株式会社ユーピーエスから販売されている薬用育毛剤プランテルは、育毛剤の中でも人気が高い「M字専用育毛剤」であり、M字ハゲに悩む方にとって強い味方である商品です。
しかし、男性用育毛剤口コミ投稿サイトでは、プランテルは抜け毛に効かないという書き込みを見受けることがあります。


なぜプランテルが効かないといわれるのでしょうか。

M字用育毛剤薬用プランテルの有効育毛成分

プランテルに配合されている有効成分が育毛にどのような効果があるのか検証します。まずはM字ハゲ専用育毛剤薬用プランテルの有効育毛成分についてご紹介します。

ヒオウギエキス

ヒオウギエキスは頭頂部が薄くなるO字ハゲや、M字型ハゲ用の男性育毛剤の多くに配合されている育毛有効成分で、還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制します。
還元酵素5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことで、脱毛促進成分DHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、M字型用薄毛を進行させてしまいます。

ビワ葉エキス

ビワ葉エキスに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きを行う成分であるため、過剰に分泌された男性ホルモンを抑制し、ホルモンバランスを調整する効果が期待できます。

センブリエキス

センブリエキスは頭皮の血行を促進する効果があります。血流が良くなることで栄養素が毛乳頭に届きやすくなるため、毛乳頭の細胞分裂を活性化されることで育毛促進させる効果が期待できます。

この3点の育毛成分の他、7種類の育毛有効成分がM字ハゲの原因となる脱毛男性ホルモンDHTの働きを抑制します。また、プランテルは香料・防腐剤・着色料などの添加物を配合していない天然成分を中心に作られた無添加育毛剤のため、頭皮の炎症を起こす確率は低いため安心して使用できます。

薬用プランテルが効かない人の共通点

「M字ハゲ改善育毛剤と言われている薬用プランテルを使用しても、M字ハゲに育毛効果が実感できない」という意見が書かれた他の口コミサイトや体験レビューを読んでいると、薬用プランテルに育毛効果を実感できない・効かないと感じた人たちには共通点があります。

初期脱毛に驚き途中でやめてしまった人

初期脱毛はどの育毛剤でも起こりうる一時的に脱毛が増える症状です。育毛剤を使用し始めて個人差はありますが3~40日程度でおこる可能性がある初期脱毛は、細く弱々しい髪の毛から太くたくましい髪の毛に生え変わるために、起こる抜毛になるため初期脱毛はイクオスやチャップアップ、薬用ポリピュアEXなど、どの育毛剤でも起こり得る現象です。初期脱毛を「プランテルの副作用だ」と思い込み、途中で止めてしまうのはもったないです。気長に続けましょう。

詳しくは下記の記事をご参考ください。
育毛剤の使い始めにおきる初期脱毛とは?

円形脱毛症の場合

円形脱毛症とは、自己免疫疾患の症状の一つであるため薄毛改善効果や発毛促進効果は期待できません。そのため、脱毛専門クリニックで早めに治療することをおすすめします。

詳しくは下記に記事をご参考ください。
女性の円形脱毛症治療に育毛剤は効果があるのか徹底検証

薄毛が進行し過ぎている場合

薄毛が進行してツルツルになってしまった頭皮は、毛根が衰え、退化した状態といえます。退化した毛根は、いくら髪の毛に良い育毛剤を使っても育毛効果は期待できません。

使用方法が正しくない場合

プランテルは1日2回の使用が目安となっています。1日2回育毛剤を使用していない場合は、公式サイトで記載されているような育毛効果は期待できません。

また、「М字ハゲ専用育毛剤というけど、効果がなかった」と報告している使用者の約8割がプランテルが定めた正しい使用量で使っていない実情がプランテル公式サイトでも解説されています。

プランテルの育毛効果を実感出来るためには時間がかかる

プランテルの育毛効果を実感出来るためには個人差はありますが時間がかかります。プランテルを含め、各メーカーから販売されている育毛商品は共通して、半年以上継続して使用することを育毛剤メーカーは推奨しています。
半年以上継続して使用する理由は、プランテルを継続して使うことで、ヘアサイクルが整い育毛効果が期待できるためます。

