育毛剤の使用者、育毛剤を使ってみようと手に取った時にこんなことが頭をよぎったことありませんか?

この育毛剤を途中でやめてしまったらどうなるの?「育毛剤成分はずっと使い続けて人体に影響へのとか副作用とか大丈夫なの?」「薄毛対策、発毛効果がアップする可能性は?」「口コミサイトをみてもピンとこないな…。」と考えてしまうことも多いかと思われます。

今回はリアップ、チャップアップ、プロペシアに注目してまとめてみました。

育毛剤の有効成分とは?

育毛剤の有効成分とは?
薄毛状態を改善したくて使いだした育毛剤ですが、育毛剤の有効成分についてご存知でしょうか?主に男性のM字ハゲや抜け毛、男性型脱毛症の原因と言われているAGAは、男性ホルモンの過剰分泌されている状態が原因とされています。

男性ホルモンの抑制と頭皮環境の改善に薄毛治療薬や育毛剤は効果的です。販売されている育毛剤商品のほとんどが医薬部外品です。その中の決まり事は薬事法で決められています。その中で有効成分の記載が義務付けられています。

有効成分の定義は「育毛効果の根拠とは何か」と考えて決めまれています。使用者も何がこの育毛剤の有効成分なのかな…?と確認しましょう。

成分表をみる時のポイント

有効成分の数をチェックする

毛根の栄養補給の役割、血行促進効果、頭皮環境を清潔にする役割、アレルギー反応の抑制効果、などの成分を配合量を調整して作られています。育毛剤の有効成分をチェックすることでこの育毛剤設計意図がわかってきます。

以前使用していた育毛剤との違いをみつける

以前使用していた育毛剤は有効成分が配合されていたのに、なぜ思っていた効果がでなかったのでしょうか?そう思うと、使用していた育毛剤に多く含まれている有効成分と、薄毛のタイプがあっていなかったのかもしれません。

発毛剤リアップの特徴

医薬品リアップの発毛成分ミノキシジルは、男女関係なく、シャンプーなどのヘアケア商品にも含まれているものがあります。

薄毛、抜け毛、発毛効果のトータルケアします。リアップの最大の特徴をしては、発毛効果がある育毛剤分野で日本唯一の商品という点です。

ミノキシジルの効果と最大限に高めるためにアシスト成分を配合しております。頭皮の酸化を防ぎ、薄毛、抜け毛予防、発毛効果を高めるため正しい頭皮環境に導きます。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは発毛効果が高い成分として有名です。元々は発毛効果を促進するために、作られたわけではなく、心筋梗塞の患者さんの高血圧治療の為に開発されたお薬でした。

しかし、副作用として下記のような症状がみられました。このことがミノキシジルの発毛促進効果機能に繋がりました。

ミノキシジル作用としては、毛細血管の拡張効果と、血圧を下げる効果があるので、頭皮の血行促進効果に優れています。血液とともに毛髪の成長に必要な栄養素と酸素を毛母細胞、毛乳頭に送り、ミノキシジル効果で血流をアップし栄養不足を解消します。

ミノキシジルの副作用

頭痛、むくみ、毛量増加、体毛が濃くなる、血圧を下げる、男性機能の低下、性欲減退などがあげられます。

リアップの服用を途中で辞めるとどうなる?

途中でリアップの使用を辞めてしまうとリバウントをしてしまうことはあります。

それはなぜかというと、リアップの成分は薄毛、抜け毛の進行の原因を退治することで改善するわけではなく、毛根部に働きかけて、髪の毛の細胞増殖因子を作り出す働きをしています。

その効果で髪の毛太く長い状態に育てます。リアップの使用を辞めてしまうと男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の抑制ができなくなります。

そのため、男性ホルモンの過剰分泌が使用前と同じ状態に戻ってしまいます。もちろん個人差はありますが使用し続ける必要はあります。

プロペシアの特徴

プロペシアの特徴
プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に特化したお薬です。主な成分はフィナステリドで元々は前立腺肥大の治療薬として開発されました。しかし、ミノキシジルと同様で上記のような副作用がみられました。

