ピディオキシジルは育毛剤業界で現在、注目を集めている話題の育毛新成分です。
ピディオキシジル配合の育毛剤を使用したユーザーからも、育毛効果があったと高い口コミ評価を得ています。


ピディオキシジルの評判を育毛剤の口コミ記事をみてみると、今までの育毛剤に配合されている育毛成分の中でも育毛効果が高く、副作用もなく安心して使えることが人気の理由のようです。では、ピディオキシジルの育毛効果とは、どのようなものなのでしょうか。

ピディオキシジルは実験開発された新成分

ピディオキシジルは長年、AGAとよばれる男性型脱毛症の薄毛治療で、育毛・発毛成分として名を馳せてきた発毛医薬品成分ミノキシジルのデメリット部分を研究改良して発明された育毛業界で新たに期待されている新成分です。

ピディオキシジルは圧倒的発毛効果を持つミノキシジルの誘導体

ピディオキシジルは、別名ミノキシジル誘導体と言われる成分です。
誘導体とは、ある化合物をベースに化合物の性質を変えない程度にデメリットなどを改良した化合物のことです。

実際、ピディオキシジルの分子構造は、ミノキシジル誘導体の成分構造を一部だけ置き換えたもので、成分構造を一瞬見ただけでは区別がつかないほど似ています。

ピディオキシジルのベースのミノキシジルとは

ピディオキシジルのベースとなったミノキシジル成分は、男性型脱毛症の外用治療薬として厚生労働省に認可された発毛効果を持つ発毛薬です。

日本では、ミノキシジル配合の発毛薬を手に入れるには、基本、薄毛治療病院で医師に処方してもらう方法しかありません。
その他は、大正製薬のリアップがミノキシジル配合された発毛剤として唯一、市販医薬品として販売されています。ミノキシジルの発毛効果については、日本皮膚科学会も「効果あり」と認めています。

ミノキシジルの副作用の可能性

AGA治療薬のミノキシジルは発毛促進効果と同様に、副作用の可能性についても有名です。

ミノキシジルはもともと高血圧治療のための医薬品として使用され、利用者の副作用として多毛がでたことに着目して発毛剤に利用した経緯があります。
そのためミノキシジルには、血流に作用する効果があるため、副作用として血圧低下、動悸、めまい、むくみなどが起きる可能性があり、高血圧患者や循環器疾患をもつ人は使用を禁止されています。

また、ミノキシジルは頭皮の血管を拡張し発毛効果を促すため、頭皮にかゆみやかぶれ等が発生する場合があります。

ミノキシジルは吸収率が悪い

ミノキシジルの短所で、ミノキシジルは元々、内服薬であったため、外用薬として塗布した場合、頭皮への浸透力(吸収率)が低いということも指摘されています。

ピディオキシジルの育毛効果効能

ピディオキシジルはミノキシジルを改良することにより、ミノキシジルの発毛力を保ったまま副作用の改善や浸透率を高めることに成功した成分です。

血管拡張作用により毛根に栄養を届ける

ピディオキシジルはミノキシジルと同じく血管拡張作用があります。
頭皮の血管が拡張されることで、育毛に必要な栄養素を血流に乗せ、髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞を包む毛根まで髪の毛の成長に必要な栄養素を届けることができます。

一生懸命、髪の毛の成長に必要な栄養素をとっていても、肝心の毛根内にある毛母細胞や毛乳頭細胞に届かなければ髪の毛の成長も進みません。

毛母細胞活発作用による育毛活性

ピディオキシジル成分は、髪の毛の製造の源となる毛包内の毛母細胞の分裂を活性化する育毛効果があります。

人の髪の毛は毛母細胞の細胞分裂を活発に行うことで、髪の毛が育ちます。
また、ピディオキシジルの毛母細胞が活発効果で、毛髪が生え変わる周期(ヘアサイクル)を整えることが出来ます。

ヘアサイクルとは

薄毛の人のヘアサイクルは髪の毛を太く長く育てる成長期が短く、髪の毛が抜け新しい髪の毛が生える準備期間休止期が長くなっています。
乱れたヘアサイクルの状態が続くと、髪の毛が細く弱々しい髪の毛しか生えなくなります。髪の毛がハゲてしまいます。

ピディオキシジルの育毛効果が表れる期間

ピディオキシジルにはヘアサイクルを正す働きがあります。

ヘアサイクルを正常に戻し、休止期に入った毛母細胞を活性化させるには、時間がかかり個人差はありますがおよそ3か月から6か月かかるとされ、ピディオキシジルの育毛効果も同等の時間がかかることになります。

