育毛剤の効果を高める育毛シャンプーの選び方と使い方

薄毛や抜け毛などに悩んでいる人にとって、育毛剤を使用しての育毛ケアは非常に重要となります。

育毛ケアと同じくらい育毛には頭皮環境が大切であるため、乾燥や皮脂の過剰分泌など、頭皮環境が悪い状態にあると、育毛剤の効果はなかなか発揮されません。

そこで、頭皮環境の改善に効果的とされる育毛シャンプーを紹介します。

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーとは、アミノ酸系など、肌への刺激が少ない成分で作られ、様々な要因によって悪化した頭皮環境を改善し、育毛効果発揮される頭皮環境をつくる働きがあります。

薄毛対策・脱毛対策には、頭皮環境を整える育毛シャンプーの使用がおすすめです。

また、育毛剤と育毛シャンプーを併用することにより、育毛剤の育毛効果がさらに高まるとして、多くの育毛剤メーカーから、育毛シャンプーが販売されています。

シャンプーと育毛シャンプーの違い

育毛シャンプーとドラッグストアなどで販売されている市販のシャンプーを比較すると、大きな違いがあります。

皮脂を洗い流す量

皮脂は、頭皮の乾燥を防止する働きがります。

皮脂が少なすぎると頭皮が乾燥してしまい、頭皮環境の悪化から抜け毛の原因になります。
また、「体に皮脂が足りない」と脳が判断し、更に皮脂が分泌され、皮脂の過剰分泌が起こる場合もあります。

逆に、皮脂の量が多すぎると、皮脂で毛穴が詰まり、脂漏性脱毛症という脱毛症に繋がったり、皮脂が酸化し加齢臭などの悪臭に繋がります。

ドラッグストアなどで市販されている一般のシャンプーは、洗浄力が強すぎるため、頭皮に必要な量の皮脂を残さず、全て洗い流してしまいます。

育毛シャンプーの場合、頭皮に必要な皮脂を残し、余分な皮脂は勿論、髪の毛の汚れまでしっかり洗い流します。汚れや余分な皮脂をしっかりと落とすことでバランスを保ち、脱毛の要因を軽減する働きがあります。

配合成分の違い

育毛シャンプーの配合成分は、一般のシャンプーと異なります。

肌に優しい成分で刺激が弱い

ドラッグストアなどで市販されている一般のシャンプーには、石油系の合成界面活性剤や高級アルコール系界面活性剤といった、肌への刺激が強い添加物が配合されることが多いです。

敏感肌や乾燥肌の方は、添加物によってかゆみ、かぶれ、炎症など、頭皮に異常をきたし、頭皮環境が悪化してしまう場合があります。

フケやかゆみの防止作用

育毛シャンプーに配合された、頭皮を保湿する成分や、角質溶解成分が配合されている成分により、角質が柔らかくなってフケやかゆみを防止することができます。

頭皮の血行促進作用

薄毛や抜け毛、脱毛症は頭皮の血行不良が原因となっていることがあります。育毛シャンプーの中には、センブリエキスやショウガエキスなど、血行促進の成分を配合したものがあります。

また、毛髪をコシや艶がある元気な状態にするには、毛根にある毛母細胞に栄養や酸素を送り込まなければなりません。

栄養や酸素は、血液にのって毛根にまで運ばれるため、血行を改善することで、運ばれた栄養や酸素によって、毛髪が元気になると言えます。

育毛剤を浸透させるアシスタントをする

育毛シャンプーを使用することで、余分な皮脂や汚れを落とすことにより、しっかり毛穴を開き必要な成分を浸透させやすくします。

また、育毛シャンプーの使用によって頭皮環境が整えられ、より育毛剤の育毛効果が発揮しやすい状況になります。

育毛シャンプーは効果がないと言われる理由

育毛シャンプーには、「効果がない」などのレビューが投稿されているサイトをたくさん見受けます。効果が出る場合に考えられる可能性を挙げてみました。

育毛シャンプーに発毛効果を期待している

育毛シャンプーに、育毛剤同等の育毛・発毛促進効果を期待している方は、少なくはないと思います。

育毛シャンプーはあくまで育毛剤の補佐、頭皮環境を整える為にあるシャンプーですので、発毛効果を感じることは無いと言えます。

育毛シャンプーに発毛効果はない

育毛シャンプーは、よく「毛が生える」「育毛剤同等の効果がある」など勘違いされがちですが、育毛シャンプーには育毛剤のような、発毛を促すことはできませんし、発毛剤のように、AGA(男性型脱毛症)の治療を行うことはできません。

