育毛剤における医薬品・医薬部外品・化粧品の違いとは?

育毛剤は、「医薬品」「医薬部外品」や「育毛剤」「発毛剤」「スカルプエッセンス」など様々に分類されます。


育毛剤に配合されている薬品や、育毛剤の種類について解説をしていきます。

医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

薬事法という法律の下、育毛に関する商品は、医薬品(発毛剤)、医薬部外品(育毛剤)、化粧品(スカルプエッセンス)にわかれています。
効能の強さや副作用の危険性の順に並べると、

医薬品>医薬部外品>化粧品

という順序になります。

医薬品とは

医薬品とは、病気の治療を目的として使用される製品を指すものです。
厚生労働省が、「医薬成分」と定めた成分を配合した商品が、「医薬品」となります。

医薬品は3種類に分類される

また、医薬品は、効果の強さや副作用の可能性の高さの順に、第一類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬品の3つに分かれています。

第一類医薬品

強い改善効果が期待できる反面、副作用の可能性が高く、副作用を防止するために医薬品成分を配合するものは、必ず医師や薬剤師との対面販売が義務付けられています。
対面販売の際に、チェックシートの記入や、体質やアレルギーについてのカウンセリングなどがあるようです。

育毛剤の中には第一類医薬品に分類される「リアップ」という製品がありますので、そちらの紹介については後述します。

第二類医薬品

第一類医薬品とまではいきませんが、副作用などのリスク考慮しないといけないものです。主に解熱鎮静剤、風邪薬、除毛剤など、日常生活を送るうえで必要性の高い医薬品が多く含まれています。
第二類医薬品は医師や薬剤師、登録販売者の対面販売でなくても購入可能です。

第三類医薬品

第二類医薬品とまではいきませんが、安全性を考慮すると、多少の注意が必要となるものです。主に風邪薬や整腸剤などがあり、薬剤師等による情報提供の義務も必要ありません。

医薬部外品とは

厚生労働省によって効果効能が確認されている薬用育毛成分のうち、作用が緩やかで副作用も少ない成分を配合した製品を指します。医薬品が「治療」目的ならば、医薬部外品は「予防」「防止」「衛生」目的に作られています。

医薬部外品カテゴリーに分類される育毛剤は、処方箋無しで、購入することができるので通院する必要がありません。育毛効果や脱毛予防を目的に使用され、ドラッグストアなどの身近なところで購入できる事も利点となります。

化粧品分類の育毛剤とは

化粧品に分類される育毛剤は、髪に栄養を与えるという事で、養毛剤と呼ばれる場合もあります。養毛剤は、主に「清潔」「美容」等の目的で作られ、中には、育毛剤と同等の働きを期待されている成分でも、厚生労働省に認可された成分ではないため、化粧品として販売されているものもあります。

養毛剤として有名な製品は、スカルプエッセンスとして販売されている、モンゴ流deeper3Dやフィンジアなどが挙げられます。
フィンジアの有効成分などの詳しい解説はこちらになります。

口コミでも大人気!育毛剤フィンジアの有効成分を徹底解析

薬機法違反

広告表現を行う上で実際の効能など、事実を誇大化して広告化する「誇大広告」や偽った効果を記載する「ねつ造」などを行うと、薬機法違反になります。

例えば、日本で発毛効果を謳ってもいいのは厚生労働省に認可された成分・ミノキシジルが配合されたリアップのみです。ミノキシジル成分を配合していない育毛剤に「発毛効果がある」と記載した場合、偽った効果を記載したとして薬機法違反になり、販売会社が消費者庁から措置命令を出される事例があります。

AGAとAGA治療薬

AGAとは

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが過剰分泌されることにより発症する、進行性の脱毛症のことをいいます。抜け毛・薄毛がゆっくりと進行し、髪の毛を包み込む毛根が十分に育たなかったり、髪の毛の成長サイクルが短くなることにより、髪の毛がしっかり成長せず、すぐに抜けてしまう弱々しい髪の毛になってしまいます。

AGAによる脱毛タイプの分類

AGAは、おでこの両サイドから薄毛になる「M字ハゲ」、頭頂部から薄毛になる「O型ハゲ」、生え際の毛が抜けどんどん後退していく、U字ハゲ(A字ハゲ)の3種類に分類されます。

上記に挙げた3種の脱毛タイプ以外の方は、円形脱毛症など、薄毛の原因は別にあると考えられます。(円形脱毛症の方は、第一三共ヘルスケアから販売されているカロヤンという育毛剤がおすすめです。)

