おでこや生え際は多くの薄毛で悩む男性が悩み、目立つ薄毛の箇所です。前髪の生え際が後退しおでこが広くなったり、生え際がM字ハゲになってしまうと、頭部のハゲである生え際やおでこは目立つため隠すことが難しく人知れず悩んでいる方もいます。


では、なぜ生え際がおでこがハゲてしまうのか、薄毛になる原因とおでこのハゲに効果がある育毛剤を絡め紹介します。

おでこハゲの原因

おでこがハゲてしまう原因は、男性ホルモンの影響や頭皮とおでこの血管数の環境要因、遺伝などがあります。
おでこがハゲてしまう原因

おでこや生え際は男性ホルモンの影響を受けやすい

男性の薄毛の90%はAGA(男性型脱毛症)による抜け毛が原因といわれています。
AGAは男性ホルモンがホルモンバランスの乱れなどで過剰に分泌されることでおきる薄毛症状です。人の髪の毛は男性らしい体を作る男性ホルモンテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合すると、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という物質になり、毛乳頭細胞や毛母細胞を破壊して薄毛の原因となるホルモンに変質することで脱毛しています。生え際やおでこには、5αリダクターゼという酵素が多い箇所のためDHTも必然的に多くなり、太い長い髪の毛は生えにくい場所です。

通常の男性ホルモン量なら問題ないのですが、AGAだと男性ホルモンは過剰に分泌されているため、まともに影響を受けおでこや生え際はが薄くなります。AGAは、20代~30代と若い世代から進行する特徴があるため、若いときから生え際が後退して、おでこの広さが気になる場合は、まず、AGAの症状を疑いましょう。

毛細血管の数や量が少ない

おでこ(生え際)は頭皮に栄養を送るための太い血管が少ないため、食事から摂る栄養が毛母細胞に届きにくく浸透しにくいため、産毛が多いです。髪の毛は血液によって、育毛に必要なタンパク質、ビタミン、などといった栄養素を運んでいるため、血流が少ない生え際は、他の部位と比較しても充分に栄養が伝わりにくい特徴があります。

頭頂部や頭皮への血流が不足

生活習慣の乱れで頭皮環境が不健康になると、髪の毛の成長に必要な栄養が足りなくなってしまい、頭皮の乾燥や血行不足にもつながり抜け毛や薄毛になります。

スマホやパソコンの液晶画面を長時間見続けることによる、「目の疲れ」や「肩こり」はおでこの皮膚や表情筋を緊張させ、ただでさえ血流量が少ない毛細血管を縮め、血流不足にさせます。

生え際(おでこ)は汗・皮脂の影響がある

おでこや生え際は汗や皮脂分泌が多いことと、洗顔と洗髪の間ということもあり、洗浄成分が残りやすく洗浄後であっても毛穴から皮脂が完全に除去されることは難しく、育毛剤の有効成分が浸透しにくいです。皮脂が多いと皮脂が毛穴に詰まり脂漏性脱毛症といった脱毛がおきる原因にもなります。

おでこのつっぱりの影響を受け頭皮が硬くなりやすい

おでこの皮膚が張ると頭皮も引っ張っることになり、頭皮が硬くなると血行不良になり髪の毛が成長しません。
特に生え際はおでこの影響を受けやすい箇所で、育毛には、頭皮のマッサージが必要とされていますが、特に生え際は皮膚を柔軟にすることを意識したほうがよいでしょう。

遺伝

詳しいことは解明されていませんが、薄毛に影響を与える遺伝子要素は存在すると考えられれています。デンセイホルモン受容遺伝子という遺伝子が薄毛遺伝子と言われており、このホルモンを受け継いでいる可能性は非常に高くなります。

女性のおでこ・生え際が薄くなる原因

女性のおでこ・生え際が薄くなる原因
近年女性の方も薄毛に悩む方が増えており、女性に多いのが、おでこ・生え際周辺やつむじなど部分的ではなく、頭髪全体のボリュームが少なくなるびまん性脱毛症です。
女性特有の原因はホルモンバランスの乱れなどがあります。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは妊娠・出産や月経不順や閉経などにより、40歳前後から急激に減少していきます。女性ホルモンは育毛の司令をだす役割もあり、ホルモンの分泌が減ると元気な髪の毛が生えにくく抜け毛の増加につながります。

