人気売れ筋ランキングや雑誌などで、発毛剤、育毛剤の情報を見ることがあると思いますが、自分の薄毛、脱毛に効果的な内容や成分について考えてみましょう。

発毛剤・育毛剤の分類って?

発毛剤、育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品にわかれています。
医薬品>医薬部外品>化粧品このように効果の高い順に分けられています。

発毛剤について

発毛剤とついて説明します。発毛剤とは髪が生えてこない場所にしっかり働きかけて、細胞の活性化を促し、毛髪が生えてくるための働きを助けるものです。

発毛剤は医薬品である製品がほとんどになります。毛母細胞活性化、男性ホルモンDHTに作用したりと、強い働きをするので、医薬品の強い薬剤製品が必要です。

医薬部外品

医薬品に準ずるもので、厚生労働省によって効能効果が確認されているものの、作用が緩やかで副作用も少ないものをいいます。

薄毛治療法という目的よりは、薄毛・抜け毛予防というところがメインとなります。頭皮細胞に間接的に働きかけるため、直接的な効果があるものではありません。

専門的にAGA治療の改善目的で使うものではありません。
処方箋無しで、購入することができるので通院する必要がありません。

オンラインショップ、ドラッグストアなどの身近なところで手に入ることも利点となります。よく化粧品の薬用ゲル、栄養ドリンクがコンビニやドラックストアにおいてあり、購入することができるのは医薬部外品カテゴリーに入っているためです。

医薬品の分類分けについて

医薬品は、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品この3つに分かれます。通院して処方がいらずに、化粧品メーカーなどからドラックストア、薬局で販売することができるOTC医薬品は、リスクや副作用の程度におうじて、分類されています。

第一類医薬品

なんらかの副作用が生じ、健康被害を影響が出る可能性が、とくに高いとされているものや新規開発されたのことです。

もともとは通院して処方箋が必要だったのですが、規制緩和されてドラックストアでも購入が可能になった薬品のことです。薬剤師との対面販売が必要となります。

  • 育毛剤/リアップ
  • 胃薬/ガスター10
  • 風邪薬/パブロンエースAX錠

などあります。第一類医薬品の育毛剤としてリアップが有名ですが、その有効成分の中でも特に有名なものが、「ミノキシジル」です。副作用の報告例も多数ありますので、利用するにあたって、医師の相談を受けることが望ましいでしょう。

第二類医薬品

第一類医薬品まではいきませんが、なんらかのリスクや副作用を考慮しないといけないものです。
主に解熱鎮静剤、風邪薬など、日常生活を送るうえで必要性の高い医薬品が多く含まれています。第二類医薬品は薬剤師や登録販売者の対面販売でなくても購入可能です。

  • 育毛剤/ハツモール
  • 解熱鎮静剤/イヴクイック頭痛薬DX
  • 風邪薬/エスタックイブFT

などあります。

第三類医薬品

第二類医薬品まではいかないですが、安全性を考慮すると、多少の注意が必要とするもの。
主に風邪薬整腸剤、などがあり、薬剤師等による情報提供の義務も必要ありません。

  • 育毛剤/カロヤンプログレEX O
  • 風邪薬/エスタックイブFT
  • 整腸薬/太田胃散整腸薬

などあります。

化粧品

効果がある成分でも認可がおりていないため化粧品として販売されているものもあります。

育毛剤の広告表現

育毛剤や発毛剤の分類は、薬機法により定められています。
薬機法上(旧薬事法)は厚生労働省で認可され、発毛剤に関しては、発毛効果が認められているものをいいます。

育毛剤に関しては第一類医薬品は治療効果がありますが、第三類医薬品は予防での使用となります。これにより、育毛剤や発毛剤のパッケージの表現の仕方も変わってきます。

薬機法違反

実際にあった育毛剤の広告表現の違反事例を紹介します。

テレビで髪の毛が生えてくると表現させていた事例です。その商品は育毛剤であり、承認させた効果効能は「発毛促進、毛生促進」に限定されているのにも関わらず、「発毛」などの毛が生えてくると言い切ってしまう表現方法が薬機法違反と認められた事例です。

