育毛剤で女性も抜け毛予防対策

頭皮環境に良いことをした方が、抜け毛予防に効果がある!という、ざっくりとしたイメージの方は多いのではないでしょうか?しかし、人は誰でも抜け毛が増えて、薄毛症状になる可能性はあります。抜け毛予防として、発毛効果のある発毛剤や育毛剤、スカルプエッセンスで、薄毛、 抜け毛に悩む女性に髪の毛に、効果的な頭皮ケアと対策方法を探ってみましょう。

薄毛、発毛に悩む女性って多いの?

実は、薄毛が気になる…。恥ずかしくて相談しにくい。セットが決まらないのはもしかして薄毛のせい?とツルツルなハゲではないけど…困っている方も多いようです。

特に妊娠、出産、産後が、薄毛とのお付き合い生活のスタートラインになる方は多いようです。

そんな自分に一番時間もお金もかけれない、女性のターニングポイントが薄毛のスタートラインになるなんて…。 切ないですがこれが現実です。

女性特有の薄毛

  • 髪の毛にハリやコシがなくペッチャリとボリュームがない
  • 分け目の部分がはっきりわかる
  • 生え際が目立って思うように前髪のセットが決まらない
  • 結局、髪の毛をおろしてられない

男性の薄毛症状と比較すると、AGA(男性型脱毛症)の特徴的な症状ほどは目立ちません。しかし女性の薄毛も常に進んでいきます。しっかりお悩み解決のために、知識を身に着け、最善の一手を打ちましょう。

女性ホルモンってどんな働き?

女性ホルモンの1つであるエストロゲンの作用は、毛髪の成長に深くに関わっています。しかし、エストロゲンの分泌量の減少、エストロゲンがなくなることで髪の毛にも変化があらわれてきます。このような女性特有の毛髪の老化現象(エイジング)で、女性ホルモンの減少は加齢に大きく影響されます。

女性の抜け毛薄毛【びまん性薄毛】の特徴

加齢による女性ホルモンの減少によりおこる抜け毛、薄毛は「びまん性脱毛症」と呼ばれます。頭髪全体が広い範囲で薄くなっていくのが特徴がです。びまん性の抜け毛、薄毛は、男性ホルモンの作用で進行する男性のM字ハゲや、O字ハゲとはタイプが違い、産毛のような短く細い髪の毛はまだ生えています。毛根内側の核となる髪毛生成機能はまだ活動している状態です。

主な原因は?

女性の薄毛・抜け毛の原因はさまざまです。しかし、主な要因としては、毛染め、ストレス、運動不足、栄養不足、睡眠不足によるヘアサイクル(毛周期)の乱れがあげられております。その他にも、妊娠、出産後や甲状腺機能低下症などがあります。

ヘアサイクル(毛周期)とは

成長期→退行期→休止期というサイクルで進んでいます。その中で、ヘアサイクルが乱れることにより、太くて長い髪の毛を育てる成長期の期間が短くなってしまい、抜け毛となって脱毛する休止期が長くなることで、髪の成長不足が発生します。

補足:産後の抜け毛

産後、数ヶ月過ぎた頃から、ある時を堺に、髪がどんどんと抜けおちていく…この症状は実際かなりショッキングです。これは産後脱毛症や分娩後脱毛症といいます。 原因としては、妊娠中は通常よりお腹の赤ちゃんを育てるため、女性ホルモンがぐんぐん増量していきます。そして、出産後に徐々にもとの分泌量に戻ります。その一連の流れで、ホルモンバランスが変わります。女性ホルモンの1つであるエストロゲンの作用は、毛髪の成長に深くに関わっているため、今まで抜けずにいた髪の毛が抜け始めます。この症状は、多くの女性が経験しているといわれております。

通常、数ヶ月~1年程度で症状が治まるとは言われております。しかし、育児に奮闘するママさんは、子供の健診に病院に行ったり、日々の支援せインターや買い物でへ行ったり…と、外出する機会も多いため気になります。 そこで、今回は産後、授乳中にでも使用できる低刺激で肌にも炎症ができくいい有効成分配合の育毛剤やヘアケア商品はおすすめです。

薄毛予防に効果的なことは?

