薄毛の症状にお悩みの方は、「何とか髪の毛を増やしたい」と、育毛剤の使用を検討しますが、近年多くの育毛剤が販売されており、一番効く育毛剤がわからず、育毛剤の購入を迷う方が多いようです。

育毛剤の育毛効果を発揮するには、一番効く育毛剤を調べることではなく、育毛剤の効能・効果が自分の脱毛症とあっているかどうかが重要となります。

薄毛とヘアサイクルの関係性

髪の成長サイクル
脱毛症を発症すると、髪の毛の成長周期、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

髪の毛が生え始めた後は、毛母細胞が活発に細胞分裂をして、太い髪の毛に成長する2~6年の成長期を迎えます。その後、毛母細胞の細胞分裂が停滞して休止期に入り、退行期になると古い髪の毛は抜け落ち、やがて次の新生毛が生えてくる、という周期を繰り返しています。

しかし、脱毛症を発症しヘアサイクルが乱れると、髪の成長期が短くなり、髪の毛が十分な成長をしないまま抜け落ちてしまいます。

ヘアサイクルが乱れる原因はさまざまで、例を挙げると、頭皮の血行不良や、毛穴の皮脂詰まり、脱毛男性ホルモンによる影響などがあります。

自分の脱毛症に合った育毛剤でヘアサイクルを改善しよう

育毛剤を選ぶときには、考えられる要因に合った商品を選択することが重要です。

たとえば、頭皮がベタベタしているようであれば、毛穴の皮脂に対応する育毛剤がおすすめですし、頭皮が固く感じるようであれば、血行改善を主眼においた商品の方が、効果があらわれやすいでしょう。

また、性別によって異なる脱毛原因に対応するために、男性用、女性用とターゲットが分かれている育毛剤もあります。育毛成分の働きを大きくわけると、以下のように分類ができます。

  • 頭皮の血行促進をはかるもの
  • 頭皮トラブルや炎症の原因となる皮脂づまりを取り除くもの
  • 男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの働きを抑えるもの
  • 毛乳頭に栄養を与えて、育毛を促すもの
  • 頭皮を保湿して頭皮環境を整えるもの
  • イソフラボンなど女性ホルモンと似た働きを行い、ホルモンバランスを整えるもの

育毛剤には、これらの頭皮ケア成分が独自のバランスで配合されており、そのバランスによって、どんな薄毛に効果があらわれやすいかに差が出ます。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。
自分に合った育毛剤を使ってますか?知らないと損する育毛剤の選びのポイント

養毛剤には薄毛改善効果は期待できない

育毛製品は「育毛剤」だけでなく、「養毛剤」、「発毛剤」などの種類も含まれます。しかし、育毛剤と比べて養毛剤にはあまり薄毛改善効果は期待できません。

薄毛抑制効果が期待できる「育毛剤」

育毛剤とは、厚生労働省から「育毛効果がある」と認可を受けた育毛有効成分を配合している、医薬部外品の育毛製品を指します。育毛剤は配合されている頭皮ケア成分や育毛有効成分により、頭皮環境改善効果、脱毛症抑制効果、育毛効果などが期待されます。

薄毛抑制効果はあまり期待できない「養毛剤」

養毛剤とは、育毛有用成分が配合された育毛製品に分類される育毛製品で、スカルプエッセンスとも呼ばれます。養毛剤は育毛剤に比べ、育毛有効成分が配合されていないため、頭皮環境改善効果や、薄毛の予防、今生えている髪の毛を保つ働きがあります。

そのため、養毛剤には毛量を増やす働きや薄毛改善効果は期待できません。

頭皮トラブルをおこさない育毛剤を選択しよう

育毛剤を使用中、頭皮の痒みやかぶれ、発疹などの頭皮トラブルの発生は育毛の妨げとなります。なぜなら、頭皮トラブルが発生すると、薄毛が抑制されるどころか、抜け毛が悪化してしまう可能性がある為です。

無添加の育毛剤がおすすめ

育毛剤を選ぶ際は、無添加の育毛剤がおすすめです。無添加の育毛剤は頭皮に強い刺激を与える化学成分の配合を控えているため、乾燥肌や敏感肌など、刺激に弱い肌質の人でも頭皮トラブルを起こす確率が低くなります。

返金保証のある育毛剤が安心

万一頭皮トラブルが発生した場合に備え、返金保証制度を設けている育毛剤の選択が安心できるでしょう。返金保証とは、各メーカーの設けた返金保証期間以内であれば、商品代金を返金してもらえるシステムを指します。

詳しくはこちらの記事をご参考ください
育毛剤の定期購入のメリットと知っておきたい注意点

育毛剤は定期購入コースから購入しよう

育毛剤を購入する際は、各メーカーの公式サイトに設けられている定期購入コースの利用がおすすめです。定期購入コースを利用すると、育毛剤が割引価格で購入できるほか、自宅に毎月育毛剤が定期配送され注文の手間が省けるなど、様々なメリットがあります。