ピディオキシジルの安全性と副作用

実はピディオキシジルは、日本では育毛効果がある成分として使われ始めたのではありません。

しかし、お隣の韓国では、ピディオキシジルはすでに特許成分として認可されており、育毛剤や美容液として発売されてるという情報があります。

日本でも養毛剤に配合される前に、ピディオキシジルはまつげの成長成分として、スカルプDボーテピュアフリーアイラッシュというまつ毛美容液やボーテピュアフリーアイブロウというまゆ毛美容液として販売され、まつ毛の育毛効果があり、購入者からも高い評価を得たのため育毛剤の流用も始まりました。

ピディオキシジルの副作用も今のところ報告されていません。
また、まつげ美容液はデリケートな目に触れてしまう可能性がある商品のため、安全性が高い配合成分でないと使うことが許されません。しかし、安全性が第一のまつ毛美容液の中にピディオキシジルの成分が配合されているということは、ピディオキシジルの安全性も認められているものである、と伺うことができます。

ピディオキシジルと併せてセットで摂取したい育毛効果成分

ピディオキシジルは、頭皮の血行促進効果が高く毛母細胞分裂を活性化するはたらきがあり、 髪の成長や発毛には充分期待できる成分ですが、M字ハゲやAGA(男性型脱毛症)の原因となる脱毛男性ホルモンを抑制する働きがありません。

ピディオキシジルだけでなく、脱毛男性ホルモンや脱毛酵素の発生を抑制する成分を併せて摂取すると、より育毛効果や薄毛改善効果が期待されます。

ピディオキシジル成分を配合したスカルプエッセンス

実はピディオキシジルが配合された育毛商品は「育毛剤」というのではなく、「スカルプエッセンス」といいます。

医薬部外品の育毛剤とよばれる商品は、厚生労働省が「育毛効果がある」と認可した成分を配合するヘアケア用品指します。
ピディオキシジルは海外で育毛効果があり、というデータが有り育毛に期待される成分ですが、厚生労働省から育毛効果が認可されていないため、薬機法上では化粧品に分類されます。厚生労働省の育毛効果を認める検証検査も繰り返し繰り返し行われるため時間がかかり、まだピディオキシジルは育毛剤とは名乗れないのです。

しかし、韓国などでは既にピディオキシジルは育毛有効成分と認められており、多数の育毛剤に配合されています。ピディオキシジルが日本でも育毛有効成分と認可され育毛剤とよばれる日は、そう遠くないかもしれません。

ピディオキシジルを配合している日本製のスカルプエッセンスの製品をご紹介致します。

フィンジア(Finjia)

フィンジア
フィンジアはピディオキシジルの成分が配合されているとともに、DHTとよばれる脱毛ホルモンを抑制するキャピキシル成分が配合されたスカルプエッセンスです。

フィンジアに配合されたキャピキシル濃度は2.0と他の育毛剤と比較しても、キャピキシル成分の配合量は随一です。

特徴的な点は、ゲートアクセス理論という浸透率をあげる方法があります。唐辛子の辛み成分・カプサイシンを独自配合し、カプサイシンのもつ発汗作用によって血行促進や頭皮を活性化させ、頭皮の毛穴を拡張させて、有効成分の浸透率を高めるという方法です。

公式サイトでは、定期購入コースや万一商品に満足できなかった場合、返金保証制度が設けられています。

ボストンスカルプエッセンス(BOSTONスカルプエッセンス)

BOSTONスカルプエッセンスキャンペーン実施中!
ボストンスカルプエッセンスは、ピディオキシジルとキャピキシル配合に加え、フラーレンという成分が配合されているスカルプエッセンスです。フラーレンとは、浸透性や保湿効果のある角質の仲間で、頭皮を柔らかくし、スカルプエッセンスの吸収率をあげるなど、美容効果の高い成分です。

公式サイトでは、定期購入コースや万一商品に満足できなかった場合、返金保証制度が設けられています。

スカルプエッセンスの効果的な使用方法

スカルプエッセンスを塗布する際、頭皮に育毛有用成分が行きわたるようにするため、血行が良い風呂上りにスカルプエッセンスを塗布したり、塗布後の頭皮マッサージをおすすめします。

ピディオキシジルは育毛効果に期待がもてる成分である

ピディオキシジル成分は副作用もなく育毛効果が期待できる新成分として育毛剤業界から注目されている成分であり、今後様々なヘアケア商品に利用される日も近いことでしょう。また、ピディオキシジルは、ミノキシジルが持病によってミノキシジルの使用が禁止された人、また他の育毛剤で育毛効果が得られなかった人は一度、試す価値のある育毛成分といえるのではないでしょうか。

ピディオキシジルについて詳しく知りたい場合は、こちらのページもご参考にどうぞ。
【関連記事:ピディオキシジルの育毛効果と副作用を徹底検証!
【関連記事:ピディオキシジルの内服薬はあるのか?