そして、個人差はありますが、40代半ば~50代半ばの更年期以降は、今まで男性ホルモンより多かった女性ホルモンが急激に分泌量の差がなくなり、男性ホルモン成分の影響を受けやすくなります。

男性ホルモンの過剰分泌で起こるAGAを女性男性型脱毛症(FAGA)と呼びます。
また、ストレス、睡眠不足、体の冷えなどは不規則な生活習慣がホルモンバランスが崩れる原因となります。

おでこハゲに育毛剤以外の薄毛の改善方法

生活習慣の見直し
薄毛治療法として育毛剤を使用する人も多いですが、本格的に薄毛に悩む前から頭皮環境を整えて生え際やおでこの後退予防したほうが効果的です。自毛植毛しはげを治療する手立てもありますが高額なため、育毛剤の効果をあげるためにも同時に行っていきたいです。

頭皮マッサージで頭皮ケアによるおでこのケアで薄毛予防を

全身の血行のめぐりを良くすると頭皮の血行も良くなるので入浴やシャンプーをして、血行が良い状態で頭皮マッサージすると、更に頭皮が柔らかくなり血行促進作用にで毛根に栄養がいきわたりやすなり毛根が深く根付かせる環境ができます。
頭皮マッサージは爪をたてず指の腹を、生え際全体を抱え込むように置きゆっくり大きく上下に動かしましょう。注意点として、優しく指圧することを重点におき決して爪をたてないことです。爪を立てると頭皮を傷つけてしまい、皮脂が過剰に分泌される危険性があり、長時間のマッサージは逆に頭皮に負担をかけるためマッサージは10分以内にまとめましょう。

生活習慣の見直し

規則正しい生活は、身体を健康にするだけではなく頭皮も健康にします。
睡眠不足や多量の飲酒、喫煙、運動不足、偏った食事は、身体だけでなく頭皮のの血液の流れを悪くします。毎日の積み重ねが頭皮の血行に影響するので、一度自分の生活を見直してみてください。

薄毛対策に人気がある育毛剤

育毛剤には、性差による皮脂やホルモンの量を考えて男性用と女性用の育毛剤があり、男性用は女性には刺激が強すぎて、女性用は男性にとっては育毛効果が薄い場合があるので購入するときには注意しなくてはいけません。
今回紹介する育毛剤は男女兼用に使える育毛剤なので、自分の薄毛症状にあっているか参考にしてください。

チャップアップ

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

チャップアップは発毛効果があるセンブリエキスや天然の植物から抽出した有効成分の天然成分を配合しました。香料、着色料、パラベンなど添加物不使用のため副作用も少ないところも人気です。また、サプリメントも販売しており、育毛剤もサプリも全額返金保証があるため、お試しで使用してみてもよいでしょう。スプレー式のためおでこに使いやすいのもおすすめです。

イクオス

育毛剤イクオス

イクオスは育毛剤の人気口コミランキング上位で紹介されることが多い育毛剤です。おでこの後退対策として3種類の天然海藻エキスを配合して発毛促進をします。また、頭皮環境やヘアサイクルを整えることを重要視し、保湿・血行促進が同時にケアができるための自然由来成分が配合されています。

プランテル

プランテル

プランテルは「M字を克服したユーザーからの支持率1位獲得」と公式サイトにもでているぐらい、M字ハゲに対して強いアピールが感じられます。自然由来の毛活成分のため安心して使えます。また、定期便コースで購入すると割引もあり、こちらもスプレー式のためおでこに使いやすいです。

BUBKA

ブブカはセンブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジフェンヒドラミンなどの男性ホルモン抑制成分と血行促進成分をに組み合わせています。そのため、発毛効果に大切な「毛包」という器官の働きを活発にしておでこの薄毛改善に導きます。

薬用ポリピュアEX

ポリピュア

ポリピュアEXは発毛促進に効果がある成分として、バイオポリリン酸が従来の30%増量されて濃縮配合しています。バイオポリリン酸は、毛母細胞に働きかけて育毛を促します。さらに、1/10億分のナノサイズ粒子を使用しているため、従来の約2倍の浸透率で、頭皮へ育毛剤の有効成分が行き渡ります。

人気の育毛剤についてについて紹介しています。ぜひご覧ください。
【参考記事 最強の育毛剤とは?人気の高い育毛剤をご紹介!