有効成分一覧からみえてくる育毛剤の効果まとめ

発毛や脱毛予防に効果的な有効成分が配合されている薬用育毛剤。センブリの根から抽出される苦み成分、センブリエキスやカンゾウの主成分、グリチルリチン酸(グリチルリチン酸ジカリウム)、アレルギー抑制作用のあるジフェンヒドラミンHCなどの有効成分として知られていますよね。そこで今回は、育毛剤に含まれている有効成分一覧から代表的なタイプの特徴をまとめてご紹介します。

発毛促進効果が高い有効成分「ミノキシジルとピディオキジジル」

ミノキシジル

育毛剤の有効成分のなかでも、ミノキシジルが広く知られています。ミノキシジルとは、血管拡張剤の有効成分として1960年代にアメリカで開発された成分のことです。血圧を下げる効果があり、主に高血圧の経口治療薬として用いられていました。高血圧治療の過程で、ミノキシジルには発毛促進作用があることがわかったのです。

一方で、ミノキシジルの血管拡張作用に伴う副作用が懸念されているため、日本国内では医薬品としての使用は薬事法で認められていません。ミノキシジルの副作用としては、炎症作用による頭皮のかゆみやめまい、動悸などがあげられます。

ミノキシジルを有効成分とする薬用育毛剤として、大正製薬の「リアップ」が知られています。「リアップ」は、男性用も女性用も含めて日本国内で唯一認められている一般用医薬品です。ミノキシジルと同様に育毛の効果が認められた成分としてアデノシンがあります。アデノシンは、発毛因子「FGF-7」を作りだす働きがある有効成分です。ミノキシジルとあわせてチェックしてみてください。

ピディオキジジル

ピディオキジジルは、ミノキシジルの副作用を取り除いた新成分として開発されました。正式名は「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」で、ミノキシジル誘導体とも呼ばれています。ピディオキジジルは、高い浸透性をもちながら副作用を引き起こす血圧降下作用がないことが最大の特徴です。ピディオキジジルは、育毛剤としてよりも化粧品の有効成分として配合されており、まつ毛美容液の成分として知られています。

医薬部外品に指定される薬用育毛剤のなかには、ピディオキジジルの発毛効果に注目して開発された製品があります。天然由来成分である「キャピシル」をピディオキジジルと配合することにより、ミノキシジルと同様の発毛効果を得ることができるとされています。キャピシルには、男性ホルモンに働きハゲを引き起こす酵素「5αリダクターゼ」の発生を抑制する働きがあります。

ピディオキシジル配合育毛剤への期待

育毛や発毛に必要な栄養素「亜鉛」

亜鉛は、発毛に必要な栄養素である必須ミネラルのひとつです。髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質で構成されています。毛細血管から毛乳頭細胞に運ばれてくるアミノ酸は合成されケラチンとなり毛髪が生まれるのです。亜鉛は、細胞内でアミノ酸を合成する働きをもっているのです。他にも、頭皮環境を整える新陳代謝を促し、脱毛を引き起こす酵素「5αリダクターゼ」の抑制に効果を発揮します。亜鉛は、発毛や育毛にはなくてはならない栄養素といえますね。

亜鉛は、体のなかで合成することができないミネラルです。発毛促進や脱毛予防のためには、亜鉛が配合された育毛剤やサプリメントを摂取すると効果的です。また、亜鉛が多く含まれる食品を積極的に取り入れると良いでしょう。

育毛剤と亜鉛その関係とは

頭皮の健康に欠かせない「ビタミンC」

ビタミンCは、毛乳頭に働き毛母細胞を活性化させて毛周期を正常に整える役割を果たす栄養素です。毛周期とは、髪が生え変わるヘアサイクルのことで、通常は2年から6年の周期で繰り返されています。脱毛の原因のひとつとして、ヘアサイクルの乱れが引き起こされることがわかっています。発毛や育毛予防のためには、ヘアサイクルを整えて頭皮環境を最適にするビタミンCが必須といえるのです。

また、鉄分の吸収を助ける働きとともに、コラーゲンの生成にも欠かせません。ビタミンCがもつ抗酸化作用は、硬くなりがちな頭皮を清潔に保ち、毛髪の健康な成長を促します。さらに、老化の原因となる抗酸化物質を除去するビタミンCは、脱毛を防ぐ効果が期待できるのです。以下の記事には、ビタミンCと亜鉛などの必須ミネラルを独自の技術で配合した薬用育毛剤「ハイブリッドCパワー」について詳しく紹介しています。ビタミンCの効果とともに参考にしてみてください。

毛根を元気にし毛髪サイクルに働きかけるビタミンc主成分の育毛剤

みかんの皮成分「リモネンとヘスペリジン」

柑橘系の果物のなかでもみかんの皮には、精油成分のリモネンと抗酸化物質のヘスピリジンが多く含まれています。リモネンには、毛細血管などの末梢血管への血行促進作用や5αリダクターゼの発生を抑制する効果があります。また、香り成分によるリラックス効果やストレスの軽減、頭皮を清潔に保つ抗菌作用などの働きも血流の改善とともに注目されています。

