薄毛や抜け毛など、そしてAGA治療(男性型脱毛症)の脱毛に悩んでいる人にとっては、どの育毛剤を使うのか、どの育毛シャンプーを購入するのかという薄毛対策は大きな悩みです。
効果が出やすい育毛剤に目が行きがちですが、育毛剤は医薬品のものもありますので、医薬品となると副作用も出てきます。
育毛には頭皮環境が大切ですので、育毛剤も大切ですが、頭皮や毛髪に直接関係のある育毛シャンプーを見直すことで薄毛改善にも繋がります。
では、この記事のメイン、AGA治療(男性型脱毛症)となる育毛シャンプーについてご紹介していきましょう。

育毛シャンプーとは

育毛シャンプーと市販のシャンプーの違い

育毛シャンプーと市販のシャンプーの大きな違いは、配合されている成分と洗浄力です。
薄毛や脱毛症ではない人にとっては市販のシャンプーでも問題ありませんが薄毛脱毛に悩む人にとっては大きな問題になります。

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎるので頭皮に必要な脂分を残さずに綺麗さっぱり洗い流してしまいます。頭皮も肌ですので、皮脂で肌を守っています。その必要な皮脂まで洗い流してしまうのが市販のシャンプーです。

必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌が乾燥してさらに肌を守ろうと皮脂の分泌が活発になり、頭皮が皮脂まみれになることで毛穴がつまってしまうので頭皮環境が悪くなり、抜け毛や脱毛の原因にもなります。
特に乾燥肌や敏感肌に悩みのある人は市販のシャンプーは厳禁です。

しかし育毛シャンプーの場合は必要な皮脂を残して余分な皮脂と汚れだけを洗い流してくれますので洗浄力の強さが全く違います。

育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分は市販のシャンプーとは異なります。
育毛シャンプーは頭皮にやさしい成分が使われていますので、植物由来のアミノ酸系や石けん系のものが多く、余分な皮脂と汚れを洗い流すと同時に頭皮や毛髪の健康を保ってくれています。

また、育毛シャンプーには血行促進を活発にしてくれる成分の配合量が多いものもありますので、育毛シャンプーで頭皮環境を良い状態にし、マッサージのようにもみ込むことで薄毛や脱毛の改善につながり発毛効果を促します。

育毛シャンプーは効果がないと言われているが…

効果がないのは体質に合っていない可能性がある

育毛シャンプーは効果がないということを言われていますが、それには原因があります。
人それぞれ肌質が違うように、頭皮に関しても一人ひとり違います。そのため、自分の肌質に合っていない育毛シャンプーを使っていても効果が表れないことがあり更に肌に合わない場合は酷くなってしまう場合もあります。

育毛シャンプーには様々な種類がありますので自分の肌質にあったシャンプーを見つけることが大切なのです。

育毛シャンプーを使い続けていない可能性がある

育毛シャンプーは医薬品ではありません。
これはサプリメントにも言えることですが、医薬品でない商品は使ってすぐ効果が表れるということはほとんどありません。つまり、頭皮や毛髪の状態が改善され育毛や発毛に繋げるためには育毛シャンプーを使い続けていくということが大切です。

育毛シャンプーの効果とは

頭皮の血行促進

薄毛や抜け毛、脱毛症などの原因は頭皮環境が悪く血行不良が原因となっていることがあります。育毛シャンプーの中には血行促進を促すものがありますし、育毛シャンプーで頭皮をマッサージすることで堅くなった頭皮を柔らかくして血行促進を促すものもあります。

また、毛髪を元気な状態にするには毛母細胞を活発にする必要がありますので、その毛母細胞を活発化させるのに血行不良の改善は最重要課題なのです。

育毛剤を浸透させるアシスタントをする

育毛シャンプー自体に毛髪や頭皮に有効な成分が配合されていることもありますが、やはり薄毛や抜け毛に一番良いとされる配合成分を含んでいるのは育毛剤です。その育毛剤の頭髪ケア成分を浸透させる役目をしているのも育毛シャンプーです。

