育毛剤について、「育毛剤はどれくらいの期間使用すれば育毛効果が出るのか」「何か月ぐらい使用すれば薄毛が改善できるのか」といった疑問を抱く方は少なくありません。


実は育毛剤の使用期間は、個人の体質や薄毛の症状の進行度合い、使用する育毛剤の種類によってそれぞれ変わります。しかし最低でも半年以上使用しなければ育毛効果を実感できるとは言えません。

ヘアサイクルの乱れによって薄毛が発生する

育毛剤を使用する期間の長さには、「ヘアサイクル」という髪の毛の成長メカニズムが大きく関わります。育毛剤は、薄毛の原因のひとつである「極端に短い髪の毛の成長期」を正す働きがあります。

ヘアサイクルとは?

髪の成長サイクル
ヘアサイクルとは毛髪の発毛や成長、退行を行う髪の毛の成長サイクルを指し、毛周期や発毛サイクルとも呼ばれています。

成長期(2年から6年間)

髪の成長段階である成長期は初期成長期、中期成長期、後期成長期の3つに分けられます。

初期成長期は新しい髪の毛が発毛する期間です。その後中期成長期に毛球が大きく成長し、後期成長期には、細胞分裂が盛んに行われ、太くたくましい毛髪となります。

退行期(2週間から3週間)

退行期の期間中は毛母細胞分裂が停止してしまい、毛乳頭と髪の毛の結合が緩みます。そして毛球部分は 頭皮内の上部に留まるようになります。

休止期(3ヶ月から4ヶ月)

毛母細胞分裂は完全に収まり、髪が成長しない期間を指します。

脱毛期(数ヶ月~1年)

髪の毛と毛乳頭の結合が完全に離れ、髪の毛が毛穴から抜け落ちます。個人差はありますが、約1年ほど髪が生えない休止期間のち、毛乳頭が再び活動を開始して、新しい髪の毛が生まれ、成長期にすすみます。

ヘアサイクルが乱れて薄毛に繋がる

ヘアサイクルの乱れは遺伝による男性ホルモンの過剰分泌や、喫煙・栄養不足・睡眠不足などの生活習慣の乱れによっておきます。ヘアサイクルが乱れることにより、血行不良、頭皮の炎症や皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化によって、毛根の働きが鈍くなりヘアサイクルが乱れてしまいます。

ヘアサイクルが乱れると、本来2年から6年あるはずの髪の毛の成長期間が最長で1年間となり、毛髪の寿命が極端に短くなります。髪の毛の成長期間が短くなることで、髪の毛は弱々しく抜けやすい髪となり、抜け毛が発生します。

育毛剤が与えるヘアサイクルへの影響

育毛剤は、塗布したその日から育毛効果が現れるのではなく、約1年ほどかけて育毛に適した頭皮環境を作る・毛根に栄養を与えることによって、正常なヘアサイクルへと改善します。

また、髪の毛の成長速度は3日で1ミリ、1ヶ月でおよそ1センチといわれているため、育毛剤は最低でも数ヶ月~1年ほど継続して使用しないと、育毛効果は実感できません。

まずは3か月育毛剤を使用して、抜け毛の量が減ったか、髪の毛の感触が変わったか、髪の毛の生え際に産毛が生えてきているかなどをチェックし、育毛効果を感じたのであれば育毛剤を継続、育毛効果を感じなかった場合他の育毛剤や発毛剤に変更すると良いでしょう。

半年以上育毛剤を使用して育毛効果を感じなかった場合、育毛剤の返金保証期間内であれば育毛剤の返品・返金保障を受けることが可能です。

育毛剤使用開始から1ヶ月で発生する抜け毛

育毛剤の使用開始から数週間ほど経つと、抜け毛量が増える場合があります。これは初期脱毛といって、育毛剤によってヘアサイクルが正され、細く弱々しく抜けやすい髪から、太くコシのある、抜けにくい髪に変化する過程で発生する現象です。

