「育毛剤は薄毛に効くのか」と検索した際、「薄毛によく効く人気育毛剤ランキング」という記事と同時に「育毛剤には育毛効果がない」という記事も表示され、「結局育毛剤は薄毛に効くの?」と混乱される方は多いのではないでしょうか。


結論から言うと、育毛剤の使用で髪は生えません。しかし、育毛剤の使用によって髪を育てる・薄毛を抑制するといった効果が期待されます。

育毛剤で髪が生えない理由

育毛剤とは、厚生労働省から「育毛効果がある」と承認された育毛有効成分が一定濃度で配合された医薬部外品の育毛製品を指します。

育毛有効成分は、センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウム(漢方の原材料である天草に含まれる成分)といった天然由来の成分であるため、ミノキシジルなど医薬成分ほど強い発毛作用がありません。

そのため、育毛剤で新たに髪を生やす発毛効果はあまり期待できません。しかし、髪の毛の成長を促進させ薄毛・抜け毛を抑制する効果や、頭皮を髪が育ちやすい環境に整えるなど、頭皮環境改善効果が期待されます。

育毛剤以外の育毛製品

医薬部外品の育毛剤以外にも、化粧品や医薬品、育毛サプリメントなど、様々な育毛製品があります。

化粧品分類の養毛剤

育毛有効成分成分が配合されていない養毛剤(スカルプエッセンス)を指します。養毛剤には、現在生えている髪の保護や薄毛の予防、頭皮環境改善効果が期待されています。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤が医薬部外品や医薬品など呼び名が変わる理由とは

医薬品分類の発毛剤

発毛剤には厚生労働省から「発毛効果がある」と認められた発毛成分が配合され、AGAクリニックなどで薄毛治療薬(AGA治療薬)に用いられています。発毛剤は育毛剤よりも薄毛改善率が高い点が特徴です。発毛剤について詳しくは後述致します。

育毛サプリメント・育毛シャンプー

育毛サプリメント・育毛シャンプーは育毛剤や発毛剤の働きを補助する育毛関連商品です。育毛サプリメントは亜鉛やノコギリヤシなど、育毛に必要な成分を経口摂取することで、育毛に適した体内環境をつくる働きがあります。

育毛シャンプーは頭皮ケア成分が配合されているほか、頭皮に必要な皮脂を残し、余分な皮と汚れを洗い流すことで、皮脂の過剰分泌を抑制し、頭皮環境を改善する作用があります。

髪を生やしたいなら発毛剤が有効的

発毛剤とは、発毛医薬成分が配合されている医薬品を指します。

しかし、発毛剤には高い発毛力がある反面、日常生活に支障をきたす程の副作用発生の可能性がある為、医師や薬剤師との対面販売が義務付けられてる製品や、市販の許可が下りていない製品があります。

発毛医薬成分である「ミノキシジル」「フィナステリド」と、代表的な発毛剤についてご紹介致します。

発毛成分ミノキシジル

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張し、毛根の奥の発毛・育毛を司る毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養を与えることで高い発毛促進効果をもつ医薬成分です。男女ともに使用できる成分であるため、発毛治療(薄毛治療)など、薄毛対策に広く用いられます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは元々高血圧治療のための医薬成分でした。そのため、ミノキシジル配合の発毛剤の使用により、低血圧やめまいやむくみといった副作用が発生する場合があります。また、頭部の血行促進作用から、頭皮にかゆみやかぶれといった副作用が発生する場合もあります。

市販されているミノキシジル配合の発毛剤

大正製薬が販売している男性用のリアップシリーズ・女性用のリアップリジェンヌは、ミノキシジルが配合された第一類医薬品の発毛剤の中で、唯一市販が許可されています。

発毛成分フィナステリド

フィナステリドは脱毛男性ホルモンを抑制する作用をつ医薬成分です。頭頂部の薄毛(O字ハゲ)や額の後退(M字ハゲ)の原因となるAGA(男性型脱毛症)を抑制する働きがあり、高いAGA治療効果をもちます。

内服タイプの発毛薬・プロペシアなど、フィナステリド配合の発毛剤は、市販の許可が下りていないため、AGAクリニックなどで処方を受けることで入手が可能になります。

フィナステリドの副作用

フィナステリドはもともと前立腺肥大治療のための医療成分でした。そのため、フィナステリド配合の発毛剤を使用することで、男性機能減退や男性ホルモンが減少することによるうつ症状などが発生する可能性もあります。