しかし、頭皮環境を改善することで、更に育毛剤の効果を発揮させ、育毛シャンプーの仕様が薄毛対策・抜け毛対策に繋がることになります。

体質に合っていない可能性

育毛シャンプーは商品にもよりますが、販売されているほとんどが自然由来の頭皮に優しい成分で構成されています。

そのため、副作用がおきる可能性は低いとされていますが、稀にシャンプーの配合成分と、自分の肌質があっておらず、かゆみやかぶれが起きる場合があります。そういった症状が見受けられた場合、すぐにシャンプーの使用をやめましょう。

育毛シャンプーを使い続けていない可能性がある

育毛シャンプーは医薬品ではなく、医薬部外品で、即効性はありません。これは、同じ医薬部外品の育毛剤や育毛サプリにも言えることです。頭皮環境の改善を実感する為にも、育毛シャンプーの使用を継続する必要があります。

人気の育毛シャンプー

口コミランキングサイトやレビューサイトで、評価が高い育毛シャンプーを紹介します。

ウーマシャンプープレミアム

ウーマシャンプー

ウーマシャンプープレミアムは馬油とアミノ酸系洗浄成分を使っています。必要な油脂を残し、優しい洗浄力で汚れを落とします。

天然由来成分の配合量は、およそ25種類で、頭皮の雑菌繁殖や乾燥を防いでくれるヘアケアシャンプーです。

特に、フケやかゆみが気になる、髪にコシやハリがなくなってきた人や敏感肌の人におすすめの育毛シャンプーです。

スカルプD

最新のスカルプケア成分が配合され、発毛や育毛に適した頭皮環境に整えてくれるシャンプーです。脂性肌用や、超脂性肌、乾燥肌用など様々な肌質に対応しています。

使用感についても評判が良く、「指通りなめらかな髪に仕上げてくれる」「ベタつかない」と、多くの口コミが寄せられています。

haru黒髪スカルプ

ママ訴求

ノンシリコンで、100%天然由来成分で構成された、主に30代から40代の、髪に悩む女性に向けて作られた育毛シャンプーです。

香りは柔らかな柑橘系で、高品質ゆえに、シャンプー後のリンス・コンディショナーも不要としています。育毛シャンプーだけあり、余分な皮脂や老廃物はしっかり落としてくれます。

公式サイトには、単品購入のほか、税込価格から20%割引された価格で購入できる、定期購入コース、3本セットコースの2つが用意されています。

また、公式サイトからの購入で、送料無料・シャンプーブラシのプレゼント・万が一満足いただけなかった場合、商品の到着から30日以内であれば、初回購入に限り全額返金保証サービスを行っています。

イクオス・ブラックシャンプー

イクオスブラックシャンプーイクオスブラックトリートメント

育毛剤「イクオス」シリーズの1つです。多数の美容室で取り扱われ、プロの美容師から絶賛を受けている、男女兼用の育毛シャンプーです。

「紀州備長炭とアミノ酸洗浄成分」で脂と匂いを防止するほか、毛髪の痛み、髪の艶感やボリュームのアップの作用、「ノンシリコン」の製法で薄毛や副作用と言った頭皮トラブルの防止、更に、20種類以上の天然成分を配合しています。

単品購入の他、ブラックシャンプー・ブラックトリートメントがセットになった、送料無料+定価から54%割引の定期コースと、送料無料+定価から46%割引の3本セットコースが選択できます。

