薬用育毛剤や発毛剤には、発毛や育毛を促す成分が配合されています。
配合成分のひとつ、ピディオキシジルは、長年の研究により新たに開発され、育毛効果が高い成分として育毛業界の中でも注目を集めています。
ピディオキシジルは注目どおりの育毛効果は本当にあるのか、育毛効果と副作用について徹底検証してご紹介します。

ピディオキシジルとは

finjia_LP目を覚ませ
ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体として注目されている新たな発毛有効成分です。ミノキシジル誘導体とは、ミノキシジルの基本構造はそのままで、成分や分子の配置を替えた化合物を表します。
つまり、ミノキシジルとピディオキシジルの分子構造は、僅かな違いはあるものの、ほぼ同じものとなります。

医薬成分のミノキシジル

ミノキシジルは、男性型脱毛症を改善するAGA治療に使用される医薬成分として広く知られています。
もともとミノキシジルは、高血圧を改善するために開発された血管拡張成分でした。
高血圧の治療の過程で、ミノキシジルを投与した患者のなかに新たな発毛促進が見られたことから、発毛効果があることがわかり、現在では、薄毛治療の分野で広く使われています。

日本においては、薬用育毛剤のなかで発毛医薬品として唯一認可されているのは、ミノキシジル配合の「リアップシリーズ」が大正製薬から販売されています。
ミノキシジルは、発毛効果が期待される有効成分である一方で、頭皮の痒みや赤み、湿疹など皮膚疾患やめまいや動悸を引き起こすなどの副作用の可能性が指摘されています。
リアップは、母乳への影響を避けるために授乳中の女性への使用が禁止であることも、ミノキシジルに副作用のリスクの証ともいえます。

ミノキシジル誘導体のピディオキシジル

ミノキシジル誘導体のピディオキシジル
ピディオキシジルは、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドが正式名称の育毛成分です。
ミノキシジル誘導体として新たに開発されたピディオキシジルは、まつ毛美容液として販売され、化粧品業界では育毛効果に高い評価を受けました。
高い評価を背景に、まゆ毛美容液や育毛シャンプーなど新しい商品も次々と登場しています。

ピディオキシジルの最大の特徴は、ミノキシジルと似た高い発毛促進効果をもつ成分構造でありながら、浸透性の高さと副作用のリスクがないことです。
医薬成分ではなく、化粧品成分として使われていることが、ピディオキシジルの安全性を証明しています。

ピディオキシジルは、まつげ美容液の他にも、「BOSTONスカルプエッセンス」などの育毛スカルプエッセンスなどに配合されています。

ピディオキシジルの育毛効果

ピディオキシジルには、発毛成分であるミノキシジルと同様の育毛効果が期待できます。
ピディオキシジルの育毛効果についてご紹介します。

血管拡張作用で毛母細胞に栄養を届ける

薄毛抜け毛の原因のひとつに、頭皮の奥底にある毛母細胞の栄養不足があげられます。
毛母細胞に十分な栄養素を届ける役割を果たしているのは、体中に張り巡らされている血管です。
ピディオキシジルは、血管拡張作用によって頭皮の血流を促し、健康な髪を育てる働きが期待できます。

毛母細胞に直接働く

毛乳頭にある毛母細胞が分裂することで髪の毛が作られます。
ピディオキシジルは、毛母細胞に直接働き、細胞分裂の活性化を促す効果があり、活性化した毛母細胞は、細胞分裂を繰り返しながら、太くて強い髪が成長することで、薄毛を改善する効果が期待できます。
また、ピディオキシジルには健康な髪の成長に欠かせないヘアサイクルを正常に整える力もあり、育毛に効果的です。

成長因子が毛母細胞を活発にする

ピディオキシジルは、シアル酸やEGF、PPTEなどの成長因子が含まれおり、休止している毛母細胞を成長因子によって活発にさせる働きがあります。
成長因子とは、細胞の再生や修復を行う成分のことで、毛髪の健康な成長のために欠かせない成分といっても過言ではありません。

ピディオキシジルのデメリット

ピディオキシジルのデメリット
ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体として育毛効果が期待される育毛有効成分として効果が期待されます。
ミノキシジルと異なる点は、副作用のリスクがないことです。

