薄毛の原因を分析することで自分にあった育毛剤を選ぼう

髪の毛は抜けるときは簡単に抜けるものですが、生やしたいと思ってもなかなか思い通りにいきません。そんな中、抜け毛対策として育毛剤を使用している、または使用を検討している人が気になるのは育毛剤が本当に育毛に効くかどうかだと思います。


育毛剤ごとに配合成分は違いますので、自分の薄毛の症状にあった成分が配合されているか確認し育毛剤を選ぶことが重要になってきます。自分の薄毛の原因と、育毛剤に配合されている成分を解析、症状にあった育毛効果が実感できる製品の紹介をからめ説明しますので参考にしてください。

自分の薄毛の原因を知る

薄毛の症状は人それぞれです。自分の薄毛の症状を知ることで的確に薄毛対策を行い、育毛が実感できる日が最短になるように自分の薄毛の原因を判断することが大切です。
薄毛の症状は、男性型脱毛症とそれ以外の薄毛の症状におおきく2つに分けられます。

AGAと呼ばれる男性型脱毛症

男性型脱毛症は通称AGAと呼ばれる薄毛の症状です。頭頂部や生え際から薄毛になるのが特徴です。
男性ホルモンが頭皮に存在する酵素の5‐αリダクターゼと結びつくことで、髪の毛の成長司令をだす毛母細胞を萎縮させ脱毛を促す司令をだすジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。
女性ホルモンと男性ホルモンのバランスがとれ分泌されているときは問題がないのですが、ホルモンバランスが乱れ過剰に男性ホルモンが分泌されることでDHTも大量に生成され脱毛司令が毛根に届き、本来2~6年伸び続けるはずの髪の毛が早く抜け落ち、新しい髪の毛も生えず待機の状態になり、抜け毛、薄毛、ハゲが進行してしまいます。
AGAはホルモンバランスの乱れで起きる症状なので、女性も発症しFAGAと呼ばれます。

それ以外の薄毛の原因

ホルモンバランスの乱れ以外の薄毛の原因は、頭皮環境の乱れです。ストレスや生活習慣などが乱れることにより、頭皮の皮脂やフケが過剰分泌されて毛穴がつまることで抜け毛が増えてしまいます。

薄毛の原因に有効な成分

育毛剤に使われている有効成分は、薄毛改善を目的に予防成分として配合されています。

男性ホルモン抑制成分
DHT生成抑制成分
フィナステリド、ノコギリヤシエキス、アロエエキス、ヒオウギエキス、センブリエキスなど
血行促進成分 ミノキシジル、トウガラシエキス、センブリ抽出エキス、M-034、セファランチン、ピディオキシジル
保湿成分 <ヒアルロン酸、昆布エキス(昆布成分)、コラーゲン、ヒオウギエキス、ジオウエキス、マツエキス、オドリコソウエキス、海藻エキスなど
炎症抑制成分 グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルレチン酸)、アロエエキス、センブリエキス成分、シャクヤクエキス、ビワ葉エキス、ドクダミエキスなど

男性ホルモン抑制成分、DHT生成抑制成分

AGAの治療には、育毛剤の選択で絶対チェックするべき成分が男性ホルモン対策成分です。AGAは男性ホルモンの過剰によりおきる薄毛なので、男性ホルモンを抑制する成分が配合されていなければ薄毛症状を改善することができません。男性ホルモンやDHTを抑制することで脱毛司令をだすものの生成を抑制するのが目的となります。

血行促進成分

AGAと他の抜け毛、薄毛の原因として共通し血行不良や血流不足が挙げられます。
血行不良は髪の毛の育成に必要な栄養を毛根まで行き届かせることができなるため、は血管を拡張したり、血流を改善する成分が育毛に必要となります。

保湿成分

頭皮ケア成分として頭皮の保湿は大切です。
なぜなら頭皮の乾燥は頭皮を守ろうと皮脂が過剰分泌されるため、毛穴がつまり脱毛や薄毛になると言われており、また頭皮が乾燥すると頭皮が堅くなり血流が滞り毛根に髪の毛の成長に必要な栄養が届かないため抜け毛が増える原因ともなります。

炎症抑制成分

薄毛や抜け毛が進んでいる人の頭皮はシャンプーのしすぎや間違ったヘアケアや生活習慣の乱れで炎症を起こしていることがあります。荒れている頭皮はフケが出て毛穴を塞ぐことで抜け毛や薄毛の原因となります。

