自分に合った育毛剤を使ってますか?知らないと損する育毛剤の選びのポイント

突然ですが、いま使っている育毛剤はあなたに合っていますか?
口コミの評価が良かったから、安かったから…とかいう理由だけで、選んでいたりしませんか?

「薄毛対策に育毛剤の購入を検討しているけど、種類がたくさんあって選び方がわからない」という方も多くいるのではないでしょうか。

一言で育毛剤と言っても種類は様々で、成分配合が異なるものや、タイプによって効能・効果も違います。
間違った育毛剤を選んでしまうと、育毛剤の効果を実感できなかったり、反って薄毛が進行してしまうなど、望んでいた結果を得ることができなくなることもあります。

育毛剤やスカルプケア商品の購入をお考えの方は、ぜひ育毛剤の選び方を参考にして頂けると幸いです。

いますでに育毛剤をお使いの方も、自分に合った育毛剤を選べているか、今一度ご確認してみてはいかがでしょうか?

育毛剤を選ぶときに確認したいポイント

自分の症状・原因を理解しよう

育毛剤には、薄毛(抜け毛)の原因・症状合わせて様々なタイプがあります。
それぞれの症状別に有効成分を配合しているため、種類によって効果も異なってきます。
自分の症状をしっかり理解して、その症状にあった育毛剤を選びましょう。

育毛剤のタイプについては後ほど詳しく説明しますので、どのタイプの育毛剤が合うかはそちらを参考にしてください。

価格をチェックしましょう

育毛剤は使用後すぐに効果が出るものではありません。継続的に使用していくことで、早くて3ヶ月から半年で育毛剤の効果を実感することができます。
育毛剤は使用を続けることが、大切なのです。

ということは、効果を得るためには、最低でも3ヶ月から半年ほどは育毛剤を購入する必要があります。そのためには、無理なく購入を継続できる育毛剤を選ぶことが重要になってきます。
返金保証制度などのキャンペーンもあるので、お得に買う方法を調べるのも良いでしょう。

安全性や評価をチェックしよう

安全性と評判は、育毛剤を選ぶ際に確認しておきたい項目です。
薬事法によって、現在インターネットなどの通信販売で購入できる育毛剤は、医薬部外品(薬用育毛剤)もしくは化粧品養毛剤のみとなっており、副作用の心配がされる医薬品育毛剤(発毛剤)は医師からの処方してもらうか対面販売でしか手に入らなくなりました。
その結果、強い副作用が心配される育毛剤は減りましたが、自分の皮膚に塗るものであったり、口の中に入れるものですから、安全なものを使いたいですよね。

無添加やノンアルコールなどの敏感肌の方にも優しい商品も多く発売されています。
安全性を意識した上で、製造・開発されたものを選びましょう。

また、商品の評価を見ることも重要です。
人気や評判の情報だけで購入を決めることはおすすめできませんが、自分と同じような症状の人が、実際の使用感や効果を実感できているかどうかは確認しておきたいですし、商品選びの参考として大いに役立つと思います。

実際に使用してみる

口コミや評判がどれだけ良くても、自分に合うかは実際に使用するまでわかりません。
とりあえず、気になる育毛剤があったら実際に使って見ましょう。
育毛剤の効果を実感できるのにかかる期間(6ヶ月)を目安に使用してみて、自分に合った育毛剤であるか判断することが必要だと思います。

また、45日間全額返金保証付きなど、返品返金制度・返金保証がついた育毛剤も多数あるので、副作用や頭皮への刺激が気になる方でも購入を検討しやすくなっているメーカーもたくさんあります。

育毛剤の5つのタイプ

育毛剤には、効果別に5つタイプに分けることができます。

男性ホルモン(5αリダクターゼ)抑制タイプ

薄毛やハゲで悩んでいる方の原因は、多くがAGA(男性型脱毛症)と言われています。
そして、AGAの原因は男性ホルモンの影響であると考えられています。男性ホルモンに含まれるテストステロンが酵素5αリダクターゼを結びつき、抜け毛の原因である男性ホルモン:ジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。

男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は、酵素5α-リダクターゼの分泌を抑制することで、男性ホルモンDHTの生成を抑制し、男性型脱毛症(AGA)の予防・改善に効果を期待されています。

