頭皮ケアがカギ!育毛剤の効果を高める方法を徹底検証

育毛剤の効果を最大限に高めるためには、頭皮ケアが重要なカギを握っています。健康な頭皮であるほど、育毛や発毛の有効成分を毛母細胞まで深く浸透させることができるからです。

今回は、頭皮ケアを中心にまとめ、育毛剤の効果を高めるための方法を徹底検証してご紹介します。

頭皮の構造を理解する

頭皮ケアの前に、頭皮の構造を知ることが重要なポイントです。
頭皮とは私たちの頭全体を覆う皮膚のことで、英語ではスカルプと呼ばれ、頭皮ケアはスカルプケアという名前で広く知られています。頭皮を大きく分類すると、表面から順に表皮、真皮、皮下部分に3層で構成されており、それぞれに重要な役割を担っています。

表皮の役割

表皮は外的な刺激から頭全体を守りながら、皮脂の分泌を促し頭皮の潤いを保つ役割があります。さらに、表皮は一定のサイクルで剥がれおち再生するターンオーバーを繰り返すことで、新しい皮膚として生まれ変わる特性をもっています。

真皮の役割

表皮の下にある真皮は、水分や栄養分を蓄える役割があり、主にヒアルロン酸やタンパク質であるコラーゲンで構成され、毛髪を形成する毛母細胞や毛乳頭細胞は真皮にあります。

皮下の役割

真皮の下には、毛細血管が張り巡らされている皮下組織があり、最下部にある真皮は、頭皮を支える重要な役割を担っているのです。
表皮からなる3層が正常に働くことで発毛環境を最適な状態に保つことができます。

脱毛や薄毛の原因を引き起こす頭皮のトラブル

脱毛や薄毛を引き起こす原因として、フケやかゆみ、地肌の赤みやニキビ、乾燥などの頭皮トラブルがあります。
頭皮が乾燥すると頭皮トラブルがおきやすいため、適度に皮脂を分泌することで頭皮を保湿することが大切です。

育毛剤効果と保湿の関係性って?

フケ

フケは、頭皮の角質が剥がれおちて発生する老廃物です。
決して病的なものではありませんが、不衛生な印象を与えるためよいイメージのものではありません。
フケは脂症フケと乾性フケの2種類に分類され、それぞれに発生する原因が異なり、脂症フケは、マラセチア菌という人間の皮膚の表面にいる常在菌が増加し脂質の増殖することが原因です。
乾性フケは頭皮の脂質や水分が不足し乾燥によって角質が剥がれおちることで発生します。

かゆみ

頭皮のかゆみは、乾燥や湿疹などの皮膚トラブルが原因で引き起こされる場合がほとんどです。
マラセチア菌による脂質の増加も、かゆみの原因とされており、頭皮のかゆみは、掻くことで外的な傷をつくり細菌の繁殖を促す結果ともなりかねません。悪化すると、頭皮のターンオーバーのリズムを狂わせてしまいます。

赤み

頭皮の赤みには、紅斑(こうはん)と呼ばれる皮膚の症状の一種が考えられ、紅斑は、頭皮の毛細血管が血行不良によって拡張することで引き起こされます。
最初はかゆみや痛みはないものの、放置しているとフケやかゆみなどの地肌トラブルの原因となり、紫外線などの外的刺激による炎症でも、血行促進を阻害し頭皮が赤くなる症状がみられます。

ニキビ

頭皮のニキビは、毛穴に詰まった汚れや皮脂が原因となって発生します。
本来は頭皮表面に排出されるべき皮脂が角栓によって毛穴に溜まることで、アクネ菌が増殖し炎症を引き起こし、頭皮のニキビとなります。
髪の毛に覆われていので気付きにくい頭皮のニキビですが、毛が密集しているためべたつきやすいので細心の注意が必要です。

頭皮トラブルの予防と対策方法で地肌ケアを

脱毛や薄毛は男性ホルモンの過剰な増加や、女性ホルモンの減少が理由とされます。
一方で、頭皮のトラブルは脂質の過剰な分泌や乾燥などによって症状があらわれ、毛細血管の血行不良も理由のひとつです。頭皮のトラブルを起こさないためには、日ごろの予防が重要なポイントとなります。
育毛に必要な栄養を毛根に届けるためにも、頭皮の血行を良くすることは育毛にとって重要です。

