育毛剤使用中に痒み(かゆみ)が出たら?

育毛剤のよくある頭皮トラブルが、痒み(かゆみ)です。ここで気になる点は、この痒みの原因はさて、育毛剤にあるのか、頭皮に原因があるのか、それとも?と気になります。それでは、痒みの原因についてまとめてみました。

頭皮が痒いのはなぜ?

育毛剤を使用中に痒みを感じた時の痒くなった原因をまず考えてみましょう。

育毛剤に原因がある場合

育毛剤が合わない

香料や着色料が含まれている育毛剤もあります。育毛剤の香料や着色料が刺激になりかゆみの原因になることもあります。紫外線吸収剤も頭皮に影響が出やすい成分になりまます。

育毛剤の成分が強すぎる

育毛剤とは、薄毛、うぶ毛をヘアサイクルに合わせて育てるための成分が配合されていますが、育毛剤の中にも、地肌にダメージを与える成分を含んだ育毛剤はあります。ダメージというよりは、成分が強すぎるための頭皮が育毛剤成分に負けてしまう状態です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは発毛効果、発毛促進に強い成分ですが、ミノキシジル配合の育毛剤は肌荒れ(ミノキ焼け)しやすい副作用があります。未成年、女性の使用は禁止とされていて、妊婦の方が触れた場合、胎児にも影響が出る可能性があり、処方箋無しで購入はできません。ミノキシジル配合の発毛剤として有名なのがリアップです。

エタノール

エタノールは製品寿命を格段に延ばしてくれるため、化粧品や育毛剤には、よく使われる成分です。その反面、アルコール成分で刺激物になりますので肌が荒れやすい方や、敏感肌の方にはエタノールフリーと表記されている商品をおすすめします。

メントール+エタノール

さらに刺激は強くなります。もし、肌が過敏な人にとってはメントールが入った育毛剤は避けた方がいい育毛剤になります。清涼感=メントール配合と表記されている育毛剤があります。こちらはアルコールの一種で、メントール効果により、爽快感でストレス解消、血行促進、消炎効果、抗菌効果があり育毛効果もあるのですが、少量しか配合してありません。メントール配合が直接的に、抜け毛、脱毛症の症状に効果的とまでは期待できません。アルコールの一種で、一時的な清涼感を感じるほどなので、弱っている状態の肌には刺激になります。

育毛剤の使用法の間違い

育毛剤の使用量や使用方法、使用するのに良いとされているタイミングなどがパッケージに記載されています。有効成分や育毛剤の使用量や使用方法、再度見直し確認をするのも良いでしょう。使用量で一度に育毛剤をつける量が多過ぎても頭皮に負担をかけますし、使用頻度が違えば効果も変わります。使用方法で爪を立てて、ゴシゴシ頭皮マッサージをするのも、頭皮に傷をつけてしまいます。育毛剤を使用するタイミングも大切です。髪の毛が皮脂で汚れているや整髪料が残っている状態では、育毛剤の浸透を妨げ、痒みの原因になります。

頭皮に原因がある場合

頭皮環境が荒れている

頭皮は顔の皮膚よりデリケートで薄いです。食生活で脂質が多い食事を繰り返したり、喫煙、睡眠不足は、ホルモンバランスを乱します。その上、皮脂の量増えて毛穴に詰まったり、汚れ残ったりすることで頭皮環境が乱れます。高温40度以上のシャワー、 洗髪の時に爪を立てるような洗い方、頭皮にダメージをあたえるようなブラッシングは頭皮環境荒す原因になります。

頭皮に傷がある

冬場になると、肌全体が乾燥が進みます。乾燥が進むと肌が荒れやすい状態になり、痒みも感じます。乾燥して掻いてしまうと、フケが出やすくなります。それと頭皮を掻くことで傷がつき、治りかけの擦り傷がかさぶたになり、痒くなるのと同じで、頭皮でも傷が付くと痒みを感じます。

実はアレルギーがある

育毛剤には添加物と言われる化学物質が配合されています。代表的な配合成分としてパラベンや石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などが添加物です。普段は炎症反応が出なくても、体調不良だと反応が出てしまうケースもあります。アレルギー体質や敏感肌、乾燥肌などでなければ、必要以上に添加物を避ける必要はありませんが、今は天然由来成分配合や、無添加の商品もたくさんも出ているので、そういった育毛剤を選ぶのも一つです。

