効果的な、医薬部外品の育毛剤です。口コミランキングサイトやレビューサイトでは、常に上位にランクインする人気商品です。
血流低下や毛穴の炎症防止、脱毛予防、発毛促進効果や、脱毛男性ホルモンの抑制効果があります。

また、チャップアップは天然成分で構成されており、頭皮に強い刺激を与える医薬成分を配合してない、無添加・無香料である為、副作用の可能性が低い点が特徴です。

チャップアップは公式サイトの通販から購入すると、育毛剤を割引された金額で購入できる定期コースや、育毛シャンプーとのセットコース、万が一商品に満足いただけなかった場合、全額返金保証などのサービスが用意されています。詳しくは公式サイトをご参考ください。

リアップX5

厚生労働省に発毛効果が認められた、有効成分ミノキシジル配合の商品です。
リアップX5は、ミノキシジル成分を5%配合した30代から50代のAGA(壮年性脱毛症)専用の男性用発毛剤です。日本国内で発売されている外用ミノキシジル配合の医薬品発毛剤はリアップシリーズのみになります。

AGA医療機関で治療をする

AGA治療専門クリニック(AGA医院、発毛治療院とも呼ばれます)など、薄毛治療や脱毛治療、AGA治療を行う病院は様々な都市に存在し、最も効果的にAGA改善を行うことができる為、発毛効率が非常に良いと言えます。医師や毛髪診断士など、髪の毛の専門家のもとで治療を行うことができます。

また、治療実績や発毛実績が高いクリニックであれば、よりAGA治療効果が期待できます。

治療方法

AGAクリニックを受診すると、プロペシアやミノキシジル等、発毛医薬品を使用しての発毛医薬品治療や、頭皮に成長因子を注入する治療法、各病院のオリジナル発毛薬の処方、個人個人のAGAの症状や状態に合わせて内服薬を処方するなどがあります。

AGAクリニック通院のデメリット

AGAの治療には保険適用がなく、育毛剤や発毛剤に比べ、経済的負担が大きい面がデメリットとして挙げられます。服用する発毛薬をジェネリック医薬品に変更するなど、費用を抑えられる可能性もありますが、事前に通院するAGAクリニックで処方箋の変更が可能か確認することをおすすめします。

AGA治療薬を海外から個人輸入

フィナステリド配合の治療薬や内服ミノキシジル治療薬等は、国内では販売許可が下りておらず、AGAクリニックなどから処方を受けて入手することになり、金額は月に数万円と大きな負担になります。しかし、海外から個人輸入を行えば安価で入手することができます。

ですが、AGA治療薬や薄毛治療薬を海外から個人輸入する場合、薬効に対する保証も無く、副作用や健康面に影響が出た場合、安価で購入した差額以上の損害を受ける可能性があります。
もし何か問題が発生した場合も、全て自分自身の自己責任で対応しなければなりません。

また、個人輸入で出回っている発毛治療薬の半分以上が偽物だと、アメリカの製薬会社が発表しており、発毛に全く効果のない薬が「発毛薬」として届く場合があります。

海外で購入した商品は、個人輸入利用者が非常に高いリスクを背負うため、おすすめできません。

まとめ

AGAは、放っておけば確実に進行していきます。治療が遅くなれば手遅れになり、治療できなくなることもあります。

AGAの原因や特徴、効果的な対策方法をを知り、早めに自分の症状や体質ににあった治療法を始め、薄毛改善や抜け毛改善に取り組みましょう。

ページのトップへ