覚えておきたい育毛基礎知識まとめ

育毛剤を購入する際は、医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分類される様々な育毛剤の中から、自分の脱毛症に合った育毛剤を選択しなければ育毛効果が発揮されるとはいえません。


そこで、簡単な育毛剤の分類の解説や、脱毛症状別におすすめの育毛剤をまとめました。

育毛剤の分類まとめ

育毛剤は、

  • 医薬品の発毛剤
  • 医薬部外品の育毛剤
  • 化粧品の養毛剤

の3種類に分類されます。それぞれの特徴と代表的な製品をまとめました。

医薬品の発毛剤

厚生労働省から「発毛効果がある」と認められた発毛剤を指します。発毛剤は有効的な薄毛対策方法や脱毛症の治療方法として、AGAクリニックや薄毛治療院で取り扱われています。

発毛剤は強い発毛力の反面、副作用の可能性が高いため、全面的に購入の許可が下りておらず、第一類医薬品の発毛剤の中でも大正製薬が販売しているリアップシリーズのみが市販の許可を得ています。

代表的な発毛剤
ミノキシジル成分配合
・リアップシリーズ
・ロゲイン
・カークランド
・ポラリスNRシリーズ
フィナステリド成分配合
・プロペシア
・フィンペシア

医薬品の発毛剤について、詳しくはこちらの記事をご参考ください。
あなたの使っている育毛剤は医薬品?

発毛剤は頭皮環境を改善する効果が少ない

発毛剤に配合されている成分は、発毛医薬成分にのほかに、育毛効果のない成分や添加物がほとんどです。(公式サイトによると、リアップの配合成分には、ジブチルヒドロキシトルエンやエタノール、プロペシアの配合成分には結晶セルロースや三二酸化鉄などの添加物が配合されています。)

そのため、仮に発毛剤でAGAを改善しても、頭皮環境が悪ければ別の脱毛症を発生する可能性もあります。

筆者個人としては、薄毛が進行して育毛剤では脱毛症を抑制できなかった場合のみ、発毛剤の使用をおすすめします。育毛剤は、脱毛症を抑制する成分のほか、頭皮ケア成分を多く含む製品が多数販売されています。

医薬部外品

医薬部外品の育毛剤は、厚生労働省から「育毛効果がある」と認められた育毛有効成分が一定濃度で配合された製品を指します。

育毛剤の口コミ人気ランキングで上位に表示される医薬部外品育毛剤は、化学成分の使用を控え、乾燥肌や敏感肌の方でも使用できる無添加育毛剤がほとんどです。しかし、無添加の育毛剤は化学成分である保存料を使用していないため、店頭では販売されておらず、インターネットの通販限定で購入できます。

代表的な人気育毛剤
男性用育毛剤
・プランテル
女性用育毛剤
・マイナチュレ
・ベルタ
男女兼用育毛剤
・イクオス
・チャップアップ
・ブブカ
・ポリピュアEX

最強の育毛剤とは?人気の高い育毛剤をご紹介!

化粧品

化粧品分類の養毛剤(スカルプエッセンス)は、一定濃度の育毛有効成分が配合されていません。しかし、育毛有効成分の代わりに、頭皮ケア成分のほか、企業内の研究により育毛効果が確認され、育毛業界でも注目されている、成長因子(グロースファクター)などの育毛新成分を配合しています。

代表的な養毛剤
キャピキシル配合
・フィンジア
・モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D
・ボストンスカルプエッセンス
ピディオキシジル
・フィンジア
リデンシル
・モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D

詳しくはこちらの記事をご参考ください。
育毛剤の口コミサイトで人気のフィンジアを徹底解析
育毛剤deeperの効果について

脱毛症状別のおすすめ育毛剤まとめ

育毛剤は豊富な種類がありますが、配合されている成分により

  • AGA(男性型脱毛症)を抑制する
  • ホルモンバランスを整える
  • 頭皮の血行を促進する
  • 皮脂の過剰分泌を抑制する(脂漏性脱毛症の改善)
  • 頭皮を保湿する(粃糠性脱毛症の改善)

