「どれくらい薄毛になったら育毛剤を使うべき?」「まだ薄毛じゃないけど、親が薄毛だから自分も育毛剤を使って薄毛予防を行うべき?」など、育毛剤を使うべきか否か、お悩みの方は多いのではないでしょうか。


「なるべく早く育毛剤を使用した方がいい」というのが、当サイトが出した結論です。

早期対策が薄毛改善の鍵となる

「なるべく早く育毛剤を使用した方がいい」という結論の根拠は、「薄毛が進行すると育毛剤よりも高額で副作用のリスクが高い発毛治療を行わなくてはならない」ためです。

進行性の脱毛症のリスク

男性の多くは進行性の脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)、女性の多くが進行性の脱毛症FAGA(女性男性型脱毛症)によって薄毛を発症します。

いずれの脱毛症も、数年単位でゆっくりと進行するため、「薄毛に気づいた時には育毛剤を使用しても手遅れで、AGAクリニックに通うことになった」という話を掲示板などでよく目にします。そのため、育毛剤は薄毛の早い段階で使用しなくてはいけません。

男性の多くが発症するAGAとは

脱毛男性ホルモンの発生により、髪の毛の成長周期(ヘアサイクル)が乱れ、薄毛や抜け毛が発生する脱毛症です。AGAの代表的な症状に、頭頂部のO字ハゲや生え際のM字ハゲなどが挙げられます。AGAは進行すると、毛根が死滅し、頭頂部や額の生え際がツルツルとした頭になる特徴があります。

女性の多くが発症するFAGAとは

加齢や更年期障害により女性ホルモンの分泌量が減少し、体内の男性ホルモンが優位になることからホルモンバランスが乱れ、薄毛や抜け毛が発生する脱毛症です。FAGAは進行しても、毛根が死滅し頭部がツルツルになることはなく、髪が全体的に薄毛となっていく特徴があります。

発毛治療は非常に高額

通院するAGAクリニックによって、発毛剤(発毛医薬品、AGA治療薬とも呼ばれます)の価格が変わります。しかし、発毛剤を使用した薄毛治療は、保険の適用外となるため、軒並み高額となります。そのため、発毛治療が必要となる前に、発毛剤よりも安価な育毛剤での薄毛対策がおすすめです。

※発毛剤を安価で入手する為に個人輸入を行う方法もありますが、アメリカの製薬会社が「偽薬が多く出回っている」と発表した情報から安全性が髙いとはいえないため、当サイトでは個人輸入はおすすめできません。
AGA治療薬や育毛剤を輸入代行で購入するメリット・デメリット

発毛剤は副作用の可能性が高い

発毛剤に使用される発毛成分は、2017年8月現在、ミノキシジルとフィナステリドの2種類です。ミノキシジルやフィナステリドは高い発毛力による薄毛改善率を持つ反面、日常生活に支障をきたす副作用の可能性があります。

そのため、ミノキシジルやフィナステリドは、医師や薬剤師など、専門家を通じた販売、または医療機関でのみ取り扱われる第一類医薬品の発毛剤だけに配合されています。

対して、無添加の育毛剤は副作用の可能性が非常に低いという特長があります。そのため、副作用のリスクが高い発毛剤よりも、副作用のリスクが低い育毛剤の早期使用がおすすめです。

毛根が死滅した場合は手術が必要

AGAが進行し、毛根が死滅し頭部にツルツルになった箇所がある場合、育毛剤や発毛剤を使用しても髪の毛が生えてくることはありません。

そのため、自毛植毛という頭部の外科手術が必要となります。自毛植毛も保険の対象とならないため、およそ100万円から200万円以上と、非常に高額です。

使うべき育毛剤と使わない方がいい育毛剤

育毛剤は多くの種類が販売されています。そのため、「どの育毛剤を使うべきか」とお悩みの方はいませんでしょうか。

そこで、使うべき育毛剤の特徴と使わない方がいい育毛剤の特徴をそれぞれご紹介します。

育毛剤は無添加の製品を使用するべき

育毛剤を使用するなら、化学成分の使用を控えた無添加の育毛剤の使用がおすすめです。なぜなら、化学成分は頭皮に強い刺激を与え、頭皮環境を悪化させる可能性があるためです。頭皮環境が悪化した状態になると、薄毛や抜け毛が悪化する原因となります。