頭皮の血行不良の原因と育毛剤の効果的な使い方

頭皮トラブル予防に生活習慣の改善を

発毛環境を整えるためには、充分な睡眠やバランスのとれた食生活などの生活習慣はもちろん、ストレスを溜めないことが大切です。また、刺激の少ない弱酸性のアミノ酸シャンプーなどを含めて、肌質や髪質に合わせたヘアケア用品や育毛剤を選ぶのも予防に効果的といえます。

正し洗髪で頭皮を傷つけないようにする

頭皮トラブルを引き起こす原因のひとつとして、間違ったシャンプーの方法も考えられます。過度のシャンプーは、頭皮に必要な脂分を流してしまい、頭皮の表面を傷つける結果ともなりかねないため、シャンプーの回数は1日1回までとし、適切な容量、使用方法でシャンプーを行ってください。
事前に、水だけでも汚れを十分に汚れを落とすことができるので、しっかりと髪の毛を流し、すすぎは時間をかけて充分に行い、シャンプー成分を頭皮に残さないことが大切です。

ただし、深刻な頭皮トラブルの場合は、決して自己判断せず皮膚科などの専門医療機関を受診しましょう。症状にあわせた医薬品の処方が必要な場合もあります。

頭皮のマッサージで効果的な育毛対策

薄毛ケアや抜け毛対策として効果的な方法として、頭皮のマッサージがあげられます。頭皮に適度な刺激をあたえることで、新陳代謝を促し血液循環を促進し育毛剤の浸透率をあげる可能性が高まります。
頭皮のマッサージにはいくつかの方法がありますが、大切なのは体全体をリラックスさせることです。肩や首のこりを揉みほぐしてから、頭皮のマッサージ法を行うと血流の改善に効果的であり、頭皮に流れる血液は心臓から送られてきます。首や肩の血液がスムーズに流れないと、頭皮のマッサージ効果は半減してしまうのです。

ヘアサイクルを正して毛母細胞の活性化を

薄毛や抜け毛、ハゲは、頭皮が生まれ変わるターンオーバーによるヘアサイクルの乱れが原因のひとつです。マッサージによって新陳代謝が活発になると、ヘアサイクルを整える結果に結びつきます。頭皮のターンオーバーは、古い角質が剥がれおち、新しい皮膚に再生し、一定のサイクルで繰り返され、髪の毛の元を作りだす毛乳頭細胞や毛母細胞も活性化しくので薄毛対策としてヘアサイクルを正すことは重要です。

スカルプケアに効果的なヘアケア製品

医薬部外品に指定されている薬用育毛剤には、抜け毛や脱毛症の改善に効果的な発毛促進成分を多く配合しています。
男性型脱毛症であるAGAの原因とされる物質5αリダクターゼを抑制する有効成分フィナステリドやリモネン、血行促進作用があるミノキシジルなどが知られています。
発毛医薬品や薬用育毛剤の発毛効果に期待が高まる一方で、ヘアケア化粧品や美容液を中心としたスカルプケアも注目されています。今回は頭皮のケアに特化したスカルプケアに効果的だと評価されているスカルプケア用製品をご紹介します。

ジョンマスターオーガニック

「ジョンマスターオーガニック」は、季節ごとに移り変わるヘアサイクルに着目して開発された化学成分を含まない天然由来成分100%のヘアケア製品が特徴です。ヘアシャンプー、コンディショナー、アウトバスの3アイテムを、それぞれの毛髪や頭皮のタイプに合わせて選ぶことができます。

なかでも、濃縮オイルである「ナッシュメント&デフリザー」は、乾燥しがちな頭皮やダメージヘア、そしてクセ毛ケアとして髪の毛を最適な状態に保つ効果が期待されるおすすめの製品です。数量限定のトライアルセットやヘアケア製品だけでなく、フェイスケアやメイクなどの美容商品、バス&ボディなど豊富なアイテムが「ジョンマスターオーガニック」の魅力といえます。

ロクシタン

フェイスケア化粧品や基礎化粧品、ハンドクリームなどの美容グッズで世界的に有名な「ロクシタン」には、頭皮や髪のダメージに効果的なヘアケア製品も充実しています。
化学成分無添加な商品ラインナップはもちろん、乾燥しがちな頭皮や、毛染めなどのヘアカラーによる髪のダメージを修復する製品が揃っています。
スカルプケアには、シャンプーが重要な役割をもつことを提唱するロクシタンは、配合成分に香水にも利用される華やかな香りの植物由来のエッセンシャルオイルを配合し、刺激が少なく肌に優しい洗浄成分が特徴でリラックス効果も高く、女性にとっては特に魅力的な女性用へアケア用品ヘアケア化粧品といえます。

ページのトップへ