女性は女性用の育毛剤を使った方がよいといわれますが、女性用と男性用の育毛剤の配合成分にはどのような違いがあるのでしょうか。

主な女性用育毛剤の配合成分と、その効果について解析します。

女性用と男性用の育毛剤が存在するのはなぜ?

育毛剤には、男性用、女性用、男女兼用のものがあります。これは、男性と女性では薄毛の原因が異なるからです。

男性の薄毛の原因

男性の場合、男性ホルモンが5αリダクターゼ酵素の影響を受ける事でDHTが生成されます。そのDHTが髪の成長抑制作用を引き起こし薄毛をもたらします。そのため、5αリダクターゼを抑制してDHT自体の生成を防ぐことや、DHTで抑制された発毛の働きを回復させることが、薄毛改善への糸口となります。

そのため、男性用の育毛剤には、DHT対策を考えたものが多いです。

女性の薄毛の原因

一方、女性の薄毛は、老化の他、頭皮にダメージを与えるようなヘアケア、ストレス、女性ホルモンの減少など、原因は複数あります。症状も抜け毛だけでなく、細毛やボリュームダウンなどさまざまです。

女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位に立つことによって女性男性型脱毛症も起こりますが、男性とは症状のあらわれ方が異なります。頭頂部が目立って薄くなることはなく、頭髪全体が薄くなるびまん性脱毛症となり、女性ホルモンが増えれば症状が改善されるという特徴があります。

また、女性は男性と比べると皮膚がデリケートですので、女性向けの育毛剤には、頭皮にやさしい成分が使われるのが一般的です。

男女兼用型の育毛剤のメリット・デメリット

では、男女兼用型の育毛剤はどうでしょうか。男女兼用型の場合は、これらの男女の薄毛の特徴とは直接かかわりの少ない、頭皮の血行促進や頭皮トラブルの防止など、頭皮ケア成分を中心とした育毛成分が配合されています。

フケにより毛穴が詰まることが原因の粃糠性脱毛症や、ストレスによる円形脱毛症、髪を引っ張ることが原因の牽引性脱毛症といった幅広い脱毛に対して対処できるのが、男女兼用型の育毛剤です。兼用型はドラッグストアなどで市販されている育毛剤に多く、薄毛予防目的では汎用性はあります。

しかし、すでに薄毛が気になっている場合には、男性用や女性用とされているものに比べると、自分の抜け毛原因に対する育毛成分が入っていない可能性もあり、効果があらわれにくいケースもあると考えられます。

このように、育毛剤と一口にいっても、どのような薄毛をターゲットとするかによって成分が異なります。女性の薄毛の悩み解消には、女性の薄毛対策に適した育毛剤を使用するのがおすすめです。

人気の女性用育毛剤の成分をチェック

では、主な女性向けの育毛剤について、成分を解析してみましょう。

女性専用に特化した頭皮用美容液ベルタ育毛剤

株式会社ビーボが発売しているベルタ育毛剤は、女性専用に開発された育毛剤で、頭皮環境を整えることに重点を置いています。

厚生労働大臣から医薬部外品として効能記載が認められている有効成分は、血行を促進するセンブリエキスと酢酸トコフェロール、頭皮の炎症を改善するグリチルレチン酸2Kの3つです。

これらに加え、毛母細胞の栄養となる14種類のアミノ酸、頭皮の乾燥を防ぎ、保湿と軟化にはたらくユキノシタエキスなどの植物成分が配合されています。
さらに、イソフラボンやプラセンタなど、女性に特化した成分が含まれているのがポイントです。イソフラボンやプラセンタは、女性ホルモンと似た働きがあるとされ、更年期障害による抜け毛対策にも適しています。

また、育毛成分が毛穴の奥まで届くよう、32成分については1000分の1サイズまで微粒子化しています。さらに、合成着色料や石油系界面活性剤など、頭皮に負担をかける成分や、ホルモン成分は含まれていないため、敏感肌の方や妊娠中、授乳中でも安心して使える育毛剤です。

ベルタ育毛剤は、育毛剤単体でも十分な効果が感じられますが、育毛成分を効果的に頭皮に吸収できるように頭皮の余分な皮脂を落とす、専用のベルタ頭皮クレンジングとペアで使用するとさらに効果が高まります。