など、製品によって育毛効果は様々です。

そのため、「育毛剤を購入する際は自分の脱毛症を抑制できる成分が配合されているか」を重視しましょう。

先ほど例に挙げた5つの脱毛症の原因を抑制する代表的な成分と育毛剤をそれぞれご紹介致します。まとめました。

AGAを抑制する代表的な成分と育毛剤

AGAの代表的な症状
・O字ハゲ
(頭頂部が薄毛となる症状)
・M字ハゲ
(髪の生え際部分がM字型に後退する脱毛症)
・U字ハゲ(A字ハゲ)
(側頭部の髪を残して薄毛となる症状)
AGAを抑制する代表的な成分
・オウゴンエキス
・ダイズエキス
・ビワ葉エキス
・クララエキス
・ヒオウギ抽出液
・クワエキス
・シャクヤクエキス
・セイヨウキズタエキス
・ゴボウエキス
・ローマカミツレエキス
・シナノキエキス
・ヒキオコシエキス
・ボタンエキス
…など
AGA抑制成分配合の代表的な育毛剤
・イクオス
・チャップアップ
・ブブカ
・プランテル
(M字ハゲ専用)

男性の薄毛の大半が、AGAだと言われています。AGAとは、男性ホルモンが脱毛酵素と結合し、脱毛男性ホルモン(悪玉男性ホルモンDHT)に変換され、脱毛を促すシグナルを発生させるほか、ヘアサイクルを乱し、薄毛や抜け毛を進行させます。

ホルモンバランスを整える代表的な成分と育毛剤

ホルモンバランスの乱れによる
代表的な症状
・髪の毛全体のボリュームダウン
・頭頂部を中心に薄毛が広がる
・びまん性脱毛症
ホルモンバランスを整える
代表的な成分
・ヒオウギ抽出液
・ダイズエキス
…など
イソフラボン成分を配合した
代表的な女性用育毛剤
・マイナチュレ
・ベルタ
・薬用ハリモア

女性の薄毛の大半は、産後や更年期障害による女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れることにより発生する傾向にあります。

ヒオウギ抽出液や大豆エキスは、女性ホルモンに似た働きをおこなうイソフラボンが配合されています。そのため、ホルモンバランスを整えるにはヒオウギ抽出液や大豆エキスが配合された女性向けの育毛剤をおすすめします。

頭皮の血行を促進する代表的な成分と育毛剤

頭皮の血行不良による
代表的な症状
・頭皮の硬化により髪が育ちにくくなる
・育毛剤の浸透力が下がる
・毛根の奥の毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養が行きわたらなくなる
頭皮の血行を改善する
代表的な成分
・センブリエキス(育毛有効成分)
・M-034
・ニンジンエキス
・ジオウエキス
・シラカバエキス
・ドクダミエキス
・天然ビタミンE
・オランダカラシエキス
・ニンジンエキス
・マツエキス
…など
血行促進成分を配合した
代表的な育毛剤
・イクオス
(M-034を他2種類の海藻成分と共にAlgas-2として濃縮配合)
・ブブカ
(M-034を濃縮配合)
・チャップアップ
・M-1ミスト
・薬用オメガプロ

頭皮は加齢やストレス、睡眠不足や栄養不足など生活習慣の乱れによって血行不良となり、頭皮環境が悪化する事で薄毛や抜け毛が進行します。

厚生労働省に育毛効果が認められている成分のうち、「センブリエキス」は高い血行促進効果を持つため、薄毛に悩む方はセンブリエキスを主成分に据えている育毛剤の選択がおすすめです。

※今回表中で紹介した育毛剤は、全て主成分にセンブリエキスを含む育毛剤であるため、ご参考になれば幸いです!

