頭頂部は、薄毛が進行しても自分では気づきにくい箇所です。放っておいても、自然にフサフサな状態に戻ることは難しく、何らかの対策が必要です。

頭頂部の薄毛をなんとかしたい、という焦りや悩みを持っている方のために、薄毛の原因と改善方法をまとめました。

頭頂部が薄毛になる原因と改善方法

頭頂部が薄毛になる原因と改善方法
男性と女性では、薄毛のメカニズムが異なります。男性の、頭頂部の毛髪が薄くなっていくことは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。”つむじ”のあたりから禿げ上がっていくので、「つむじハゲ」「てっぺんはげ」と呼ばれることもあります。

AGAは、「日本人の場合、3人中1人」は発症すると言われるくらい、多くの人を悩ませている、抜け毛・薄毛のメジャーな症状です。AGA治療を専門に行うクリニックも存在するほど、AGAによる薄毛症状を抱えている方は多いです。

AGAが発症する原因として考えられているのは、以下のものなどです。

  • 遺伝
  • 生活習慣の乱れ
  • 頭皮環境の悪化
  • 男性ホルモンから変換した、脱毛ホルモン「DHT」によるヘアサイクルの乱れ

AGAの発症により、髪の毛の「生えて、成長し、抜けて、また新しい毛が生える」というヘアサイクルのリズムが乱れて、抜け毛が増えて薄毛が進行していきます。

原因の中でも、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響が最も大きいとされています。DHTが毛乳頭細胞に作用すると、髪の毛の成長を抑え、脱毛のサイクルが早まり、髪がしっかり成長する前に抜け落ちてしまうことで、薄毛の進行に繋がります。

頭頂部の薄毛を改善するためには、ヘアサイクルを整え、抜け毛を減らし、新しい髪が生えてくる頭皮環境を作る必要があります。

薄毛対策・発毛剤を使う

「髪が生えてこなくなったのなら、生えるようにすればいい」と考えて、頭頂部の薄毛が進行している方は、発毛剤の使用を考える場合もあるようです。

「え!?薬を使わなければいけないほど、薄くなってないと思うけど…」と思われる方もいるでしょうが、頭頂部の薄毛は自分では見えにくいため、実情が把握できていないケースも多くあります。

自分で頭頂部の薄さを意識されている段階ならば、他人から見たら「薄毛の進行度」がかなり進んでしまっている可能性もあります。そこで、薄毛改善の即効性を求めて、発毛剤の使用を考える方が増えるのです。

日本では「リアップ」という発毛剤がテレビCMなどで有名です。発毛効果が認められているミノキシジルという成分が配合されている、医薬品の分類になります。

発毛剤には副作用のリスクがある

発毛有効成分ミノキシジルは、薄毛治療薬として知られていますが、副作用のリスクがあることが認められています。個人差はありますが、以下のような症状が出る場合があるとされています。

  • かゆみ・かぶれ・フケ
  • 頭皮の発疹・発赤
  • 頭痛
  • 胸の痛み
  • むくみ

発毛剤を使用しての薄毛改善には、発毛効果や副作用といったメリット・デメリットを知っておく必要があります。

薄毛対策・育毛剤を使う

薄毛対策・発毛剤を使う
育毛剤は「今ある毛髪や毛根を、強く健康にする」よう働きかけるものです。様々な種類の育毛剤がありますので、自分の体質に合ったものを探し、3~6か月ほど継続して使うことで育毛効果が見込めるとされています。

発毛剤リアップのような医薬品と異なり、育毛剤の分類は医薬部外品となっています。「頭頂部の薄毛が気になり始めた」くらいの、薄毛の初期段階だと、副作用のリスクは低めで、育毛・薄毛改善の期待が持てます。

育毛剤に薄毛改善の即効性は望めない

育毛剤は、配合された育毛有効成分で頭皮の環境改善や血行促進などを行い、数か月の時間をかけて良い頭皮を作り、髪を育てるものです。

また、育毛剤のリスクとして、以下のような事柄が挙げられます。

  • 初期脱毛
    (新しい毛が生えるために、弱く細い毛の抜け落ちる量が増える傾向がある)
  • かゆみ(血管の拡張や血流のスムーズ化に伴い、頭皮がかゆくなる)

初期脱毛やかゆみは、育毛剤の使用を始めて1か月くらいで出やすいという報告があります。

生活を見直して薄毛予防

偏った食生活や睡眠不足は、薄毛の進行を促進してしまいます。また、過度の飲酒や喫煙、運動不足や過剰なストレスが長期間続く状況にあることも、薄毛の原因とされています。

髪の栄養を意識した食事を摂る

栄養バランスのとれた食事
髪の成長には「たんぱく質」「ビタミンB群」や「ビタミンA・C・E」「亜鉛」などが大きく関係しているとされています。

質の良い睡眠をとる

髪や頭皮が日中の紫外線を浴びて受けたダメージの回復、頭皮の新陳代謝や毛髪細胞の分裂は、睡眠中に進んでいくと言われています。

適切な睡眠時間には個人差がありますが、一般的な日本人の場合、6~7時間が必要とされています。

質の良い睡眠のためには、睡眠時間の長短だけでなく、「睡眠前の飲酒や食事を控える」「テレビやPC、スマホの使用を控え、覚醒効果が強いディスプレイの光を浴びない」ことなどが有効でしょう。

血行不良を改善する

頭皮に栄養を送るのは血液なので、血行不良を改善することは、髪や頭皮に必要な栄養を送りやすくなることに繋がります。

  • 適度な運動
  • 湯船に浸かる入浴
  • 頭皮マッサージ
  • 禁煙

以上の事柄が、血行不良の改善に効果が見込め、頭皮ケアに繋がります。

正しい方法のシャンプーとヘアケアをする

「頭皮の血行を良くするために、ガシガシ強い力で頭をシャンプーする」という方がいますが、実は間違った行為です。

  • 自分に適したシャンプーを使う
  • 頭皮に対し、爪を立てたり強くこすらず、指の腹で揉むように洗う
  • すすぎは3~4分を目安に、しっかりシャンプー成分と泡を落とす
  • 濡れた髪を自然乾燥すると傷みやすいので、タオルとドライヤーで乾かす

頭頂部は自分では見えにくい箇所なので、鏡でチェックしたり、指先で触れるなどして、入念にケアしましょう。

ストレスを溜めずに発散していく

一般的な生活をしていれば、まったくストレスが無いということはありえないでしょう。

しかし、強いストレスを毎日感じて、さらに長期間続くと、抜け毛の増加や薄毛の進行に繋がりやすいです。

ストレスを感じると交感神経が緊張し、血管が収縮して血行が悪化します。

頭頂部には大きな血管が無いので、もともと髪や頭皮に栄養素を届けにくい状態なのに、ストレスによって血行不良になると、髪や頭皮の状況悪化につながりやすくなります。

適切なストレス発散は、心身の健康にはもちろん、頭頂部の薄毛対策にも効果があると考えられます。

頭頂部の薄毛には早めの対策を!

頭頂部の薄毛には早めの対策を!
AGAの典型的な脱毛パターンである「頭頂部の薄毛」は、早めに対策を行ったほうが改善を見込めるでしょう。

頭頂部は、自分では見えにくい部位であっても、他人からはよく見えてしまう部位なので、「気になり始めた時が、薄毛対策を始めるタイミング」と言えます。

頭頂部の薄毛に効く育毛剤について、こちらでも詳しく説明しています。興味のある方はどうぞ。
【関連記事:頭頂部の薄毛におすすめの育毛剤