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

20種類以上の毛髪成分を大量に配合した、男女兼用の濃密スカルプシャンプーです。普通肌、乾燥肌、敏感肌の方におすすめです。ノンシリコン・弱酸性・オーガニック・アミノ酸配合が特徴となっています。

単品購入のほかに、「チャップアップシャンプー+育毛剤」がセットになった定期便と、「チャップアップシャンプー+チャップアップトリートメント」のセット、「がセットになった定期便の2つのコースがあります。

どちらもセット価格として割引がなされている他、送料無料になっています。

キオティル

化粧品メーカーから販売されている、髪と頭皮にやさしいアミノ酸系の洗浄成分が配合された、女性向けの育毛シャンプーです。

高い保湿力をもつ成分や、キューティクルを保護する天然成分が26種類も配合されている、ノンシリコン・無添加のシャンプーです。

公式サイトからの「単品購入で、送料無料と10%ポイント還元、

送料無料と5%ポイント還元の、育毛シャンプー+育毛コンディショナーとセットになったコース、スカルプエッセンス、DeeperやDeeper3Dとセットになったコースなど、様々あります。

育毛シャンプーを選ぶ時に注意したいポイント

育毛シャンプーを選ぶ時に注意すべきポイントを紹介します。

アミノ酸系洗浄成分であるか

アミノ酸系は肌や髪を同じ成分で、頭皮や毛髪にとても優しい成分です。髪や頭皮を健康に保つ作用や、適度な洗浄力を持つため、皮脂を落としすぎることもなく、頭皮環境を整え、フケやかゆみを防止します。

保湿成分配合か

頭皮の環境が悪化する原因として頭皮の乾燥が挙げられます。頭皮が乾燥することで血行不良にもなりますので、頭皮をしっかり保湿してくれる成分が配合されていることが条件です。

代表的な保湿成分として、ヒアルロン酸やプラセンタ、植物エキスなどがあります。

添加物の使用はないか

シャンプーに添加物となる香料や着色料などが含まれていると、アレルギー反応が起こりやすく、副作用の発生に繋がります。頭皮環境悪化を防止する為にも、添加物を含むシャンプーは避けましょう。

育毛シャンプー使用時のポイント

良い育毛シャンプーを使っていても、使い方を間違えているとあまり効果を発揮できません。そこで、正しい育毛シャンプーの使い方をご紹介します。

ぬるま湯で洗う

40度以上の高温のお湯で洗うと、皮脂が落ちすぎ、35度以下の低温のお湯だと、逆に皮脂が落ちなくなってしまいます。40度から35度の間、38度位のぬるま湯が、シャンプー時のお湯の適正温度と言えます。

泡をよくたてマッサージをする

育毛シャンプーを使用する際は、育毛シャンプーに配合された有効成分が浸透するよう、指の腹を使って、よく揉み込みながら洗いましょう。揉み込むように洗うことにより、頭皮マッサージにもつながります。

また、洗浄成分が髪の毛全体に行きわたるよう、よく泡立てながらシャンプーを行いましょう。シャンプーを行う時間の目安は、およそ3分です。3分以上続けると、皮脂を落としすぎたり、摩擦で頭皮を痛めてしまう可能性があります。

髪の毛をよく乾かす

シャンプー後は、良く乾かしましょう。頭皮が乾燥しきれていないと、頭皮に雑菌が繁殖したり濡れた髪がこすれ合うことで髪が傷んでしまいます。

タオルで水けをふき取ったら、頭皮とドライヤーの距離を20センチ離し、ドライヤーの熱で頭皮や紙が痛まないようにしましょう。

まとめ

育毛シャンプーは、頭皮ケアの働きがあり、育毛剤の効果を発揮させるための頭皮環境づくりをがメインとなった商品です。

皮膚に刺激を与えない、優しい自然成分で構成された商品が多く、副作用が起きる可能性が低いです。そのため、薄毛対策準備の方法として、非常に有効的といえます。

既に育毛剤を使用している方も、これから育毛に取り組もうとしている方も、ぜひご利用ください。

ページのトップへ