育毛剤の使用回数には2つのパターンがあります。

1日1回で済むタイプと1日2回必要なタイプです。基本的に育毛剤は1日2回使用のものが多く1日1回で済む方が少ないようです。

ミノキシジルを使用しているリアップやロゲイン、カークランドなどの発毛剤は1日2回使用するようになっています。しかし、育毛剤の場合は1日2回と1日1回タイプがあります。

1日1回の使用で良い育毛剤の効果的な使い方

1日2回の場合は朝と晩の2回使用しますが、1日1回の場合はどのタイミングで使用すればよいのでしょうか。また、1日1回の育毛剤の効果的な使い方はどうすれば良いか考えてみましょう。

1日1回の育毛剤を使うタイミング

育毛剤使用画像
1日1回、育毛剤を使うタイミングとしては夜が良いでしょう。

1日2回の場合は朝と夜になりますが、1日1回の場合は夜に使用します。夜は夜でもお風呂上がりが最適です。昼間毛髪や頭皮についたホコリや汚れを洗い流し、清潔になった頭皮環境に育毛剤を使うと一番効果的です。

また、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるため傷んだ髪の修復なども行ってくれます。その時に育毛剤で栄養を頭皮に補充してる場合と補充していない場合とでは、毛根や毛髪に与える影響が大きく違ってきます。寝ている間に修復し、さらに育毛剤により発毛促進、育毛促進の効果が期待できます。

1日1回使用の育毛剤の場合、夜お風呂上りに使用するようにしましょう。

1日1回の育毛剤の効果的な使い方

頭皮の汚れをきれいにおとす

泡
1日1回の育毛剤を使う場合は、お風呂上りに使用します。

その場合、頭皮を清潔な状態にしなければなりませんから頭皮のホコリや汚れを育毛シャンプーで落とすと良いでしょう。

市販のシャンプーでは洗浄力が強すぎるため必要な皮脂まで洗い流してしまいます。汚れなどは十分洗い流すことができますが、必要な皮脂まで洗い流してしまうと皮脂の過剰分泌が起こります。皮脂の過剰分泌は毛穴が詰まり薄毛や抜け毛の原因となります。余分な汚れのみを洗い流してくれる育毛シャンプーがおすすめです。

頭皮の洗浄は育毛シャンプーがおすすめ

育毛シャンプーは頭皮や肌に優しい洗浄成分で作られていますし、育毛に必要な栄養分を頭皮に補充することができます。育毛剤の効果を最大限に発揮するためには清潔な頭皮環境に使用することです。

いくら優れた育毛剤でも頭皮や毛穴が汚れていたり、毛髪にホコリがついている状態では効果は半減してしまいます。

育毛剤を使用する前には必ず頭皮ケアをして頭皮環境を整えてから使用することが薄毛対策に必ず必要なことです。

タオルドライで水分を十分ふきとる

育毛シャンプーで頭皮を清潔にした後はしっかりタオルドライを行います。タオルドライと言ってもゴシゴシこするのは辞めましょう。毛髪を痛める原因になりますし、頭皮への摩擦は頭皮環境の悪化を招きます。タオルドライをするときはこすらずにふき取るようにしましょう。

ドライヤーで髪の毛を乾かす

ドライヤー
育毛剤を使用する際に大切なことは髪の毛がきちんと乾いている状態であるということです。タオルドライのあとはドライヤーでしっかり髪を乾かしましょう。

ただし、ドライヤーのしすぎは髪の毛や頭皮を痛める原因になりますからできるだけ短い時間にしたいものです。そのために、タオルドライをしっかり行う必要があります。ドライヤーを当てる時は熱風を頭皮にあてないようにし、同じ個所に長時間宛てないようにドライヤーを振りながら乾かすと良いでしょう。

