育毛剤は、ハゲや抜け毛の改善に効果が高い血流の改善や男性ホルモンを抑制する優れた効果を発揮する有効成分が配合されています。
しかし一方で、育毛剤の配合成分が、体の変調を招く副作用として表われるケースもあります。
「もしかしたら、口コミレビューで薄毛改善効果の名高いチャップアップにも副作用はあるのでは…」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。


今回は、チャップアップの副作用があるのか徹底検証してご紹介します。

チャップアップとは

株式会社ソーシャルテックから販売されているチャップアップは、医薬部外品に認定されている薬用育毛剤です。
チャップアップは、育毛剤ランキングで常に上位に位置しており、男性はもちろん女性でも幅広い年代で使用できる人気の薬用育毛剤として広く知られています。

また、チャップアップには、育毛剤の育毛ローションの他に、ノコギリヤシやカプサイシン、亜鉛を配合したサプリメントや育毛シャンプーもあり、育毛ローションと合わせて利用すると、チャップアップならではの育毛パワーを実感できると評判です。

チャップアップ公式サイトから育毛サプリ付きの定期コースを申し込むと、お得な価格で購入できることも魅力のひとつです。

育毛効果が高い3種類の有効成分

チャップアップの代表的な有効成分はセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCがあり、髪の毛の成長司令をだす毛母細胞を活性化させ髪の成長を促す効果があります。

センブリエキス

センブリエキスは、生薬であるセンブリから抽出されたエキスで、頭皮の血行促進効果と毛根の細胞を活性化させる作用がある育毛有効成分として配合されています。
さらに、抗酸化作用や保湿効果が高く、頭皮環境を正常に整える働きがあります。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、薬用植物である甘草から抽出される有効成分です。
抗炎症作用や抗アレルギー作用が高い成分として知られており、皮脂の過剰な分泌を抑え、優れた殺菌作用によって頭皮を清潔に保ち頭皮環境を改善することで育毛効果が期待される有効成分です。

ジフェンヒドラミンHC

ジフェンヒドラミンHCは、アレルギー症状を抑える効果がある有効成分で高い炎症抑制作用によって頭皮環境を整えてくれる有効成分です。
内服薬として服用すると、摂取量によって眠気やのどの渇き、動悸などの副作用を引き起こす場合がありますが、育毛剤の成分として湿布する場合、体内への影響はない量とされています。

他にもチャップアップには、頭皮の血流を改善するアルニカエキス、脱毛ホルモンの生成をする5αリダクターゼ酵素を抑制するチョウジエキスとヒオウギエキス、ビワ葉エキスなど育毛に効果的である成分を配合しています。
全ての製品においてアレルギーテストを含めた安全性試験を実施しており徹底した品質管理が特徴です。チャップアップは、多くの利用者の方に副作用のリスクの低い薬用育毛剤として高い信頼を得ています。

チャップアップは天然成分でつくられているため副作用がおきにくい

チャップアップを始めとする通販育毛剤は、薄毛や抜け毛の原因となる脱毛因子の抑制や頭皮の血流改善、頭皮環境を整える働きをもつ有効成分が頭皮の奥底にある毛母細胞まで浸透することで優れた育毛効果を発揮します。

チャップアップは天然成分を主に配合している低刺激であり、大正製薬から販売されているリアップやプロペシアなど医薬成分を配合した発毛剤とは違い、副作用のリスクは低いと言われています。

しかし稀にチャップアップを使用している一部の方に、体質や体調によって以下のような副作用の症状が表われる場合もあります。

チャップアップの副作用1:ニキビや吹き出物などの肌荒れ

チャップアップを使う前から頭皮環境がよくないと、ニキビや吹き出物などの肌荒れが発生したり悪化することがあります。

薄毛の人は頭皮環境が悪いことが多く、皮脂が過剰分泌したり、頭皮が乾燥しフケが発生し毛穴がつまることで、ニキビや吹き出物になることがあります。
体質や肌質によって違いがありますが、特に脂性肌の方に見られる副作用といえます。

チャップアップが天然成分を中心につくられ、頭皮への刺激が少ないとはいえ、肌質があわないものを使うと頭皮の負担になってしまうことがあります。

チャップアップの使用と合わせて、頭皮環境を改善するため余分な皮脂を洗い流し頭皮を清潔に保つため、シャンプーの仕方や生活習慣の見直しなど頭皮環境のケアを心がけることが大切です。

チャップアップの副作用2:頭皮のかゆみや発疹

チャップアップの成分が体質に合わない場合に、かゆみや発疹の症状が表われるケースがあります。

良いかゆみと悪いかゆみがあり、良いかゆみはチャップアップの育毛効果で血流がよくなったことでかゆみが発生することがあり、良いかゆみであればチャップアップの使用を継続してください。

しかし悪いかゆみでは、チャップアップの成分が頭皮にあわずに異常な頭皮のかゆみや発疹が発生し症状が続き、なかには痛みを伴う場合もあります。
頭皮にかゆみや発疹の症状がつづくようであれば、すぐにチャップアップの使用を中止して皮膚科などの専門医療機関を受診しましょう。

チャップアップの副作用3:アルコールアレルギーで頭皮がヒリヒリ

チャップアップには、微量のアルコール成分が含まれています。
アルコールアレルギーやアルコールが肌質に合わない人にとっては、避けた方がよいかもしれません。

チャップアップに配合されているアルコールは微量ですが、早く薄毛を治療したい気持ちが先行しチャップアップを過剰摂取することで、アルコールに対してアレルギー反応を起こす可能性も考えられます。

アルコールアレルギーがある人は、チャップアップの購入を検討する際には有効成分の配合量を参考にしてみてください。

チャップアップの副作用と勘違いする初期脱毛

チャップアップの良い副作用として初期脱毛があります。

チャップアップを使い始めて2週間ほどで抜け毛が増える初期脱毛は、「チャップアップの副作用では…」と不安に感じる方も多いようです。
初期脱毛は副作用ではなく育毛成分が有効的に働いている好転作用です。初期脱毛は1ヶ月程度で収まりますので、慌てることなく様子を見てください。

もしチャップアップで副作用がでた時の対処方法

チャップアップは、植物由来の天然成分を配合した無添加・無香料の薬用育毛剤です。
ご紹介したように、全ての方に副作用がないとは言い切れませんが、発毛促進効果が高いうえ、低刺激で肌に優しい育毛剤として口コミなどでは高い評価を受け副作用のリスクが少ない薬用育毛剤です。

しかし、体質や体調によって稀にチャップアップでも副作用が表われる場合があるので、副作用が万が一、現れた際には使用を中止してください。
副作用か判断がつきにくい場合は、チャップアップお客様センターに相談してみるとよいでしょう。抜け毛の症状に合わせた最適なアドバイスを受けることができます。

また、敏感肌の方やアレルギー体質の方は、チャップアップを使う前にパッチテストを行った上で使用する方法をおすすめします。
他にもチャップアップを使用する前に、肌の状態や体調を整えておくことも重要なポイントですね。

チャップアップには安心の全額返金保証制度

チャップアップの副作用が心配で購入をためらっていたり、育毛効果に満足できない場合は、チャップアップには使い切っても全額返金保証を受けることができる制度が用意されているので安心です。

いつでも解約できる定期便を利用するとお得な価格で気軽にスタートすることができますね。発毛効果を実感できるチャップアップを是非試してみてはいかがでしょう。