もう一つはテレビにて、承認させた効果効能は「脱毛、育毛の予防」に限定されているのにも関わらず、◯◯型脱毛に効く!!」と表現させていた事例です。

このように誇大広告を消費者にしては薬機法違反になります。販売者は注意しましょう。

脱毛症の大多数の原因をしめるAGAとは

AGAの特徴

AGAとは、「男性型脱毛症」のことです。
思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことで、抜け毛・うす毛がゆっくりと進行し、 また、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなり、筒状に表皮の内側に入り込んだ部分を毛包といい、毛包が十分に育たないため、髪の毛がしっかり成長しないまま抜けてしまいます。

FAGAの特徴

普通のAGAでは、うぶ毛、うす毛は残っています。毛包が存在している限りは、髪の毛は太く長く育つ可能性がありますので、決してあきらめる必要はないのです。

女性の場合には「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれております。

AGA治療薬として有名なミノキシジルとプロペシア

ミノキシジル

前述でもご紹介いたしましたが、ミノキシジルは育毛成分の中でも特に有名な成分で、海外の育毛剤によく使用されている成分ですが、同時に副作用の報告例も多数あります。

ミノキシジルは、もとは高血圧治療のための血管拡張剤として開発されたお薬です。特に頭頂部分に効果的と言われております。M字部分の生え際の血管には、有効成分が届きにくいということで効果が少なめです。
効果効能を期待するにはやはり6ヶ月間は服用を続ける必要です。

プロペシア

プロペシアは、ミノキシジルと同じく最も有名なもので、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。
プロペシアは副作用が強いことで知られており、実は妊娠中の方、授乳中の方は、服用だけではなく、触れることさえも禁止されています。

プロペシアにふれるだけで成分が皮膚が体内に吸収されてしまいます。プロペシアの副作用として、胎児の育成に悪影響を与えることや、小さい子供の発育にも影響をあたえることがわかっています。

プロペシアの利用する場合には、妊娠中・授乳中の方が触れないように注意してください。

毛根活性化の簡単な方法

いくつか毛根活性化に有効な簡単な方法があります。
ほんとうにそれだけ?と、思われるかもしれませんが、これが最も簡単で脱毛予防や薄毛予防、発毛促進には効果的です。

それは、分け目小まめに変える事です。
分け目を変えることで、見た目も気にならなくなりますし、何より経済的です。

いつも同じ分け目を続けていると、頭皮が硬くなってしまいます。そうなると毛根の成長を妨げることにつながります。

同じ分け目を続ける事で薄毛に発展してしまうタイプのケースも、たくさんいます。髪のボリュームを増やすためにも、分け目を変える習慣をつけ、毛根の成長の促進\させましょう。

育毛剤選びのコツ

男女に共通していることは、育毛とは髪のサイクルにあわせて毛根から毛を育てるので、かなり長期戦になります。

そうなると、育毛剤も安値の商品もありますが、育毛剤の価格と成分をしっかり理解し比較した上で、自分に見合った育毛剤を選びたいものです。

成分に関しては、髪を作る主成分、頭皮の環境改善、血行促進、毛乳頭活性化など…自分の症状にあった効果が期待できる成分が配合されているかをしっかりチェックしましょう。続けることが育毛効果につながります。

市販のものですと、1か月で使い切る内容量ものも多いようです。効果を期待するには6ヶ月間の服用を続ける必要があるのでこのことも含めてメリットを見極め、育毛剤選びをしていきましょう。

通販だと、定期パックをや購入で継続的に購入できるので、購入しに行く手間が省けて、なおかつ割引で安く購入できるものが多いのでチェックしてみてください。