育毛剤とは?育毛と発毛の基礎知識

毛髪の悩みというのは大小誰しもが持つ悩みです。初対面人の髪型が乱れていたり薄かったりすると、印象が強く残ったことが誰しも一度はあるのではないでしょうか。


髪の毛が薄くなり育毛剤を使用してみよう、思っても育毛剤について詳しく知ることは普段の生活ではあまり機会がないため、どの育毛剤がよいのだろう、本当に髪の毛が生えてくるのだろうか、と疑問がでてきます。
そこで薄毛改善には育毛剤を使う意味があるのか、どの育毛剤を選べばいいのか、を育毛の基礎知識と共に記事で記述していきます。

ヘアケア用品は薬機法で分類される

市販されている育毛ケア商品は薬機法(旧:薬事法)により分類され、治療効果は医薬品、医薬部外品、化粧品の順に低くなります。
医薬品とは病気の治療を目的とした薬、化粧品は清潔にする美化するなど髪の毛の養毛効果目的で使用される製品になります。
医薬部外品は厚生労働省が許可した有効性がある有効成分が配合されてはいるものの、病気の予防のみを目的としていた商品なので、医薬品と違い病気の治療効果は認められません。
医薬部外品や化粧品が、商品の広告表現で医薬品の効果をうたうと薬機法違反で処罰対象となり、実際に過去に広告表現違反としての事例もあります。

育毛剤は発毛効果はない

医薬品は発毛剤、化粧品に分類されるものは養毛剤やスカルプエッセンス、シャンプーが分類され、育毛剤は医薬部外品に分類される商品のことを指します。
育毛剤は医薬部外品なので、治療ではなく疾病の防止を目的としているため、髪の毛を生やすことはできません。
育毛剤は、今生えているが弱っている髪の毛を強く育てて、髪の毛の土壌となる頭皮を改善する効果効能はあり、イメージとして「髪に良い土壌を作るために使用する」感じです。
有名な人気育毛剤の代表としてチャップアップ(CHAP UP)天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>があげられます。チャップアップには、メーカー公式サイトにて発毛診断士が常駐し髪の毛に関する相談ができます。
薬事法上での育毛剤の区分とは

育毛剤は薄毛治療薬として意味がある

では、育毛剤は薄毛には効果がないのか、と問われれば薄毛の症状により使う意味がある、という答えになります。
なぜなら薄毛や抜け毛、ハゲている人の薄毛症状は人それぞれであり、薄毛になる原因や治療法も症状ごとで変わるので、まず自分の薄毛の症状が何であるか、診断することが重要になってきます。

自分の薄毛症状と違う治療法をすることで、薄毛を改善するどころかハゲてしまうこともあるからです。育毛剤の最大の目的はヘアサイクルの乱れを正すことなので、ヘアサイクルの乱れが原因でおきる薄毛には育毛剤は有効であります。

育毛剤の最大の目的はヘアサイクルの乱れを正し育毛を促す

ヘアサイクルという発毛周期は、毎日脱毛と発毛を繰り返しています。
通常、日本人は1日約50本から60本ほどの髪が抜け、髪の毛は通常1つの毛穴に3本から5本生えており、1本1本が独立したヘアサイクルを持ち、独自に生え変わります。
男性ではおよそ3~5年、女性で4~6年の成長期があり、正常な状態であれば髪全体の80~90%が成長期であるとされ、残りの20~30%の髪は退行期・または休止期にあたります。

退行期では毛根が徐々に小さくなり髪の毛の成長が止まります。髪の成長が止まり休止期に突入すると、髪の成長期が来るまで毛根は眠った状態となります。休止期の髪は成長期で新しく生える髪の毛に押し出されるように抜けていきます。
毛穴の中が健康な状態であれば脱毛と同時に新しい発毛が始まるのですが、遺伝や老化、ストレスや不規則な生活習慣などの原因でこの移行がうまくいかなくなることがあり、抜け毛が多くなり、結果として髪が薄くなり、育毛剤の多くはヘアサイクルを正し頭皮環境を目的に作られています。

男女で薄毛の症状が違う

薄毛やハゲの原因は、男女で原因が代わり男性はAGA、女性は、びまん性脱毛症が一番多くなってきます。
男性と女性では症状もですが、肌質が違ってくるので、女性に比べ皮脂が多い男性に向けて作られてたヘアケア商品を使うと、肌の弱い人や女性は頭皮の炎症をおこすことがあるので、自分の症状にあった育毛剤を使うようにしてください。
育毛の効果を最大限に活かす!育毛剤の正しい選び方まとめ

男性に多いAGA

成人男性の薄毛の3人に1人ははAGAと呼ばれる男性型脱毛症だと言われています。男性型脱毛症とは、男性ホルモンが過剰に分泌されることで起こる薄毛症状のことを指し、頭頂部や生え際に薄毛が進行するのが特徴です。60歳以上のAGA症状の方は老人性脱毛症と呼び分けます。
通常男性ホルモンは5α‐リダクターゼという酵素と結びつき脱毛司令をだすジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、髪の毛の成長指令を出す毛乳頭細胞に脱毛司令を出すことで、髪の毛の生え変わっています。