育毛シャンプーで余分な皮脂や汚れを落とすことで必要な成分を浸透させやすくしますので薄毛・抜け毛対策には必要なシャンプーです。

毛根を強く健康にする

育毛シャンプーは先ほどの成分を浸透させやすくする働きがありますが、それと同じように毛根を強くする役割もあります。どうしても男性ホルモンが活発になると皮脂の分泌が活発になりますので毛根が不衛生な状態になり毛根に栄養が届かなくなります。
それを改善することができるのが育毛シャンプーです。
頭皮、毛根、毛髪を元気にするためには市販のシャンプーによく使われている石油系の合成界面活性剤や高級アルコール系界面活性剤が使われていない育毛シャンプーを使うことが大切なのです。

人気育毛シャンプーメーカーのおすすめランキング上位の評判や評価

人それぞれ体質が違うということで成分なども含めてご紹介していきたいと思います。

ウーマシャンプープレミアム

ウーマシャンプープレミアムは馬油とアミノ酸系洗浄成分を使っています。必要な油脂を残し、優しい洗浄力で汚れを落とします。
天然由来成分も25種類配合されており、頭皮の雑菌繁殖や乾燥を防いでくれるシャンプーです。

特に、フケやかゆみが気になる、髪にコシやハリがなくなってきた人や敏感肌の人におすすめの育毛シャンプーです。口コミや体験談でも髪の毛がしっかりしていて、フケやかゆみも出ないので気に入っているという体験レビューや高評価の記事もありました。

スカルプD

スカルプDは言わずと知れた常にランキング上位にある育毛シャンプーですが、この育毛シャンプーには最新のスカルプケア成分が配合されています。悪化した頭皮もきちんと整え発毛や育毛に必要な頭皮にしてくれるシャンプーです。
乾燥しがちで頭皮の皮脂が分泌されすぎてべとつく脂性肌悩みがある人や頭皮が堅い人にお勧めのシャンプーです。
スカルプDは医薬部外品ということで薬用シャンプーとなっていますので取り扱いは注意が必要ですが、脂性肌用や、超脂性肌、乾燥肌用など様々な肌質に対応していますので選びやすいかもしれません。
また、「haru黒髪スカルプ」という商品も販売されており、これは薄毛、抜け毛対策になると共に白髪を黒髪に改善していくという成分が含まれている商品です。100%天然由来成分で、キャピシキルやミノキシジルを含む8種類の発毛育毛成分を含んでいます。コンディショナーは販売されておりませんが、トリートメントがありますので、どうしてもシャンプーだけでは気になるという方はトリートメントをお勧めします。

口コミや体験談レビューを見ると「使用感が良く爽快で気持ちいい」「頭皮がすっきりする」「継続して使用するととても良い」「今までのシャンプーとは髪の触り心地が違う」という口コミがあり、評価も高い商品です。

キオティル

キオティルも髪と頭皮にやさしいアミノ酸系の洗浄成分が使われています。
このシャンプーは保湿成分が高く、キューティクルを保護する天然成分が26種類も配合されています。

また、ノンシリコンですので無添加にこだわっている人にもおすすめです。洗い上がりはさっぱりしているのに保湿成分が高く、天然成分で優しく洗い上げてくれますので指通りもなめらかになると普通肌の女性にも人気の育毛シャンプーとなっています。
このシャンプーの口コミや体験談レビューを見てみると「髪質が細くて柔らかいせいでどうしてもペタッとしてしまうのが、使ってみると髪にボリュームが出てふんわりしています」という意見や「香りも強くないですし使い心地が良く、髪がさらさらしっとりしています」と高い評価が目立ちました。