また、フィナステリド成分は女性の摂取が禁止されており、特に男児を妊娠中の女性は、フィナステリド成分を皮膚吸収し、胎児の生殖器に異常が及ぶ危険性がある為、フィナステリド成分配合の発毛剤に触れることすら禁止されています。

育毛剤による育毛効果を高める方法

育毛剤は使用方法を誤ると、育毛効果があまり発揮できません。そこで、育毛剤による育毛効果を高める方法をご紹介致します。

自分の脱毛症に適した育毛剤を使用する

育毛剤にはそれぞれ、対応している脱毛症があります。自分の脱毛症に適した育毛剤を選択しなければ、薄毛が抑制されるとはいえません。

例えば、自分の脱毛症の原因が脱毛男性ホルモンの発生によるAGAだった場合、イクオスやチャップアップ、ブブカのように男性ホルモンを抑制する成分が配合されていなければAGA抑制効果は期待できません。

育毛剤の対象となる性別を守る

男性は脱毛男性ホルモンが原因となるAGA、女性は加齢や産後に女性ホルモンが減少することによるホルモンバランスの乱れなど、男女によって主な薄毛の原因には違いがあります。

それぞれの性別ごとの薄毛を改善する為、男性用育毛剤と女性用育毛剤は配合されている成分が変わります。そのため、「男性は男性向けの育毛剤、女性は女性向けの育毛剤」と、それぞれの性別に適した育毛剤を選択しなければ育毛効果・薄毛を抑制する効果があるとはいえません。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。
男女兼用育毛剤の効果とは?育毛剤の男性用と女性用の違い

育毛剤は最低半年は使用すべき

育毛剤には即効性がありません。育毛剤による育毛効果を発揮するには、ヘアサイクル(髪の成長周期)の関係上、最低でも半年から1年ほど育毛剤を継続することで育毛効果を実感することが出来ます。

正常なヘアサイクル

髪の成長サイクル
正常なヘアサイクルにおける髪の成長期(新生毛が発生し、髪が順調に成長する期間)は2年から6年ありますが、脱毛症を発症すると成長期が最長で1年と極端に短くなり、正常なヘアサイクルよりもはやく毛根が退行期・休止期を迎えてしまいます。

育毛剤は、頭皮環境の改善や毛根部の毛包に栄養を与えることにより、ヘアサイクルの改善を行い、髪の毛の成長期を長く保つことで薄毛の改善を促します。

頭皮環境の改善や、ヘアサイクルの改善には、およそ1年から半年かかります。そのため、育毛剤は半年から1年使用しなければ育毛効果が発揮されません。

育毛剤を継続する上で重要な育毛剤選びのポイント

育毛剤は継続する必要がある為、育毛剤を購入する際は各育毛剤メーカーの公式サイトで「定期購入コース」や「全額返金保証サービス」が用意されているか否か確認しましょう。

定期購入コースとは、育毛剤を毎月自宅まで配送してくれる通販システムを指します。定期購入コースを利用すると、毎月育毛剤を注文する手間が省けるほか、育毛剤を割引価格で購入できる、返金保証の対象となるといった様々なメリットがあります。

また、返金保証とは万一育毛剤に満足できなかった場合、育毛剤の購入代金を返金してもらえるサービスを指します。返金保証期間や返金保証規約は育毛剤メーカーによって変わります、育毛剤を継続する場合は、返金保証期間が長い方品の選択がおすすめです。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤の定期購入のメリットと知っておきたい注意点

まとめ

育毛剤は薄毛を抑制する・今生えている髪を育てる効果はありますが、育毛剤による発毛効果はあまり期待できません。発毛を望む方は発毛剤の使用がおすすめです。

また、育毛剤による育毛効果を実感するには

  • 自分の脱毛症に適した育毛剤を使用する
  • 育毛剤の対象となる性別を守る
  • 育毛剤を最低半年は継続して使用する

といった、様々な条件があります。まずは自分の脱毛症の原因を見つけ、それから自分の脱毛症・性別に適した育毛剤を使用することで、育毛剤による育毛効果を実感することができます。