個人差はありますが、初期脱毛は通常1ヶ月程度で収まります。しかし、1ヶ月経っても脱毛が収まらない場合は、他に脱毛の原因があると考えられるため、育毛剤の使用を中止しましょう。

育毛効果を高める方法

育毛効果を高める方法
育毛剤に即効性はありません。しかし、1ヶ月でも早く育毛剤の効果を発揮する為に、育毛効果を高める方法をご紹介します。

育毛剤の使用方法を守る

育毛剤は頭皮に浸透することで育毛効果を発揮します。その為、育毛剤を塗布する際は頭皮にのみ育毛液を塗布することが大切です。

また、「たくさん育毛剤をつけた方が育毛効果がある気がするから」と既定の量よりも多く育毛剤を塗布しても、育毛効果が高まらないばかりか思わぬ副作用の発生の原因となります。育毛剤を使用する際は用法・用量を守りましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを日常的に行うことで、薄毛の原因の1つである血行不良が改善されます。また、育毛剤の塗布後に頭皮マッサージを行うことで、育毛剤の浸透率を改善する効果も期待されます。

成長ホルモンが分泌される時間に睡眠をとる

夜の22時から2時にかけて睡眠をとると、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは髪の毛を成長させる働きがあるため、夜の22時までに育毛剤を塗布し睡眠をとることで、より育毛に効果的であると言えます。

育毛シャンプーを使用する

育毛シャンプーは配合されている頭皮ケア成分によって、育毛剤の効果をより高める頭皮環境に改善する働きがあります。育毛シャンプーと育毛剤をセットで販売しているメーカーもあるため、より育毛効果を高めたい方は、育毛剤と育毛シャンプーの併用をおすすめします。

育毛剤の分類による使用期間の違い

育毛剤の使用期間の違い
例えば、チャップアップやブブカなど天然成分配合の医薬部外品育毛剤は、育毛剤の配合成分によって頭皮環境を整えながら、時間をかけて育毛効果を発揮します。

一方で、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬成分が配合された発毛治療薬は、発毛力が高いため育毛剤よりも比較的早く育毛効果や発毛治療効果を実感できる反面、副作用の可能性があります。

発毛剤とは?

発毛剤(AGA治療薬とも呼ばれます)とは、M字ハゲやAGA(男性型脱毛症)など、様々な薄毛の治療目的に用いられる薄毛治療薬を指します。発毛薬には頭皮に塗布する外用薬や経口摂取する内服薬があります。

発毛医薬成分のミノキシジルは、頭皮の血管を拡張して血行を促進し発毛を促す効果が、フィナステリドには前立腺に直接働きかけ、男性ホルモンを抑制する効果があります。

発毛剤は、育毛剤のように頭皮環境を整えるなどの作用はなく、血管や前立腺などに直接働きかけて発毛を促すため、育毛剤よりも早く育毛効果を実感させることが出来ます。

育毛効果を急ぐならAGA治療クリニックへ

育毛効果を急ぐならAGA治療
育毛効果や発毛効果を早く実感したい場合、AGAクリニックの受診をおすすめします。AGAクリニック治療とは、髪の毛に関する専門医のもと、発毛外用薬の塗布や、市販されていない発毛内服薬の処方、自毛植毛など手術による発毛治療など、様々な治療法から薄毛を改善します。

おすすめのAGAクリニック

AGAルネッサンスクリニックは、AGAクリニックランキングや口コミランキングサイトで上位にランクインするクリニックです。新宿など全国に4か所設院されており、髪の専門医が薄毛状態を診断し、個別にカウンセリングを行った上で、個人個人の薄毛の進行状態に合わせて発毛治療が行われます。

また、AGAルネッサンスクリニックは、男性の薄毛治療だけでなく、女性の薄毛治療にも対応しています。詳しくは公式ホームページをご参考ください。

育毛剤の使用期間について、こちらでも詳しく説明しています。興味のある方はどうぞ。
【参考記事 育毛剤を継続して使ったほうがいいの?