育毛シャンプーを選ぶ時に注意したいポイント

では、肝心の育毛シャンプーを選ぶ時に注意すべきポイントをご説明していきましょう。

アミノ酸系洗浄成分

これは育毛シャンプーでは必須です。洗浄力が強い市販のシャンプーはアミノ酸洗浄成分は使われていません。
アミノ酸系は肌や髪を同じ成分ですから、頭皮や毛髪にとても優しい成分です。シャンプーは毎日するものですから刺激が強すぎるものは避ける必要があります。

保湿成分配合か

頭皮の環境が悪化する原因として頭皮の乾燥が挙げられます。頭皮が乾燥することで血行不良にもなりますので、頭皮をしっかり保湿してくれる成分が配合されていることが条件です。

添加物の使用はないか

これは当然のことと言えますが、シャンプーに添加物となる香料や着色料が含まれていますと頭皮トラブルが起こります。
添加物は皮膚から吸収されると90%体内に蓄積されてしまいますので直接肌に触れるものは添加物を使用しているものは避けなければなりません。

今、ご紹介した3つのシャンプーはこれらの条件を全てクリアしているシャンプーなのです。

正しい育毛シャンプーの使い方

では次に育毛シャンプーの使い方ですが、いくら良い育毛シャンプーを使っていても使い方を間違えていると意味がありません。そこで、正しい育毛シャンプーの使い方をご紹介しましょう。

ぬるま湯で洗う

まず、頭皮や毛髪に直接あたるお湯はぬるめのお湯にします。汚れが取れやすいからと熱めのお湯で洗う方いらっしゃいますが、これは間違いです。
例えば、手に脂がついた時に熱いお湯であらうとどうでしょうか?
良く落ちますよね。
これが頭皮で起こるということは必要な皮脂まで落としてしまうことになります。ですので、頭皮や毛髪をすすぐ時はぬるま湯にしましょう。

泡をよくたててからマッサージを

よく、シャンプーを使う時にシャンプーを直接手のひらにとって、そのまま泡立てずに頭をごしごしして泡立てる人がいますが、これは間違いです。

頭をごしごしして汚れを落としているのではなく、汚れは泡で落ちます。ですので、まずは育毛シャンプーを手に取り、手のひらで泡立ててから頭に泡を置きます。髪と髪がこすれあうのもよくありませんから、髪を洗うのではなく頭皮をマッサージするように揉みましょう。

頭皮を指の腹でマッサージしている間に毛髪の方は泡で洗浄されていますので、必要以上に触る必要はありません。

髪の毛をしっかり乾かす

頭皮や毛髪をきれいに洗い終わったらしっかり乾燥させましょう。乾燥しきれていないと雑菌が繁殖したり濡れた髪がこすれ合うと髪が傷んでしまいます。強風ですと強すぎますので、弱風などあまり強すぎないドライアーで乾かすと良いでしょう。

最後に

市販のシャンプーではお勧めできませんが、育毛シャンプーなら泡パックもおすすめです。育毛シャンプーには有効成分が含まれているものも多いので、その成分を浸透させるためにも頭皮に泡をおいてパックするのもAGA(男性型脱毛症)の対策方法として良いでしょう。
ただし、肌に合わない時や肌に異常があった時はすぐに使用をやめ医師に相談するようにしましょう。
育毛シャンプーはオーガニック成分のものが多いですので女性でも安心して使えますし、薄毛や抜け毛に悩んでいない人も頭皮ケアができるということで使っている人も多いのです。
ただし、男性用や女性用に分かれているものもありますので注意しましょう。
また、育毛シャンプーには公式サイトから購入すれば効果がなければ返金しますという返金保証がついているものや送料無料返金保証という商品もあります。もし、どのシャンプーが自分の髪質や肌質に合っているかわからない時は価格も高いものですので返金保証のある育毛シャンプーを試してみても良いのではないでしょうか。

育毛シャンプーについて、こちらでも詳しく説明しています。興味のある方はどうぞ。
【関連記事:育毛剤の効果を高める育毛シャンプーの選び方と使い方
【関連記事:イクオスの育毛シャンプー!イクオスブラックシャンプーの効果と成分を解析