肌質の弱い方は育毛剤の成分表示を見て購入しよう

乾燥肌や敏感肌など皮膚の弱い方や、アルコールアレルギーなど、アレルギー体質の方が育毛剤を購入する際の注意点は「かゆみやかぶれ、アレルギー反応を起こす成分が配合されていないか」と育毛剤の成分表示をしっかりチェックすることです。育毛剤の成分表示を見て、少しでも副作用の可能性を減らしましょう。

頭皮に傷がある方は育毛剤を使わないべき

頭皮に傷、頭皮ニキビなどの異常が発生している場合、育毛剤を使用すると傷やニキビ部分に炎症が発生し、頭皮環境が悪化してしまう可能性があります。育毛剤は頭皮の異常がおさまってから使用しましょう。

自分の脱毛症に効果がある育毛剤を使用するべき

育毛剤は配合成分によって、改善効果や抑制効果が期待できる脱毛症がかわります。

例えば、自分の薄毛の原因がAGAであっても、AGAの原因となる脱毛ホルモンを抑制する成分が育毛剤に配合されていなければ、育毛剤の意味がなくAGAの改善はできません。

以下の記事で、脱毛症ごとの育毛成分や育毛剤についてまとめています。ご参考になれば幸いです。
【分類別・脱毛症状別】おすすめ育毛剤のまとめ

※円形脱毛症の場合、市販の育毛剤では薄毛改善効果はあまり期待できません。円形脱毛症の原因は自律神経の乱れです。そのため、円形脱毛症の改善には、まず皮膚科専門医への相談をおすすめします。

厚生労働省から育毛効果が認められている育毛剤を使うべき

育毛剤は、以下の3つに分類されます。

  • 厚生労働省から発毛効果が認められている「発毛剤」(医薬品)
  • 厚生労働省から育毛効果が認められている「育毛剤」(医薬部外品)
  • 厚生労働省から育毛効果が認められていない「養毛剤」(化粧品)

養毛剤(ヘアトニックとも呼ばれます)は、厚生労働省から育毛効果、発毛促進効果が認められいる「育毛有効成分」が配合されておらず、今生えている髪の毛を保つ働きや、頭皮環境を改善する働きを目的として製造されています。そのため、育毛剤よりも育毛効果は期待できません。

育毛効果を目的とした育毛剤を探す場合は、厚生労働省から育毛効果が認められた医薬部外品の育毛剤を選択しましょう。

育毛剤は10代や20代でも使うべき

チャップアップ年齢分布図
(引用:チャップアップ公式サイト)
育毛剤の使用は早いにこしたことがなく、10代や20代、30代でも育毛剤を使用する方は少なくありません。脱毛症を発症していなくても、髪質が柔らかく猫毛の方や、薄毛の家系で遺伝が心配な方にも、薄毛予防として育毛剤の使用がおすすめです。

また、若い内から育毛剤を使用することで、脱毛症の早期改善や、薄毛になる時期を遅らせることが出来ます。

妊娠中や分娩後・授乳中は育毛剤を使わないべき?

女性は、妊娠中に食事を摂っても赤ちゃんに栄養を送らなければいけないため、栄養不足になりがちです。そのため、髪の毛の生成に必要な栄養が不足してしまい、毛根の奥の発毛組織(毛母細胞や毛乳頭細胞)の働きが弱まり、薄毛や抜け毛が発生します。

また、出産後は女性ホルモンの分泌量が変化し、ホルモンバランスが乱れ、薄毛や抜け毛が発生します。(出産後の脱毛症は、分娩後脱毛症や産後脱毛症と呼ばれます。)

妊娠中や授乳中、化学成分が配合された育毛剤の使用はおすすめできませんが、ベルタやマイナチュレなど、妊娠中・授乳中でも使用できる、無添加の女性用育毛剤も販売されています。(公式サイトのQ&Aにて、いずれも妊娠中・授乳中の使用も可能と回答しています。)

