育毛剤について調べている際「養毛剤」「発毛剤」など、見慣れない育毛剤の名前が表示され、混乱される方も多いのではないでしょうか。

そこで、育毛剤の見慣れない名前や用語について、徹底解説いたします!

育毛剤・養毛剤・発毛剤はそれぞれ違う製品

育毛剤 養毛剤 発毛剤
分類 医薬部外品 化粧品 医薬品
育毛有効成分 × ×
医薬成分 × ×
購入方法 通販
薬局
育毛サロン
など
通販
薬局
育毛サロン
など
通販(リアップのみ)
薬局(リアップのみ)
AGAクリニック

一般的に、髪を生やすための製品をひとくくりに「育毛剤」と呼びがちになりますが、実は育毛剤は、「育毛剤」「養毛剤」「発毛剤」の3種類に分類され、それぞれ育毛効果や購入方法などが変わります。

それでは、育毛剤・養毛剤・発毛剤について、代表的な製品も交え、詳しくご紹介します。

育毛効果が期待される「育毛剤」とは

育毛効果が期待される「育毛剤」とは
育毛剤とは、厚生労働省から「育毛効果がある」と認められた育毛有効成分が配合されている医薬部外品の製品を指します。

育毛剤をおすすめする人・できない人

育毛剤は、育毛有効成分が配合されているため、育毛・養毛効果が厚生労働省から認められているものの、発毛成分が配合されていないため、発毛効果を期待することはできません。

  • 脱毛症が発生しておらず、薄毛を予防したい方
  • 薄毛や抜け毛が気になり始めた
  • 脱毛症の進行状態が初期段階の方

という方には育毛剤での育毛効果が期待できます。

しかし、「薄毛が進行しすぎて、頭部の皮膚が露わになっている」「脱毛症が進行しすぎて毛根が死滅してしまった」と言う方には、育毛剤では抜け毛対策や薄毛対策を行うことができません。

育毛剤に副作用はある?

育毛剤は、化学成分の使用を控えた無添加の育毛剤であれば、副作用が発生する可能性は低いといえます。しかし、保存料などの化学成分が配合された育毛剤は、頭皮に強い刺激を与えるため、かゆみやかぶれなどの副作用が発生する可能性があります。

肌質の弱い方は、育毛剤の購入前にかかりつけの皮膚科などの専門機関で、購入予定の育毛剤について相談しましょう。(副作用発生の可能性を下げることができます。)

性別による育毛剤の種類

薄毛や抜け毛の原因は性別によって変わることから、育毛剤は「男性用」「女性用」「男女兼用」の3種類に分類されています。

※育毛剤は性別ごとに配合成分・配合成分量が大きく変わります。自分の対象性別とは違う育毛剤を使用すると、思わぬ副作用発生の原因となるため、育毛剤は必ず自分の性別に合った製品を使用しましょう。

男性用育毛剤とは

男性用育毛剤は、男性の薄毛や抜け毛の主な原因となる「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症対策を目的に、AGAの原因となる脱毛男性ホルモンを抑制する成分が配合された成分がメインとなります。

AGA対策をメインとした男性用育毛剤の中には、M字ハゲ(AGAの代表的な薄毛症状)のみに特化した育毛剤も販売されています。

また、男性は清涼感のある使い心地を好むことから、メントールやアルコール成分などの化学成分配合することが多いです。

女性用育毛剤とは

女性用育毛剤とは、女性の主な薄毛の原因であるホルモンバランスの乱れと、頭皮の栄養不足に着目した製品です。

女性ホルモンに似た働きを行うイソフラボンを配合し、ホルモンバランスの乱れを改善するほか、髪の毛の生成に必要な栄養分を豊富に配合する製品が多く見受けられます。

妊娠中・授乳中でも使用でき、天然成分を中心に構成された無添加の女性用育毛剤として、特に「ベルタ」と「マイナチュレ」の2製品が、様々な口コミランキングサイトで人気です。

男女兼用育毛剤とは

男女兼用育毛剤は、男女共に起こる脱毛症の原因(頭皮環境の悪化による脱毛症など)を、副作用が発生しないように配合成分量を調整して製造された製品です。

人気の育毛剤は主に男女兼用の製品ですが、その中でも価格や配合成分数、育毛効果などの面から、以下の3製品が様々な口コミランキングサイトで1位を争っています。

  • ・イクオス
  • ・チャップアップ
  • ・ブブカ

薄毛の予防に用いられる養毛剤とは

養毛剤とは、育毛有効成分・発毛成分が配合されておらず、頭皮ケア成分による薄毛予防効果、脱毛予防効果を持つ化粧品分類の商品です。スカルプエッセンスとも呼ばれています。

養毛剤をおすすめできる人・できない人

養毛剤の養毛料には、厚生労働省から育毛効果や発毛効果が認められた成分が配合されていません。そのため、養毛剤をおすすめできるのは、「脱毛症を発症しておらず、薄毛予防を行いたい方」に限られます。

しかし、薬機法上メーカーが育毛効果や発毛効果を謳うこうとはできませんが、独自の実験、または海外で育毛有効成分と認められた成分を配合した養毛剤も存在します。

養毛剤に副作用はある?