男性用AGA治療薬

AGAの治療法には、

  • ミノキシジル配合のAGA治療薬を使用する
  • フィナステリド配合のAGA治療薬を使用する
  • 自毛植毛を行う

の3つの方法が推奨されています。自毛植毛とは、残っている髪の毛を切り取り、薄くなった部分へ切った髪を移植し、生着させる方法です。

ですが、自毛植毛には数十万円という大変大きな金額がかかるため、今回は自毛植毛に比較すると安価な、AGA治療薬(薄毛治療薬)として有名な成分・製品をご紹介致します。

リアップ

リアップは、大手製薬企業・大正製薬から発売されている、発毛有効成分・ミノキシジルを配合した医薬品の発毛剤です。ミノキシジルとは血管を拡張し、頭皮の血行を良くすることで、発毛を促す働きをする毛母細胞に、必要な栄養や酸素を送り込むことによって発毛促進効果が得られる成分です。

日本産の製品では、厚生労働省から認可された唯一の発毛剤です。ミノキシジル成分を5%配合の製品(リアップx5)や1%配合の製品(リアップ、リアッププラス)があります。

また、リアップは医薬品に分類されるので、店頭で購入する場合は医師や薬剤師との対面販売、ネット通販を行う場合は、薬剤師からメールでチェックシートのやりとりや、用法、用量、使用上の注意などの説明を受ける必要があります。

プロペシア

プロペシアは、元はアメリカの製薬メーカーが開発しており、日本ではMSD株式会社から販売されている医療用医薬品です。フィナステリドという男性ホルモンを抑制する働きを持つ成分を配合した、錠剤タイプの飲む育毛薬です。プロペシアは医療用医薬品に分類されるため、入手方法は医師の診断を受け、病院や調剤薬局で処方してもらうことになります。

FAGAとは

女性のAGAのことを、FAGA(女性男性型脱毛症)といいます。FAGAは、女性が加齢するにつれ、分泌される女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの量が多くなると発症します。

FAGAの治療薬

FAGAの治療薬は、発毛成分・ミノキシジルが配合された女性用の発毛剤、リアップリジェンヌです。男性用のリアップに比べ、女性ホルモンを正常なバランスに戻す働きのあるヒアルロン酸など、添加物の成分が女性向けになっています。

女性のための育毛剤の種類と医薬品タイプの育毛剤の効能

副作用について

強い発毛力や治療効果を持つミノキシジルやフィナステリド配合の育毛剤は、人によって副作用の可能性があります。
ミノキシジルの場合は頭皮のかゆみや炎症、フィナステリドは男性の性欲減退などです。また、フィナステリドは女性の使用を固く禁止しています。特に、胎児に悪影響を及ぼすとして妊娠中の女性、授乳中の女性、妊娠を希望している女性は触れることすら禁止にされています。

育毛剤選びのコツ

育毛に関して、男女に共通して言えることは、髪のサイクルにあわせて毛根から毛を育てるので、かなり長期戦になることです。長期戦を踏まえ育毛剤を選ぶ上で大切なことを紹介します。

育毛剤の価格

長期にわたって育毛剤を使用する場合、育毛剤の価格は重要になります。自分が継続して払うことができる価格の育毛剤を選択しましょう。
製品によっては、育毛剤の公式サイトから購入する場合、「定期コース」を選択すると、割引や返金保証を受けられる場合が多いです。気になる育毛剤があれば、各メーカーの公式サイトで割引や返金保証がついていないか、一度調べてみましょう。

使用感の確認

髪に塗布した際の育毛剤のベタつきやニオイが気になる方は、口コミランキングサイトなどで使用感レビューを確認しましょう。育毛剤は長期間、毎日使用するものなので、使用感やニオイなども大切になります。

自分の体質に合った育毛剤を選ぶこと

敏感肌や乾燥肌、アレルギーなどをもっていると、育毛剤に配合されている成分によっては副作用が起きる場合があります。育毛剤のパッケージやインターネットで、配合成分を調べてから購入しましょう。また、薬剤師さんは医薬品に対して豊富な知識を持っているため、薬局で薬剤師さんに自分の体質を相談すれば、体質に基づいたおすすめ商品を紹介してもらうこともできます。

女性用育毛剤の成分の作用と副作用

育毛剤 副作用

髪の毛が細くなってしまったり、抜け毛が多くなってしまったりする壮年性脱毛症や、ホルモンバランスの変化や生活習慣の乱れ等が原因で起こるびまん性脱毛症に悩む女性たちのたために薄毛対策として女性用育毛剤が数多く販売されています・・・

薬事法上での育毛剤の区分とは

育毛剤 効果効能

育毛剤を買うときに、必ず考える項目に【安全性】があると思います。 育毛剤も薬剤のひとつです。 従って、薬事法で決められた区分によって分類されており、インターネットなどの通販で購入できるタイプから、医師に処方してもらうタイ・・・

ページの先頭へ