抗酸化物質のヘスピリジンは、体内の活性酸素を除去して、酸化による老化を防ぐ効果が期待できます。ビタミンCの吸収を補助しながら血管を強化し血行促進効果をもたらします。体内のコラーゲンの生成には欠かせない栄養素であるビタミンCですが、吸収されにくい特性をもっています。しかし、ヘスペリジンと結びつくことで、吸収しやすい形に変化することができるのです。みかんの皮の有効成分を配合した柑橘系の育毛剤やシャンプーは、いくつか種類があり、女性を中心に高い人気を得ています。ほかにも、手作りのみかん育毛剤もおすすめです。みかんと育毛剤について解説した以下の記事を参考にしてみてください。

天然由来の育毛成分が豊富な「みかん」の実力を徹底検証

育毛剤に有効な「アルコール」

多くの薬用育毛剤の成分として配合されているアルコールは、頭皮の皮脂を取り除く殺菌作用や爽快な使用感が特徴です。アルコールには、殺菌効果の他にも育毛剤の防腐剤の役割や、さまざまな有効成分を混ぜ合わせる働きがあります。したがって、薬用育毛剤にアルコールが配合されているのです。有害な添加剤というイメージがつきものですが、薬用育毛剤の品質を保持するためには必須といえる成分といえます。

一方で、高い揮発性と殺菌効果による頭皮の乾燥や炎症、毛母細胞で合成されるたんぱく質に悪影響を及ぼす可能性も懸念されています。皮膚の弱い方や成長期の子ども、妊産婦は使用を控えるなどの注意が必要です。

育毛剤の成分に入っているアルコールって大丈夫?

防腐剤「パラベン」

化学物質であるパラベンは、薬用育毛剤の防腐剤として配合されています。正式名は「パラオキシ安息香酸エステル」で、抗菌性の高い成分として知られています。毒性も低く、低刺激なことから、化粧品を中心に使われてきました。しかし最近では、パラベンを含まない「パラベンフリー」と呼ばれる育毛剤や化粧品が増加しており、有害な成分なのかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。パラベンの使用量は、化粧品基準によって1%以内と定められており、皮膚に悪影響を及ぼす可能性はありません。逆に、パラベンが配合されていないため、雑菌などの繁殖を促してしまう恐れも考えられます。パラベンについて正しい知識を得るために以下の記事を参考にしてみてください。

育毛剤の配合成分パラベンとは

肌細胞の再生を促す成長因子「グロースファクター」

グロースファクターとは、細胞再生因子とも呼ばれるたんぱく質の一種です。大きく分類すると、表皮成長因子と腺維芽細胞成長因子があります。細胞再生因子は、細胞分裂を活発にさせ細胞の生まれ変わりを促すのです。近年では、女性の薄毛や男性型脱毛症のAGAを改善するグロースファクター毛髪再生医療に大きな関心が寄せられているのです。

薬用育毛剤のなかには、グロースファクター成分を配合した商品があります。副作用もないうえ、発毛効果が期待できる薬用育毛剤として人気をあつめているそうです。グロースファクターの効果については、以下の記事をチェックしてみてください

グロースファクター効果と育毛剤の関係

海藻エキス「m-034」

植物由来の海藻エキス「m-034」は、発毛有効成分のミノキシジルと同様の効果が得られると注目されている有効成分です。天然の北海道ミツイシコンブから抽出されたエキスは、毛母細胞を活性化させ、発毛促進効果や血行改善に効果的とされています。

「m-034」の最大の特徴は、毛包幹細胞組織全体に働きかける有効成分であることです。天然成分であるため、ミノキシジルのような副作用の心配はなく、安心して使うことができるのです。また、高い保湿成分も頭皮の潤いを保ち、抜け毛や薄毛の原因となる乾燥によるアレルギーを防ぐ効果も期待されます。

m-034とは? 海藻エキス配合の育毛剤で薄毛のお悩み解決

エビネラン配合の育毛剤効果

育毛剤 有効成分 一覧

薄毛の原因にはいくつかの原因があります。その中の一つとして血行不良によるものがあります。その血行不良に効果があるとされるのがエビネランという成分です。 エビネランは、蘭科の多年草で、漢字で書くと「海老根蘭」です。古くから・・・

育毛剤と亜鉛その関係とは

育毛剤 有効成分 一覧

最近抜け毛が増えて髪の量が気になりだした方は、薄毛対策のために日頃からどんなものを摂取したらいいかということにも関心があるのではないでしょうか。亜鉛が育毛に必要だと耳にすることがあります。育毛剤の成分表を調べてみても亜鉛・・・

ページの先頭へ