ヘアサイクルとは

AGAの人はヘアサイクルが乱れており、通常4年から6年ある髪の成長期が1年と短くなり、髪の毛が太く育ち切る前に抜けてしまいます。髪の毛の生える準備をする休止期が、ヘアサイクルが乱れることで、脱毛促進男性ホルモンのDHTが生えようとする髪の毛の成長を阻害し休止期が長くなります。成長期が短く、休止期が長くなることで細い髪の毛が増えるため、地肌が目立つ範囲が目立つため、薄毛に見えるようになります。
詳しくは下記の記事をご参考ください。
期間はどれくらい必要?育毛剤の効果的な使い方まとめ

プランテルに効果が感じられない場合の対処法

プランテルが効かないと思い込む前に自分の育毛ケアを確認してみましょう。

育毛サプリメントを併用する

育毛剤の効果を高める方法の1つとして、育毛サプリメントを育毛剤と併用する方法があります。育毛サプリメントは、育毛有効成分を体内に摂取することで、育毛に適した体質をつくる働きがあり、より育毛剤の効果を発揮できる体内環境をつくります。
育毛サプリメントについてはこちらのページで詳しく解説致しましたので、是非ご参考ください。
育毛剤と亜鉛その関係とは
イクオスサプリの成分と効果を徹底解析

頭皮環境を確認する

頭皮に炎症がある場合、炎症箇所の修繕が優先的に行われるため、血液で頭皮に送られた酸素と栄養素は炎症を治すために使われます。そのため、髪の成長を司る毛母細胞には髪の成長に必要不可欠な栄養素が行き渡りにくく、結果的に髪がやせ細り通常のヘアサイクルより短い周期で抜け落ちてしまう可能性があります。頭皮の赤み・フケ・痒みが長引いてるようであれば、毎日使うプランテルやシャンプーが頭皮に合わない可能性があります。

シャンプー方法を見直す

頭皮を清潔に保つため効果的なシャンプーですが、シャンプーの成分が強すぎることで、頭皮の炎症の原因となりえます。頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使うことで、頭皮に必要な皮脂を洗い落とすことなく、皮脂汚れを落とすことができます。

頭皮の炎症を招く皮脂の過剰分泌を防ぐためには、洗浄成分が強いラウリン酸ナトリウムなどの成分配合のシャンプーは避けて、頭皮環境を保つ育毛シャンプーをおすすめします。

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージを行うことで血行促進され髪の成長を促す効果が期待できます。

額の生え際の両サイドであるM字部分は、血行不良に陥りやすい傾向があります。プランテルの使用と併せて頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行を促進し、頭皮の硬化を和らげることで血の巡りが良く髪が育ちやすい頭皮環境となります。

頭皮マッサージの際には爪で頭皮を傷つけないように注意しましょう。

プランテルの使用をやめる場合は返金保証を利用しよう

プランテルの使用感や育毛効果は個人差があります。プランテルが効かない人には、返金保証の利用をおすすめです。

プランテルの全額返金保証期間は30日であるため、初回購入した商品が手元に届いてから30日以内に返金保証を受ける旨を、プランテルのコールセンターに連絡する必要があります。また、定期コースでまとめ買いをした場合、1本目は返金保証の対象となりますが、2本目は開封した場合は返金されません。

また、全額返金の際には、プランテル本体と振込先口座を記入した用紙が必要となるため商品が届いた時に用紙を捨てないようにする必要性があります。そして、返金保証を一度利用した場合、プランテルの再度購入が出来なくなるため、注意が必要です。
通販サイトでも販売していますが、公式サイトから以外の購入は返金保証の対象にならないため公式サイトで購入することをおすすめします。

AGAクリニックの受診

薬用プランテルを1年以上使用しても発毛育毛効果が実感できない・薄毛の状態から変化が見られない場合は、薄毛専門クリニックで発毛剤を使用した発毛治療を行うことをおすすめします。薄毛専門クリニックでは、発毛剤ランキングの中でも人気が高い「フィナステリド」や「ミノキシジルタブレット」など、市販されていない発毛剤の処方を受けることが出来ます。

詳しくは下記の記事をご参考下さい。
病院での薄毛治療と育毛剤の分類