まだ、ハゲた!と言い切れるほどではないが、髪の毛が最近、抜ける量が増えてしまった気がする…。親や親戚に薄毛の人が多く、自分も遺伝している気がする…。不安になる理由はそれぞれでしょうが、薄毛改善、抜け毛予防をするのはとても大切です。病気でも早期治療が必要であるように、薄毛対策も、髪の毛がフサフサしている状態から、きっちり予防を行えば、将来のハゲ人生を変える可能性がアップします。

薄毛予防に育毛剤が効果的なのはなぜ?

それでは、なぜ育毛剤が抜け毛予防、薄毛改善に最適なのか説明します。また、製品の中には、養毛剤、発毛剤といったように、育毛剤はどのようにタイプが違い、薄毛対策に有効てきなのでしょうか?それでは、そういったことも踏まえて、育毛剤が抜け毛予防対策に最適な理由を解説します。

理由:頭皮環境の保護

育毛剤は天然成分など髪に良い成分で、髪の毛を成長を促進する効果が期待されます。髪の毛を成長させるとはどういうことなのでしょう。まず髪の毛が生えている基盤、頭皮環境の血流改善をし、乾燥を防ぎ、使用し続けることで通常の状態をキープしてくれます。頭皮はとてもデリケートです。だからこそ、毛髪を生やし頭皮を刺激から守っています。その頭皮をコーティングしているもののひとつとして皮脂があります。重要な役割をしている皮脂ですが、洗浄力のあるシャンプーをしすぎることで、バリア機能が下がってしまったり、逆に、皮脂を放置してしまうと頭皮に皮脂が残り、毛穴をふさいで炎症の原因になります。育毛剤は頭皮環境を正しい状態でキープするのに効果的です。刺激が無く無添加で人気のチャップアップや、スカルプエッセンス、アミノ酸系シャンプー、薬用シャンプーを利用するのも良いでしょう。

理由:毛根が根を張れるように促す

毛髪が生えても、その髪の毛がすぐ抜けてしまっては意味がありません。毛根がしっかりと根を張れるようにならなければ抜け毛が増えてしまいます。このように育毛剤は、毛根がしっかり根を張れるよう成分配合されています。髪の毛が生えるための頭皮の基盤作りを強化し、髪の毛強くするために、血流低下を防ぎ、必要な栄養素をきっちり届けるための成分配合されています。血行をよくするための頭皮マッサージも効果的です。

薄毛の予防になっていないタイプの人とは?

ここでは、それでは薄毛の予防になっていないタイプについて説明します。

髪の毛を綺麗にするだけでOKと思っている

世の中には、とにかくキレイにすれば大丈夫と思い込む方が多いものです。ハゲやすい人の中には、とにかく髪をキレイにするため、一日に頻回にシャンプーをする人が多いです。しかし、これは要注意です。あまり綺麗に過ぎると頭皮を守るための皮脂まで洗い流されてしまい、繊細な頭皮がむき出し状態になってしまうからです。そうなると、菌が繁殖しやすい状態になり、頭皮を傷つけ、毛穴がダメージを受け脱毛が進行してしまいます。

とにかく量をつければいいと思っている

少しでも早くと結果にコミットしたくなるのはわかります。しかし、育毛剤を指定された量よりも多く使用してしまう方がいます。または、効果が期待できそうな発毛剤を何本も、一度に使用してする方もいます。育毛剤は、一度に大量に使用したからといって、効果がアップすることはまずありません。また、同時にたくさんの育毛剤を使用することで、化学反応のような副作用がでる可能性もあります。あくまでも、育毛剤の決められた量で継続して使用しましょう。

育毛剤だけで満足してしまう

発毛のためには、単にリッチな育毛剤を使用しつづければ良いというものではありません。規則正しい生活、バランスの取れた食生活、適度な運動を行なうことが必須条件です。生活習慣の全体的な向上が、育毛のために大事なのです。育毛剤を使いさえすれば安心などと考えてはいけません。生活習慣しっかり見直し継続して努力をしましょう。

前髪の抜け毛によく効く育毛剤は?

育毛剤 前髪

薄毛や脱毛、抜け出の悩みの中でも気になってしまう箇所が前髪です。前髪の薄毛、抜け毛は鏡などで確認しやすい場所でもあり、前髪の生え際などは普段見ている顔に近いこともあってちょっとの変化でも気になります。

ページの先頭へ