AGAの症状の人は、通常の状態と比べホルモンバランスが乱れていたり、ストレスや遺伝などの理由で男性ホルモンの過剰分泌されています。男性ホルモンの量が増えることと比例してDHTも過剰に生成され、本来まだ生えているべき時期の毛も抜けてしまうだけでなく、新しく生える毛もDHTから脱毛司令をうけ生えてくることができなくなります。

詳しくは、こちらの記事をご参考ください。
薄毛の原因AGAとは?症状から治療まで
育毛剤を買う前に知ってほしい脱毛・薄毛の原因の男性ホルモンとは

AGAの治療には発毛剤

AGAの治療には男性型脱毛症診療ガイドラインでも医薬品である発毛剤でしか治療できない、とされており、市販されているAGA治療薬(男性型脱毛症用薬)は大正製薬のリアップシリーズがあります。
リアップは厚生労働省が発毛促進効果があると認めたミノキシジルを配合している日本で市販されている唯一の発毛剤です。
ミノキシジルは医薬品成分であり発毛率と副作用のリスクが高いことが有名で取扱には注意が必要です。実際ドラッグストアや薬局で販売されていますが、第1類医薬品に分類されるため薬剤師の指導がないと購入することができません。

AGA治療薬を他に手に入れるには専門クリニックで処方してもらうしかありません。個人輸入で海外から入手することは可能ですが、中には偽物もある上に副作用が出た場合は自己責任で対応しなくてはならず、おすすめできません。

医薬品は副作用のリスクが高い

ミノキシジルは本来、高血圧の治療薬として開発されたため血液循環を促すことで心拍に影響をおよぼすため、高血圧や心臓が弱い人は使用することができません。また肌への刺激が強いため肌の弱い人や女性は使用することで頭皮に炎症やかゆみなどの副作用を発症することがあります。
発毛専門クリニックで処方してもらえる高い発毛の効能効果をもつ内服薬タイプ治療薬のプロペシア(フィナステリド)も、胎児に影響をおよぼす事が確認されているため女性は服用はおろか、皮膚吸収率が高いため触ることさえも禁止されています。

治療費が高額になる人工、自毛移植手術

副作用が心配な方は、医薬品に比べ効果は緩やかになってしまいますが育毛剤を使用するか、人工毛を手術で埋め込むか、確実に生やすことが出来きるが高額な自毛植毛の方法で治療するしか手立てがありません。

自毛植毛は薄毛を目立たせなくするには安くても平均で40万円ほどの金額が必要となりなかなか手が届きにくく、自由診療のため価格設定は発毛専門クリニック側の自由となります。
外用薬、内服薬ともに月に平均で各10,000円程度のコストが継続して必要となります。(円形脱毛症の場合は免疫疾患に該当するため治療は保険が適用されます。)
しかし、育毛剤は平均7,000円ほどで購入でき、中には男性ホルモンを抑制する自然由来の成分で製造されているものがありますので、育毛剤を使用することを検討してはいかがでしょうか。

女性に多いびまん性脱毛症

女性の薄毛の原因はびまん性脱毛症が一番多く、主な原因としてはホルモンバランスや生活習慣の乱れやストレス、過度なヘアケアだと言われています。
現代の女性は一昔に比べ、社会に進出するようになりストレスを抱え、また出産妊娠、閉経による女性ホルモンのバランスが乱れることで薄毛が増えてきています。
また、カラーリングやパーマなどは髪の毛や、髪の毛の成長の土台となる頭皮だけでなく髪の毛の成長する細胞がつまっている毛包細胞にまでダメージを与え、薄毛につながります。ドラッグストアで販売されているシャンプーにも洗浄が不十分だと頭皮に残るとダメージを与えるものがあり、注意が必要です。
育毛剤で女性も抜け毛予防対策

育毛剤で女性の薄毛を改善

女性用の育毛剤は乱れたヘアサイクルを改善する製品が多いです。また、無添加無香料で作られている育毛剤が多く、妊娠中のデリケートな時期でも使用することも可能なものがあるため、女性の薄毛には育毛剤を使用することで育毛の可能性を高めることが出来ます。

育毛剤の使用と同時に日々の生活習慣の改善を

育毛剤を使い脱毛予防・薄毛対策をしても、日々の生活を見直すことが大切です。一度自分の生活を見直すとともに育毛剤を使っている人は自分の使っている育毛剤の有効成分をチェックしてみてください。発毛剤で髪の毛を生やすことも大事ですが、今ある髪の毛を太く育て毛密度を高めることで頭皮を見えなくすることで薄毛から改善されることもあるので、育毛剤の使用は一度検討してみて損はないと思います。
覚えておきたい育毛基礎知識まとめ

女性用育毛剤の成分の作用と副作用

育毛剤 副作用

髪の毛が細くなってしまったり、抜け毛が多くなってしまったりする壮年性脱毛症や、ホルモンバランスの変化や生活習慣の乱れ等が原因で起こるびまん性脱毛症に悩む女性たちのたために薄毛対策として女性用育毛剤が数多く販売されています・・・

頭頂部の薄毛におすすめの育毛剤

育毛剤 抜け毛

老若男女関係なく、育毛剤サイトを調べていると頭頂部の薄毛の悩みを抱えている方は多いです。額の生え際から薄毛になっていくM字ハゲとは違い、頭頂部から薄くなっていくつむじハゲは、なかなか自分では確認しにくいため気づかないもの・・・

ページのトップへ