医薬品成分のミノキシジルとフィナステリド

育毛に有効であると厚生労働省から発毛が認められている医薬品成分に、フィナステリドとミノキシジルがあります。フィナステリドとミノキシジルは、高い発毛効果があると成分評価されている一方、副作用の報告が多く、薬剤師や医師の処方が原則必要になってきます。
日本では唯一、大正製薬のリアップがミノキシジル配合の発毛剤として市販されている他、薄毛専門外来や専門クリニックで処方してもらうしか正規に入手することができません。他の入手方法として、個人輸入で海外で販売されている医薬品成分を含む育毛剤を入手することは出来ますが、偽物が販売されていることもあり、また副作用がでたときの保障もなく全て自己責任になるので注意が必要です。
ミノキシジルは副作用が強いため、男女で肌の質や体の大きさも違うため男性用と女性用でミノキシジルの配合成分濃度を制限し販売しています。

新しく開発された育毛成分

副作用が心配な方は自然由来の育毛成分を選択するか、ミノキシジルの副作用を除外したピディオキシジルやキャピキシルを配合したフィンジアなどのスカルプエッセンスを選択すると良いでしょう。キャピキシルはミノキシジルの副作用がなく3倍の効能があるとされています。キャピキシルなどは最新の育毛成分ですが、育毛業界の研究は日々進んでいますので、まだまだ新しい育毛成分がでてくることも予想されます。

育毛剤と併用することをおすすめするヘアケア用品

育毛剤の力を最大限に活かすためにも、育毛剤だけでなく併用することでさらなる育毛効果の可能性が期待できるヘアケア用品があります。

頭皮環境を整えるアミノ酸シャンプー

頭皮環境の悪化の原因のひとつとして、毎日髪の毛を洗うシャンプーがあります。
ドラッグストアや薬局で販売されているシャンプーの洗浄成分の多くは高級アルコール系に分類され、泡立ちに優れ髪の毛の指通りが滑らかになるので人気ですが、洗浄力が強必要な皮脂まで洗い流してしまい、更には刺激が強いため頭皮に残ると皮膚トラブルを起こしやすいという欠点があります。
顔の洗浄成分にこだわるのと同様に頭皮クレンジングも毎日のことなので頭皮に良いものを使い、日々の生活から育毛をしたいです。

イクオスブラックシャンプーイクオスブラックトリートメント

頭皮にやさしいシャンプー

頭皮環境を整えるシャンプーとしてオススメなのが、スカルプ系シャンプーやアミノ酸系洗浄成分でできているアミノ酸系シャンプーがあります。
アミノ酸成分は頭皮環境を改善するためにつくられ、頭皮に必要な皮脂だけを残し、余分な脂分や汚れだけを洗浄して落としてくれます。育毛剤を併用し頭皮環境をよりよくすることで、薄毛改善や抜け毛予防に期待ができます。口コミなどで、髪がパサパサするという意見もありますが、今まで髪に付着していた洗浄成分をとっているためなので、使用をすぐ中止するのではなく様子を見てください。
頭皮シャンプーランキングなどの関連記事をみると、育毛剤と一緒に販売しているシャンプーもランクインしているので確認してみてください。

体の内側からサポートする育毛サプリ

体の内側から育毛を手助けする目的としたヘアケア用品、育毛サプリがあります。
育毛剤を販売している会社から育毛剤とともに、サプリメントも販売されていることがあります。サプリメントで体の内側から、育毛剤で体の外側から、育毛に取り掛かることで相乗効果が期待し、脱毛予防に検討してはいかがでしょうか。

ご購入は公式ショップから返金保証があるものを選ぶ

しかし、育毛剤を選択する必要なことを述べてきましたが、成分表を育毛剤ごとに徹底比較し、添加物の有無のチェックなどを経て自分に合っていると購入しても実際使ってみなければ肌への影響や育毛効果の程はわかりません。
最悪、育毛剤が自分の肌質に合わず頭皮環境の悪化につながることになれば、却って薄毛を進行させることにもなりかねず、また育毛剤も決して安い買い物ではありません。
育毛剤によっては全額返金保証制度がついているものがありますので、購入する際に返金保証制度があるものを選択すると購入代金が無駄にならず他の育毛剤を試すことも出来ます。定期購入だと、育毛剤の1本の単価が安くなるためチェックしてみてください。

また、公式サイト以外の所から購入すると返金保証制度や返品も出来ない場合がありますので購入の際には注意しながらハゲ対策をしてください。

イクオスサプリEX

ハゲを克服した芸人はどんな薄毛対策をしたのか?育毛剤は使用したのか?

育毛剤とは 育毛剤を解析・特集

一般の人だけではなく芸能界で活躍している芸人さんの中にもAGA(男性型脱毛症)に悩む人がいます。また、AGA治療を行い克服した方もいらっしゃいます。AGAの治療は難しいと言われていますが見事に復活して今でも芸能界で活躍さ・・・

ドラッグストアで入手できる育毛剤にはどのようなものがある?

育毛剤とは 育毛剤を解析・特集

薄毛が気になっている場合、まずはドラッグストアなどの市販品の育毛剤を使う方も少なくありません。ドラッグストアで購入できる育毛剤にはどのような商品があるのでしょうか。主な育毛剤の種類と効果についてまとめてみました。 ドラッ・・・

ページのトップへ