使用前に知っておきたい育毛剤の副作用について

錠剤の画像

育毛剤について調べる時、育毛剤の副作用についての書き込みを見かけることは少なくありません。育毛剤や発毛剤で薄毛対策をしたいけど、副作用が怖い…」といったお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで、発毛剤や育毛剤の副作用の原因や、副作用例についてまとめました。

発毛剤の副作用【危険性大】

発毛成分であるミノキシジルやフィナステリドを配合した発毛剤(発毛薬)は、高い薄毛改善効果を持ちます。

しかし、薄毛対策には有効的である反面、日常生活に支障をきたす副作用発生の可能性があります。そのため、発毛剤は厚生労働省から「第一類医薬品」に分類され、購入制限が課されています。

育毛剤と発毛剤の違いは簡単に言うと「副作用の危険性が高い発毛成分を配合しているかしていないか」です。発毛剤と育毛剤の名前や効果の違いについて、詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤の名前による育毛効果の違いとは?【育毛剤・養毛剤・発毛剤】

ミノキシジル成分の副作用

【ミノキシジル成分の副作用】

成分名
ミノキシジル
効果
血行促進効果による発毛効果
副作用
・動悸、めまい、息切れ、不整脈
・血圧の低下
・内服した場合、腕毛やすね毛など全身の多毛症
・頭皮のかゆみ、かぶり、火照り、炎症
代表的な製品
・リアップシリーズ(市販あり)
・ロゲイン(市販無し)
・ミノキシジルタブレット(市販無し)
(ミノタブとも呼ばれている内服タイプの発毛薬)

発毛有効成分ミノキシジルは、血管拡張作用をもつ成分です。血行促進を行うことで、毛根の奥の発毛細胞(毛母細胞や毛乳頭細胞)へ発毛に必要な栄養が血流によって送り込みまれます。

ミノキシジル成分は元々は高血圧治療に使用されていたため、副作用として表中で紹介した血圧の低下や動悸などが発生する可能性があります。また、血管拡張効果から、頭皮にかゆみやかぶれが発生するケースもあります。

ミノキシジル配合の発毛剤による副作用発症率について、詳しくはこちらの記事の【リアップには危険性がある】という項目をご参考ください。
育毛剤よりも高い育毛効果!発毛剤リアップとは

ミノキシジル成分は女性でも使用が可能

ミノキシジル成分は、男性ホルモンや女性ホルモンなどホルモンバランスを作用する力はありません。そのため、女性もミノキシジル配合の薄毛治療薬を使用することができます。

大正製薬から販売されている壮年性脱毛症専用の発毛剤「リアップシリーズ」では、男性用の発毛剤と女性用の発毛剤がそれぞれ販売されています。詳しくはこちらの記事をご参考ください。

女性用のリアップリジェンヌについて
女性のために大正製薬から発売された育毛剤リアップ
男性用のリアップX5について
水谷豊さんがテレビCMをしている育毛剤リアップx5の効果とは

フィナステリド成分の副作用

【フィナステリドの基本データ】

成分名
フィナステリド
効果
前立腺に働きかけ、
AGAの原因となる脱毛男性ホルモンの活性化を抑制する
副作用
・性欲減退(発症率1.8%)
・勃起機能の低下(発症率1.3%)
・肝機能障害(元々の肝臓機能が影響するため不明)
・うつ症状(発症率1.0%)
・精子減少(発症率1.1%)
代表的な製品
・プロペシア(市販無し)
・フィンペシア(市販無し)
(フィナステリド成分が配合された薄毛治療薬は、2017年8月現在、内服薬タイプのみ)

発毛有効成分フィナステリドは、前立腺に働きかけ、AGA(男性型脱毛症)の原因となる脱毛男性ホルモンを抑制します。そのため、フィナステリド成分の利用は、AGA改善に最も有効的な治療方法であるといえます。

フィナステリド成分は、元々は前立腺肥大の治療薬に配合される医薬成分でした。そのため、副作用として表中で紹介した男性機能障害による勃起不全などが発生する可能性があります。

男児を妊娠中の女性はフィナステリド成分に要注意

フィナステリド成分は高いホルモン作用力を持つため、女性の使用は禁止されています。また、フィナステリド成分配合の医薬品に触れるだけで、フィナステリド成分を皮膚吸収してしまい、男児を妊娠中の女性がフィナステリド成分に触れると胎児の男性器が奇形となるなどの副作用も示唆されています。

発毛剤による副作用のリスクを減らす方法

発毛剤による副作用のリスクを減らす方法として、発毛剤を購入する前や処方を受ける際に、医師や薬剤師に自分の体質や肌質について相談する方法が有効的です。

発毛剤の購入方法

発毛剤で唯一市販が許可されて得いるのは大正製薬の「リアップ」のみで、購入時や処方時は、医師や薬剤師との対面販売が義務付けられています。(また、通販でリアップを購入する場合は、薬剤師などの資格を持つ人とメールで体質や肌質についての確認が行われます)

