育毛剤は、頭皮の乾燥防止や血行促進による血流改善などを行い、頭皮環境を整えながら育毛や発毛効果を高めてくれます。育毛剤は製品によって使用方法はさまざまですが、毎日の継続的な塗布が推奨されています。

1日のうち育毛や発毛効果を発揮するベストな時間帯はいつなのでしょうか。育毛剤を塗布するベストな時間帯についてご紹介します。

育毛剤の塗布は風呂上りがベストタイミング

育毛剤は、清潔な頭皮に塗布することで効果を発揮します。頭皮は、ターンオーバーを繰り返しながら、新しい皮膚に生まれ変わっています。ターンオーバーとは、細胞が一定のサイクルで再生する仕組みのことです。

頭皮がターンオーバーを行うと、表皮の角質層が少しずつ剥がれおちていきます。古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除くことで、育毛剤の有効成分が頭皮の奥まで浸透する効果が期待できます。

シャンプー時のすすめ

洗髪の際には、毛髪を洗うのではなく指の腹を使って頭皮全体をやさしくマッサージするようにシャンプーしましょう。さらに、頭皮にシャンプー剤が残らないように充分にすすぎを行う事がポイントになります。入浴後はタオルやドライヤーで毛髪の水分をしっかりとふき取りましょう。

頭皮マッサージ

育毛剤の塗布後、頭皮マッサージがおすすめです。頭皮マッサージは育毛有効成分を頭皮の奥底まで浸透させる効果が期待できます。入浴によって暖められた頭皮は柔らかい上に毛穴も開くため、より育毛剤の浸透性を高めることが可能となります。

夜の時間帯に育毛剤を塗布するメリット

入浴によって1日の汚れを洗い流す意味でも、夜の時間帯は育毛剤の効果を発揮できるベストなタイミングと言えます。

育毛のゴールデンタイム

さらに、毛髪が最も成長するゴールデンタイムは、睡眠中の午後10時から午前2時までの4時間です。ゴールデンタイムは、1日のうちで成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯なのです。

つまり、発毛に欠かせない毛母細胞が活発に働く時間帯とも言えます。毛髪が成長する時間帯に夜の入浴後の清潔な頭皮に育毛有効成分を浸透させることで、より発毛効果が期待されます。

朝の時間帯に育毛剤を塗布するメリット

育毛剤は、1日に2回程度の塗布が推奨されています。個人の生活習慣にもよりますが、育毛剤は夜と朝の1日2回の使用がおすすめです。なかには、朝の入浴を習慣としている人も多いのではないでしょうか。ただし、朝の入浴も含めて朝シャンは頭皮を守る働きをもつ皮脂を取り除いてしまう恐れがあります。

毛穴に詰まった皮脂は発毛を阻害し脱毛の原因ともされます。一方で、皮脂は頭皮を紫外線やホコリ、雑菌などのダメージから守る重要な役割を果たしています。朝のシャンプーで皮脂を洗い流してしまうと、頭皮は刺激に対して無防備な状態となってしまいます。

薄毛や脱毛でお悩みの場合、乾いた頭皮に適量の育毛剤をマッサージしながら塗布する方法がオススメです。頭皮は、前夜のシャンプーで清潔に保たれているため、朝は育毛剤のみの使用を心がけると良いでしょう。

皮脂の重要な働きとは

頭皮の毛穴に詰まった皮脂は、脱毛や薄毛の原因としてあげられます。しかし一方で、頭皮に必要不可欠な存在とも言えるのです。

皮脂とは

皮脂とは、汗と脂が混ざり合ってできる庇護膜を作る成分です。庇護膜には、頭皮の水分の蒸発を防ぎ適度な潤いを保つ働きがあります。

皮脂の主成分である中性脂肪(トリグリセリド)は、皮膚の表面に分泌され汗と混じり合い庇護膜となります。さらに、中性脂肪が、細菌によって分解され「脂肪酸」に変化します。脂肪酸は、細菌から皮膚を守る役割を果たすのです。「プロビタミンD」によって紫外線からビタミンDを生成する効果も期待されています。

皮脂を分泌する皮脂腺は、頭皮に最も多くあるため、皮脂が過剰になると脱毛を引き起こす原因となります。皮脂は、過剰に分泌されると過酸化脂質に変化する特性が理由としてあげられます。

過酸化脂質とは、活性酸素を発生させて細胞にダメージを与える物質のことです。皮脂腺からの皮脂の過剰分泌を抑えることが、薄毛や脱毛対策には必須とされています。

皮脂は頭皮に必要な物質

しかし、育毛剤の効果を高めるために、シャンプーなどで皮脂を必要以上に取り除くと、逆効果となり、頭皮をダメージから守ることができません。さらには、必要とされる一定量の皮脂が取り除かれることで、身体が皮脂を補おうと、皮脂を過剰に分泌する可能性も高まります。育毛剤の効果を最大限に引き出すためには、皮脂の過剰分泌を抑え頭皮の潤いを適度に保つ頭皮ケアに着目したスカルプケアシャンプーがおすすめです。

育毛剤は朝と夜の使用が理想的

育毛剤は、各商品の取扱説明書に記載されている用法や用量を守りましょう。使用量や使用回数を増やしても、決して育毛効果が高まるわけではありません。

理想的な育毛剤の使い方は、夜の入浴後と起床後の2回です。頭皮が一度に吸収できる育毛剤の有効成分には限界があるとされているため、夜と朝の2回に分けて使用すると効果的と言えます。

また、育毛剤のメーカーが1日2回の塗布を推奨している場合もあります。例えば、プッシュタイプの医薬部外品育毛剤「チャップアップ」は、1回15プッシュ(2ml)を1日2回塗布する方法を推奨しています。

就寝前に育毛剤を塗布する際の注意点

就寝直前に育毛剤を使用すると、雑菌の繁殖を増加させるリスクもあります。就寝直前に育毛剤を使用する場合、熱風で乾かすと、湿気が髪の毛に残ったままになり、雑菌の繁殖を促してしまうため、ドライヤーを冷風モードに設定すると良いでしょう。

発毛内服薬の服用

朝や夜、忙しくてなかなか育毛剤を塗布する時間が取れない方には、内服タイプの発毛医薬品がおすすめです。代表的な内服タイプの発毛剤には、男性用のプロペシアや男女兼用のミノキシジルタブレットが挙げられます。

発毛内服薬は市販されていないため、入手するにはAGAクリニックを受診して処方箋薬として入手するか、個人輸入を行い入手する必要があります。しかし個人輸入は、偽薬である可能性が高いこと、副作用が発生しても保証が受けられないことなど、大きなリスクを孕むため、おすすめできません。

まとめ

育毛剤は、脱毛予防や抜け毛対策、薄毛対策に効果的な有効成分が数多く含まれていますが、使用方法によって効果には大きな違いがあります。ご紹介した効果的な時間帯を参考に、自分の生活リズムに合った正しい育毛剤の使い方を実践してみてください。