育毛剤の副作用といえば、成分濃度が高い「男性用育毛剤」が思い浮かびますが、実は女性用育毛剤にも副作用が発生する可能性があります。


育毛剤の使用を検討する女性に向けて、女性用育毛剤の副作用についてまとめました。ぜひ育毛剤選びの参考にしてください。

女性用育毛剤にも副作用がある

女性が育毛剤によって副作用を発症する主な原因は、大きく分けて

  • 育毛剤の添加物によるもの
  • 使用方法や使用量の誤り

の2点に分類されます。それでは、詳しくご説明いたします。

添加物による副作用

添加物
育毛剤には、保存期間を長くする・香りづけや色付けを行うといった理由から、ph調整成分や、香料・着色料など、化学成分を配合している場合があります。

化学成分は、頭皮に強い刺激を与える・アレルギー反応が発生しやすいことから、頭皮のかゆみやかぶれの原因となります。頭皮にかゆみやかぶれが発生すると、頭皮環境が悪化し、薄毛の発生や悪化の原因となります。

特に、乾燥肌、敏感肌、アレルギー肌を持つ女性は、無添加育毛剤の購入がおすすめです。

アルコールアレルギーをお持ちの女性へ

育毛剤には、保存期間を延ばす・清涼感を与えるといった目的から、エタノールや無水エタノールなどのアルコール成分を配合している場合があります。そのため、アルコールアレルギーをお持ちの方は、アルコール成分を配合していない下記の育毛剤がおすすめです。

  • ミューノアージュ(女性用育毛剤)
  • M-1ミスト(男女兼用育毛剤)

育毛剤に配合されるアルコール成分について、詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤のアルコール成分による副作用や安全性とは?

使用量の誤りによる副作用

「1度にたくさん育毛剤を使えば、育毛効果が高い気がする」と、一度に多量の育毛剤を使用している方はいませんか?

実は、規定量をよりも多い育毛剤の使用は、育毛効果が高まるどころか、成分の過剰摂取による頭皮環境の悪化や体調の悪化など、思わぬ副作用発生の原因となってしまいます。
医薬部外品を指し示す画像
医薬部外品に分類される育毛剤は、全て規定量がきまっています。使用している育毛剤の成分表示欄(画像の赤い部分)に「医薬部外品」と記載があれば、説明書やパッケージなどに記載された「一回あたりの育毛剤の使用量」を確かめ、使用量を守るようにしましょう。

使用方法の誤りにも注意が必要

また、育毛剤は使用量だけでなく、使用方法の誤りにも注意しましょう。

育毛剤は髪の毛を成長させる働きを持つため、「髪の毛に育毛剤を塗る」という方をインターネットで稀に見受けます。しかし、育毛剤は本来「ホルモンバランスの改善や頭皮環境の改善、毛根の奥の発毛組織(毛母細胞や毛乳頭細胞)に栄養を与える」などの働きにより育毛を促しています。

頭皮ではなく髪の毛に育毛剤を塗布すると、

  • 育毛効果が期待できない
  • 毛髪のべたつきの原因
  • ヘアカラーの色落ち

などの原因となります。育毛剤は用量用法を守って使用しましょう。

副作用の可能性が低いおすすめ女性用育毛剤ランキング

  • 無添加製法で化学成分を控えている
  • 天然由来成分を中心に構成されている
  • 女性の主な脱毛症の原因「ホルモンバランスの乱れ」を改善する働きを持つ
  • 頭皮に栄養を与える成分を豊富に配合している

以上の4点をチェックポイントとした、副作用の可能性が低いおすすめの女性用育毛剤をご紹介いたします!

1位:マイナチュレ

商品名
マイナチュレ
内容量
120ml(1か月分)
育毛有効成分
3種類

・センブリエキス
・グリチルリチン酸HCI
・酢酸DLαトコフェノール
頭皮ケア成分配合数
37種類
定期購入価格(税抜)
4,457円
返金保証期間
定期購入のみ180日間

マイナチュレは、無添加の女性用育毛剤です。化学成分の使用を控えているため安全性が高く、妊娠中や産後の授乳中でも使用できます。

マイナチュレには頭皮ケア成分が37種類配合されているほか、女性の薄毛の原因「ホルモンバランスの乱れ」を改善するイソフラボンを含有した天然成分を、6種類以上配合しています。

また、マイナチュレは全額返金保証期間が180日、最大育毛剤6本分まで返金をしてもらえます。そのため、マイナチュレを長期間使用し、万一育毛効果を感じられな買った場合は返金制度を利用して、お得に育毛剤を試すことができます。

人気育毛剤であること、副作用の可能性の低さ、豊富な配合成分数、長期の返金保証から、女性用育毛剤の中ではマイナチュレの購入が最もおすすめだといえます。

2位:ミューノアージュ

商品名
ミューノアージュ
内容量
1剤(スカルプエッセンス):30ml
2剤:(薬用育毛剤):30ml
※いずれも半月分
育毛有効成分
5種類

・センブリエキス
・グリチルリチン酸HCI
・酢酸DLαトコフェノール
・ピロクトンオラミン
・パントテニルエチルエーテル
頭皮ケア成分配合数
1剤:9種類/2剤:9種類
定期購入価格(税抜)
3,980円
(1か月分、1剤・2剤を合わせた2セットが届きます。)
返金保証期間
なし
(その代わり、2週間お試しキットが1,980円で販売されています。)

ミューノアージュは、無添加の女性用育毛剤です。無添加製法であるうえ、アルコール成分(エタノール)を使用していないことから、アルコールアレルギーの女性でも使用することが可能です。

