薄毛が気になり、育毛剤を使い始めた方はこんなことを思ったことはありませんか?発毛成分の効果を実感するまでには使用期間はどのくらい継続する必要があるの?リアップ、チャップアップ、プロペシアと同じ育毛剤と思われてる方もいるかと思いますが、特化している育毛剤の薬品成分タイプが違います。男性ホルモンが主な原因とされているAGA男性型脱毛症、遺伝性、使い始めるタイミング、判断するためにはどうしたらよいか?と、とんどん進行する抜け毛の対策に注目し、育毛剤の継続についてまとめてみました。

AGA男性型脱毛症

AGA男性型脱毛症

AGAはどんなハゲ方になるの?

AGAは進行性の薄毛症状で放っておいたら、どんどん進んでいってしまいます。薄毛の状態は個人差がありますが、主に一般的にM字ハゲやてっぺんハゲといわれる薄毛状態がAGA症状になります。日本だけでも、AGA発症者は 1,300万人といわれています。その中でも、改善策を行っている人は700万人という現状です。

AGAの可能性があるかセルフチェックは下記のようになります。

・生え際の薄毛が気になるような見た目になってきた。
・つむじの薄毛が目立ってきた。
・寝具や枕、髪の毛を洗った際に手に絡まる毛髪が増えてきた。
・髪の毛全体のボリュームダウンを感じる。
・家族、親族に頭頂部、額の生え際、前頭部薄毛の人が多い。

上記の項目で一つでも該当する場合は、AGAの可能性がありえます。

AGAの原因は、大きく分けて4つに分類されます。

脱毛の原因物質「DHT」

AGAの最大の原因されているのは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛促進作用のある男性ホルモンが生成され続けることです。DHTは、男性ホルモン(テストステロン)が、頭皮細胞にある5αリダクターゼと呼ばる還元酵素によってパワーアップした状態に変化されられて生成されます。男性ホルモン(テストステロン)がパワーアップした状態のDHTが作られ続けることによって、毛周期が乱れ、毛髪の成長期のの時間が短くなり髪の毛が抜け落ちてしまいます。強く太い状態が短く、抜け落ちてうぶ毛の状態が長いことになれば、頭皮な全体的に目立ってしまいます。

遺伝性によるもの

AGAの症状は、遺伝性によるものいわれています。DHTの働きは、アンドロゲンレセプターと呼ばれる毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体遺伝子がX染色体にあります。良く自分の父親がハゲていたら自分もハゲるのではないのかと不安に思う方も多くいるとは思います。しかし、ここでのポイントは、父親のハゲは全く関係がなく、母方の祖父がハゲているかどうかで重要な判断材料になります。先ほどのセルフチェックでも項目があったように、家族、親族に頭頂部、額の生え際、前頭部薄毛の人が多い方は、アンドロゲンレセプターがDHTと結合しやすくなっているためにDHTの影響を遺伝の心配が無い方より受けやすくなります。

食生活、生活リズムの悪化

食事環境の悪化もAGAの一因と言われております。毛髪は、タンパク質、亜鉛、数種類のアミノ酸により、生成されています。仕事が過密化して、外食が続いてしまい偏食をしていると、髪の毛も栄養不足になり、細くやせ細り、まだまだ元気に生えているはずの期間で抜け落ちてしまいます。また、睡眠不足は髪の毛に良いことはありません。寝不足や、夜遅くまでネットサーフィンをして起きていると十分に成長ホルモンが分泌されず、コシのないうぶ毛のままなかなか髪の毛が育たないまま弱ってしまいます。

過度なストレス

ストレスを感じることで、メンタルの負担になるのは想像できるかと思いますが、身体的にも影響が出ます。過度のストレスを受けると自立神経が乱れ、ホルモンバランスを崩します。血管も収縮してしまうため、毛包に酸素や栄養が行き渡りにくい状態になります。もともと頭皮は体の末端で血行不良になりやすい部位です。その分血行不良のダメージは大きいです。