しかし、そんな優れたピディオキシジルにも、デメリットがあります。

ピディオキシジルのデメリット1 育毛効果が緩やか

ピディオキシジルのデメリットとしてあげられるのは、育毛効果が緩やかな成分であることです。
発毛効果が認められる医薬品成分ミノキシジルとは異なり、短期間で育毛効果を得ることができません。
したがって、ピディオキシジルの育毛効果を実感するためには、長期的な使用が必須となります。
一方で、有効成分の浸透力が高いため、時間をかけることで優れた発毛力を発揮する成分として期待できます。

ピディオキシジルのデメリット2 脱毛酵素を抑制する働きがない

ピディオキシジルは、頭皮の血行促進効果や毛母細胞を活性化させる働きで育毛効果を発揮します。
しかし残念ながら、男性型脱毛症の原因となる強力な男性ホルモン(DHT)を生成する酵素5αリダクターゼを抑制する働きは持ち合わせていないため、ピディオキシジルを単

たとえば、ピディオキシジルの育毛効果を高めるためには、育毛剤成分であるキャピキシルとの併用が効果的といわれています。キャピキシルに含まれるビオカニンAには、5αリダクターゼを抑制する効果が期待されます。他の成分と組み合わせることで、育毛の相乗効果を得ることが可能です。

ピディオキシジルで副作用がでたというケースは?

副作用
ピディオキシジルには、使用することで副作用がでたという情報は実験やデータで報告されていません。
ピディオキシジルにおいて副作用は、稀なケースともいえます。
しかし、直接肌に湿布する育毛剤では、副作用の不安がぬぐいきれないことも現実ですよね。
ピディオキシジルによって副作用は起こりませんが、アレルギー体質の方や敏感肌の方に副作用に似た症状が起こる場合も考えられます。

たとえば、どんな化粧品でも全ての人に100%合うとは限りませんよね。使用に不安がある時は、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。体質に合わないと判断したら、育毛剤の使用を中止することも大切です。

副作用と勘違いしやすい初期脱毛

また、育毛剤の副作用と勘違いしやすい症状として、育毛剤を使い始めると髪の毛が大量に抜ける場合があります。
育毛剤の使い始めから1ヶ月ほどまでおきる抜け毛のこと「初期脱毛」と呼びます。
初期脱毛は、育毛剤の効果成分が頭皮に浸透することで新しい毛髪が生まれる初期の段階を迎えている証です。しばらくすると抜け毛の症状が治まるのが一般的なので、様子をみてください。

ピディオキシジル配合の育毛商品


ピディオキシジルは、副作用の不安もない上、優れた育毛効果が期待できます。

ピディオキシジルは、美容成分としてまつ毛美容液や育毛スカルプシャンプーを中心に配合され、ピディオキシジル配合の製品として「スカルプDまつ毛美容液」「スカルプDシャンプー」「ボストンスカルプエッセンス」が有名です。

美容効果と合わせて、圧倒的発毛効果が期待されるピディオキシジルは、育毛剤として注目されています。
ピディオキシジル配合育毛剤「フィンジア」は、キャピキシル成分5%とピディオキシジル成分2%を配合しており、相乗効果による優れたスカルプケアが特徴です。
さらに、頭皮の血行を促すカプサイシンも加えることで、頭皮環境を整える効果を高めています。
育毛剤ランキングなどの口コミでは上位に登場していることでも知られています。
気になるかたは、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

ピディオキシジルは副作用がなく育毛効果が期待できる成分

ピディオキシジルは副作用がなく育毛効果が期待できる成分
育毛業界で注目の新成分「ピディオキシジル」についてご紹介しました。
ミノキシジルのデメリットともいえる副作用を取り除いたピディオキシジルは、その優れた育毛効果に期待が寄せられています。
ミノキシジル育毛剤である男性用発毛剤を使えない女性の方や、ミノキシジルの副作用が不安で使用を諦めていた方は、同様の効果が期待できるピディオキシジルを是非試してみてください。

ピディオキシジルについて紹介したページです。詳しく解説しましたので読んでみてください。
【関連記事:ピディオキシジル配合育毛剤への期待