薬事法上での育毛剤の区分とは

育毛剤を買うときに、必ず考える項目に【安全性】があると思います。
育毛剤も薬剤のひとつです。
従って、薬事法で決められた区分によって分類されており、インターネットなどの通販で購入できるタイプから、医師に処方してもらうタイプまで様々です。

自分の用途に合った育毛剤を選ぶためにも、是非知っていてもらいたい薬事法上での育毛剤の区分を紹介したいと思います。

自分に合った育毛剤を使ってますか?知らないと損する育毛剤の選びのポイント

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いとは

育毛剤と似たような言葉で、発毛剤・養毛剤という言葉も聞いたことがあると思います。
同じ様な言葉ですが、それぞれ意味は違います。

発毛剤

発毛剤・育毛剤・養毛剤の中で、一番強力な治療効果を発揮するのが発毛剤です。
毛母細胞に働きかけることで、直接発毛を促進する効果があります。
発毛剤は【毛のないところに毛を生やす】作用があるのです。

育毛剤

育毛剤の目的は、既にある髪の成長を促進することと、髪の保護や脱毛を予防することにあります。
血行を促進したり、脱毛ホルモンを抑制することで、毛髪の成長を促し、次第に太い毛が生えてくる効果が期待されています。
養毛剤よりも効果が強く、有効成分の配合量が多いです。

養毛剤

発毛剤・育毛剤・養毛剤の中で、一番効果が弱い種類になります。
頭皮環境を改善し、脱毛を予防したり、毛髪を保護したりすることが目的です。

育毛剤は医薬品?医薬部外品?

結論から言いますと、
発毛剤 → 医薬品
育毛剤 → 医薬部外品
養毛剤 → 養毛剤
というように、薬事法上でも、発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いがあります。
よく目にする【薬用育毛剤】は、医薬部外品の育毛剤のことを指します。
基本的に育毛剤は医薬部外品に分類されるのですが、中には有効成分が少ないために化粧品と区分される育毛剤もあり、そのような商品は【薬用育毛剤】と表示することができません。

薬事法によって広告での効果効能の表現方法にも規制がされており、販売会社は規約に従った広告表現を用いて販売ページにて、消費者に向けて効果効能の説明を行っています。
誇大広告は違反は、育毛剤の業界だけでなく化粧品業界などでも稀に違反事例を聞くこともありますね。広告基準に則った効果効能の表記がされているかも、商品の信頼性に繋がるのではないでしょうか。

医薬品

医薬品とは、病院で医師が処方してくれる薬や、薬局で市販されている薬のことを言い、厚生労働省認可の有効成分が入っています。(一部の医薬品はインターネットなどでの通信販売が禁止されており、対面販売のみとなっています。)
医薬品は、医療機関などで医師のみが処方できる医療用医薬品(医療医薬品)と、薬局でも販売が可能な一般用医薬品(一般医薬品)があります。さらに、一般用医薬品は、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分けられます。

第1類医薬品は、最も副作用のリスクが高い商品で、薬剤師のみが販売可能です。登録販売者では、販売することができません。
第2類医薬品は、第1類医薬品に比べると副作用のリスクが低く、薬剤師でも、登録販売者でも販売が可能な商品です。
第3類医薬品は、医薬品の中では最も副作用のリスクが低く、薬剤師・登録販売者ともに販売が可能です。

医薬品に分類される発毛剤には、発毛成分として主流な【ミノキシジル】や【塩化カルプロニウム】などの成分を含む商品が当てはまります。医薬品として認可されている商品は、効能効果が高いと言われるものが多いですが、副作用も強いと言われています。
ミノキシジルや塩化カルプロニウムも、血管を拡張させ血行促進する働きがあるため、血圧が下がったり、血管や心臓に負担をかける副作用があります。

医薬品育毛剤(発毛剤)は、医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤より高い発毛率や治療効果を誇りますが、その分副作用のリスクが高い医療成分が含まれているので、肌が弱い方や副作用が心配な方にはあまりおすすめできません。
強い発毛効果が期待できるので、より発毛効果を実感したい方は、医薬品育毛剤も選択肢に含めると良いでしょう。

医薬部外品

医薬部外品は、有効成分が含まれており一定の効果が厚生労働省から認められた商品を指します。医薬品の商品に比べて、副作用を起こす可能性が低いことが特徴です。
育毛剤の副作用が気になる方は、医薬部外品育毛剤から使用することをおすすめします。
薬用育毛剤や薬用化粧品と言われている商品も、医薬部外品認定されている商品です。

医薬品育毛剤(発毛剤)に比べて、効果が出にくいと言われる医薬部外品育毛剤(薬用育毛剤)ですが、育毛効果・薄毛予防効果・脱毛予防・毛生促進・養毛効果は十分に期待できます。
副作用のリスクを抑えて、育毛効果を得られるので、育毛剤初心者の方や皮膚が弱い方、これから育毛剤の購入を検討する方におすすめしたいです。

化粧品

化粧品タイプの育毛剤(養毛剤)は、含まれている有効成分が少ないため作用が穏やかで刺激が少ないことが特徴です。安全に使用できますが、緩和な発毛促進効果ということもあり、育毛剤(養毛剤)としての効果はさほど期待できません。
化粧水などの基礎化粧品・男性用化粧品の他にも、男性用シャンプーなどのヘアケア製品も化粧品に分類されます。

女性用育毛剤の成分の作用と副作用

育毛剤 副作用

髪の毛が細くなってしまったり、抜け毛が多くなってしまったりする壮年性脱毛症や、ホルモンバランスの変化や生活習慣の乱れ等が原因で起こるびまん性脱毛症に悩む女性たちのたために薄毛対策として女性用育毛剤が数多く販売されています・・・

ページのトップへ