育毛剤、発毛剤の使用を始めて数週間、個人差はありますが、AGA対策や薄毛対策を始める前と比較して、育毛剤や発毛剤の使用を始めた後の方が、毛髪がごっそりと抜けてしまう場合があります。


この現象は、育毛剤や発毛剤が効いている証拠の「初期脱毛」という効果が表れている場合と、脱毛の原因が他にある、育毛剤や発毛剤による「副作用」などが考えられます。

初期脱毛とは

初期脱毛とは、乱れたヘアサイクルを正すために、育毛剤や発毛剤によって今生えている、抜けやすく弱々しい細い髪から抜けにくく太い、しっかりとした髪に生え変わる過程で起きる脱毛症です。個人差にもよりますが、初期脱毛は長くても1か月程度で収まると言われています。

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクル(発毛サイクルとも呼ばれます)とは、髪の毛が発毛してから成長し、やがて抜けていく毛周期のメカニズムであり、AGAなどの脱毛症による薄毛の場合はヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長期間が極端に短くなることで薄毛が進行していきます。

正常な場合のヘアサイクル

髪の成長サイクル
発毛期…毛球が育ち、髪の毛が産まれる期間(3か月から半年)
 ↓
成長期…毛母細胞の細胞分裂が活発になり、髪の毛が成長する期間(2年~6年)
 ↓
退行期…髪の毛の成長が衰えていく期間(2週間~3週間)
 ↓
休止期…髪の毛の成長が終わり、髪の毛が抜けていく期間(2か月~3か月間)

といったように、成長期に通常「2年から6年」は抜けないはずの髪の毛が、薄毛の人の場合、たった「数週間から1年」で髪が抜けてしまう状態のヘアサイクルに変わり薄毛が進行していきます。そのため、薄毛を改善するには乱れたヘアサイクルを正すことが重要です。

初期脱毛の段階で育毛を諦めてはいけない

初期脱毛は、育毛剤や発毛剤の効果が表れている証拠、好転反応といえます。その為、「抜け毛量が増えたから」といって育毛をやめてしまうと、折角正され始めたヘアサイクルがまた乱れてしまい、薄毛はどんどん悪化してしまいます。

個人差にもよりますが、初期脱毛は薄毛改善の上で現れる現象です。初期脱毛が表れても、育毛剤や発毛剤の使用をやめてはいけません。

その他の抜け毛の原因として考えられること

脱毛はストレスや生活習慣の乱れが原因で増えていきます。
育毛剤や発毛剤を使用しても、生活習慣の乱れが原因となる抜け毛の改善はできず、抜け毛が進行していきます。

十分な休養や睡眠をとって、食べ物を正しく栄養のあるものを摂ること、ストレスを発散するように意識して生活し、育毛や薄毛の改善に繋げましょう。

副作用の可能性

以下の症状が脱毛と併せて見受けられた場合は、育毛剤や発毛剤、AGA治療の過程で使用された化学成分による副作用で抜け毛が起きている可能性があります。

頭皮に異常や違和感がある

脱毛が起きると共に、頭皮に湿疹やかゆみ、腫れなどの肌トラブルが見受けられた場合は、育毛剤や発毛剤に配合された化学成分よる副作用の可能性が非常に高いです。湿疹やかゆみなどが頭皮にあらわれ、頭皮環境が乱れると髪の毛が抜けやすくなり、抜け毛へと繋がります。

1か月以上経っても抜け毛が収まらない

初期脱毛と呼ばれる現象は、だいたい2週間から1か月位で収まります。
1か月以上経過しても抜け毛が止まらない場合には、使用中の育毛剤や発毛剤に配合された化学成分が肌に合っていない可能性があります。

副作用が起きた場合、すぐに育毛剤や発毛剤の使用を中止しましょう。それでも異常が収まらない場合には皮膚科や専門医の受診をおすすめします。

副作用が起きる確率の高い成分

かゆみやかぶれなど、頭皮に副作用が起こりやすいとされる成分をまとめました。

添加物類

エタノールなどのアルコール系添加物や、香料、着色料、紫外線吸収剤、石油界面活性剤、シリコンなど、いずれも頭皮への刺激がたいへん強く、アレルギー反応が起こりやすい化学成分です。化学成分が配合されていない育毛剤には「無添加」の表記があるため、育毛剤を選ぶ際には無添加表記の物を選択すると良いでしょう。