また、ある程度乾いた後は、冷風で髪の毛や頭皮を乾かすと髪へのダメージを最小限に抑えることができます。

使用量を守り育毛剤を塗布する

育毛剤使用画像
髪の毛や頭皮がきちんと乾いた後に育毛剤を塗布します。

育毛剤はスプレータイプやプッシュタイプなど色々ありますが、必ず取扱説明書に記載されている使用量や使用方法を守って塗布しましょう。間違った用法や使用量で育毛剤を使うと逆効果になる可能性がありますので注意しましょう。

育毛剤を付ける時の注意点は髪の毛ではなく頭皮につけることです。毛根の奥に成分を行き届かせるには育毛剤を頭皮につけることがポイントです。

頭皮を優しくマッサージする

chupup_体験
育毛剤を付けたら最後は優しく頭皮をマッサージします。

マッサージをするときの注意点は爪を立てたりこすったりしないということです。爪を立てたり、毛髪をこすり合わせてしまうと頭皮や毛髪を痛めてしまいます。

頭皮マッサージをするときは指の腹で育毛剤を頭皮に揉み込むようマッサージをします。マッサージをしていると頭皮の血流も良くなってきます。血流改善と共に血行促進にもなり細胞が活性化し発毛効果や育毛効果を促します。指の腹で優しくマッサージし浸透力を上げましょう。

1日1回使用の育毛剤とは

育毛剤は1日2回の使用が多いようですが、1日1回でも効果がある商品もあります。

チャップアップや女性専用育毛剤のベルタは1日1回の使用で良いとパッケージにも記載されていますし、他にも1日1回の使用で良いとされている育毛剤もあります。

1日1回の育毛剤の場合、基本的には持続力が高いと言われています。

ただし、女性用のベルタは1日1回でも良いが1日2回使用したほうが効果アップが期待できると記載されています。内容量は1日1回の使用量で1か月もつように作られています。1日2回使用すると1か月に2本必要となります。費用が倍かかってしまいますが、それでも2回使用したいという方は1日2回の使用ペースでも良いでしょう。
ベルタ育毛剤

使用期限の切れた育毛剤は使用しない

ダメ
当然ですが、育毛剤の使用期限が過ぎている場合は使用してはいけません。

育毛剤の場合、医薬部外品ということで期限など関係ないと思われているかもしれませんが、育毛効果や発毛効果があると言われれている有効成分が配合されています。

使用期限が切れている場合、この有効成分が劣化している可能性もありますし、最悪の場合、含まれている有効成分によっては酸化することにより頭皮や毛髪に悪影響を与えてしまう可能性があります。

医薬品の場合は期限切れは要注意

また、ミノキシジル配合の発毛剤は医薬品になります。医薬品の場合はいくら発毛剤でも薬と同じと考えた方が良いでしょう。薬や使用期限が切れている場合、通常では起こらないような副作用が起こる可能性があるとして使用期限が切れている薬は必ず廃棄するようになっています。育毛剤も発毛剤も使用期限が切れている場合は絶対に使わないようにしましょう。

人によって効果の出方は違う

育毛剤の効果的な使い方をご説明してきましたが、人それぞれハゲのタイプが違いますし、体質によって効果的な成分も違います。

頭頂部からハゲるO字タイプや、前頭部からハゲるM字タイプなど人それぞれ違います。そのため、いくら効果が高いと言われている育毛剤を使用し、効果的な使い方をしてもあまり効果が感じられないという場合もあるでしょう。

生活習慣を見直すことも発毛・育毛効果を上げるポイント

育毛剤と自分の肌質や体質に合っていない可能性があります。

また、生活習慣を改善するだけでも薄毛ケアになりますから、まずは睡眠をしっかりとる、偏食をしない、喫煙・飲酒を控えるなど、日々の生活習慣も見直してみましょう。薄毛や抜け毛はストレスや生活習慣の乱れから起こることも多々あります。遺伝やAGAなど改善しにくいハゲではない可能性もありますから、生活習慣の見直しは薄毛対策にはとても大切なことです。