妊娠、出産というのは体に多大な変化をおこし、有名なものとして「つわり」があります。しかし、実は抜け毛や薄毛で悩むことはあまり多く知られていません。
髪の毛を洗うたびに激しく抜け落ちる毛髪。しかも明らかに普通の抜け毛の量ではない髪の毛が抜けることに不安に駆られて、育毛剤の使用を頭によぎるのではないでしょうか。


なぜ、妊娠出産時に抜け毛が起きるのか、また子育て真っ最中の妊婦さん、お母さん、赤ちゃんにも安全な育毛剤を選ぶポイントをご紹介していきます。

妊婦が脱毛に悩まされる理由はホルモンバランスにあった

妊娠や出産で抜け毛や毛髪の状態が悪くなってしまう原因は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因です。

妊娠中の抜け毛の原因

妊娠中は妊娠を維持するため女性ホルモン(特に黄体ホルモンという女性ホルモン)の分泌が高まり、抜け毛が少ない時期です。
女性ホルモンは髪の毛を太く長く育てる作用があるため、女性ホルモンの分泌が多い状態だと本来抜けるはずだった髪の毛が、抜けずに育つこととなります。髪の毛の生え変わりのヘアサイクルが乱れている状態です。

しかし稀に、妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養をおくるため、母体の栄養は不足し、髪の毛が育ちにくく抜け毛が増えてしまう状態になります。

出産後の抜け毛の原因

出産後の抜け毛はホルモンバランスが変わることでおきます。
妊娠中は女性ホルモンが優位な状態であったため、本来抜けるはずの髪の毛もずっと育っていました。「抜けるべき髪の毛」が妊娠期間中にずっと貯まることとなります。

出産で妊娠期間が終了すると女性ホルモンは、ヘアサイクルは正しくなり妊娠前の量にいきなり戻ることで、「抜けるべき髪の毛」は支えを失い、一気に抜け落ちるため髪の毛を洗う際に驚くほど抜け毛がでる、というメカニズムです。

産後の抜け毛も、妊娠を継続する必要が無いためホルモンバランスが正常に戻ることをきっかけに徐々に解消していきます。おおよそ半年程度で妊娠前の髪の毛の状態に戻ることが多いですが、人によっては、1年程度かかることもあります。
妊婦さんの体調、栄養バランス、ホルモンバランスの状態に左右されることになります。

妊娠中でも育毛剤は使える

妊娠中は食べ物や薬などを制限されるため、育毛剤の使用もためらいまいますが、 妊娠中でも使える育毛剤は存在します。

また、自分用の育毛剤を買うのはもったいないから、旦那が使っている育毛剤を使おう、と思う人もいるでしょう。しかし、危険な場合があるため絶対にしないでください。

妊娠中の育毛剤の選び方にはコツがあるので注意しましょう。
妊婦に悪影響のある育毛剤が存在することも事実なので、ポイントを抑えて正しい育毛剤をチョイスすると良いでしょう。

妊婦が育毛剤を選ぶポイント

妊婦が育毛剤を選ぶ場合には、以下の3点に気をつけましょう。

ポイント1.女性向けの育毛剤であること

妊婦さんが育毛剤を選ぶ際に気をつけたいこと1つ目は、女性も使える育毛剤を使用することです。
男性用の育毛剤をおすすめしない理由は、女性と男性の肌の違いにあります。女性は男性より肌が弱いため、男性用の育毛剤を使うと頭皮にかゆみや発赤をおこすことがあります。

ポイント2.添加物が含まれていないこと

妊婦さんが育毛剤を選ぶ際に気をつけたいこと2つ目は、添加物がはいっていない天然由来成分の育毛剤を選ぶことです。
「鉱物油」「防腐剤」「香料」「着色料」「保存料」「防カビ剤」などは、食べ物や化粧品の見た目や使用感をよくしたり、長期保存を可能にするためつくられた人工的の成分となります。
添加物は本来、地球上に存在しなかった成分です。

添加物の安全性は確認されているものの、長期間利用した場合の影響や胎児への影響は確実にチェックされているものではありません。
長い年月をかけて悪影響が出てくる可能性が0ではありません。できるだけ自然由来の成分を利用することで悪影響のリスクを下げられることでしょう。

ポイント3.女性の使用を禁止されている配合成分を使う育毛剤を使わない

妊婦さんが育毛剤を選ぶ際に気をつけたいこと3つ目は、女性の使用を禁止している成分の育毛剤を使わないことです。

医薬発毛成分のミノキシジル、フィナステリド(プロペシア)の表示には気を付けましょう。プロペシアの別名がフィナステリドで、育毛剤の表記が異なる可能性があるので、見落とさないようにしてください。