その他に原因がある場合

身体が温まった時の痒み

寒い日にお風呂の湯船に入った時に、つい、痒くて体を掻いてしまった経験は皆さんありませんか?アレは、湯船につかり、体が温まり血行が良くなったために痒みを感じたためです。育毛剤の血行促進効果で痒みを感じる時はありますが、育毛剤が効いているから痒いのか、そうでないのか、見極めが大切です。

ストレス

ストレスと聞くとメンタル的な疲労感や、体調を気にしがちですが、肌トラブルも多くなります。疲れやストレスが溜まりすぎると頭皮に湿疹が出来やすくなったり、痒みの原因になります。皮膚は体内を守るものであり、体内の状態を表すバロメーターになっています。インフルエンザなどの感染症で高熱になったときも同じようなことが言えます。高熱で体調が弱ってる時は頭皮環境が悪化しやすいので育毛剤の使用には注意が必要です。

食生活の乱れ

食生活が乱れると、体内のホルモンバランスが乱れます。急激なダイエットは体の末端の髪の毛には、ものすごいダメージになります。末端の髪の毛まで栄養が行き渡らずに薄毛抜毛が進行してしまいます。その逆の脂質が多い食生活とすると、頭皮の脂が増えてしまい、毛穴が詰まりやすくなります。

痒みが出た時の対策

頭皮専用の美容液を使う

育毛剤ではなく、頭皮専用の美容液を使用するの良いでしょう。育毛促進するものではありませんが、頭皮環境を正常な状態に戻してくれます。育毛効果を期待するには、育毛に一番大切なのは健康的な頭皮環境です。育毛剤の使うのは、頭皮を正常化してからでも遅くはありません。頭皮のコンディションをまずは整えてから、もう1度育毛剤にチャレンジしましょう。

女性の薄毛に特化した育毛サプリ

育毛サプリもたくさんの種類があります。海外からの輸入商品も多いのですが、国産の育毛サプリもあります。国産育毛サプリのご紹介をします。

マイナチュレサプリ 「女性用育毛剤・マイナチュレ」の姉妹品のサプリ

あんまり気が進まない方は国産の育毛サプリがおすすめです。国産の育毛サプリとしてはマイナチュレサプリがあります。姉妹品の「女性用育毛剤・マイナチュレ」は、無添加の育毛剤として人気商品です。女性の薄毛対策に特化した成分配合として、人気が高い育毛剤です。
「女性用育毛剤・マイナチュレ」の姉妹品のサプリなので、成分の安全性は確かです。そして、サプリ商品として人気・口コミも評判が高く、メール、電話による育毛サポートが充実しているのも評価が良いポイントです。

刺激を与えない

頭皮の活性化による痒みは、放っておいても改善されません。少しでも頭皮の痒みを感じる場合、まず、育毛剤の使用をストップして様子をみましょう。頭皮の刺激を最小限に抑えるように心がける事が大切です。痒みが止まっても油断してはいけません。育毛剤の使用量を減らて、頭皮を刺激しすぎないようにするのがポイントです。刺激を減らすためにも、40度以上のシャワーでのシャンプーをやめて、40度以下のシャワーで、いたわりながら洗髪しましょう。 生活習慣の改善を心がけ、過度なストレス、体調管理、しっかり睡眠時間を見直しましょう。食生活は激辛料理は頭皮にも影響があるので注意しましょう。

育毛剤を見直しても、痒みが消えない時は?

育毛剤をかえても痒みが改善されない場合、育毛剤とは別の原因が考えられます。もしくは、育毛剤の使用でトラブルが起き、治療が必要な状態になっている可能性もあります。かゆみだけだからと安易に思わず、放っておくと症状が悪化してしまう恐れもあるので、皮膚科、専門医の診察を受けましょう。頭皮トラブルが進行すると、育毛剤の使用ができず、薄毛治療を休まなくてはなりません。
専門医の診断で原因が特定されれば、症状も早めに対処ができ、最小限に抑えることができます。

ページのトップへ