育毛剤を使いたいけれど、肌が弱く心配だという方には低刺激な育毛剤をおすすめします。
乾燥肌や敏感肌の方が刺激の強い育毛剤を使うと、頭皮が荒れてしまう場合があります。


肌の弱い人におすすめの低刺激の育毛剤の見分け方と、低刺激の育毛剤はどのようなものかについてご紹介します。

肌が弱い人には低刺激な育毛剤を

乾燥肌や敏感肌、アトピーなど肌が弱い人が、髪の毛の生え際や頭頂部が気になってきたから育毛剤を使おうかな、と思ったら低刺激な育毛剤を使うことをおすすめします。

低刺激な育毛剤と違い、市販の育毛剤の中には頭皮に強い刺激を与えるものがあるため、肌の弱い人にとっては過剰な刺激となるときがあります。
髪の毛は頭皮を土壌として生えているので、頭皮が荒れてしまうと髪の毛が抜けやすくなってしまうだけでなく、育毛の妨げにもなります。

頭皮環境をよくすることも育毛の大事な要素のひとつです。
肌の弱い人が育毛剤選びをするは、育毛成分や価格もふまえて、敏感肌用のものか低刺激で頭皮に優しい育毛剤を選ぶことをおすすめします。

低刺激な育毛剤を選ぶ基準

低刺激な育毛剤を選ぶには、アルコール、パラベン、香料、着色料・シリコンなどの化学合成成分や添加物がはいっていないものがおすすめです。

アルコール

アルコールは、毛穴に詰まった頭皮の皮脂を溶かす、混ざりにくい育毛成分を混ぜ合わせたり、保存料代わり、抗菌作用、清涼感を得るためなど、様々な目的で育毛剤に配合されています。

しかし、アルコールは副作用としての観点から考えると炎症成分として要因でもあります。
薄毛に悩む人の頭皮は荒れていることが多く、荒れた頭皮にアルコールをつけると頭皮がさらに荒れてしまい、抜け毛が増えることが予想されます。
育毛剤のアルコール成分による副作用や安全性とは?

パラベン

旧指定成分のパラベンは、体質によってはアレルギーや皮膚トラブルをおこす恐れがあります。そして、パラベンはアレルギー性だけでなく、環境ホルモンの疑いもでてきた成分であるため不安が残る成分です。

しかし、パラベンは防腐剤として多くの化粧品メーカーなどが使用期間を伸ばすために商品に使っているため、実はよく見る防腐剤であるためお使いの化粧品や整髪料に入っているかもしれません。
【必読】育毛剤に配合される「パラベン」の働きや危険性とは

香料・着色料

育毛剤は元々、独特な香りがするものがあったため、心地よく使うために香料や着色料が使われています。
しかし、原料によってはアレルギーの原因になるものもあり、香料や着色料は「薄毛対策」にとって関係ないものなので入っていなくても問題ありません。

医薬品成分を選ばない

発毛剤に使用されているミノキシジルとフィナステリドは、厚生労働省に発毛効果を認められた有効成分の医薬品です。
「厚生労働省認可の発毛剤」とは、薄毛に悩む人にとっては魅力的に映りますが、刺激が強く副作用の恐れもあるため、あまりおすすめできません。

ミノキシジルとフィナステリドは、副作用の観点から基本的にどちらも、医薬品成分に精通している医師や薬剤師の指導があって初めて購入することが出来ます。
個人輸入で海外から手に入れることも出来ますが、偽物や薬によって副作用が出た際には自己責任となるため、避けたほうがよいでしょう。
使用前に知っておきたい育毛剤の副作用について

低刺激な育毛剤のご紹介

育毛剤のいくつかを無添加のものと照らし合わせて表にまとめました。

育毛剤ごとの無添加の化学成分
石油系
界面活性剤
香料
着色料
パラベン
アルコール
シリコン

添加成分
M-1ミスト
6種類
イクオス
7種類
ブブカ
7種類
チャップアップ
4種類
薬用プランテル
2種類
薬用ポリピュアEX
2種類
マイナチュレ
7種類