育毛剤を使い始めるタイミング

育毛剤を使い始めるタイミング
薄毛状態やM字ハゲ、若ハゲ対策が気になる人でも、早めに対処すれば改善する可能性は格段にアップします。加齢や頭皮のダメージが重なり、毛穴を痛めすぎてしまうと毛穴が無くなってしまい、毛乳頭、毛母細胞から髪の毛が生えてこない、育たない毛穴になってしまいます。育毛剤を使うタイミングは早いほうが良いというのも、毛穴が手遅れになる前に育毛剤を継続して、正しく使用することをおすすめしています。

リバウンド効果

ミノキシジルとプロペシアは、元は他の目的で使用されていた治療薬でしたが、副作用の事例の中で毛量の症状が確認できたため、薄毛治療薬として研究が進められました。育毛剤も体内に働きかける治療薬のため、副作用があります。日本で唯一発毛効果が期待できる第一次医薬品としてリアップがあげられますが、こちらも服用を継続しないと発毛効果が期待できないだけではなく、有効成分ミノキシジルの男性ホルモン抑制効果がなくなるためリバウンドはあります。リバウンド効果があり得るなら、使い始める時に継続するために必要な判断材料を用意しておくことも大切です。

判断するためには?

判断するためには?

ランニングコスト

育毛剤は継続して毛髪サイクルに合わせて使い続けることで、使用者が実感できるほどの結果がうまれます。その為には、毎日商品を使い続けるためのコストがかかります。定期コースで購入すると、返金保証制度もあるので、もし肌に合わずに荒れてしまっても安心です。肌が荒れてしまっては、育毛効果に一番大切な継続することができなくなります。肌に合ったもの、価格的にも自分に合ったものを継続して使い続けることを優先的に考えると定期コースで返金保証制度を利用する事をおすすめします。

生活習慣の見直し

生活習慣の改善は、髪の毛にも影響してきます。頭皮環境を通常の状態に保つことは、育毛剤の効果をより確実にし、効果を高めます。脱毛ホルモンの抑制効果は通常生活リズムで頭皮状態が安定している上での実験結果になります。睡眠時間が不規則であったり、一番髪の毛髪が育つゴールデンタイムの10時から2時に安眠していない場合、成長ホルモンの分泌が妨げられ髪の毛は育ちません。もともと育つ環境が整っていないのに育毛剤だけに気を使っても、土壌となる体内の環境が整っていないと、育毛剤に配合されている栄養不足改善や育毛促進、血行促進効果サポートエキスの力は発揮し兼ねます。薄毛対策の一環として、生活習慣の見直しも継続することもポイントです。

使用方法

育毛剤も医薬部外品として薬局やドラッグストアで販売されていたり、リアップに関しては、薬剤師の問診、もしくは公式サイト内での問診が必要な第一次医薬品です。プロペシアに関しては、通院して処方して入手する内服薬です。これらは身体にそれぞれ個人差はありますが、影響をあるお薬です。そのため、使用法をきちんと確認する必要があります。こちらも同様、決められた時間に使用することをおすすめします。育毛剤の効果は頭皮環境で変わるので、頭皮が汗や皮脂、ワックスなどでベタついていると育毛剤の浸透率は上がりません。お風呂上がりや外出準備前の頭皮が綺麗な時に1日2回が目安です。使用量にも気をつけましょう。使用方法も適切な状態を維持する必要があります。上記のように、育毛剤を継続して使い続けるための判断基準のベースをしっかり固めた上で、この育毛剤が自分に合っているのか、いないのかジャッジをする必要があります。他の商品に変えてみるのも良いですが、育毛剤以外の体質ケアを継続して安定させることも重要です。

育毛剤を継続して使用した方が良い事が分かりましたが、育毛剤の効果が出るまでどれくらいの期間が掛かるのか気になりますよね。以下の記事では育毛剤の効果が出るまでの期間をまとめましたので、ご覧ください。

【参考記事 期間はどれくらい必要?育毛剤の効果的な使い方まとめ