期間はどれくらい必要?育毛剤の効果的な使い方まとめ

薬用育毛剤は、有効成分をゆっくりと浸透させることによって頭皮環境を整え発毛や育毛を促すとされています。薬用育毛剤には即効性はなく、効果を実感するためには継続した一定期間の使用が必要です。ここでは、育毛剤の効果的な使い方とあわせて、必要な期間についてまとめてご紹介します。

育毛剤の効果的な使い方と期間

AGA治療と予防

男性型脱毛症のなかでも、AGAに悩む男性は多いのではないでしょうか。AGAとは、男性型ホルモン脱毛症のことで、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が発生することによって引き起こされることがわかっています。AGAの主な原因としては、生活習慣の乱れやストレス、喫煙や飲酒、睡眠不足に加えて遺伝的要素があげられます。AGA治療には、医師の処方が必要な医薬品の内服薬と有効成分を配合した医薬部外品の薬用育毛剤や育毛タブレットがあります。内服薬は即効性が期待される一方で、副作用のリスクを覚悟しなければなりません。一般に市販される湿布タイプの薬用育毛剤は、効果はおだやかなものの副作用のリスクが低く、毎日安心して使用できるメリットが特徴です。ただし、AGAの根本的な治療ではなく脱毛や薄毛の予防を目的とした医薬部外品であることを知っておきましょう。

ヘアサイクルの周期

ヘアサイクルとは、髪が生まれ変わる毛周期のことです。産毛のような新生毛が生まれて成長し、毛根から抜け毛となって抜けおちるまでの成長サイクルは、通常で4年から6年とされています。毛乳頭に存在する毛母細胞の分裂で作られる髪は成長期を経て、成長が止まる退行期に移行します。成長期の期間が長いほど、強くて太い髪の毛に成長することができます。わずか2~3週間の退行期を過ぎると、休止期となります。休止期は、新たな髪の毛が作られる準備期間といえます。成長期から退行期、休止期のサイクルが乱れると、薄毛や脱毛を引き起こす原因となるのです。ヘアサイクルを正常な周期に整えることが、薄毛改善や脱毛予防に効果的といえますね。

毎日使う育毛剤の効果的な使い方と使用する期間

脱毛のサイン!薄毛の原因と効果的な育毛剤

育毛剤を使う前に、薄毛の原因について知っておくことが重要なポイントです。薄毛の原因は、体質や食生活、生活環境など人によってさまざまです。薄毛に悩む人のなかには、極端な偏食や脂質の高い食生活、睡眠不足やストレスなどが思い当たるのではないでしょうか。また、髪質にあわないシャンプーや化学成分の多いヘアケア製品なども薄毛や脱毛を引き起こすとされています。特に男性の場合は、脱毛のサインとも考えられ、早めの薄毛対策や頭皮ケアが必須ですね。薄毛の原因とおすすめの育毛剤について詳しく解説した以下の記事を是非参考にしてみてください。

育毛剤って何ヶ月使えばいいの?

薄毛の改善方法として、血行も含めた頭皮環境や毛髪の成長を促す有効な配合成分が入った薬用育毛剤の使用が効果を発揮します。また、薬用育毛剤は、最低でも半年以上の使用期間が推奨されるとされています。その理由は、前述したヘアサイクルと密接な関連性があります。通常の場合、髪の毛が伸びる成長期は、2年から6年です。成長期の期間が短くなると、ヘアサイクルの乱れが懸念されます。薄毛や脱毛は、成長期が短縮され1年ほどで休止期に移行してしまう周期になるのです。薬用育毛剤は、毛穴の皮脂や汚れを取り除き、頭皮環境を整えることで血行促進させ、成長期をできるだけ長く維持させる効果が期待されるのです。ヘアサイクルの仕組みに加えて、初期脱毛について詳しく解説している以下の記事を参考にしてみてください。薬用育毛剤の使い方や人気ランキングも必見ですよ。

育毛剤は半年継続が育毛の鍵

育毛剤の効果を実感する期間は1年

育毛剤は、毎日継続して使用することが大前提ですよね。すぐに効果が表われるわけではなく、最低でも半年の使用が推奨されます。口コミの評価によると、育毛剤を毎日使用した結果、1年で効果を実感した人が7割以上を占めるとのこと。個人差はありますが、正しい使用量と使い方を守った上で、発毛を実感する人が多いようですね。また、男性型脱毛症のAGA治療は、専門の医療機関で医師の処方を受ける方法が一般的ですが、保険の適用を受けられないため、高額な医療費を負担することになります。市販されている薬用育毛剤のなかには、治療薬と同じ有効成分を配合した育毛剤や育毛タブレットがあります。1年間の費用負担を考えると、効能効果に大きな違いがない薬用育毛剤を選択してみてもよいのかもしれません。さらに、発毛効果に満足できない場合に全額返金サービスなどの返金保証を実施している育毛剤商品も多く、育毛剤を初めて購入する人でも、気軽に試すことができます。以下の記事では、人気の薬用育毛剤「チャップアップ」を例に、頭皮マッサージの方法や正しい使い方について詳しく説明しています。育毛剤の使用期間も含めて、参考にしてみてください。