以上の表を参考に、低刺激であり金額や育毛有効成分、返金保証制度を設けている、などを基点としておすすめの育毛剤商品を3種類ご紹介いたします。

ノンアルコール育毛剤M-1ミスト

育毛剤M-1ミストは、株式会社サラヴィオ化粧品が販売する無添加で男女兼用の低刺激な育毛剤です。

M-1ミストは、 独自開発の技術であるマイクロセンサー理論という、髪の毛の栄養を吸収する毛乳頭細胞の活動を活発化させ、育毛を促す技術と、アルコール成分を使用しない「アルコールフリー」の育毛剤である点が特長です。
アルコールルアレルギーの方は、育毛剤M-1ミストの購入がおすすめです。

他社の育毛剤は、ほとんどがアルコール配合の育毛剤であり、なぜM-1ミストはアルコール成分を配合していないのか問い合わせたところ、

「恐らく他社の育毛剤は防腐目的でアルコール成分を配合していると思うのですが、やはりアルコール成分は頭皮によろしくないという事で、育毛剤に温泉酵母を使用した防腐作用を施しているため、M-1ミストはアルコールを使用していません。

また、他にも様々な化学成分を控えた製法なので、お肌の弱いお客様でも安心してお使いいただけます。」と回答をもらいました。

無添加育毛剤イクオス

株式会社キーリーから販売されているイクオスは、低刺激なの男女兼用育毛剤です。
イクオスは、61種類という配合成分は育毛業界最多の天然成分由来の頭皮ケア成分を配合しており、育毛剤口コミランキング上位常連の人気の育毛剤です。

イクオスはイクオス独自の7つの育毛メソッドにより育毛を促し、使用者の78%が3ヶ月以内に発毛促進を実感というデータも公式サイトで発表しています。
また、イクオスは頭皮の負担となる石油系界面活性剤や紫外線吸収剤など計10成分を無添加にした低刺激になるよう作られています。

イクオスは定期購入がかなりお得です。育毛シャンプーや育毛サプリメントなどを育毛ローションとセットの通常購入ではない、定期コースがおすすめです。全額返金保証期間も45日と長めに設定してあり、万が一肌に合わない場合でも育毛剤を購入する人にとって嬉し良いですね。

アルコールを大幅カットした育毛剤ブブカ

BUBKA(ブブカ)は、株式会社T.Sコーポレーションが販売する無添加で男女兼用の育毛剤です。香料・着色料・石油系界面活性剤・鉱物油パラベンなど計10成分の化学成分を含有していないほか、頭皮に強い刺激を与えない天然成分を59種類配合しています。

ブブカの特長は、「ノンアルコール製法」と表示できるまでにアルコール成分の含有量を少なくした点です。ブブカは、2015年9月に行ったリニューアルで、アルコール成分を大幅にカットした「ノンアルコール製法」を導入しました。

(※2017年5月のホームページリニューアルで、ノンアルコール製法と言う言葉が「アルコール大幅カット製法」という言葉に置き換えられました)
ノンアルコール製法とは、育毛剤に配合するアルコール成分の量を、薬機法(旧薬事法)で定める含有割合にする製法を指します。
結果、ブブカに配合されるアルコール成分の量は非常に微量となり、「ノンアルコール」といえるのです。

妊産婦にも低刺激な育毛剤をおすすめ

乾燥肌や敏感肌など、肌の弱い人には低刺激な育毛剤がおすすめですが、妊産婦の方も低刺激な育毛剤をおすすめします。

女性は妊娠出産時に女性ホルモンの量が変化するため、脱毛がおき薄毛になることがあります。妊娠・出産・授乳中に化学成分や刺激が強いものを使うのは抵抗があるかと思いますので、女性用の低刺激の育毛剤を選択しましょう。
詳しくは「妊娠中は要注意!育毛剤を選ぶときのポイント」の記事をご覧ください。

育毛剤の副作用と思いがちな初期脱毛

育毛剤の使い始めに、およそ1ヶ月ごろまで抜け毛がおきる、初期脱毛になる人がいます。
初期脱毛は、髪の毛の生え変わりのサイクルであるヘアサイクルが育毛剤によって正されることにより起きる抜け毛です。

初期脱毛は、育毛剤によりおきる育毛にとってよい反応なのですが、副作用として間違われやすい症状です。初期脱毛の場合は、使用を中止しないで育毛剤の継続を行うことが大事です。
しかし、抜け毛と共に、頭皮に異常が出ていたり、1ヶ月以上抜け毛が続く場合は、副作用の可能性が高いので医療機関の受診をおすすめします。
詳しくは「育毛剤の使い始めにおきる初期脱毛とは?」の記事をご覧ください。