マイナチュレやベルタには、妊娠中に不足しがちな髪の毛を作る為の栄養素が豊富に配合されているほか、女性ホルモンに似た働きを行うイソフラボン成分が配合されているため、妊娠中と産後に発生する薄毛両方を抑制する効果が期待されます。

妊娠中や授乳中に発症する脱毛症は自然治癒する場合が大半ですが、早期に改善したい場合は育毛剤の使用がおすすめです。

妊娠や授乳中の育毛については、以下の記事がご参考になれば幸いです。
妊娠中は要注意!育毛剤を選ぶときのポイント

育毛剤と併せて行うべき薄毛対策

育毛剤の使用と併せて行いたい薄毛対策や薄毛・脱毛予防方法をご紹介します。

ストレスの軽減

ストレスがたまると、頭皮の血行不良が発生し、薄毛や抜け毛に繋がります。ストレスは、軽い運動(ウォーキングやジョギングなど)や、入浴、睡眠をたっぷりとる事などで解消することが出来ます。

生活習慣を整える

生活習慣の乱れは、薄毛や抜け毛の原因となります。薄毛に繋がる代表的な生活習慣の乱れをご紹介します。

食生活の乱れなどによる栄養不足

髪の毛の生成に必要な栄養素が不足し、薄毛や抜け毛の原因に繋がります。特に女性はダイエットなどの理由から栄養不足をおこし、薄毛となるケースが多く報告されています。また、飲酒や喫煙は育毛に必要なビタミンを奪うほか、血行不良にもつながります。栄養バランスのとれた食事を摂取し、飲酒や喫煙は極力控えましょう。

睡眠不足

午後10時から午前2時までの時間は、成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯です。成長ホルモンが分泌されるタイミングに起きていると、成長ホルモンの分泌が少なくなり、髪の毛が滞ってしまいます。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行を促進するほか、育毛剤の浸透率を高める働きが期待されます。

育毛サプリメントや育毛シャンプーの併用

育毛サプリメントは、育毛に適した体内環境をつくり、育毛シャンプーは頭皮環境を整える働きが期待されます。いずれも単体での使用は育毛効果はあまり期待できません。しかし、育毛剤と併用することで、より育毛剤の育毛効果を高める力を発揮します。

イクオスサプリEX

育毛サプリメントの中で最もおすすめのサプリメントは、イクオスサプリEX(男女兼用)です。2017年8月現在、育毛業界最多の育毛成分数を誇るほか、他社の育毛サプリと比較して、髪の毛の成長に必要な栄養素の配合量はNo.1で、多くの育毛関連製品の口コミランキングサイトで1位を獲得しています。

こちらの記事で、イクオスサプリEXの特徴や他社の育毛サプリメント(チャップアップサプリやBOSTONなど)との比較を記載しました。ご参考になれば幸いです。
【リニューアル】新イクオスサプリEXの育毛効果を徹底解説!

イクオスブラックシャンプー・チャップアップシャンプー

育毛シャンプーの中でおすすめの商品は、イクオスブラックシャンプーとチャップアップシャンプー(いずれも男女兼用)です。いずれのメーカーの育毛シャンプーも、頭皮環境を整える働きが期待されます。

イクオスブラックシャンプーについて詳しくはこちらの記事をご参考ください。
イクオスの育毛シャンプー!イクオスブラックシャンプーの効果と成分を解析
チャップアップシャンプーについては、こちらの記事がご参考になれば幸いです。
チャップアップの育毛効果を実感!正しい使い方を徹底解説

まとめ

育毛剤には即効性や発毛効果がありません。しかし、育毛剤を薄毛の発症前や脱毛症の初期段階で使用することで、発毛剤よりも安く、更に副作用のリスクが少なく脱毛症の改善や薄毛の予防、抑制を行うことができます。そのため、「育毛剤を使うべきか?」と悩んでいる方には、育毛剤の早期使用をおすすめします。