男性ホルモン抑制成分として代表的なものに、フィナステリド、エストラジオール等があげられます。

こんな症状・原因の方におすすめ

  • AGAに悩んでいる方
  • 薄毛家系の方(AGAや壮年性脱毛症は遺伝による影響も大きいと言われています。)
  • M型薄毛の方
  • O型薄毛の方
  • 加齢・ストレス・きついダイエットなどが原因での薄毛の方(女性の薄毛の原因にもホルモンバランスの崩れが考えられます。)

血行促進タイプ

発毛促進タイプの育毛剤の多くは血行促進の成分が含まれています。
血流を良くすることで、頭皮に栄養が行き届きやすくし、さらに、頭皮を健康な状態に整えます。
毛細血管が広がることで、毛乳頭細胞が酸素や養分を吸収しやすくなり、毛の髪を作り出す毛母細胞の働きを活発にさせます。
頭皮の血行が悪いと、毛根に栄養が行き届きにくくなるだけでなく、老廃物が溜まりやすくなり、脱毛が進む原因になります。

血行促進作用が期待されている代表的な成分として、発毛促進成分として有名なミノキシジルや塩化カルプロニウム、センブリエキス等があげられます。

こんな症状・原因の方におすすめ

  • 運動不足の方
  • 喫煙の習慣がある方
  • 冷え性の方
  • 脂っこい食事が多く血管が詰まりがちな方
  • ストレスを溜めがちの方
  • ストレスによる円形脱毛症にお悩みの方
  • 頭皮が硬い方
  • O型薄毛の方
  • 後頭部の薄毛で悩んでいる方

毛母細胞活性化タイプ(栄養補給タイプ)

毛髪は毛母細胞(毛細胞)が正常に細胞分裂することによって生成されます。頭皮環境が悪化することで、毛母細胞の働きは弱まり、抜け毛、薄毛の原因となります。
毛母細胞活性化タイプの育毛剤は、毛母細胞の分裂を活発にさせる栄養を毛包に直接補給することで、強く健康な髪を育てる効果を期待しています。

毛母細胞活性化タイプは、育毛剤以外にも育毛シャンプー・育毛サプリメント等も多く、初めて育毛剤を使用する方も気軽に試しやすいことが特徴です。

代表成分には、ノコギリヤシや、亜鉛、ビタミン類、アミノ酸、オウゴンエキス、オトギリソウエキス等があります。

こんな症状・原因の方におすすめ

  • 食生活が乱れがちな方
  • 生活習慣の乱れが気になる方
  • 髪が細くなってきた方

皮脂分泌抑制タイプ

頭皮から皮脂が過剰に分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ、髪の毛の成長を阻害します。また、頭皮の炎症や脂漏性脱毛症の原因になる可能性があります。
皮脂分泌を抑制するタイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を健康に保つことで育毛を促す効果を期待されています。

皮脂分泌抑制タイプは育毛剤の他に、育毛シャンプーも多く販売されています。

こんな症状・原因の方におすすめ

  • 頭皮の脂が気になる方

頭皮保湿タイプ

脂っこい頭皮だけでなく、乾燥した頭皮も抜け毛(乾燥型薄毛)の原因になります。また、頭皮が乾燥するとフケがでやすくなり、毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害します。さらに、細菌の繁殖により毛根が炎症を起こし粃糠性(ひこうせい)脱毛症を起こす可能性があります。
外気からの刺激などから守るために、頭皮は常に保湿しておくことが求められます。

乾燥で硬くなった頭皮は、新陳代謝が低下し血行不良になりがちです。乾燥と血行不良が重なることで、さらに脱毛が促進されてしまうことも考えられます。
頭皮保湿タイプの育毛剤は、頭皮の乾燥を予防し、正常な育毛を促す効果が期待されています。

頭皮保湿の有効成分としては、イチョウ葉エキス・海藻エキス等が有名です。
男性用育毛剤だけでなく、女性用育毛剤・女性用育毛剤シャンプーにも保湿有効成分が配合されていることが多いです。

こんな症状・原因の方におすすめ

  • 乾燥肌・頭皮の乾燥が気になる方
  • 乾燥したフケが多いと感じる方

まとめ

症状に合った育毛剤のタイプは見つかりましたでしょうか?
育毛剤の中には複数のタイプの効果が期待されている商品もあるかと思います。
気になっている育毛剤の効果や配合成分をしっかり理解し、自分の症状・使用目的にあったものかを確認することが大切です。

ページのトップへ