このことで、改めて育毛剤成分として開発が進められ1992年に育毛剤成分として商品化されました。プロペシアは抜毛、薄毛の原因とされている物質の抑制に特化したお薬です。

通常のヘアサイクルだと6年~7年で抜け替わるのですが、AGA(男性型脱毛症)が進行することで髪の毛が元気に生えている時間が短くなっていきます。

これは、プロペシアはこのジヒドロテストステロンDHTを作り出してしまう原因の酵素成分5a-リダクターゼの動きを抑えるすることで、乱れたヘアサイクルを正しい毛周期に戻します。プロペシアは、1日1錠決められた時間に飲む内服薬です。

プロペシア副作用

男性機能の低下、性欲減退などがあげられます。

プロペシアとリアップの分類の違い

プロペシアとリアップの分類の違いとしては、プロペシアは医薬品で、1ヶ月~2ヶ月に一度の通院し医師の診察を受けて処方箋をもらい、病院や調剤薬局でしか手に入れることはできません。

リアップは第一次医薬品としてドラッグストアや薬局で薬剤師と対面して問診、カウンセリングをするか、公式サイトで問診票を入力する必要があります。この違いは、副作用の度合いによって厚生労働省により決められています。

プロペシアは保険適用外

専門クリニックでの定期受診が必要となりますが、治療費は保険適用外になります。通院時に必要な初診料、処方料も発生しますので、このことも判断材料として考えておきましょう。

プロペシアを途中で辞めるとどうなる?

プロペシアもミノキシジルと同様で、原因物質を散り除くわけではなく抑制する働きがあるので、お薬の服用を辞めてしまうと5a-リダクターゼ(脱毛作用)が再び動きすリバウンドは起きてしまいます。

チャップアップの特徴

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

チャップアップは、20代の若い方から高齢者の方まで男性・女性問わずご使用いただける育毛剤になっています。そのため、頭皮にダメージを与える添加物や香料は配合していません。

副作用がないチャップアップ

AGA治療で有名なミノキシジル・プロペシア・フィンペシアは、発毛率が期待できますが、上記のように副作用があることも確認されています。

これらの薬品は、クリニックや病院での医者の処方箋が必要な医薬品に分類されるものがほとんどです。海外から個人輸入で手に入れることも可能ですが、安全性に不安を感じます。その分副作用がないことと、不安要素がメリットです。

チャップアップを途中で辞めるとどうなる?

チャップアップを途中で辞めるとリバウンドはありえます。しかし、プロペシアもミノキシジルとはち少し違い、栄養不足や頭皮環境の乱れが起こりやすくなります。

ミノキシジルのように副作用はありませんが、5αリダクターゼの生成を抑える働きがチャップアップを途中で辞めるとなくなったしまうので男性型脱毛症(AGA)が進行してしまいます。

リバウンドと表現する理由

リバウンドと表現する理由
上記のリバウントというとダイエットをイメージする方も多いかと思います。育毛剤の使用方法をきちんと守ってでの使用を辞めてしまうと、脱毛ホルモンも抑制できず、以前の頭皮状態に戻ってしまいます。

ダイエットをしている際に、食事管理や運動、生活習慣の改善と気にしなくなると、以前の同じ生活リズムに戻ってしまうと、個人差はありますが、体重も 戻ってしまう状態と似ているからです。

毛髪サイクルを理解し適切な使用方法で使い続ける必要があります。

ランニングコストも含め、自分に見合ったハゲ対策を考えてみましょう。加齢症状で女性の方に薄毛になりやすくなります。定期コースを使うと1ヶ月にかかる価格も抑えられるので今使っている育毛剤を見直してみることをおすすめします。

育毛剤の効果が出るまでにどれくらいの期間がかかるのか知りたい人もいますよね。育毛剤の効果が出るまでの期間をまとめましたのでご覧ください。
【関連記事 期間はどれくらい必要?育毛剤の効果的な使い方まとめ