薄毛に悩む人が育毛剤の購入を考えた時、一番の疑問は育毛剤は薄毛対策に良いのか、ということではないでしょうか。
結論でいうと、「育毛剤は薄毛対策に良い」といえます。しかし育毛効果には個人差があるため、育毛剤の効果を最大限に実感できない人もいます。


育毛効果を実感できる人とできない人は何が違うのでしょうか。
なぜ、育毛剤は薄毛対策によいのか、育毛の基礎知識と薄毛症状に育毛剤が与える効果についてわかりやすく記事にまとめてみました。

育毛剤でできること

まず、育毛剤は薄毛に悩む人にとって効果的な方法です。
しかし、育毛剤で薄毛対策をとることはできますが、髪の毛を生やすことはできません。
なぜなら育毛剤が医薬部外品であるからです。

ヘアケア商品は毛髪に与える影響で呼び名が変わる

実は育毛剤を含むヘアケア商品は身体に与える有効成分を含んでいるかという点で、薬機法という法律により名称が変わります。

分類名称
医薬品
医薬部外品
化粧品
ヘアケア商品名称
発毛剤
育毛剤
養毛剤
スカルプエッセンス
厚生労働省認可
必要
必要
必要ない
代表製品
リアップ、
プロペシア
イクオス、
チャップアップ
フィンジア、
ボストンスカルプエッセンス

厚生労働省に「発毛効果がある」と認められた成分を配合しているものは医薬品に分けられ名称は発毛剤。
厚生労働省に「育毛効果がある」と認められた成分を配合しているものは医薬部外品にわけられ名称は育毛剤。
厚生労働省に育毛効果が認められていないものは、化粧品やスカルプエッセンスの名称で販売されています。

ハゲ治療に効果的な発毛剤

ハゲや薄毛が進行してしまった状態を治療するには、発毛剤を使用するか植毛をするしか方法はありません。発毛剤は医薬品なため、即効性があります。

発毛剤

AGA治療薬の発毛促進成分にはミノキシジルやフィナステリドがあります。
発毛剤は発毛促進効果があり、AGAという男性型脱毛症のAGA治療に効果的です。医薬品の発毛剤は、基本的には発毛専門クリニックなどでしか手に入れることができませんが、市販では唯一大正製薬のリアップが購入できます。

植毛

植毛は確実に髪の毛を生やすことができます。
自毛植毛は自分の生えている髪の毛を生えていない患部に、文字通り植え替える方法です。もう自毛がない場合や自毛があっても髪の毛が弱くて使えない場合は、人工毛などで髪の毛を生やすことはできます。

しかし、人工毛はどうしても髪の毛のメンテナンスが必要となるため、最初は数十万円の価格であっても、一生髪型を維持しようとするのであれば、車を1台位ポンと買える値段になることでしょう。

発毛剤の副作用のリスク

発毛促進成分はハゲの改善率が高いというメリットがある一方で、副作用のリスクが高いというデメリットがあります。

発毛剤の副作用は頭皮のかゆみやかぶれ、重症では循環器系に異常が出たことが報告されています。医薬品のフィナステリドに至っては、妊娠中の胎児や服用者の生殖器系に異常がでるため、女性は皮膚吸収率の高さから触ることさえも禁忌とされています。

処方がないと手に入れることができない発毛剤

発毛剤は副作用のリスクが高いため手に入れるには医師の処方や薬剤師の指導がないと購入することができません。また副作用のリスクを避けるため、体の作りが違いから医薬品成分の配合量を男性用と女性用で変えています。
個人輸入で海外の発毛剤を日本より安く入手することも出来ますが、全てが自己責任となるのでおすすめしません。

そろそろ薄毛対策をしようかな、くらいの薄毛症状で発毛剤を使うと、良かれと思った薄毛予防が発毛剤の副作用の影響で、頭皮が荒れてしまい逆にハゲてしまうかもしれません。
肌の弱い人や子育て中の女性、副作用のリスクが心配な方は発毛剤を使うことは避けて、育毛剤を使うことをおすすめします。

薄毛改善効果がある薄毛対策に効果的な育毛剤

育毛剤が薄毛対策におすすめな理由は、育毛に育毛効果が認められている成分を配合していること。そして肌の弱い人や女性でも安心して使うことができるように、自然由来の成分や無添加のものが多くあり人気のイクオスやチャップアップなどが有名です。