養毛剤も育毛剤と同じく、植物エキスなど天然由来成分を中心とした無添加製法で化学成分の使用を控えた製品は、副作用の可能性が低いと言えます。しかし、化学成分が配合されている製品は、肌質が弱い方にとって、かゆみやかぶれなど頭皮トラブル発生の原因となります。

発毛効果を持つ発毛剤とは

薄毛の予防に用いられる養毛剤とは
発毛剤(発毛薬やAGA治療薬とも呼ばれます)は、厚生労働省から「発毛効果がある」と認められた発毛有効成分が配合されている、第一類医薬品の製品を指します。発毛有効成分は、2017年8月現在「ミノキシジル成分」と「フィナステリド成分」の2種類です。

育毛剤・養毛剤と比較して、発毛剤には

  • 高い発毛治療効果・薄毛改善効果がある
  • 日常生活に支障をきたす副作用の可能性
  • 市販で販売されている商品は「リアップ」のみ

といった特徴があります。

発毛有効成分・ミノキシジルとは

ミノキシジルは、血行促進効果によって強い発毛力をもつ医薬成分です。ミノキシジルは血管の拡張を行い、毛根の奥の発毛組織(毛母細胞や毛乳頭細胞)まで血液によって栄養を送り込むことで発毛を促します。

また、ミノキシジルには毛量を増やす効果の他、髪の毛の成長周期(毛周期)を整え、抜け毛となりにくい髪の毛を作る作用もあります。

ミノキシジル成分は、男性ホルモンや女性ホルモンを作用する働きがないため、女性の発毛治療や薄毛治療にも利用される医薬成分です。

ミノキシジル成分による副作用

ミノキシジル成分は、元々高血圧治療に用いられた医療用医薬品成分であるため、副作用として血圧の低下、動悸、息切れや、頭皮の血管を拡張することによる頭皮のかゆみやかぶれといった副作用が発生する場合があります。

ミノキシジル配合の発毛剤

ミノキシジルが配合されている代表的な発毛剤をご紹介致します。

  • リアップシリーズ
  • 大正製薬から販売されている塗布タイプの発毛剤で、唯一市販が許可された第一類医薬品の発毛剤です。「リアップリジェンヌ」は女性用、その他のリアップはすべて男性用の発毛剤です。

  • ミノキシジルタブレット
  • ミノキシジルタブレット内服用タイプの発毛剤です。ミノキシジル成分は皮膚吸収されにくいため、経口摂取によって浸透率を高めることができます。日本では市販の許可が下りていません。

発毛促進成分・フィナステリドとは

フィナステリドは、男性ホルモンを抑制する働きによって脱毛男性ホルモンを抑制し、AGAの改善を行う医薬成分です。高いAGA改善効果があり、AGA治療薬として世界各国で利用されています。

フィナステリドの副作用

フィナステリド成分は、元々前立腺治療のための医薬成分でした。そのため、副作用として男性機能の減退が報告されています。

また、女性の使用は禁止されており、特に妊娠中の女性は、フィナステリド成分配合の発毛剤に触れるだけで、フィナステリド成分を皮膚吸収してしまい、胎児の生殖器に異常をきたす可能性があります。

フィナステリド配合の発毛剤

フィナステリドが配合されている代表的な発毛剤は、MMD株式会社が製造しているプロペシアが挙げられます。プロペシアに限らず、フィナステリド配合の発毛剤は、日本で市販の許可が下りていません。

育毛剤・養毛剤・発毛剤は入手方法も違う

育毛剤・養毛剤・発毛剤は入手方法も違う
育毛剤と養毛剤は店頭や通販で購入することができますが、発毛剤に市販が許可された製品はほとんどありません。それでは、育毛剤・養毛剤・発毛剤の購入方法をそれぞれご紹介します。

育毛剤や養毛剤の購入方法

育毛剤や養毛剤は、店頭で購入できる商品もありますが、口コミランキングサイトなどで特に人気の高い製品は、ほとんどが通販で販売されています。

最安値での育毛剤・養毛剤の購入方法

通販で育毛剤や養毛剤を購入する方にお勧めしたいのは、公式サイトで案内されている「定期購入コース」の利用です。

定期購入コースを利用することにより、

  • 定価よりも割引価格で購入できる
  • 育毛サプリメントや育毛シャンプーと育毛剤をセット価格で購入できる
  • 万一育毛効果や養毛効果に満足できなかった場合に利用できる「全額返金保証」などを受けることができる

といった特典が挙げられます。定期購入の特典は、育毛剤メーカーによってそれぞれ変わるため、気になる育毛剤や購入予定の育毛剤があれば、公式サイトをしっかりチェックしましょう。

発毛剤の購入方法

唯一市販の許可が下りている第一類医薬品の発毛剤は、大正製薬から販売されているリアップのみです。プロペシアなど、市販されていない発毛剤はAGAクリニックに通院し、処方を受ける方法があります。

個人輸入はリスクが高い

市販されていない発毛剤を入手する方法として個人輸入が挙げられますが、アメリカの製薬会社が「偽薬が多く出回っている」と発表していること、正規品を購入することができても発毛医薬成分の濃度が高く副作用の可能性が高まるなど、様々な危険性が想定されます。

そのため、当サイトからは発毛剤の個人輸入はおすすめできません。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは
ジェネリック医薬品とは、先に販売していた医薬品の特許が切れたため、全く同じ成分・製法で作られた後発の医薬品を指します。ジェネリック医薬品は開発費や宣伝費にお金がかからないため、先発医薬品と比較して安価で購入することができます。

ジェネリック医薬品の発毛剤として、ミノキシジル配合のロゲインやカークランド、フィナステリド配合のフィンペシアなどが挙げられます。

AGAクリニックによっては、医師にジェネリック医薬品の処方を希望することで、治療費をおさえることができる場合があります。

※AGAクリニックによって、ジェネリック医薬品の取り扱いを行っていない場合もあります。

こちらでジェネリック医薬品について紹介しています。ぜひ読んでみてください。
【関連記事:【厳選】低価格でコスパ良し!おすすめ育毛剤まとめ