口コミランキングサイトで上位にランクインするおすすめ育毛剤

  • 無添加で抗炎症成分が配合されているため頭皮環境悪化の可能性が低い
  • 返金保証制度がある
  • 定期購入コースがある

育毛剤を選ぶ際の4点を踏まえた、薄毛対策におすすめの育毛剤をご紹介します。

イクオス

株式会社キーリーから販売される無添加育毛剤イクオスは、天然成分が中心に配合されており、2017年6月現在、配合成分数は業界最多の61種類を誇ります。また、水分子をナノサイズまで分解することで、配合された育毛成分を毛包内の発毛組織(毛母細胞や毛乳頭細胞)までしっかり浸透させる働きがあります。

イクオスにはAGA抑制成分や頭皮ケア成分が配合されていることから、配合成分の働きにより、AGA、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などの抑制効果が期待されています。

イクオスについて詳しくはこちらをご参考ください。
イクオスは圧倒的育毛力のある育毛剤

チャップアップ

株式会社ソーシャルテックから販売されているチャップアップは、イクオス同様、天然成分が中心に配合された育毛剤です。

チャップアップの配合成分の働きにより、AGA、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などの抑制効果が期待されています。

チャップアップは公式サイトにて、発毛診断士がユーザーからの育毛に関する相談を受け付けてる点や、定期便コースを申し込むと返金保証期間が無期限となるなど、独自のサービスが人気です。

チャップアップについて詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤チャップアップの人気の理由

育毛サプリメントや育毛シャンプーの併用もオススメ

育毛を行う際は、育毛剤だけでなく育毛サプリメントや育毛シャンプーの併用をおすすめします。育毛サプリメントには、ノコギリヤシや亜鉛など、育毛に必要な成分が配合されているため、育毛効果が現れやすい体質を作る作用があります。

また、育毛シャンプーは頭皮ケア成分を配合しているため、育毛効果が現れやすい頭皮環境に整える作用があります。

育毛剤で効果がみられなければ発毛治療を検討しよう

育毛剤を半年程度使用しても全く効果が感じられない場合には、育毛剤を変更するか、医療機関で発毛治療を検討するのもひとつの方法です。

最も薄毛改善効果が期待できる「発毛剤」

発毛剤は厚生労働省から「発毛効果がある」と高い発毛率が認められた発毛医薬品を指します。発毛剤は最も薄毛の改善に効果的とされ、発毛専門クリニックで薄毛治療に用いられています。

発毛成分ミノキシジル

発毛促進成分ミノキシジルは、頭皮の血管を拡張し血流を改善することで、毛根の奥の毛母細胞や毛乳頭細胞へ栄養を送り込むことで、発毛促進効果を発揮します。ミノキシジルはもともと高血圧治療に用いられる医薬成分でした。

ミノキシジルは強い発毛力がある反面、低血圧や動悸、息切れ、めまい、血管拡張作用により頭皮にかゆみやかぶれの発生といった副作用の可能性が考えられます。

ミノキシジルを配合した代表的な発毛剤

ミノキシジルを配合した代表的な発毛剤は、大正製薬から販売されている「リアップシリーズ」です。リアップシリーズは第一類医薬品の中で唯一、市販を許可された発毛剤です。

フィナステリド

AGA(男性型脱毛症)は脱毛男性ホルモンの発生により、O字ハゲやM字ハゲなどの症状を引き起こします。フィナステリド成分は男性ホルモンを抑制する作用から、高いAGA改善率を誇るためAGA治療に用いられています。

フィナステリド成分は、元は前立腺肥大の治療に使用されていた医薬成分です。そのため、副作用として男性ホルモンの減退というデータが報告されています。

フィナステリドを配合した代表的な発毛剤

フィナステリドを配合した代表的な発毛剤は、MSD社から販売されているAGA治療薬「プロペシア」です。しかし、プロペシアは市販の許可が下りていないため、入手するにはAGAクリニックで処方箋薬としてもらう必要があります。

また、個人輸入を行い方法もありますが、アメリカの製薬会社が「個人輸入で取引される発毛剤には偽薬が混ざっている」という情報を発表したことから、個人輸入の利用はおすすめできません。詳しくはこちらの記事をご参考ください。
AGA治療薬や育毛剤を輸入代行で購入するメリット・デメリット

まとめ

薄毛対策に一番効果的な育毛剤を選ぶには

  • 自分の脱毛症に対応した育毛剤であるか
  • 頭皮環境を乱すなど、副作用をおこす確率が低いか

などを重視する必要があります。しかし、薄毛の症状が進行しすぎている場合や、育毛剤でどうしても育毛効果が感じられない場合、発毛剤を利用した薄毛治療の検討をおすすめします。