育毛剤の多くはインターネットで購入することができ、定期購入を選ぶと通常購入と比較して安く購入できるものがたくさんあります。

育毛剤で育毛効果が期待できない人

育毛剤は最近、生え際が薄くなってきたり抜け毛が増えてきたばかりの人、薄毛に悩み始めた人には、育毛効果が期待できます。
しかし、薄毛の状態を何年も放っておいたり、薄毛の進行が進み完全に髪の毛がない地肌がツルツル状態までハゲてしまった人には育毛剤での育毛効果は期待できないため、発毛剤を使うことをおすすめします。

また、円形脱毛症もストレスが原因となりおこるため、どのタイプのヘアケア商品をつかっても治療することはできません。病院に行って治療をしましょう。

育毛剤にふくまれる薄毛を改善するはたらき

育毛剤はヘアサイクルの乱れを正したり、髪の毛の成長司令をだす毛母細胞を活性化させ育毛を促し、毛母細胞に髪の毛の成長に必要な栄養をおくります。
また、保湿成分や血流促進効果のある頭皮環境を改善する成分も多く配合されており、髪の毛が育つ頭皮の環境をよくすることで薄毛改善をします。

ヘアサイクルの乱れを正して育毛

髪の毛にはヘアサイクルという生え変わりの周期があります。
ヘアサイクルは、髪の毛が成長する成長期(2~6年)。髪の毛の成長が止まり抜ける準備をする退行期(2週間)。新しい髪の毛の生える準備をする休止期(3~4か月)があり、このサイクルで髪の毛の生え変わりが起きています。

薄毛の人は、ヘアサイクルが乱れていて、髪の毛は休止期の状態のまま止まっています。また、本来6年あるはずの成長期が短くなってしまい太く強く髪の毛が育ちきらずに細く弱い髪の毛ばかりになってしまいます。育毛剤でヘアサイクルを正すことで強い髪の毛の育成を助けます。

頭皮の血行を促進して育毛

頭皮の血管はもともと太い血管はほとんどなく、細い毛細血管が集中しています。
毛細血管は元々血流がよくなく、栄養が髪の毛の成長の源である毛母細胞まで栄養が届きにくいです。育毛剤で髪の毛の育成に必要な栄養をとっても血行が悪いと最大限の効果は期待できにくいため、育毛剤には頭皮の血行を良くする成分が含まれています。

頭皮環境を整えて育毛する

髪の毛の土壌である頭皮が皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥でフケが発生し毛穴がつまっていると、育毛剤の育毛成分を毛穴の奥まで届けることが出来ません。

また頭皮環境が荒れると、毛根の中にある毛母細胞や毛乳頭細胞も炎症の状態になります。育毛剤の浸透力をアップさせるためにも頭皮環境の正常化(頭皮ケア)は切り離せないポイントです。

育毛剤の薄毛治療効果を最大限にあげる方法

育毛剤は薄毛対策に効果的ですが、育毛剤だけの力で薄毛対策をするのではなく、その他に生活習慣の改善やサプリメントで髪の毛に必要な亜鉛やミネラル、ビタミン類を栄養補給したり、育毛シャンプーや頭皮マッサージをすることで育毛剤の効果を更に上げることがことができます。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージをすることで更なる育毛効果が期待できます。

頭皮表面にはいろいろなツボが分布しており、ツボを刺激すると自律神経のバランスが調整され、頭皮の血行がよくなると育毛剤の浸透率がよくなり、毛母細胞まで育毛成分を届けることができます。

育毛シャンプーを使って頭皮環境改善

薬局などで売られているシャンプーの多くは皮膚への刺激の強いものや頭皮の皮脂をとりすぎてしまうものが多いため、頭皮の健康にはよくありません。
薄毛の人の頭皮は特にデリケートなので、シャンプーで頭皮を荒らしている可能性もあります。

育毛には頭皮環境を改善することが大切で、頭皮を清潔にすることが大前提です。
一番効果的な方法としてシャンプーの種類を変えることと、シャンプーの仕方を変えることで頭皮環境を改善し、育毛の土壌をつくりましょう。

育毛剤は自分の症状にあったものを

インターネットの育毛剤人気比較ランキング、口コミまとめサイトなどや商品情報ページやメーカー公式サイトなどで、育毛剤の情報を気軽に手にすることが出来ます。
育毛剤のちからだけでなく、食事などの生活習慣を改善することで薄毛改善をいたしましょう。