敏感肌や乾燥肌にもやさしい育毛剤マイナチュレ

株式会社レッドビジョンから発売されているマイナチュレは、頭皮に刺激となる化学成分が入っていない、天然由来成分を中心とした無添加の育毛剤です。敏感肌や乾燥肌の方でも刺激やトラブルを起こしにくく、妊娠授乳中の安全性も確認されているためおすすめです。

マイナチュレの有効成分は、頭皮の血流を改善するセンブリエキスと酢酸d・α・トコフェロール、頭皮の炎症を抑えるグリチルレチン酸2Kの3つです。その他、育毛や頭皮ケア、保湿、フケ防止成分などのある27種類の植物由来成分と、栄養成分が豊富で育毛効果の高いミツイシ昆布エキスや10種類のアミノ酸が配合されています。

頭皮状態を改善することで、正常なヘアサイクルへと改善する効果が現れはじめる事で早い段階で抜け毛の減少が実感できる、育毛剤の塗布後にべたつきがないといった口コミが多い人気の育毛剤です。

また、返金保証制度が充実しており、定期購入の場合には、最大6か月間使用して効果がみられなかった場合には返金が可能です。

頭皮の血行を改善する育毛剤 花蘭咲

有限会社マイケアから発売されている花蘭咲の有効成分は、血行を促進して毛根の細胞を活性化するセンブリエキスとニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシンの3種類です。これに、エビネ抽出エキスをはじめとした10種類の天然植物エキスが配合されています。

エビネ蘭には毛髪の成長を早め、フケやかゆみをブロックする働きがあるといわれています。このほかの植物エキスも、血行促進や抗酸化作用のみられるものが選択されており、年齢を重ねるごとに猫毛や髪の毛のボリュームダウンが気になってきたという方に向いている育毛剤といえるでしょう。花蘭咲も、妊娠中や授乳中も使うことができます。

育毛サロンが開発 長春毛精

長春毛精は発毛サロンバイオテックが開発した、生薬を主要成分とした女性用の薬用育毛剤です。

医薬部外品としての有効成分は、血行促進効果のある酢酸トコフェロール、頭皮の炎症を防ぐグリチルレチン酸2K、抗菌性のあるヒノキチオールの3つです。これに、トウキやショウキョウをはじめとする12種類の生薬成分が配合されています。長春毛精も成分のナノ化により頭皮全体から有効成分が浸透し、毛包への吸収率が高められています。

長春毛精は、定期購入中はバイオテックサロンでの年2回の無料育毛サポートを受けられるなど、ほかの育毛剤より一歩進んだサポート体制も人気で、楽天の医薬品・医薬部外品部門ランキングで1位を受賞したこともあります。アットコスメや楽天の口コミをチェックすると、薄毛改善効果だけでなく、育毛剤の使用方法が1日1回でよく、価格も手頃で継続しやすい商品である点も人気でした。

女性男性型脱毛症に効果的 リバースレディ

発毛薬リバースレディは東京ビューティークリニックがオリジナル開発した内服薬と外用薬のセットです。リバースレディの内服薬の有効成分は、スピロノラクトンとミノキシジルです。スピロノラクトンはもともと利尿作用によって高血圧を改善する薬ですが、女性ホルモンのエストロゲンを増やす作用があります。

男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素により悪玉に変化したDHTが原因で起こる男性型脱毛症(AGA)は、女性の場合、女性ホルモンの減少が影響し、女性男性型脱毛症(FAGA)として発症します。リバースレディはこのFAGAをターゲットとした治療薬です。また、リバースレディには外用・内服の両方にミノキシジルが配合されています。ミノキシジルは毛細血管を拡張して毛乳頭の栄養状態を改善するはたらきがあります。

リバースレディは、クリニックの受診が必要な薄毛治療薬であり、効果が明確ではありますが、妊娠中や授乳中には使えないという点に注意が必要です。また、ホルモンバランスの乱れ以外が原因の薄毛の場合には適していません。

育毛剤を選ぶ際には成分を確認しよう

このように、育毛剤はその成分によって効能のメカニズムが異なります。薄毛対策を行うには、性別にあった育毛剤を選ぶだけでなく、どのような悩みを改善したいかという観点から成分をチェックすることが必要です。