使用期間1年で効果が出てくる人が7割以上に!育毛剤の正しい使い方

育毛剤の使用を中止することはできる?

半年から1年以上の継続的な使用が必要な薬用育毛剤ですが、途中で使用を中止することはできるのかと不安に感じる方も多いようです。また、長期の継続による副作用を心配する声も…。その理由としてあげられるのは、育毛や発毛の有効成分のなかに、効果は期待できる一方で、副作用が懸念される成分が含まれているからです。たとえば、日本で唯一医薬品として認定されている薬用育毛剤「リアップ」には、血管拡張成分であるミノキシジルが配合されています。

ミノキシジル

ミノキシジルは、血圧を下げる働きに加えて、血流改善による発毛効果も認められている有効成分です。もともとは、高血圧の患者に処方される薬として開発されたため、頭痛やむくみ、性機能の低下などの副作用のトラブルがあるのではと不安視されているのです。ただし、「リアップ」は、女性用も含めて厚生労働省が定める厳しい基準を満たしており、使用するには問題はありません。AGA治療や薄毛治療の飲み薬として処方される発毛医薬品「プロペシア」も、発毛有効成分であるフィナステリドが含まれています。フィナステリドは、前立腺肥大の治療薬として開発された成分ですが、ミノキシジルと同様に発毛効果があることが認められました。男性ホルモンに作用して、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制する効果があります。育毛剤の使用を続けるべきか、副作用が心配だけど途中でやめるとどうなるのか…などの不安を抱えている方は、以下の記事を目安にしてみてはいかがでしょう。

育毛剤途中でやめるとどうなるの?

育毛剤の継続に迷った時は

育毛剤の効果に満足できないと感じた時、継続して使用するべきかと迷うことはありませんか?育毛剤の発毛効果には、体質や髪質、脱毛や薄毛の症状によって個人差がみられます。したがって、全ての人に同じ効果が表われるわけではありません。たとえば、男性脱毛症の代表的な症状として知られるAGAには、脱毛の状態によって症状はさまざまです。大きく分類すると頭頂部を中心にはげるO型タイプと、生え際が後退するM型タイプがあります。また、女性の場合は完全に脱毛してしまう可能性は少なく、毛髪が細くなり頭部全体が薄毛になってしまう症状がほとんどです。加齢による女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが主な原因といわれています。育毛剤は、1年以上の長期戦を覚悟することで一定の効果を得ることができます。しかし、月々の費用も含めて継続するかどうか迷った時は、判断する前に以下の記事を是非チェックしてみてください。

育毛剤を継続して使ったほうがいいの?

育毛剤を継続して使ったほうがいいの?

育毛剤 期間

薄毛が気になり、育毛剤を使い始めた方はこんなことを思ったことはありませんか?発毛成分の効果を実感するまでには使用期間はどのくらい継続する必要があるの?リアップ、チャップアップ、プロペシアと同じ育毛剤と思われてる方もいるか・・・

育毛剤途中でやめるとどうなるの?

育毛剤 期間

育毛剤の使用者、育毛剤を使ってみようと手に取った時にこんなことが頭をよぎったことありませんか?「この育毛剤を途中でやめてしまったらどうなるの?」「育毛剤成分はずっと使い続けて人体に影響へのとか副作用とか大丈夫なの?」「薄・・・

育毛剤は半年継続が育毛の鍵

育毛剤 期間

育毛剤を使い薄毛対策をしている人が気にするところとして、使い始めて育毛効果がいつ位から表れるのかは非常に気になるところですよね。 結論から言えば半年は継続して使わなければ効果は実感できないようです。 なぜそんなに半年も掛・・・

育毛剤って何ヶ月使えばいいの?

育毛剤 期間

薄毛改善のために育毛剤を使おうかと迷っていらっしゃる方は、育毛剤を何か月ぐらい使い続ければいいのか疑問をお持ちではないでしょうか。それは使う育毛剤や個人の体質によって異なります。ミノキシジルやフィナステリドなどの強い育毛・・・

ページの先頭へ