また、その他の特徴として、「厚生労働省から育毛効果が認められている育毛有効成分が5種類配合されている」という点が挙げられます。

頭皮ケア成分数が少ないこと、全額返金保証制度がないこと、2剤を毎日2回使用しなければならない点がネックとなりますが、とにかく「副作用の可能性を減らしたい」「肌トラブルうア頭皮トラブルなど副作用の発生が心配」という女性にミューノアージュがおすすめです。

3位:ベルタ

商品名
ベルタ
内容量
80ml
(1日1回使用する場合:1か月用/1日2回使用する場合:半月用)
育毛有効成分
3種類

・センブリエキス
・グリチルリチン酸HCI
・酢酸DLαトコフェノール
頭皮ケア成分配合数
56種類
定期購入価格(税抜)
初回 3,980円
以降 4,980円
返金保証期間
定期購入のみ30日間*
*2017年9月現在のデータです。
*ベルタ育毛剤の返金保証期間は、2017年8月頃、90日間から30日間に変更されました。

ベルタは、無添加の女性用育毛剤です。化学成分の使用を控えているため安全性が高く、妊娠中や産後の授乳中でも使用できます。

56種類という豊富な頭皮ケア成分数のうち、32成分がナノ化されているため、頭皮にしっかり浸透し。頭皮環境の改善育毛を促します。また、ホルモンバランスを整える成分が配合されているほか、加齢による頭皮の糖化を改善するアンチエイジング効果なども期待されています。

ベルタが3位の理由

ベルタがマイナチュレ・ミューノアージュに次いで3位である理由は、下記の理由にあります。

  • 価格が2回目以降の購入でマイナチュレよりも高くなる
  • 返金保証期間が約2か月分縮められ、短くなってしまった

しかし、価格や返金期間よりも、配合成分内容や育毛剤の浸透率などを重視する女性には育毛剤ベルタがおすすめです。

医薬成分による重篤な副作用

薬品
厚生労働省から発毛効果が認められている医薬品の発毛剤は、上記で紹介した医薬部外品の育毛剤よりも高い発毛力を持つ反面、日常生活に支障をきたすほど重篤な副作用の可能性をもつ医薬品も存在します。

ミノキシジル成分による副作用

ミノキシジル成分とは、血管拡張作用・血行促進作用により、毛根の奥の発毛組織に栄養成分を送り込み発毛を促す、発毛医薬品成分です。

患部
症例
循環器系
・血圧の低下
・動悸
・心拍数の増加
・心筋梗塞
神経系
・めまい
・頭痛
・胸部痛
代謝
・体重増加
・手足のむくみ
頭皮
・かゆみ
・かぶれ
・発疹・炎症

ミノキシジル成分は、ホルモンバランスに作用しない成分であるため女性でも使用できますが、上記の副作用が報告されているため、妊娠中や授乳中、投薬中の女性や、内臓系の疾患がある方にはおすすめできません。

ミノキシジル配合の女性用発毛剤・リアップリジェンヌ

ミノキシジル配合の発毛剤のうち、日本で唯一市販の許可が下りている製品は大正製薬の「リアップリジェンヌ」です。発毛剤リアップ公式サイトでも、リアップリジェンヌによる副作用の可能性が表記されています。
リアップ副作用
(引用:リアップ公式サイト)

リアップリジェンヌは高い発毛力を持ちますが、副作用のリスクも高いため、皮膚科(特に、肌質の弱い方やアレルギー体質の方)や薬局の薬剤師に綿密に相談してから購入しましょう。

女性の禁忌・フィナステリド

フィナステリド成分は、前立腺に働きかけ、男性ホルモンを抑制することでAGA(男性型脱毛症)を改善する、男性用の発毛医薬成分です。

フィナステリド成分はホルモンバランスに強い作用をもたらすため、女性が服用するとホルモンバランスがさらに乱れ、薄毛や抜け毛が進行する可能性があります。

また、フィナステリド成分を女性が服用した場合、乳房の痛みや肥大、うつ症状、めまい、蕁麻疹、発疹、唇・舌・咽喉・顔面の膨張といった副作用発生の可能性もあります。

胎児が奇形となる可能性がある

赤ちゃんの画像
フィナステリド成分配合のAGA治療薬・プロペシアなどに触れるだけで、フィナステリド成分は体内に皮膚吸収されてしまいます。男児を妊娠している女性がフィナステリド成分を皮膚吸収すると、胎児の男性器が奇形となる恐れがあります。

そのため、フィナステリド成分の女性の使用は禁止、特に妊娠中の女性はフィナステリド成分に触れることすら禁忌とされています。

副作用の可能性が低い発毛剤・パントガール

副作用の可能性が低い女性用発毛剤として「パントガール」が挙げられます。パントガールは、内服タイプ(サプリメントタイプ))の女性用薄毛治療薬で、薄毛治療院や発毛サロン、一部の皮膚科などで取り扱われています。(※市販はされていません。)

パントガールには女性の薄毛改善を目的とした、特別な構造となっているタンパク質やアミノ酸、ビタミンB群が配合されており、発毛促進のほか、髪質の改善も行うことができます。

聖心美容クリニックによると、2017年9月現在、副作用の報告はされていません。しかし、妊活中・妊娠中・授乳中の女性は、パントガールの処方を受ける際は念のため医師に相談しましょう。

パントガールのデメリット

発毛薬の処方は保険の適用外となるため、パントガールは1か月あたり7,000円~15,000円(病院によって価格差があります)と、決して安くはない点がパントガールのデメリットとして挙げられます。

副作用のリスクを低く薄毛対策を行いたい場合、まずは比較的安価でコスパが良く、180日間返金保証付きの育毛剤「マイナチュレ」を試し、効果が無ければ返金を受け、パントガールの使用を検討してみてはいかがでしょうか。