ミノキシジル成分

ミノキシジル成分は、血管を拡張し、毛根の毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養や酸素をしっかり行き届け、発毛を促す医薬成分です。血管を拡張する際に頭皮にかゆみや発疹を及ぼしたり、元々が高血圧患者用の薬であるため、血圧が下がるなどの副作用に繋がる場合があるため注意が必要です。

大正製薬から販売されている「リアップシリーズ」は、唯一、厚生労働省に市販の許可と発毛効果が認められたミノキシジル配合の発毛剤です。また、ミノキシジルは発毛医薬品成分として発毛剤に配合されているだけではなく、AGAクリニックでもAGA治療薬として用いられています。

おすすめの無添加育毛剤

化学成分は頭皮に強い刺激を与え、かゆみ、炎症、湿疹など、頭皮環境を悪化させる可能性があります。そこで、化学成分を配合せず天然成分で構成され、多数の口コミランキングサイトや育毛剤おすすめランキングで人気の医薬部外品育毛剤をご紹介致します。

イクオス

イクオスは、Algas-2(アルガス-2)を主成分とした、無添加の男女兼用育毛剤です。Algas-2は、チャップアップ・ブブカの主成分M-034と、高い保水力を持つペルベチアカナリクラタエキス、ヒアルロン酸に匹敵する吸保水力をもつスサビノリエキスの3つの海藻成分を配合した、独自開発の育毛成分です。

天然成分を主軸として構成されており、2017年6月現在、育毛業界最多の61種類の頭皮・育毛ケア成分が配合されており、育毛業界から注目を浴びている商品です。

イクオスについて詳しくはこちらをご参考ください。
イクオスは圧倒的育毛力のある育毛剤

チャップアップ

チャップアップは、海藻エキスM-034を主成分とした無添加の男女兼用育毛剤です。
M-034やセンブリエキスによって頭皮の血行を促進、大豆エキスなどの有効成分で男性ホルモンを抑制します。他にも多数の天然成分が配合されており、様々な頭皮トラブルを阻止できるよう構成されています。

チャップアップについて詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤チャップアップの人気の理由

ブブカ

ブブカは、海藻エキスM-034を主成分とした男女兼用の育毛剤です。特徴は、M-034を60%配合した濃密さと、頭皮糖化の改善、コラーゲン成分を配合した数少ない育毛剤であるという点です。

東京医科歯科大学の研究によって、コラーゲン不足は薄毛との関係性が高い事が判明しました。ブブカはその情報に基づき、髪をつくる毛包幹細胞を育毛剤に配合したコラーゲンで保護し、薄毛を抑制します。

ブブカについて詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤新型BUBKA(ブブカ)のすごさと誕生までの歴史

公式サイトの定期購入や返金保証の利用がおすすめ

ご紹介した3点の育毛剤は、それぞれ各公式サイトで定期便での割引や返金保証などのサービスが用意されています。詳しくは、公式サイトをご参考ください。

また、余談ですが、育毛には頭皮や髪の毛のケア方法も重要になってきますので、育毛サプリメントや育毛シャンプー、ヘアケア用品等の育毛関連商品を育毛剤と併用すると、薄毛治療効果が上がります。

内服する発毛薬

頭皮に塗布する外用薬タイプの発毛剤は、強い刺激を含むにあたり頭皮環境が乱れる副作用を及ぼす場合があります。そこで、体の内側から発毛成分を送り込み、頭皮環境に影響が少ない、内服タイプの発毛薬をご紹介します。

プロペシア・ヘアルネッサンスタブレットA

プロペシアとヘアルネッサンスタブレットAは、市販の許可が下りていないため、AGA専門クリニックや発毛専門クリニックなどで処方される男性用の薄毛治療薬です。発毛医薬成分・フィナステリドが配合されており、脱毛男性ホルモンを抑制する働きから、AGAやM字ハゲに有効的な治療方法・対策方法とされています。

両者ともタブレットタイプの内服薬で、男性ホルモンを抑制し、体の内側から薄毛を改善するため、頭皮環境が乱れる可能性が低い点が特徴です。

フィナステリド成分

フィナステリド成分は、男性ホルモンを抑制し、AGA(男性型脱毛症)を改善する男性用の発毛医薬成分です。頭皮に副作用が表れる可能性か低いとされていますが、男性ホルモンを抑制することで、性欲減退など、頭皮以外の部分に副作用を及ぼす危険性が注意点として挙げられます。

また、女性の使用は禁止とされており、特に妊娠中の女性は胎児が男の子だった場合、生殖器に影響を及ぼすとして、触れることすら禁止されています。