ミノキシジルとフィナステリドは男性ホルモン過剰による薄毛の症状、男性型脱毛症(AGA)の治療薬に有効とされている医薬品有効成分です。高い発毛効果がある一方、副作用の可能性も高いため、基本は発毛クリニックや薄毛専門治療病院などの処方でしか手にいれることはできません。
しかし、一部インターネットや薬局で購入することもできるため、表示をよくチェックしてください。

医薬成分ミノキシジルとフィナステリドの副作用とは

ミノキシジルとフィナステリドは、吸収すると胎児にも行き渡り、生殖器に悪影響が出る可能性が指摘されています。また精子に異常をきたし男性不妊にも繋がります。
ミノキシジルは、胎児の血管に悪影響を及ぼし、授乳中の母乳にも成分が流れる可能性があります。母乳を通じて赤ちゃんに成分が行き渡らないように注意しなければなりません。

フィナステリドは服用はどころか触っただけでも吸収されてしまうため、妊婦じゃなくても通常で女性と幼い子供は触ることさえも禁止されている成分です。
また、フィナステリドの使用中はもちろん、使用をやめても薬の効果は3ヶ月ほどつづくため、妊活中の夫婦はよく医師に相談する必要があります。

かかりつけ医に育毛剤の使用を相談

育毛剤を利用して毛髪のケアを検討する場合には、かかりつけの産婦人科医にも念のため、相談することをおすすめします。
髪の毛や育児、妊娠について不安を感じる心もストレスに繋がり、毛髪にはよくありません。懸念点や不安点は解消してから育毛剤を利用したほうが効果が上がりますよ。

また、育毛剤をチョイスした場合には、最初に香りと使い心地のチェックをすると良いでしょう。妊婦は匂いに敏感です。香りで具合が悪くなることも考えられます。先にパッチテストを実施できると良いでしょう。自分の体質との相性がわかっておすすめです。

妊婦も正しい育毛剤を使うと育毛に効果的です。
ただし、育毛剤はあくまでも補助的な方法です。規則正しい生活習慣を行った上での利用がさらなる育毛剤の育毛効果を高めます。

おすすめの医薬部外品の女性用育毛剤

妊婦も安全面に優れ安心して使える、添加物なし、天然成分由来で作られ口コミ評価も高い女性用の育毛剤をご紹介していきます。

マイナチュレ

マイナチュレは株式会社レッドピジョンから発売されている育毛剤です。
産前・産後の女性に人気の育毛剤ブランドです。化学物質を含まず、天由来成分配合にこだわり、低刺激なのため乾燥肌や敏感肌の女性でも利用できる育毛剤です。

シャンプーやコンディショナーのシリーズもあるため、トータル的な毛髪ケアが実現できることも嬉しいポイント。90日間の返金保証期間があり、もしも商品が合わない場合には、返品することもできます。育毛剤を初めて使用する場合には、おすすめの育毛剤です。
毛髪診断士などの専門アドバイザーが電話相談にも応じてくれますよ。

ベルタ

ベルタは株式会社ビーボから販売されている育毛剤です。
天然由来成分99.6%を実現し育毛頭皮ケア成分99.9%と頭皮のエイジングケアに着目し、女性ならではの薄毛の原因を追求した育毛剤となっています。

ベルタ育毛剤は髪の毛の成長を促す毛母細胞に栄養を補う成分が配合されている育毛剤であるため、授乳中や妊娠中の頭皮への栄養不足に対応でき抜け毛予防に効果的です。
人気商品のため、品薄になりがちですので、気になった人は早めに公式サイトから申し込みをすると良いでしょう。

ベルタ育毛剤

長春毛精

長春毛精はバイオテックから発売された産後のエストロゲンの急激な減少に着目した育毛剤。天然成分から作られた和漢12種類の生薬配合で危険性も少ない育毛剤です。頭皮環境にも着目し、妊婦はもちろん、加齢による薄毛。抜け毛などの毛髪の悩みにも効果があります。

長春毛精

正しい育毛剤で健康的な出産を

妊婦は、安全面を考慮した上で正しい育毛剤を利用して妊娠中から抜け毛ケア対策を施すと安心です。

産後は驚くほど髪の毛が抜け落ちるもの。
ほとんどの妊婦に見られる現象であり、あなただけではありません。
不安に感じるかもしれませんが、ホルモンバランスの乱れが改善されればまた、元のように美しい毛髪に戻ってきます。

あまり心配せずに、出産と赤ちゃんにできるだけ意識を向けてくださいね。ママの健康が赤ちゃんには一番の安心です。どうしても気になる場合には、産婦人科医に相談して、安全な育毛剤をチョイスしてくださいね。心理的なストレスが減少すればさらに毛髪にも良いことでしょう。