また、頭皮の血行を促進するには頭皮マッサージや軽い運動などもおすすめです。

皮脂の分泌を抑制する代表的な成分と育毛剤

皮脂の過剰分泌による
代表的な症状
・脂漏性皮膚炎
・脂漏性脱毛症
・加齢臭
皮脂の過剰分泌を改善する
代表的な成分
・ビタミンC
・ビタミンB6
・カシュウ
・オドリコソウエキス
…など
皮脂の過剰分泌を抑制する
代表的な育毛剤
・イクオス
・チャップアップ
・ブブカ
・ポリピュアEX

頭皮の皮脂が不足すると頭皮が乾燥状態になり、脳が「もっと皮脂を分泌しなきゃ!」と皮脂が過剰に分泌されてしまい、表中の脱毛症や頭皮環境の悪化が発生します。

皮脂の過剰分泌を抑制するには、表中で紹介した育毛剤を使用するほか、頭皮に必要な皮脂を残し、余分な皮脂は汚れと共に洗い流す育毛シャンプーの併用がおすすめです。

頭皮の乾燥を防止する代表的な成分と育毛剤

頭皮の乾燥による
代表的な症状
・フケやかゆみの発生
・皮脂の過剰分泌
・血行不良
・粃糠性脱毛症
頭皮を保湿する
代表的な成分
・ヒアルロン酸
・海藻エキス
・アロエエキス
・イチョウ葉エキス
・ピロリドンカルボン酸Na
…など
頭皮を保湿する
代表的な育毛剤
・イクオス
・チャップアップ
・ブブカ
・ナノインパクト

頭皮が乾燥すると、前述した皮脂の過剰分泌が発生するほか、フケによる頭皮のかゆみ、フケが毛根を塞ぐことによる粃糠性脱毛症などが発生します。

育毛剤ナノインパクトは、保湿成分をメインに配合された育毛剤です。詳しくはこちらの記事をご参考ください。進化したナノインパクト100の特長と育毛成分の効果

また、頭皮の乾燥には育毛剤と併用して、頭皮エッセンス(頭皮用美容液)などの育毛製品の使用をおすすめします。

育毛剤のお得な購入方法

育毛剤を購入する際は、定期購入コースの利用がおすすめです。定期購入コースとは、育毛剤の公式サイトからの申し込み限定で、毎月決まったスパンで育毛剤を自宅まで定期配送してくれるサービスを指します。

また、定期購入を利用すると、育毛剤メーカーによっては、育毛剤を割引価格で購入できるほか、万一育毛剤の育毛効果に満足できなかった、使用感が好みではなかったなど、返品を希望する場合、返金保証期間内であれば返金を受けることが出来る「全額返金保証」を受けられる場合があります。

育毛剤を購入する場合、あらかじめ購入予定の育毛剤の公式サイトに、定期購入コースと全額返金保証が用意されているか確認しましょう。

育毛剤の使用方法

自分の脱毛症に効果的な育毛剤を使用しても、育毛剤の使い方が間違っていれば育毛効果は期待できません。

育毛剤は髪の毛ではなく頭皮に塗布する

育毛剤は、頭皮や毛根の奥の発毛組織に栄養を与え、育毛を促します。そのため、育毛剤を塗布する際は髪の毛ではなく、頭皮に育毛液を塗布しましょう。

育毛剤の容器がスプレー式である場合、髪の毛に育毛液が付着しないように、しっかり髪をかきわけてください。

育毛剤の用法用量を守る

育毛剤は、育毛剤に期待される本来の育毛効果が期待できません。また、塗布する育毛剤の量が既定の量より多いと、頭皮に炎症が発生するなど、思わぬ副作用の原因となる可能性があります。

育毛剤は既定の用法容量を守って使用しましょう。

育毛剤の使用期間

髪の毛の成長周期(ヘアサイクル)により、毛髪は「成長期(約2~7年)」「退行期(約2週間)」「休止期(3~4か月)」を繰り返しています。

退行期や休止期は、毛根の奥の発毛細胞が休止状態にある為、育毛剤を使用しても育毛効果はあまり期待できません。そのため、育毛効果を実感するためには、最低でも3か月から半年の継続使用が必要となります。

ページのトップへ