アルコールは殺菌効果に優れており、防腐剤として育毛剤や化粧水に含まれています。現在販売されている育毛剤や化粧品、シャンプーの殆どにアルコールが成分配合されていることをご存知でしょうか。


育毛剤に配合されているアルコールの詳しい働きや頭皮トラブルなど副作用の可能性、アルコール濃度の低い育毛剤についてご紹介します。

アルコール配合のメリット

アルコール配合のメリット
アルコールの配合はどのような目的があるのか、アルコール配合することでどのようなメリットがあるのかをまとめました。

頭皮への抗菌作用

アルコールは、消毒・殺菌効果が期待できる抗菌成分です。怪我をした際に傷口の菌を消毒するために消毒用エタノール(消毒液)として使用したことがある方も多いと思います。

頭皮にも見えない菌が繁殖しており、頭皮にフケやかゆみなど様々な悪影響を引き起こす要因となるため、頭皮環境に悪影響を及ぼす菌を殺すためにアルコールは有効です。

皮脂汚れを溶かす

男性の頭皮は皮脂が多く、頭皮の毛穴周辺に皮脂がこびり付いた状態の場合、育毛剤を頭皮に塗布しても育毛有効成分の浸透を妨げてしまい、育毛効果が薄れます。そこで、配合したアルコール成分によって皮脂や汚れを溶かすなど、育毛剤の浸透率を阻害する物質を除去します。

育毛剤の品質保持

育毛剤を開封した後、常温保存すると雑菌などが入り育毛剤が劣化しやすくなります。
アルコールのもつ殺菌作用を活かし、育毛剤の使用期限を延ばす機能を果たします。

育毛剤の成分を混ぜる効力

育毛剤の配合成分が、水とうまく混ざり合わない場合育毛効果が期待できなくなるため、成分同士を溶解し、混ぜ合わせるためにアルコールが配合されます。

アルコール成分の配合量と種類

「エタノール」と名前の付く成分には、フェノキシエタノール、無水エタノール、エタノールがあります。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、防腐効果を目的に配合されている成分です。フェノキシエタノールは、天然成分の緑茶・玉露に含まれている成分であるため、厚生労働省が定めた旧表示指定成分(個人差はありますが、体質によって皮膚トラブルを発症する可能性がある成分)に該当していません。

エタノール

エタノールは、アルコール成分の中に5%程水分が配合されてるものを指します。水分を含まないエタノール濃度99.9%である無水アルコールに殺菌作用はなく、水分で薄めることにより、初めて殺菌作用を持ちます。
エタノール成分は、水、油にも溶ける性質を持つ理由から、市販・通販、国内・海外、医薬品・医薬部外品の製品に関わらず、ほとんどの育毛剤や化粧品の成分表示にはエタノールが記入されています。

また、エタノールには清涼感を出す作用もあるため、エタノール配合の育毛剤を使用すると、頭皮がスースーする場合があります。

アルコール成分のデメリット

デメリットを紹介
様々なメリットを持つアルコール成分ですが、デメリットも存在します。

肌質によっては痒みやかぶれが発生する

アルコールアレルギーを持つ方や、乾燥肌や敏感肌など肌が弱い方は、刺激性が強いアルコール含有の育毛剤を使うと、かゆみやかぶれなどの副作用が発生する可能性があります。

また、揮発性が非常に高いエタノールはすぐに蒸発するため、エタノールを多く配合した育毛剤を塗布することで蒸発する際に頭皮の水分を一緒に奪ってしまいます。水分の蒸発が原因で頭皮が乾燥し、痒みの原因となる可能性があるため、注意が必要です。

カラーリングやパーマが落ちる

アルコールの作用でカラーリング(毛染め)やパーマが落ちやすくなることもあります。更に、パーマ液やカラーリング剤により、頭皮に痒みや腫れがでることもあります。頭皮環境が良くない状況でアルコールの入った育毛剤を使うと、炎症箇所を広げる可能性を高めてしまいます。

アルコール濃度の低いおすすめ育毛剤

店頭に並ぶ育毛剤は前述した品質保持のため高濃度のアルコールが配合されています。そこで、アルコール濃度の低い無添加タイプの医薬部外品の育毛剤を紹介します。

BUBKA(ブブカ)

株式会社天真堂が製造する薬用ブブカは、成分内のフェノキシエタノールとエタノールを、薬記法(旧薬事法)で定めている含有割合にすることで、「ノンアルコール」と表示できる状態になりました。育毛促進や毛髪の成長、血行促進などを促す褐藻類エキスであるM-034という成分を世界で初めて商品化した育毛剤です。

イクオス

イクオスは株式会社キーリーから販売されている、無添加の男女兼用育毛剤です。添加物の使用を控え、天然成分を中心に構成されています。育毛剤の配合成分数は2017年6月現在、育毛業界最多の61種類を誇ります。複数の配合成分によって頭皮環境の改善や育毛、男性ホルモンの抑制など、様々な方面から育毛へアプローチし、薄毛や脱毛を改善します。

また、水分子をナノサイズまで分解した「低分子ナノ水」によって浸透率を高めているため、育毛有用成分を毛根の奥の毛母細胞や毛乳頭細胞まで届けることで、発毛効果が期待されます。

イクオスに配合されているアルコール量は微量であるため、副作用を発症する可能性は少ないとされています。

M-1育毛ミスト

株式会社サラヴィオ化粧品が製造するM-1育毛ミストは、ノンアルコールでニオイやベタつきが無いことが特長です。独自の研究により酵母の力によって髪の毛の元になる毛母細胞の活性が促進されます。また、育毛剤の浸透性を高める為、育毛剤成分を低分子化しています。

マイナチュレ

マイナチュレは株式会社レッドビジョンから販売されている女性用育毛剤です。男性用の育毛剤とは配合成分が違い、女性の育毛に必要とされる髪の毛の栄養素を豊富に含むほか、刺激が強い化学成分を配合していないため、副作用の可能性が低い点がポイントであり、妊娠中や授乳中の抜け毛にも使用可能です。

マイナチュレに配合されているD-パントテニルアルコールは、新陳代謝を活発化する働きや保湿、抗炎症作用のある成分です。D-パントテニルアルコールの副作用の可能性は低く、育毛剤として頭皮に塗布する際は、ほとんど体内へ吸収されることはありません。

チャップアップ

チャップアップは株式会社キーリーから販売されている、無添加の男女兼用育毛剤です。イクオスと同様に天然成分を中心に構成されており、育毛剤の配合成分数は44種類です。

チャップアップは、皮膚科専門医監修のパッチテスト・スティンギングテスト、アレルギーテスト、放射性物質検査など、4種類に及ぶ検査を経たため、安全性が高い商品であると言えます。

チャップアップに配合されているアルコール量は微量程度であるため、副作用を発症する可能性は少ないといえます。

育毛剤を割引価格で購入する方法

育毛剤の公式サイトには、「定期購入コース」が用意されている場合が多く、定期購入コースから育毛剤を購入することで、通常価格から割引された価格で購入することが出来ます。

また、定期購入コースと併せて、万一育毛剤に満足できなかった場合、「全額返金保証」といったサービスが用意されていれば、公式サイトから購入し返金保証期間内だった場合のみ利用することが出来ます。

今回ご紹介したアルコールフリーの育毛剤はすべて公式サイトに「定期購入コース」「返金保証制度」が用意されているため、購入を検討されている方はぜひご参考ください。

育毛剤の定期購入について詳しく知りたい場合は、こちらのページもご参考にどうぞ。
【関連記事:育毛剤の定期購入のメリットと知っておきたい注意点