育毛剤の使用をはじめて、髪の毛や頭皮に変化を感じられるほどの効果が出るまでにはどのくらい継続して育毛剤を使用する必要があるのかご存を知でしょうか?

ハゲが気になって、市販の育毛剤や発毛剤をすでに購入した方も、育毛剤や育毛サプリをまとめたサイトで情報収集・検討中の方も、気になるのは「使用している育毛剤が自分の症状に適しているか、はたして効果は出ているのか?」と、疑問がある方も多いようです。

育毛剤効果・変化を感じるためには

育毛剤の変化を感じる

なかなか育毛剤の効果を実感できない、育毛剤を塗布することを忘れてしまうなどのお悩みもあるかと思われます。育毛剤の塗布忘れを防ぐためにも使用のタイミングを定める方法をご紹介します。

育毛剤を塗布することを習慣化

育毛剤を使用するタイミングを決めてしまうことで習慣化させれていきます。育毛剤を継続して使うことを習慣化させましょう。

例えば、お風呂上りに髪を乾かし、歯磨きの前に育毛剤をつける、朝起きて顔を洗ったら育毛剤をつけるといったように、朝と夜の2回の使用タイミングを洗面台で鏡を眺める時間の中に頭皮ケアの時間として組み込んでしまうのです。このように身支度として習慣化させてしまえば、自然と育毛剤の使用を続けられるようになります。

頭皮の変化を観察しよう

頭皮の変化は

育毛剤の使用開始前に、光源などが一定の条件の場所を定点として、頭皮の状態を観察しておきましょう。目視での確認はもちろん、スマホなどのカメラ機能を活用をし、頭皮の状態を写真で記録をとっていれば、頭皮のトラブル状態を記録することはもちろん、育毛効果や改善率を確認する際の判断材料になるためおすすめです。

健康的な頭皮とは、透明度があり青白い色をしています。育毛剤を使用する前の頭皮の状態を把握することで、このように育毛剤を使用したことで変化したかがわかります。

育毛剤は薄毛対策・脱毛予防が目的

薄毛の対策方法を紹介
表のように、厚生労働省の薬機法により分類分けがさせており、使用目的や配合成分により商品を見極める必要があります。

発毛剤 育毛剤 養毛剤
分類 医薬品
(該当商品は大正製薬のリアップシリーズのみ)
医薬部外品 化粧品
副作用 ミノキシジルの副作用が出る可能性あり アルコール等の配合成分により可用性あり アルコール等の配合成分により可用性あり
効果 ミノキシジルによる発毛効果・抜け毛予防効果 薄毛対策と改善・抜け毛予防効果 髪の栄養補給

このようにたくさんの育毛ケア商品が販売されており、厚生労働省の薬機法で定められており分類されています。育毛剤選びをするにあたり、育毛剤の人気関連サイトや公式ホームページをみていると男性の主な脱毛症といえる男性型脱毛症(AGA)るという症状がよく紹介されています。

男性型脱毛症(AGA)とは

AGA(男性型脱毛症)を発症する年齢が30代から50代の男性脱毛や薄毛のことを壮年性脱毛症と言い、10代から20代で発症する場合は若年性脱毛症といわれます。主な男性の薄毛の原因とされている男性型脱毛症(AGA)は、遺伝的要素もありますが、男性ホルモンによる影響が大きいと言われています。

男性ホルモンが、5αリダクターゼ酵素という還元酵素が結合する事により、脱毛を促す男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。男性ホルモンが過剰分泌されることでDHTも増加し、頭頂部・生え際の抜け毛が増え薄毛症状になります。

50代以下の年齢で生え際や頭頂部の薄毛対策でお悩みなら、発毛専門クリニックなどに通院し、医師による診察を受け、発毛促進効果のあるAGA治療薬を服用する方法もありますが、発毛剤・育毛剤で自分の症状に適した薄毛予防・薄毛治療をする方法があります。

気になる変化をチェックしよう

気になる変化をチェックしよう
育毛剤や発毛剤、養毛剤を使い始めたら、使用効果が出てくるまえに頭皮にさまざまな変化が出てくる可能性があります。

「毛が太くなった」「抜け毛が減った」などプラスの変化とともに「育毛剤や発毛剤、養毛剤を使い始めたらヒリヒリと頭皮にしみる」「フケがふえた」「毛穴が赤く腫れてきた」などの頭皮トラブルを記載した口コミレビューも多いようです。

頭皮を刺激するアルコール成分

育毛剤には、頭皮や毛根を刺激するアルコール成分(主にエタノール)が配合成分されているものがあります。アルコール成分の皮脂を溶かす作用で、肌のバリア機能を破壊してしまう可能性があり、赤み・腫れ・湿疹が出る場合があります。このような症状は、アレルギー症状の可能性もあるので、育毛剤の使用は中止した方が良いといえます。

フケ・かゆみ症状

血行促進成分が入っていることが多い育毛剤では、頭皮の血行がよくなるため、ごくわずかなかゆみを感じる可能性があります。

ただし、思わず指で掻いてしまうようなレベルのかゆみの場合、これは炎症反応といえます。同時に頭皮の色が赤みを帯びていれば、成分に対するアレルギー反応の可能性があります。アレルギーの場合、さらに頭皮を掻いて傷ができ、その傷からさらに炎症を起こすという悪循環が考えられます。爪で掻いてしまうレベルのかゆみ、赤みが頭皮に出たらすぐに使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

育毛剤には、配合成分として角質溶解成分が含まれていることが多いです。効果としては、有効成分や栄養を毛穴に浸透しやすくする働きがあり、毛穴周辺に残りやすい皮脂や汚れによるつまりを防ぎ、育毛剤使用前よりフケを減らす効果があります。

フケを減らす効果があるにも関わらず、育毛剤を使用し始めてから使用前よりもフケが出る場合、育毛剤の成分が原因で頭皮にトラブルを与えている可能性があります。使用を中止し皮膚科を受診しましょう。

公式サイト・ECサイトや通販で購入できる育毛剤の中には、「使ってみて、効果を感じられない」「匂い・ベタつきなどが気に入らない」などの理由がある場合、一定期間内であれば開封後でも返品保証対応がついているものがあります。全額返金保証がついているアイテムを選ぶことで、使用感が気に入らなかったり、頭皮にヒリヒリ、かゆみ、ふけなどの炎症反応がでた際の対応が出来ます。

育毛剤効果が感じられる目安期間

育毛剤は育毛効果に即効性があるわけではなく、継続して使用するからこそ育毛効果が実感できます。育毛剤は育毛効果に即効性があるわけではなく、継続して使用するからこそ頭皮環境・髪質の改善、育毛効果が実感できます。使用方法を守り、最低でも3か月間継続して使用する必要があります。頭皮の内側にある毛包の中の毛乳頭が髪の成長を司どり、毛母細胞から髪の毛が生え新生毛となり、新生毛にコシが出て毛量アップが実感できるまでには、もちろん個人差はありますが一般的に半年後になるといわれています。髪の寿命も2年から6年と言われ、その期間のなかでも、成長期、退行期、休止期の順に分かれており、ヘアサイクル(毛周期)も髪の毛一本一本違います。

1年間使用方法を守ったうえで継続使用し、育毛剤の使用前の髪毛と育毛剤使用後を比較して変化が実感できない方は、AGA治療・薄毛治療専門クリニックでのカウンセリングや、育毛剤を見直すことも考えましょう。

育毛剤の効果を感じられる期間について詳しくしりたい方はこちらの記事もご覧ください。

【参考記事 期間はどれくらい必要?育毛剤の効果的な使い方まとめ