リアップ以外の発毛剤は市販の許可が下りておらず、AGAクリニックなどで医師からの処方を受ける形になります。

発毛剤の個人輸入は副作用のリスクが高まる

輸入代行業者に頼り、海外製の発毛剤を個人輸入することで、日本で市販の許可が下りていない発毛剤を入手することが出来ます。

しかし、アメリカの製薬会社は「個人輸入で流通している医薬品は偽薬である可能性が高い」と発表していることや、オオサカ堂ショップなどの人気輸入代行サイトを利用して正規品の発毛剤を輸入しても、医薬品成分の配合濃度が高く、思わぬ副作用が発生する危険性があります。

AGA治療薬や育毛剤を輸入代行で購入するメリット・デメリット

育毛剤の副作用

医薬品の発毛剤ほど高い副作用の可能性はありませんが、医薬部外品の育毛剤や化粧品の養毛剤も以下のような副作用が発生する可能性があります。
【代表的な育毛剤の副作用と原因】

症状例
原因
頭皮のほてり・ヒリヒリ感
・アルコール成分による頭皮の炎症
・育毛剤の血行促進効果
参考URL:
育毛剤を使ったらひりひり?知っておきたい頭皮のメカニズム
頭皮の痒みやかぶれ
・化学成分の刺激によるダメージ
・頭皮に傷やニキビなど異常が発生している
・アレルギー反応が発生している
参考URL:
育毛剤の副作用で炎症が起こる場合の原因

それでは、育毛剤の副作用の原因について詳しく解説します。

育毛剤の副作用の原因1:添加物による副作用

育毛剤に添加される化学成分は、防腐効果や殺菌効果によって育毛剤の品質を高める反面、頭皮に強い刺激を与えるため、かゆみやかぶれといった副作用を発生させる可能性があります。

育毛剤に配合される代表的な化学成分として、アルコール成分やメントールなどの清涼剤、香料、着色料、パラベン、石油系界面活性剤などが挙げられます。

育毛剤によるかゆみについて、以下の2記事で解説しています。是非ご参考ください。
育毛剤によるかゆみの解説と対策方法

「無添加」表記にも要注意

育毛剤を購入する場合、化学成分の配合を控え、天然成分を中心に構成された無添加の育毛剤がおすすめです。

化学成分をひとつも配合していない商品は「完全無添加」という表記ができますが、化学成分を配合していても、「○○という化学成分を配合していないため、○○成分のみ無添加。略して無添加の育毛剤!」と表記する事ができるため、「無添加表記の育毛剤には化学成分が配合されていない」という訳ではありません。

無添加の育毛剤を購入する場合、「何成分の化学成分を使用していないか」「自分がアレルギー反応をおこす成分を配合していないか」育毛剤の成分表示をしっかり確認しましょう。

育毛剤の副作用の原因2:頭皮に異常がある

育毛剤に配合されている頭皮ケア成分は、頭皮環境を整え、育毛を促す働きを持ちます。

しかし、頭皮に傷やかぶれなど、異常ある状態で育毛剤を使用すると、頭皮に炎症がおきる・かゆみやかぶれが悪化するといった可能性があります。頭皮に異常をきたしている場合は、育毛剤の使用を避けましょう。

育毛剤の副作用の原因3:アレルギー反応

アルコールアレルギーや植物アレルギーなどアレルギー体質の方は、育毛剤の配合成分によってアレルギー反応を発症する場合があります。特に、無添加の育毛剤は植物成分を中心に配合しているため、植物アレルギーを持つ方の育毛剤の使用はおすすできません。

また、アルコールアレルギーをお持ちの方は、ブブカやM-1ミストなど、ノンアルコール育毛剤がおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご参考ください。
育毛剤のアルコール成分による副作用や安全性とは?

好天反応!初期脱毛とは

育毛剤の使用開始から数週間後、髪がごっそり抜け落ちる場合があります。これは育毛剤の副作用ではなく、髪の毛が細く弱々しい抜けやすい髪の毛かから、太く抜けにくい髪に生え変わる過程で発生する「初期脱毛」という育毛剤の好転反応です。

初期脱毛は長くても大体1か月程度でおさまります。しかし、1か月以上経っても初期脱毛が収まらない場合は、育毛剤の使用を中止して皮膚科などの専門機関を受診しましょう。

育毛剤を使ったらなぜハゲるのか、その原因とは

性別の違いによる育毛剤の副作用に注意!

男性と女性では薄毛や抜け毛を発症する原因が違うため、自分の性別とあっていない育毛剤を使用すると、ホルモンバランスが乱れ、思わぬ副作用を発生する場合があります。

また、男性用育毛剤は女性用育毛剤と比較して、化学成分を配合することが多い・配合成分濃度が高い傾向にあります。そのため、特に女性が男性用育毛剤を使用することはおすすめできません。

夫婦で育毛剤を使用したい場合は、男女兼用育毛剤がおすすめです。
男女兼用育毛剤の効果とは?育毛剤の男性用と女性用の違い

ページのトップへ